高橋恵子の宗教」真如苑の逃避行失踪事件スキャンダル (5)
2019年5月17日(金) 放送、フジテレビ系列「ダウンタウンなう」
21時55分~22時52分





高橋恵子が昔のワイドショーをにぎわせた24歳の時の「愛の逃避行」の真相を告白。



高橋恵子は10代でデビューし、15歳で初ヌー○と、まだ関根恵子という名前で活動していた頃、見た目の純情可憐な雰囲気とのギャップに世間は驚かされていた。


周囲に乗せられたのか、元々奇放な性分なのか、世間は彼女に魅了されたのだが、1977年の自○未遂を起こし、その原因は精神不安定からによるものだったという。




その後、河村季里(当時は作家)と交際してから「奇行」が目立ち、舞台の仕事をドタキャンし、タイに二人で逃避行、タイのホテルでマスコミに囲まれた時(エレベーターが開いた瞬間)高橋恵子は長かった髪をバッサリ切り落とし、サングラス姿で世間を驚かせた。




いったい高橋恵子に何があったのか?





今回は放送に先駆け、高橋恵子の宗教「真如苑」や失踪事件スキャンダルについてまとめてみた。





■目次

高橋惠子プロフィール
高橋恵子の宗教「真如苑」とは
高橋恵子の失踪事件
高橋恵子の自○未遂や失踪スキャンダルは宗教のせい?

高橋惠子プロフィール


高橋恵子の宗教」真如苑の逃避行失踪事件スキャンダル (6)

高橋 惠子
生年月日 1955年1月22日(64歳)
出身 北海道
血液型 AB
血液型AB型
身長162cm
事務所「ブロウアップ」




家族は夫で映画監督の高橋伴明との間に一男一女。
長女はタレントの秋山佑奈。結婚時に芸名も現姓に改名している。父は標茶町で小規模な牧場を営んでいたが、子牛の死産と同時に母牛も死んでしまい、牧場経営を絶たれ、借金だけが残った。そのため小学校2年生の時に、父は帯広市で保険外交員に転職し、母は住み込みによる宿泊業の仕事を得て恵子と釧路市へ移った。


6年生の途中で一家揃って東京都府中市へ。中学校時代から持ち前の大人びた容貌で芸能スカウトの目に留まり、2年生の時に大映のスチールカメラマンにスカウトされる。第1回ミスセブンティーンを目指し、コンテストに歌の審査があったことから、音楽教室に通った。そこで、後に石川さゆりの名前でデビューする小学校6年の天才少女と出会う。


1970年春の中学卒業と同時に大映へ入社、高校には進学しなかった。
デビュー作品は当初『おさな妻』で決定していたが、1970年8月封切の『高校生ブルース』に主演予定だった南美川洋子が降板したことから、代役に抜擢されて、旧姓(当時の本名)関根恵子の芸名で、で主演デビューを果たす。

高橋恵子の宗教」真如苑の逃避行失踪事件スキャンダル (7)

妊娠する女子高校生という当時としては衝撃的な役を演じ、15歳とは思えない大胆な演技で、話題を集める。さらに同年『おさな妻』でゴールデンアロー賞新人賞受賞。マスコミによる記事で、奔放な不良少女のイメージが作られた。



自分とは違うイメージが一人歩きしたことから、女優引退を決意するが、引退作のつもりで臨んだ増村保造監督の『遊び』で増村の情熱に感動し、辞意を撤回。 1971年11月末に大映が倒産したことにより五社協定が自然消滅し、東宝へ移籍。



1972年7月から東宝と日本テレビが共同制作していた人気テレビドラマ『太陽にほえろ!』に、ヒロインである七曲署(ななまがりしょ)の婦人警官「シンコ」役で2年間レギュラー出演し、人気女優となる。


しかし1977年、年明け直後からストレスがピークとなり、自己否定するようになり、睡眠薬を大量に服薬し、自殺未遂を起こす。その後、女優業を休業して、岐阜県の山村で晴耕雨読の日々を送った。



1979年の初夏に事務所に女優復帰を申し出て、7月21日初日の渋谷PARCO西武劇場公演『ドラキュラ』の舞台公演でのルーシー役が決まったが、演技に対して恐怖を感じて、7月20日、タイのバンコクに逃亡。同年11月初旬に日本に帰国し謝罪会見を開き、一時芸能界引退を決意するが、翌1980年1月に芸能界復帰会見を開き活動を再開した。



私生活では1982年、三菱銀行人質事件を題材とした映画『TATTOO<刺青>あり』で映画監督の高橋伴明と知り合い結婚、同時に芸名も高橋姓に改名。ピンク映画の監督だった高橋伴明にとって、同作品は初の一般映画であった。以後は、大人の落ち着きある女性の役柄を数多くこなしている。



参照wiki




目次にもどる

高橋恵子の宗教「真如苑」とは



高橋恵子の宗教」真如苑の逃避行失踪事件スキャンダル (5)


高橋恵子が信仰する宗教「真如苑」は、東京都立川市柴崎町の真澄寺(旧・真言宗立川不動尊教会)に本部を置く、真言宗系の在家仏教の僧団。戦後、宗教団体法の廃止に伴ない真言宗から独立。1951年に大般涅槃経を所依の経典とし「真如苑」と改称。1953年、宗教法人として認証を受けた。


参照wiki



有名人の信者には、高橋恵子、島田陽子、沢口靖子、鈴木蘭々、松本伊代、SAM・CHIHARU・ETSU(TRF)、大場久美子 、室伏重信(室伏広治のお父さん)がおり、よく都内の道路清掃の奉仕活動をしている。




真如苑の教えに関してだが、表向きは立派なものが多く「世のため人のため」「世界平和」「世の円満な指導者」「家族仲良く」と、何一つ間違ってはいない。



しかし、修行していく中での『3つの歩み』があり、皮肉なことにこの歩みを行う過程で、「円満」とか「人のため」とか「家族仲良く」なんて教えを吹っ飛ばすほど、全て自分の都合良いように変換されている。



2chでの信者スレから引用させてもらうと、まず「お歓喜」という教え。これは、お布施=お金への執着を無くせと言ってるわりに集金というシステムを行っている。表向きノルマは無いがグループ(経)ごとの競争心も煽るし、霊能者になるためにどんどんお金がかかってくる。





ほかにも「お救け」勧誘=伝道で、「真如苑のみ教えを説いていくこと」など聞こえが良いが、これも勧誘人数に応じて参座、智流学院への出席など可能になるので必死。強要に近い勧誘や本人に了解をとらない会費の立て替え、無断入信が行われる。




そして「ご奉仕」真如苑の中での給料なしの無料働き。

真如苑が力を入れてるのが「お救け」だから、勧誘でのトラブル多い。教えが浸透しているのなら、家族間での信心の強要、友人の無断登録、勧誘拒否されたときに態度がころりと変わる、こういったトラブルはないはず。



それなのに集会や接心などで、勧誘どころか逆に信者が目が覚めて真如苑やめないように、勧誘を拒否した相手とは疎遠になるように指導もある。これはすでに本末転倒な話。



2chによれば、熱心な信者は大祭になると、10万円、50万円、100万円のお布施袋が出てきて、金額によって景品が違うらしく、その人は副業までしてお布施しても足りなくなってきて、友人に「80万円貸して欲しい」と頼んだそうだ。




借金までしてお布施しないといけない宗教が本当に人を救えるのか?

勧誘トラブルも多く、紙を渡され「ここに名前と住所を書いてほしい」などと言われ、後で気が付いたら無断で入信させられたいたり、お金を無理やり徴収させられたり、色々報告されている。


親切なことをしながらも人を欺いてる自己慢心な態度で、ニョエンの教えを「教え」として、その教えを他人に強制する。掃除をしたり、お施餓鬼するだけで、朝から晩まで必死に働いてる人以上になれるなら真如苑は、仏様を利用して金を集めている集団に過ぎない。





あまり美的過ぎる宗教感覚も、還って人の心を弱くすることもある危険性を秘めている。この俗世社会に、僧侶のような感覚を持ってくることも、無理があるし、あの施設で心が清められては、この俗世で汚れ、こういったジレンマを繰り返すうち、最初の自分より、もっと煩悩が増幅していき、還って、波乱の人生になる場合も考えられる。




相当に精神がツライ人でない限り、普通の人があえて真如苑を信仰すると、還って人生がおかしくなることもあるだろう。





目次にもどる

高橋恵子の失踪事件



高橋恵子の宗教」真如苑の逃避行失踪事件スキャンダル (1)




高橋恵子の失踪事件は、若くして知り合った河村季里(当時は作家)と知り合い、交際が始まってからおかしくなってしまった。河村季里の当時風貌は、ロン毛で前衛風。今でこそ珍しくないものの、当時としてはとても奇抜で、この男の影響を高橋恵子は受けてしまう。


高橋恵子の宗教」真如苑の逃避行失踪事件スキャンダル (2)

仕事中心だった高橋恵子と河村季里は、岐阜の山奥の寂びれた村の古い民家に2年ほど同棲し、舞台の仕事をドタキャンしたり、タイに二人で逃避行までして、タイのホテルでマスコミに囲まれた時(エレベーターが開いた瞬間)高橋恵子は長かった髪をバッサリ切り落とし、サングラス姿で登場した。




河村季里と交際する前の高橋恵子は、見た目が決して大胆で個性的な女性ではなく、普段は清楚なワンピースと大きめの帽子を愛用していたのに、その時はノーブラで登場しマスコミも大騒ぎ。帰国時のパニックになった空港の様子や、会見の模様は異様で、当時のワイドショーを騒がせた。


高橋恵子の宗教」真如苑の逃避行失踪事件スキャンダル (4)

この失踪騒動の前にも自殺未遂事件を起こしており、高橋恵子は明らかに精神的に不安定だった時期だった。


ちなみに河村季里とはきっぱり別れて芸能界に復帰した後、現在の旦那である高橋伴明と結婚してからは平穏な家庭を築いているようで、仕事やこんな問題も起こしてないことを考えると、この失踪事件は河村季里と信仰する宗教「真如苑」が関係していることは間違いないだろう。





目次にもどる

高橋恵子の自○未遂や失踪スキャンダルは宗教のせい?







真如苑の元である仏教は生まれ変わるというのが基本の考え方。



「生まれ変わる」のだから、天国や地獄が現実とかけ離れた所にあったのでは辻褄があわない。天国も地獄も現実の世界で見ることができる。



例えば、「金持ちの幸せな家庭に生まれる子供」と、「貧乏で親から虐待されるような家に生まれる子供」この違いが天国と地獄とする。他には平和な国に生まれる子供と戦争が絶えないような国に生まれる子供、この違いも天国と地獄。



生まれ変わるときは、死んでいく時の気持ちと母親となる女性の気持ちが共鳴した所に生まれること、これを感応妙と呼ばれている。感応とは相手が楽しそうにしていればこちらも何となく楽しい気分になり、悲しそうにしていれば悲しい気分になること。死にゆくときに、多くの人に感謝されながら幸せな気持ちのまま死んでゆけば、母親となる女性も多くの人に祝福されながら幸せの中で出産していることになる。




反対にだれにも看取られることなく、一人寂しく死んでゆけば、母親となる女性も一人寂しく出産していることになってしまう。趣味が同じ人が引き合うように、同じ境遇の人どうしが共感し、引かれ合う。ただ仏教では「感応し合うのは人間だけとは限らない」と言っている。



人間は生きている内に様々な罪を犯しながら生きている。

その中で最も重い罪は恨まれることだが、恨み続けることも相手の不幸を願うようになるので罪となる。天国に生まれるための善行は感謝されることだが、感謝することも善行になるので、相手に「ありがとう」と言われることは最も大きな善行であって、「ありがとう」と言うことも相手を幸せな気持にすることができるので善行になる。




このように、悪行と善行のどちらが多いか、またはどちらが重いかで天国か地獄、又はその中間になるかが決まるとしているのが仏教なので、高橋恵子がこの教えから自分への嫌悪感が生まれたのかもしれない。




高橋恵子が染まった真如苑は、一部でカルト教団と呼ぶ声もあり、その苦痛と辛さで高橋恵子と同じように自○未遂をしたという報告は2chでもされている。その人は、無理やり施設に連れて行かされたり、気持ち悪い土下座の様な行為を頭を押さえて無理やりやらされたりなど、家族への不信感からそういった自○未遂を起こしている。




その人は、信徒だった親を必死に説得したようだが、信徒親は家族が信仰しないことを苑に相談したところ、「お前の修行が足りないから家族が信仰しない、このままだと家族がとんでもない目に遭う」と脅され、さらに悪化したそうだ。


真如苑のような新興宗教で怖いところは、価値基準や判断基準が盲信するとその団体になってしまうことで、これを「信仰障害」という形で定義付けている。もう少し掘り下げると、真如苑のような新興宗教の場合、その団体に依存させるような構造を作っている。



真如苑は勧誘のことを苑は「おたすけ」と言って、相手を真如苑に繋げることで「相手を助ける」真如苑は究極の利他の教えで正統な仏教の本流を継ぐ団体だから信者が多いとしているが、ゲスなことを書けば今まで散々時間と金をかけている信者ばかりなので簡単に辞めることはできないようにしている。





人権視点で言えば、自○は権利の侵害ではなく権利の放棄に当たるわけで、「権利はあるから放棄してはならない」権利が義務化した矛盾になり。言わば法理念上のグレーゾーンになる。死ぬ権利まで認めるか否か、権利を放棄しない義務があるか否か、とどちらに定めても問題のある、答えの出ない領域になる。



つまり、信仰は法的扱いがむずかしく、また近代国家の論理基盤はキリスト教社会にあるので、宗教上の禁固が代替してきた領域でもある。




そして残念ながら、どんなカウンセラーのプロでも信仰を辞めさせることは難しい。
強く否定することは、その解決を真如苑に求めるのでさらに信仰を深くしてしまう可能性が高いので、当人が真如苑の矛盾に気が付き、かつ真如苑との接触をなるべく減らしていくことが必要。




高橋恵子は河村季里と別れたことで救われたが、もしこれが結婚でもしていたら、離婚するには世間体や他家族の事、色々な経過の積み重ねもあるから、なかなか踏ん切りがつかず、現在でも洗脳状態だったかもしれない。


今夜の放送では高橋恵子の失踪事件がどこまで語られるのか、注目の放送になるだろう。





スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「本田美奈子の死相画像」病気の白血病で倒れる前の写真をシンソウ坂上で公開【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

徳永有美「元夫・須田光樹」を捨て子供と内村光良がいるのに報道ステーション復帰【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

「ペッパーランチ事件の黒幕」犯人の北山大輔と三宅正信の現在とその後が判明【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

後藤真希ヌーディー画像で旦那の中谷滋博と離婚?「テレ東音楽祭2018タイムテーブルで告白か【画像】

山口達也「病院どこ?」 埼玉「北辰病院」に現在は入院中と週刊FLASHが特定【画像】

湊伸治の現在「コンクリート事件の犯人」が逮捕で顔写真を公開【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

吉澤ひとみ「旦那が飲酒仲間で飲んでいた相手」だったことが判明し逮捕か【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

「尾崎豊の死顔画像」フライデー死因写真と死の真相がヤバい【画像】

「ヨシダナギ写真」モザイク加工無しの画像処理をクレイジージャーニーSPで公開か

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】