高岡由佳インスタ「新宿メンヘラ刺殺事件」犯人 (3)
5月23日、東京・新宿区のマンションで20代の男性が刺される事件が発生し、その犯人である高岡由佳のインスタがヤバいとネットで話題になっている。





こういった事件に至った動機については、「好きで仕方がなかった」というので、メンヘラな様子がうかがえる。被害者の男性は意識があり、病院で手当てを受けているという。ただ、話ができない状態だということなので、警視庁は男女間のトラブルが原因とみて捜査しているという。




今回は、ネット上で判明した犯人である高岡由佳のインスタについてまとめてみた。


■目次

高岡由佳の新宿メンヘラ刺殺事件とは
高岡由佳とは
ガールズバーはヤバイお店?
高岡由佳のインスタ
高岡由佳のメンヘラは治らない?

高岡由佳の新宿メンヘラ刺殺事件とは


高岡由佳インスタ「新宿メンヘラ刺殺事件」犯人 (2)



23日午後4時ごろ、東京・新宿区のマンションで20代の男性が刺される事件がありました。警視庁は、男性を刺したとみられる20代の女を現行犯逮捕しました。



 午後4時ごろ、新宿区のマンションで「男性を刺した」と20代の女から110番通報がありました。警視庁などによりますと、男性は胸を包丁で刺されて病院で手当てを受けています。男性に意識はありますが、話ができない状態だということです。警視庁は、その場にいた女を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕しました。警視庁は男女間のトラブルが原因とみて捜査しています。



JNN



目次にもどる

高岡由佳とは



高岡由佳インスタ「新宿メンヘラ刺殺事件」犯人 (4)


今回逮捕された高岡由佳のインスタはすでにネット上で特定されており、ガールズバー「ときめきBimBim」の店長を務めていることも判明した。




ガールズバーとは、簡単に言うと女の子がカウンター越しにお酒を作って接客してくれる居酒屋。カウンター越しのキャバクラのようなものだが、接待はできない。



キャバクラは風営法で風俗業の届け出ご必要だが、一方、ガールズバーは風俗業の届け出は必要がない。違いは、キャバクラなどの店は女の子が1人のお客を相手をするが、ガールズバーは普通のバーと同じ飲食店となるため1人の女の子が1人のお客を相手をしない。



「風俗営業許可が出ていないので、キャバクラのように女性に接待行為をさせたらNG」なのがガールズバーと思っていいだろう。なので未成年を午後10時以降働かせたら、検挙される可能性アリ。許可時間内でも、未成年に過激な衣装を着せたり脱がしたりすると労働基準法に違反とみなされることもある。


もし、上記のような行為が見つかった場合、風営法違反となり摘発の対象となる。
ガールズバー「ときめきBimBim」はYouTubeにも動画が上がっており、印象的には健全な印象を受けるが、こういったお店のほとんどはグレーなもの。



そして、高岡由佳はこのお店の店長として紹介している動画が見つかっている。その動画では「ちょっとメンヘラ気味なガールズバーの店長がいたり」などと紹介をされており、 今回の高岡由佳の犯行動機と言われている男女間のトラブルという見方が出来る。



ちなみにこのガールズバー「ときめきBimBim」の場所は、新宿区歌舞伎町2丁目にあるので、あの眠らない街「歌舞伎町」になる。歌舞伎町にはたくさんガールズバー・スナックがあり、時給1800円~というのは、歌舞伎町のガールズバーでは普通だったりする。


ただ、バーなのに隣に座って接客等を要求されることも多く、グレーな店が多い。
(ただ、性的な接客はない)被害者の男性も歌舞伎町でホストという事なので、 「二人が歌舞伎町で知り合った」という可能性がたかい。





目次にもどる

ガールズバーはヤバイお店?




高岡由佳インスタ「新宿メンヘラ刺殺事件」犯人 (5)


一言に「ガールズバー」と言っても営業形態はそれぞれ多少異なるかもしれないので、ここでは高岡由佳のお店も一般的なガールズバーに最もよく見られる形態での営業と仮定する。

ガールズバーの特徴としては

・店の従業員は女の子がメイン(男性スタッフは基本的に裏方業務)

・店の女の子は、ただ注文を受けてお酒などを差し出して終わりではなく、その特定の客と世間話以上の歓談をする



この場合、必要な許可は

・飲食店営業許可
・風俗営業許可(2号許可)


が必要。まずは飲食店営業許可を、店舗がある地域を管轄する保健所から取り、次に、地域を管轄する警察署から風俗営業2号の許可を取る。(この順番は絶対に逆にはならない)



これで、上記の前提でいう「ガールズバー」の開業が可能。

但し、この場合、風俗営業許可業者の縛りとして、営業時間が午前0時(一部の地域では午前1時)に制限される。「客と女の子(キャスト)の歓談」は法律的に「接待」と呼ばれるが、この接待行為があるが故に風俗営業2号に分類され、法律上、2号店の営業は午前0時までという縛りがある。



以上が建前で、これからが本音というか、実際の業界事情としては、ガールズバーと銘打って2号許可まで取得することはあまりない。

2chでの情報によると


・飲食店営業許可のみ取って営業

・それプラス、深夜における種類提供飲食店営業の届出をして営業


のいずれかがほとんどで、深夜における届出とは、「接待」はできないものの、午前0時だろうが午前3時だろうが早朝だろうが営業できるようになる届出は警察署に届け出す。(大手チェーンの居酒屋でもこの届出はしている)


「ガールズバーのみで営業」というのはかなり危険というか、実質、9割以上違法になる
ので、よっぽど変なことをしない限り、摘発されないように黙認されている。




そういうわけで、法律は「ガールズバー」や「スナック」や「キャバクラ」「居酒屋」のような一般的な分類で許可を分けていることは全くなく、


・酒がメインか食べ物がメインか

・店の従業員は客に対して「接待」を行うのか

・営業時間は深夜まで及ぶのか


などの要件によって「どの手続きを採るべき」ということを分けている。



ちなみに、店の女の子と客が歓談をし(風俗営業2号許可が必要)、かつ、営業時間が午前0時以降も続く(深夜における~届出が必要)という店は、法律上は不可能。2号許可と深夜営業届出はどちらか一つしか取れない。


では、なぜ高岡由佳のお店は営業可能なのか?


これは、「経営者が法的なリスクを負ってでも店を経営している」経営判断しているのだろう。結局は、本当に法的にカッチリするとこういったお店の経営が出来ないので、多少はリスクを負っても良いのかというスタンスによって「許可を取る必要はありますか?」というスタイルをとっている。



まとめると、高岡由佳のお店は「違法なガールズバー」(というかガールズバーのほとんどが違法)ということになる。











目次にもどる

高岡由佳のインスタ




高岡由佳のインスタは、アカウント名「yuyuyunochan」がすでに特定されており、このプロフィールによると高岡由佳は「 楓ゆの」という名前で活動していたということが判明した。 SNSなどを駆使して21歳で店長になっているので、経営手腕はかなりのものなおだが、その高岡由佳のインスタでは、かなりのメンヘラな投稿が多く見つかった。




メンヘラは、遺伝や、脳の疾患(発達障害など)、本人の持って生まれた基質と色々と原因はあるといわれている。「家庭環境」も大きく影響するし、片親育ちで愛情を受けれなかった子供は、傍から見れば母親は娘に一生懸命なように見えて、間違った形の愛情を注いでいたりしてしまう。


他人から見てもわからない母子関係ってたくさんあり、高岡由佳のようにここまで症状がひどいと、よほどいろんな複雑な事が今まであったんだと推測できる。




目次にもどる

高岡由佳のメンヘラは治らない?




高岡由佳インスタ「新宿メンヘラ刺殺事件」犯人 (1)


メンタル系の病は、病院など適切な処置を受ければ治るが、根底が変わらないなら、何度でも再発する。

例えば性行為で、首を締めるのはマゾ的心理と、他の記載からも自傷行為の一環、そして自傷行為は、メンタル系病の一症状。高岡由佳のインスタをみる限り、単に彼に心の拠り所を求めた過ぎたことにより、今回のような事件を起こしてしまった。なにより、この事件を起こしても、何も解決していないことがわかっていない。



高岡由佳が判断すべきだったのは、彼が自分に関心がないと認識した瞬間。

彼に騙されていたとなら、認識した以上関係を断ち、すぐに別れを切り出すべきだった。メンヘラの人には自分に責任を感じられず、問題は彼にしかないと考えてしまうので、それを明確化すべきだった。




でも精神的な依存から継続を望んだ。
これは男性だから、女性だからでは無く、個々の人間性の問題。幸せになるには、世の中の大変なことの大半は、偶然ではなく与えられた試練であることを認識して、困った時は正道・中庸の行動を心がけ、裏ワザや普通の人がとらないような行動はとらずに、人に相談すること。


「与えられた試練」という下りが信じられないかもしれないが、普通の啓発本を読めがこういったことはよく書かれている。大きな困難を乗り越えればその先にはそれだけ大きな幸せが待っているので、辛いのであれば人に相談して、正道を歩んで乗り越えるしかない。



少しずつ正道を重ねて行けば、必ずチャンスが巡ってくる。



今までの努力が全て無駄になってしまった高岡由佳ではあるが、今後どうなるのかは、被害者の彼次第なとこもあるので、ちゃんと受けるべき罪を償って再起してもらいたいものだ。








スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「本田美奈子の死相画像」病気の白血病で倒れる前の写真をシンソウ坂上で公開【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

徳永有美「元夫・須田光樹」を捨て子供と内村光良がいるのに報道ステーション復帰【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

「ペッパーランチ事件の黒幕」犯人の北山大輔と三宅正信の現在とその後が判明【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

後藤真希ヌーディー画像で旦那の中谷滋博と離婚?「テレ東音楽祭2018タイムテーブルで告白か【画像】

山口達也「病院どこ?」 埼玉「北辰病院」に現在は入院中と週刊FLASHが特定【画像】

湊伸治の現在「コンクリート事件の犯人」が逮捕で顔写真を公開【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

吉澤ひとみ「旦那が飲酒仲間で飲んでいた相手」だったことが判明し逮捕か【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

「尾崎豊の死顔画像」フライデー死因写真と死の真相がヤバい【画像】

「ヨシダナギ写真」モザイク加工無しの画像処理をクレイジージャーニーSPで公開か

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】