2019年4月29日(月) 放送、テレビ朝日系列「しくじり先生 俺みたいになるな!!」
24時20分~24時50分





最強ヤンキーとして格闘技大会「アウトサイダー」で人気を博した黒石高大先生によるしくじりの授業を開講。





黒石高大といえば、「濱義道会」初代総長と「横浜ギャング連合」の2つのグループのリーダーで、地元では「自分が強い」と過信し、対戦相手をナメていた結果、格闘技大会「アウトサイダー」の1試合目も2試合目も失神KOされてしまった。




敗戦後、「仲間・家族を守れるぐらい強くなりたい!」と愚連隊の活動をやめ、本格的に格闘技のトレーニングに専念。しかし、迎えた3戦目では、ゴングが鳴る前に相手を殴ってしまい無効試合と、すべてがしくじり人生だったという。



今回は、黒石高大をネット上で有名になった2秒KO動画についてまとめてみた。




■目次

黒石高大プロフィール
黒石高大は関東連合?
前田日明プロデュース総合格闘技大会「THE OUTSIDER」とは
黒石高大の2秒KO動画
黒石高大の更生

黒石高大プロフィール


黒石高大2秒 (1)






黒石 高大(くろいし たかひろ)
別名・“濱の狂犬” (ハマの狂犬とも)。
生年月日 1986年9月8日(32歳)
出身 神奈川県横浜市
身長 175cm
ウッドオフィス所属



前田日明プロデュースの総合格闘技大会THE OUTSIDERに参加し、格闘家としてデビュー。
THE OUTSIDERでの戦績は18戦7勝8敗。 THE OUTSIDERでは、試合開始後わずか2秒でKO負けして、これは格闘技界における世界記録並みの早さとネット上で大きな話題となった。試合後、黒石は控え室に向かいながら涙を流して泣いたという。

その後、俳優としてもデビュー。
チンピラの役が多いが、その演技力は高く評価されている。




参照wiki





目次にもどる

黒石高大は関東連合?



黒石高大2秒 (2)




ネットで、黒石高大と検索すると、第二検索サジェストで「黒石高大 関東連合」と出現する。






関東連合(かんとうれんごう)は、20世紀から21世紀の初頭期にかけて存在した日本の暴走族グループ。



東京都世田谷区や同杉並区の暴走族の連合体として1973年に結成され、2003年に解散[2]。ところが解散後もOB(元メンバー)同士が上下関係に基づく強い絆で結束しているとされ、2000年代から2010年代にかけて、東京・六本木周辺などで発生した各種事件の関係者としてたびたびその名が登場してきた。




そうした解散後の状況下にあっては、このOBらの結び付きを指して“関東連合”と一般に呼んでいる。



東京都内の渋谷、六本木、西麻布、および新宿のいわゆる“地下社会”にて「一定の勢力を誇って」おり、「既存の暴力団ではないが暴力的な犯罪を行う集団」を意味する“半グレ”の象徴的な存在と言われる。



改正暴力団対策法や暴力団排除条例の影響で表立っての活動を失速させた暴力団に代わる形で台頭してきた勢力とする見方もある。




東京都内のいわゆる“アンダーグラウンド”界隈では1990年代初頭期頃からその名が広く通っていたものの、歌舞伎役者の市川海老蔵 (11代目)を巻き込んだ2010年の「海老蔵事件」をきっかけとして全国的に知られる存在となったと見られている。




溝口敦によれば、2012年に発生した「六本木クラブ襲撃事件」の結果、翌2013年までに「解体の危機」と言える状況に陥った[8]。瓜田純士によれば、「関東連合」を名乗って活動している者は2014年中盤時点でほぼ皆無、勢力はほぼ消失しており、事実上、「関東連合」は壊滅状態となっている。





参照wiki



上記のとおり、関東連合は組織形態をなしていないアウトロー集団。

関東連合は山口組・神戸山口組の様な「本物」と対立していたわけでもなく、決して仲介出来る程の実力を持っていたわけでもない半グレ集団。既に関東連合は、六本木フラワー事件より壊滅状態で、各々元メンバーが暴力団組織にお世話になっている状態。なので、暴力団組織が関東連合を恐れていた事は一切ない。




「関東連合」のメンバーも社会人になり、各々の道で稼げるようになっても、不良時代に築いた絆をそのまま維持し、何かあった時には資金や武力などで互いに協力しあっているのが現状にある。





有名な関東連合のメンバーといえば、AKB48劇場の管理を実質的に手掛け、メンバーの一部が所属するakb48の事務所「office48」。




この代表の芝幸太郎は、ヤミ金融や裏カジノなどの「違法ビジネスに手を染めていた過去がある」と週刊誌に報じられており、現在も関東連合の元メンバーとのつながりが強い。





関東連合メンバーが逮捕された市川海老蔵暴行事件があったビルは、芸能人御用達のビルでよくジャニーズやAKB48(前田敦子のケツだし写真を撮られた場所)が使用するという。




ちなみに前田敦子たちが合コンに使った高級カラオケ店は、シャワーや簡易ベッドが用意された「通称ホテル」と呼ばれるそうだ。この店の経営者は、元有名アイドルと結婚した実業家であり、彼も関東連合とズブズブの関係にあるといわれる。




このように芸能界と関東連合の関係は、否定できないレベルにまで深まっている。






しかし、黒石高大が所属していた「濱義道会」と「横浜ギャング連合」の2つのグループは、関東連合が実質壊滅状態に出来たグループなので、関東連合とは関わりなないようだ。



目次にもどる

前田日明プロデュース総合格闘技大会「THE OUTSIDER」とは




黒石高大2秒 (3)



THE OUTSIDER(ジ・アウトサイダー)は、前田日明がプロデューサーを務めるアマチュアとセミプロの大会。主催はリングス。 いわゆる「不良」などの若者に格闘技を通じた更生の道を用意し、優秀な選手をメジャーな格闘技団体を含めた大会にプロデビューさせることを目標にしている。



「不良達ヨ、覚醒セヨ」というキャッチフレーズで不良同士が試合をするというコンセプトであるが出場資格が「16歳から35歳までプロでの試合経験が3試合以下の者」とされたため不良にあたらない選手も多数出場している。



参照wiki




当初は出場する選手の中の関係者に暴力団がいたりして、その部分が「反社会勢力を肯定する」という外野からのクレームが多々あり(真っ当な意見の部分もあるが)晩年では、ちゃんと選手を選別して開催していたのだが、2010年6月20日第12戦では試合終了後の乱闘が3度も発生する事態に。主催者の前田日明が会場で数人の男達に因縁をつけられ、警察が駆けつける騒ぎになった。



これがきっかけでスポンサーが離れてしまい、これ以降この大会が開催することはなくなった。




目次にもどる

黒石高大の2秒KO動画




黒石高大2秒 (5)



アウトサイダーは確かに選手も応援も不良だらけで、しょっちゅう乱闘発生の異質な団体だったが、いわゆる「不良」などの若者に格闘技を通じた更生の道を用意し、優秀な選手をメジャーな格闘技団体を含めた大会にプロデビューさせることを目標にしていた。



また、出場資格は「年齢16 - 35歳まで、プロでの試合経験が3試合以下の者」とされているため、不良じゃない選手も多く、“横浜義道会初代総長 濱の狂犬” 黒石高大が試合開始2秒でサラリーマンにカウンターパンチでKOされた事で有名になった。





なぜ、「地元で負けなし」の黒石高大が2秒でKOしてしまったのか?


2chによる格闘技に詳しい人物の分析によると、立ち技格闘技にはキックとパンチのどちらかをメインにしているかによってKO率が違う。キックボクシングはパンチ主体のインファイタータイプならガンガン前に出てパンチでKO狙う選手が多い。逆にキックが得意なら、ローキックや左ミドル前蹴り主体で試合を組み立てる。


ルールによって違ってくるが、KOするにはパンチは重要であって、後者だとパンチが得意でも首相撲や肘が得意な相手だと距離を潰される可能性が出てくる。



K-1ではパンチでガンガン攻めてくるタイプは1発KO率が高い。

パンチを重視して「ガンガン前に出てパンチでKOを狙う」というタイプは、どうしても逆にKO率も高くなる。




アウトサイダーはボクシングではなく、どちらかといえばキックボクシングよりなので、結局トータル的にバランスが良くないとある程度より上にはいけない。ちなみにKO率はグローブつけた場合のほうが上で、裸拳だと点で当たるために外傷はひどくなだけ。ひどくなっても戦いの最中はアドレナリンで、気絶しにくく、なかなか終わらないそうだ。




まとめると黒石高大がいくら喧嘩が強かったとしても、格闘技を知らない人間がいきなり突っ込めば、簡単にKO出来るということがわかる。




目次にもどる

黒石高大の更生



黒石高大2秒 (6)


不良と悪党の差が判るようになる通り、根っからの悪党は更正しない。

ヤンキーや不良から更生出来ない悪党は、なんでも面倒なことや辛いことから逃げて、その先を考えることなんてできないから工夫ができない、努力なんてしたこともないから成長ができない。逃げることしか知らないから、壁の乗り越え方が分らないという人間。




黒石高大のように更生し、格闘技や俳優で頑張るのであれば、もちろん誰にでもチャンスは与えられるし、結果を出せば評価される。



不良たちの中にはいろんな考えで生きていて、その中で頑張ってくれる子も多いし、そういう子は評価される。だが、黒石高大のように格闘技や体力だけでのし上がれるほど甘い世の中ではない。社会人として、組織の中で利益を生み出していかなければならない。そのためのシステムを扱う能力が大切。



暴走族でもガテン系の職場でもヤ○ザでもそうだが、意外とタテ社会に従順であること。

寂しがり屋で群れたいタイプの人が多く、強そうな者をピュアに尊敬してしまう傾向がある。黒石高大は札付きのワルだったが、俳優としてスカウトされるぐらいの容姿と人望があったので、カタギとして更生できた。




黒石高大は元不良じゃなかったとしても、自分の意志で生き方変えれる人は尊敬に値するといえるだろう。


スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「本田美奈子の死相画像」病気の白血病で倒れる前の写真をシンソウ坂上で公開【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

徳永有美「元夫・須田光樹」を捨て子供と内村光良がいるのに報道ステーション復帰【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

「ペッパーランチ事件の黒幕」犯人の北山大輔と三宅正信の現在とその後が判明【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

後藤真希ヌーディー画像で旦那の中谷滋博と離婚?「テレ東音楽祭2018タイムテーブルで告白か【画像】

山口達也「病院どこ?」 埼玉「北辰病院」に現在は入院中と週刊FLASHが特定【画像】

湊伸治の現在「コンクリート事件の犯人」が逮捕で顔写真を公開【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

吉澤ひとみ「旦那が飲酒仲間で飲んでいた相手」だったことが判明し逮捕か【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

「尾崎豊の死顔画像」フライデー死因写真と死の真相がヤバい【画像】

「ヨシダナギ写真」モザイク加工無しの画像処理をクレイジージャーニーSPで公開か

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント一覧

    • 名無しの独女さん
    • 2019年04月29日 21:31
    • 迷惑掛けた人達に謝罪の気持ちを形にしろよ
      病気で辛いのに暴走族の音で
      眠れなかった人とかいるだろ
      五体満足じゃないのに頑張って生きてる人に
      迷惑掛けてきたんだぞ
    • 名無しの独女さん
    • 2019年04月29日 21:34
    • 昔近くに住んでたよ
      鼻からチューブ入れて生きてた人
      食事もできないけど頑張って生きてた
      睡眠不足が祟って亡くなったわ
      暴走族の音で眠れなかったらしい
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット