2019年3月26日(火) 放送、NHK事件の涙・選「そして、研究棟の一室で~九州大学 ある研究者の死~」
22時45分~23時10分







事件の陰の人間ドラマに迫る「事件の涙」

2018年9月、九州大学で起きた研究室の火事から発見された、46歳の元大学院生は、警察の発表では自○した可能性が高いと見られている。この男性は、博士課程で憲法を学び、非常勤講師として教壇に立っていたという。




しかも、爆発が起こる直前にメールで、経済的困窮と孤独を訴えていた。




いったい元大学院生になにがあったのか?


NHKでこの九州大学研究室爆発事故について特集されるので、元大学院生と事件概要についてまとめてみた。



■目次

九州大学研究室火災爆発事故の概要
元大学院生プロフィール
大学院生とは
九州大学の研究室火災はなぜ起きたのか?
元大学院生が爆発事件を起こした理由

九州大学研究室火災爆発事故の概要



九州大学の研究室火災 (3)


2018年9月7日早朝、福岡市東区箱崎6丁目の九州大箱崎キャンパスにある研究室から火災が発生。



爆発による火災が発生し、研究室から焼け跡から、研究室に出入りしていた元大学院生(46)が発見された。死因はやけどによる火傷死。男性が放火、自○したという検証がされ、元大学院生は、現住建造物放火、非現住建造物放火の疑いで、容疑者死亡のまま書類送検された。



警察によると、研究室の内側からテープで目張りがされた上、遺体の近くに灯油用のポリタンクやライターがあったという。また、自宅からは、爆発事故に使用したと思われるポリタンクの購入した際のレシートも見つかっている。



九州大学によると、この元大学院生は、2010年の退学していたが、その後も研究室を使用。しかし、大学院は、9月末に同市西区の伊都キャンパスへ移転を完了する予定だったために、この男性に再三退去を求めていた。




当時、この男性は経済破綻に直面しており、非常勤職を失う非常勤職を雇い止めに遭うなどして困窮を深めた。
家賃の支払いも滞り、肉体労働を掛け持ちして研究室で寝泊まりするようになった。大学関係者に宛てたメールで、生活が苦しいことをメールで訴えていたのだが、学舎の移転は変更できないことを知らされて、犯行に及んだと思われる。




目次にもどる

元大学院生プロフィール





九州大学の研究室火災 (6)

九州大の関係者によると、元大学院生は15歳で自衛官になったが退官し、九大法学部に入学。(名前は非公開)




憲法を専攻し、1998年に大学院に進学し、修士課程を修了して博士課程に進んだが、博士論文を提出しないまま2010年に退学となった。 ドイツ語を勉強し、文献の校正ができるほどの力を付けた。生前は少なくとも県内の二つの大学で非常勤講師を務める傍ら、教授の研究補助もしていたという。




2015年以降、研究室を1人で使用。

昼間に週4回、宅配便の仕分けのアルバイトを始め、大学に顔を出すのは夜間のみ、ほかの院生と接触しない状態だった。2018年の3、4月は専門学校の非常勤職が雇い止めとなり、夜も週6回、肉体労働の別のバイトも掛け持ちし、研究室に寝泊まりする状態だった。  





目次にもどる

大学院生とは


九州大学の研究室火災 (2)



大学院生を簡単に説明すると、大学(短期大学を除く)を卒業した者や、その学部の同等以上の学力を有すると認められた者を対象に、学術の理論および応用を教授研究し、文化の進展に寄与することを目的とする。




大学によって規定は様々だが、審査に合格すれば「博士」「ドクター」の称号を得ることができる。




しかし、大学院に行ったからといって研究職に就職できるとは限らない。

そのことについては、院生たちも自覚している人は多く、院生でもちゃんと就活している人や就職の意思がある人は、自分で就職先を見つけている。ただし修論と並行して就活やるのはかなり厳しい。また、博士課程に進学してしまい、一般社会に戻ろうとするなら年齢・職歴等々の理由でかなり苦労する。





院生がどんな日常を送っているのか、2chを覗いてみると、大抵は朝から晩まで毎日缶詰で、仕事するようになってから「毎日家に帰れる」ことを喜んでいる人もいるし、理論寄りだとほとんど学校に来ない人もいて。学部などによって様々だが、忙しい時期は帰宅後も自宅でずっと作業するのはどこも同じ。





元から授業もほとんど無いので、長期休暇といった概念も希薄で、かつ研究には終わりが無いのでほぼ年中無休。休日も家で考え事する羽目になる。



過密かと言われると、特に研究室に居ないといけない時間が決められているわけでもないので、成果を出している分には平日昼間から遊びに出ていても何のお咎めも無い。なので、作業時間を自由に割り振れるので意外と暇ではあるが、休日と平日の区別が無いので、実は大学院生よりも大学の学期中のほうが暇だったりする。






目次にもどる

九州大学の研究室火災はなぜ起きたのか?


九州大学の研究室火災 (4)



この事件で気になるのは、なぜ元大学院生なのに、大学へ自由に出入りできたのか。



院生は「学生」だから、「仕事」ではない。
なので、院生の研究は基本無給だが、教授からバイト代ほどの手当てがあるケースもある。しかも勉強で忙しいし、バイトするくらいしか、生活費を稼ぐことは出来ない。




この元大学院生は「5、6月の月収は14万5千円」とわかっているので、この給料から察するに、講義準備や学生レポートチェック、質問への対応、出席チェックと大学事務が課す出席確認書類や出席数が少ない学生リスト作成、採点、成績付け、シラバス作成、講義評価アンケートへの反省文執筆の時間を入れると時給100円ほど。




課程修了後に修士・博士論文を学会発表することはよくあり、指導教官の抱えている大きなテーマの一部分を研究している訳で、発表しないと教官が困る。なので、何人かの院生に発表させた後、集大成する形で○○学会誌の正式論文として投稿する。



それとは別に、特別研究生の様な肩書で研究室に出入りすることもあり、そのメリットとして、研究室の機材を使わせて貰えることがある。



なので、元大学院生は、卒業?後も大学の研究所に簡単に出入りできた。




目次にもどる

元大学院生が爆発事件を起こした理由



九州大学の研究室火災 (5)





この元大学院生は、高学歴なのにも関わらず、バイトを掛け持ちしてまでも、なぜ就職をしなかったのか?誰もが疑問に思うだろう。



院生に限らず、働きたいか働きたくないかで言えば、「働かなくてすむなら、働きたくない」という人は多い。ただ、一生遊んで暮らせる財産がなければ働くしかない。




誰だって未知の世界に飛び込むのは不安でいっぱいだし、耳に入るのは悪い話ばかりなのは世の常。なぜなら人は良い話はあまりせず、悪い話は尾ひれをつけて広める。不慣れな仕事に、不慣れな一人暮らしが一遍に来るので、挫けそうになる。そこから「逃げる」と人生は悪い方に向かう。



元大学院生もその自分の心に負けて、その結果余計な苦しみを味わう事になった。




教員は指導するうえで、「研究に対し真剣か?」「研究成果があがっているか?」「指導に対し、素直に改善がみられるか」「議論になり、教員も知的な好奇心を刺激されるか」なんてことで判断する人が多いし、院生も研究者を志望する者が多い。



だが、博士職に就けるのは一部なので、大半は民間企業などを目指すわけだが、院生は企業の評価が低く、就職に苦戦する。その多くの理由は、院生のほとんどは、大学院まで進んだプライドもあって、企業は積極的に採用しない。




結局、兼業で院生をずるずると続けてしまう。
一般企業に転職すれば収入は増えるかもしれないのだが、自分より偏差値の低い大学出身の上司に指図されるのは耐えられないことが、元大学院生が高学歴という金看板を捨てきれないまま、この世を去った原因だといえる。






学歴と報酬を他人と比べること自体が、あまり意味がないということに、気づくのが30歳を越える頃。


学歴、年収に全く関係なく、結婚生活、子供の素行と健康、親の介護問題など現実をしり、老人になってから逮捕される人もいるし、大切な人もしくは自分の病気、怪我、事故そして天変地異。



満遍なく不幸はやってくるので、人それぞれ幸せは違う。

一流大学の父兄会で楽しめることはないけど、ステータスを気にしなければ、思いっきり楽しめるメンバーで幸せな時間を過ごせることに気付かなかった元大学院生は、現状を変えたいなら、欠点をカバーするにはどうすべきか、長所を生かすにはどうしたらいいか、そう意識を変えれば、道は開けたのかもしれない。






スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「本田美奈子の死相画像」病気の白血病で倒れる前の写真をシンソウ坂上で公開【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

徳永有美「元夫・須田光樹」を捨て子供と内村光良がいるのに報道ステーション復帰【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

「ペッパーランチ事件の黒幕」犯人の北山大輔と三宅正信の現在とその後が判明【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

後藤真希ヌーディー画像で旦那の中谷滋博と離婚?「テレ東音楽祭2018タイムテーブルで告白か【画像】

山口達也「病院どこ?」 埼玉「北辰病院」に現在は入院中と週刊FLASHが特定【画像】

湊伸治の現在「コンクリート事件の犯人」が逮捕で顔写真を公開【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

吉澤ひとみ「旦那が飲酒仲間で飲んでいた相手」だったことが判明し逮捕か【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

「尾崎豊の死顔画像」フライデー死因写真と死の真相がヤバい【画像】

「ヨシダナギ写真」モザイク加工無しの画像処理をクレイジージャーニーSPで公開か

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット