2019年4月30日(火)放送、日本テレビ系「ザ!世界仰天ニュース」生放送4時間SP
19時00分~21時40分





平成の未解決事件「群馬一家3人殺害事件」を特集。






日本では、一年間に起きる刑法犯罪は約100万件。

その内、犯人が逮捕されたのが30万件。訳70万件の事件が未解決となっているので、けして未解決の事件は珍しくないのだが、全国規模で取り上げる事案の中でも凶悪事件は検挙率が高い日本だけに、なぜ犯人が特定できているのに解決できないのか?疑問に思う人も多い。



なかでも「群馬一家3人殺害事件」は多くの手がかりがあったのに、犯人逮捕につながらなかった。



今回は、群馬一家3人殺害事件が取り上げられるので、事件概要についてまとめてみた。




■目次

群馬一家3人殺害事件とは
群馬一家3人殺害事件の犯人は小暮洋史
小暮洋史の行方
小暮洋史の現在

群馬一家3人殺害事件とは



小暮洋史の現在 (3)






群馬一家3人殺害事件とは1998年1月、群馬県で発生した未解決事件。


1998年1月14日、群馬県群馬町(現:高崎市)で電気工事業を経営していた男性(当時48歳)とその妻(当時48歳)、男性の母(当時85歳)の一家3人が変わり果てた姿で発見された。


群馬県警による捜査の結果、以前から経営者の長女に好意を持ち、電話したり、車でつけまわすなどのストーカー行為を繰り返していた小暮洋史(事件当時29歳)が容疑者と断定
され、全国に指名手配された。



犯行後の1月21日深夜、群馬県太田市や埼玉県熊谷市周辺で指名手配犯の愛車である黒色の日産・シルビアが確認されているが、以降足取りは途絶えている。




指名手配犯名義の金融口座には全く動きがなく、小暮洋史本人の身柄はおろか逃走車両も見つかっていない。県警は逃走車両ごと自○を図った可能性も視野に入れ、群馬県内外の湖沼約20個所を捜索したが成果はなかった。



2007年11月1日、捜査特別報奨金制度の対象事件として告示される。報奨金額は300万円である。


参照wiki



目次にもどる

群馬一家3人殺害事件の犯人は小暮洋史


小暮洋史の現在 (1)

小暮洋史
1969年7月生まれ

身長170センチ
やせ型

群馬県の旧群馬町(現高崎市)で20年前に両親と祖母を殺○された女性が、指名手配中の小暮洋史容疑者(に約1億370万円の損害賠償を求める訴えを前橋地裁高崎支部に起こしている。



2018年10月4日に第1回口頭弁論が開かれたが、小暮洋史被告側は出廷しなかった。訴状によると、原告の女性は「肉親を被告の身勝手な犯行により殺害され、突如失望と悲嘆のどん底に突き落とされた」などと主張。自身への慰謝料に相続した損害賠償請求権の分なども加え、約1億370万円の支払いを求めている。  




参照wiki





目次にもどる

小暮洋史の行方




小暮洋史の現在 (4)




小暮洋史の事件について、不思議な点といえば、目撃情報が無さすぎること。




事件が起きる一昨年前、被害者の石井さんの長女が務める薬局に小暮洋史が納品の仕事で訪れたのがきっかけで、小暮洋史は石井さんの長女に一方的な片想いを抱いた。


結局、交際を申し込んでも相手にされなかったことで、小暮洋史の態度は憎しみに変わり、ストーカー行為をするようになり、事件を起こした。石井さんの長女は、事件前から周囲に小暮洋史のストーカー行為で「困っている」と悩みの相談をしていたという。




ストーカー事件はまだ規制されていなかった当時なので、警察では未然に防ぐことはできなかった。



事件が起きてしまったのは悔やまれるが、なぜ犯人は特定され、所有していた車までわかったのに、なぜ検挙されないのか?




事件当時でも証拠となる指紋とDNA(現場の髪の毛や唾液など)それ以外の物的証拠、遺留品、足跡など目撃情報などを根拠とするおとり捜査・張り込みなどやり方は多少違えど、現在とさほど捜査の仕方は変わっていない。



官憲に支配されているわが国の列島に脱獄は長くは続かない。

昨今整備されて行く諸法の完備で、日本国籍ならまともな仕事につけず、生きていくことはまず不可能な状況になりつつある。




しかし、小暮洋史は馬鹿にはできない恐ろしい悪の能力の持ち主。

民家の屋根裏に潜んで物音を立てず、民家の人が入浴中に衣類の財布から~万円窃盗するなど窃盗犯の技は冴えている。昭和初期か大正後期の江戸川乱歩の世界を髣髴とさせ、潜伏先の住民達は不安で気の毒だろうが、その後は他人を殺傷してないので、本気で逃げ切るつもりでいる。



現場近くの防犯カメラに事故が発生した時間帯に小暮洋史の車両が写っており、ナンバー情報まで確認できている。行方が途絶えたのなら、さらにエリアを拡大する必要があり、この甚大な事件を警察はもっと威信をかけて捜査すべきだった。




因みにあるデータによると日本の警察において、ひき逃げ事件の検挙率は実は50%(死亡事故は90%以上)検挙率は被害の大きさに比例しているという事実もある。



こういった事件は起きた地域の警察、解決に当たる捜査チームが有能か無能かの違いが出てくる。


テレビで警察のドキュメンタリーでかっこよく的確な指示してるような優秀なリーダーが指揮を執ってくれればいいのだが、みんながみんな優秀ではない。年数だけ重ねてあまり頭切れない人がリーダーになれば、見落としや目撃情報を聞き漏らすことすらある。



ある程度のマニュアル進めて解決しなかったらお手上げ。



警察を批判したいわけではないが、小暮洋史の行方を追う警察の捜査に問題があったとしか思えないお粗末な結果となった。






目次にもどる

小暮洋史の現在



小暮洋史の現在 (2)




過去に犯人の目途が立たない未解決事件で、ほんの些細な証拠からDNA鑑定を進めて行き、最終的にはそのDNA鑑定から犯人逮捕に結び付いた例がある。
この時のDNA鑑定は、犯人の息子で鑑定し、同じDNAを持つ父親が犯人と特定された。



なので、小暮洋史の残留証拠から血縁家族を鑑定すれば、小暮洋史に辿り着く事は可能という事になる。



なぜ、警察はそれをしないのか?




有名な未解決事件では、北関東連続幼女誘拐事件、プチエンジェル事件などが存在する。


前者は非常に複雑な事件で、およそ二十年間にわたり幼い児童が誘拐され、もしくは行方不明になっている事件だが、様々な人物が犯人として浮上し、それぞれが否認。警察はそのうちの一人を一部の事件の犯人として精度の低いDNA鑑定などで無理やり証拠を作り有罪にしたが、後に冤罪が判明。



九州で発生した類似事件で犯人と疑われた男を冤罪の可能性があったにも関わらず死刑にしてしまったので、関係性が薄い事件とはいえ、今更真犯人を捕まえる、もしくは再捜査するとその都合がつかなくなり、警察のメンツが保てなくなる。ほかにも飯塚事件、足利事件、今市事件、加茂前ゆきちゃんの事件、熊取小4女児誘拐事件、坂出タケノコ女児失踪事件など挙げるときりがない。




後者はある違法な売春ナイトクラブで働いていた少女たちがマンションの一室に誘拐、監禁されたという事件。


犯人が自○してしまったので、詳しい真相は不明だが、その店の客名簿があるはずなのに全くその情報が出てこない。それと、犯人の家族が事件以前に次々と自○しており、(母親は未遂)事件自体が何者かもしくはなんらかの圧力によってもみ消されたのではないか?という疑惑がある。大物政治家や皇族、犯罪組織とも関係があったと思われるような噂もあり、「強大な権力には誰も逆らえない」と痛感する事件となった。ちなみに、この事件を追っていたフリーライターの方も何者か○されている。




このように同じ未解決でも「警察の事情」というものが存在する。




小暮洋史の場合は、初動捜査で犯人と特定する情報は得られなかったが、捜査をしていく中で容疑者として浮上し、そのまま任意同行して取調べをして自白させれば事件は解決するはずだった。しかし、小暮洋史に逃走され、結果的に未解決事件として放置されてたままになっている。



当時は、群馬一家3人殺害事件事件現場に後先考えずにズカズカと入って現場を荒らして仕舞う刑事や警察幹部が多かった。(現場で採取された指紋や足跡は警察官ばかりだった)




現在では完全に死亡していても救急隊を呼んで死亡確認をしないといけないので、現場は救急隊員に荒らされてしまう。殺人事件になると出動した救急隊員は暫くは現場に留め置かれ(救急隊員から指紋や足跡を採取して死体の状況に付いての調書を作成しないといけない)



現場に人が入れば入る程現場に残されるDNA等の微細な物が多数採取され、それらを排除した残りが証拠となる。(不要な物を排除する作業が大変)犯人が第一発見者や近親者や友人・知人であると採取物件の排除が面倒。(安易に廃棄する訳にはいかなくなる)



そして鑑識技術は日々発展しているので、1年前には検出されなかった証拠も出る様になるが過去の事件の再度鑑定する事は行われない。その鑑識課員は警視庁でも人数は少ない。最近では刑事事件と交通事件で分離しているが、それでも必要な人員は配置されていない。



警視庁でさえ未解決事件捜査を行う部署は捜査1課の特殊犯罪捜査係の更に下部組織である再捜査専任の斑が行っており、重要な進展でもないと未解決事件の再捜査は行えない。



なので、小暮洋史のようにDNAが特定できていたとしても未解決事件は増える一方な現状がある。




今夜の放送では、小暮洋史の現在を特定できるのか?注目の放送といえる。






スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「本田美奈子の死相画像」病気の白血病で倒れる前の写真をシンソウ坂上で公開【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

徳永有美「元夫・須田光樹」を捨て子供と内村光良がいるのに報道ステーション復帰【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

「ペッパーランチ事件の黒幕」犯人の北山大輔と三宅正信の現在とその後が判明【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

後藤真希ヌーディー画像で旦那の中谷滋博と離婚?「テレ東音楽祭2018タイムテーブルで告白か【画像】

山口達也「病院どこ?」 埼玉「北辰病院」に現在は入院中と週刊FLASHが特定【画像】

湊伸治の現在「コンクリート事件の犯人」が逮捕で顔写真を公開【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

吉澤ひとみ「旦那が飲酒仲間で飲んでいた相手」だったことが判明し逮捕か【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

「尾崎豊の死顔画像」フライデー死因写真と死の真相がヤバい【画像】

「ヨシダナギ写真」モザイク加工無しの画像処理をクレイジージャーニーSPで公開か

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット