津山登志子の夫と娘(鈴木みらい) (3)
2019年6月7日(金) 放送、TBS系列爆!THE フライデー」
19時00分~20時00分





人気女優だった津山登志子が最凶の毒親に変貌してしまった原因、突如娘の夫を裁判所に提訴そして自殺未遂、追まわし続けること20年を振り返る。



「永遠のお嬢様女優」と呼ばれた津山登志子は、幅広い演技をこなし、ロマンポルノにまで出演したり、ヌー○写真集の出版もしたりと多くの男性から支持された。





いったい津山登志子に何があったのか?



今回は、津山登志子が毒親になってしまった原因についてまとめてみた。



■目次

津山登志子プロフィール
津山登志子が活躍した昭和50年代
津山登志子は毒親
津山登志子の娘・鈴木みらいは毒親をどうすればいいのか?

津山登志子プロフィール





津山登志子の夫と娘(鈴木みらい) (1)







津山 登志子(つやま としこ)
本名 鈴木 登志子

生年月日 1954年1月25日(65歳)
出身 東京都
血液型 B
身長153cm

娘は、シンガー・ソングライターの鈴木みらい(現在、オーストラリア、シドニーにて勉強中)。文化学院卒業。少女雑誌モデルを経て、16歳の劇団若草生の頃、オーディションを受けて、テレビドラマ「泣かないで・かあちゃん」でデビュー。



その後は、ドラマを中心に活動。昭和50年代、“トランジスタ女優”と呼ばれ、チャキチャキの町娘役からきっぷのいい女房役、そして、サスペンスでは陰のある未亡人役と幅広く活躍する。


1980年、演歌歌手の角川博と結婚。結婚後は芸能活動を休止。
1989年、「NHK大河ドラマ・春日局」で、女優に復帰。1996年、42歳の時、角川博と離婚。離婚後、1999年と2001年に、40代でヘアヌー○写真集を2冊発表し話題になった。


参照wiki





目次にもどる

津山登志子が活躍した昭和50年代



津山登志子の夫と娘(鈴木みらい) (3)


津山登志子が活躍した昭和50年代は、にっかつロマンポルノ創成期。

その時代の魅力ある人、印象的な人が脱ぐという感じで、今では考えられない女優も出演している。宮下順子なんか、明らかにドラマの延長で脱いでいるし、原悦子もその路線。俳優では風間杜夫もロマンポルノに出演している。


現在で例えると、有村架純や高畑充希クラスの女優が、ロマンポルノに出演するようなもの。

ちなみに泉じゅんあたりから、「裸が綺麗だから人気がある」という路線になったが、ロマンポルノは日芸卒の監督やスタッフが撮るので、妙な「生しさ」が人気を呼んだ。今でこそスカパーなどでR15にして放映されているが、昔は地上波で日活ロマンポルノが放映されてた。




日活ロマンポルノは、経営難に陥った日活がより短期間に、低予算で作製できる映画で、かつ当時の人たちの「理性的な社会では満たされない、秘められた欲望」を満たすことで興行収入を得るために作った映画とも言われている。



見る側にも、作製側にも、きっと熱い本能的な「欲望」があって、今の時代には薄くなった「貪欲さ」を感じる部分も多く、それが感じられるのだろう。、1971年から1988年にかけてこのような成人映画を製作したが、とりあえず濡れ場を何シーンか入れさえすれば自由に撮れる社風であり、若手には作家性を発揮できるチャンスでもあった。




女優にしても津山登志子同様に、ロマンポルノから出てきた人が多く活躍したので、ポルノだからといい加減ではなくその幅広い演技力が評価された。





目次にもどる

津山登志子は毒親






近年は女優としてメディアに出ることがなかった津山登志子だが、どうやら毒親として娘でシンガー・ソングライターの鈴木みらいに迷惑をかけているようだ。


津山登志子の夫と娘(鈴木みらい) (2)



毒親とは「読んで字のごとく、子供を毒し、徐々に人生を蝕み灰にしてしまう親」又は「人間の親の姿をし、子供に獲りついた疫病神」のこと。



実際は、子供の受け取り方も含まれるので、明確な定義はしにくいが、毒親子供を暖かく見守る事が全く出来ず、自分達の言う通りにしていないと、様々な面で不安で仕方がなくなってしまう。そしてこの世の不幸のすべてを背負い、発言は全て正しいと確信して、そのおめでたい確信と自信が「毒」となり、子供を灰にする。


毒親とは、「日本の負の産物」であって、海外ではあまり聞かれない。


子育ては、人として1番重要な仕事にも係らず、今まで労働力確保のための皆婚制度(村の掟的な)の競争社会で、勝ち負けと日本経済の成長のみに着目して、世間体をとてつもなく異様に気にする。



どんなバカでも年喰えばエライと言う年功序列のみの昔の風習のまま、殴ろうが罵声を浴びせようが脅そうが「それは教育(しつけ)だ」「親の愛情だ」→「それはどの家でもある事で、親は子供のために必死に決まっている」→結果「愛情と支配の区別は出来無く、誰も真実を見ようとしない」が現実。



これは、モラハラやパワハラの根底でもある。

また、この毒親は、田舎にいけばいくほど未だにその傾向は確実に強い。警察は民事不介入なので何が起きようが虐待死まで行かないと動いてくれないし、それが正しいと思い込んでしまっている国民性がこういった毒親というモンスターを生み出している。





毒親達もそのまま過ごして来て、どんなに精神に悪影響か出るか知らず、繰り返し同じ事をする。この負の連鎖が、近年社会に馴染めずメンタルを崩す人が増えている。にも拘わらず、その前に救済するシステムも、負の連鎖を防ぐ教育も、それらを考える政治家も、この国にはほぼ皆無。




結局は綺麗事を言っても、この「なんちゃって民主主義」、「封建村社会」の日本では、自分の身は自分で守るしかない。



昨今ネットで騒がれている毒親の問題が、もっと公になり理解され、力ある人達が動いてくれるしか、現在では毒親へ対応することが出来ない。




目次にもどる

津山登志子の娘・鈴木みらいは毒親をどうすればいいのか?





鈴木みらいは毒親である津山登志子から逃げるように、現在はオーストラリア・シドニーに渡豪している。

娘の鈴木みらい
津山登志子の夫と娘(鈴木みらい) (5)


津山登志子が毒親になってしまった最大の原因は、夫でもある角川博。



津山登志子の夫と娘(鈴木みらい) (4)

いわゆる津山登志子に対するモラハラがあり、裁判にまで発展したことで毒親へ変貌してしまった。そして津山登志子はその鬱憤を娘である鈴木みらいに愚痴ってしまい、「あなたにしか愚痴れないじゃない」と、娘の鈴木みらいへの負担が大きくなっていく。




角川博のモラハラは津山登志子だけあり、娘である鈴木みらいには普通の接し方のようだが、(多少口は悪い位) 夫婦二人きりだけの時には津山登志子をいじめるような事を平気でして、普段はシラッとしてい夫に嫌気がさしたそうだ。はたから見たら真面目そうな厳格な夫婦だったのに、それがきっかけで津山登志子は自殺未遂までしてしまっている。




鈴木みらいも30代になり、親の事を一人の人間として見た時にすごく残念で「縁を切りたい」とさえ思うようになっていたという。こんな気持ちになるのも申し訳なく、自分が大人になり客観的に親を見るようになるまで、オーストラリアに現在は離れて暮らしているそうだ。



夫婦の関係は例え娘でも理解できない。



管理人も津山登志子一方からしか情報を判断していないが、本当にモラハラかは両者の話が揃わないと実際のところはわからない。ハタから見ればおかしいと思える形でも、夫婦が上手くいってる場合も多い。



部分的な愚痴だけでは誰にも判断出来ない。
夫婦喧嘩は犬も食わないという言葉があるように、少なくとも津山登志子の娘にとって母親の肩を持ちたいのはよく分かるが、夫婦関係だけは客観視など不可能。



2chでは、毒親に振り回されて人生が狂ってしまったという人も多い。
例えば、熊本だか福岡の弱視で目が見えない毒親の娘さんは保育士を目指し、実習が死ぬほどつらくて挫折しているのに、そんな気持ちに寄り添えず、自分の夢だった幼稚園に就職させようとしたという。



また次女は大学進学希望なのにバレーボールの実業団入りを強いられており、バレーボールと勉強の両立ができない程の日々を送っている。そんな毒親に対し、娘たちはささやかに抵抗して、時計を持たせなかった為に時間切れで3分の2までしか解答できず幼稚園教諭試験不合格。次女は最後の中間考査で留年確定。ICレコーダー持参させられていたので、不正行為発覚で不合格となった。



厳しさに耐え抜いた次女、一日も早くプロの世界の環境に慣れて、家族をVリーグや世界の舞台へと連れて行くようなプロのバレーボーラーへと育ってもらいたいと願った毒親に対し、それどころか、留年確定で、毒親の仕打ちが悪化し、その娘さんたちは本気で自殺も考えたそうだ。




こうならないための毒親の対処法は


1、家にいる時間を極力短くする
2、休日は部屋で勉強するか外出し、親との会話を減らす
3、毒親に直接「あなたは毒親」というと何してくるかわからないので、ムカついたら友人やネットで愚痴るか、別のことを考えて気分転換
4、 最終手段は寝て忘れる
5、一人暮らしできるなら、親と離れて暮らす



このように毒親にはくれぐれも直訴しないようにして、距離を置くことで、毒親も冷静に対応してくれるのを待つしかない。




今夜の放送では、津山登志子の夫と娘も出演し、津山登志子と久しぶりの再会を果たすので、毒親は治るものなのか?注目の放送といえる。






スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「本田美奈子の死相画像」病気の白血病で倒れる前の写真をシンソウ坂上で公開【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

徳永有美「元夫・須田光樹」を捨て子供と内村光良がいるのに報道ステーション復帰【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

「ペッパーランチ事件の黒幕」犯人の北山大輔と三宅正信の現在とその後が判明【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

後藤真希ヌーディー画像で旦那の中谷滋博と離婚?「テレ東音楽祭2018タイムテーブルで告白か【画像】

山口達也「病院どこ?」 埼玉「北辰病院」に現在は入院中と週刊FLASHが特定【画像】

湊伸治の現在「コンクリート事件の犯人」が逮捕で顔写真を公開【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

吉澤ひとみ「旦那が飲酒仲間で飲んでいた相手」だったことが判明し逮捕か【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

「尾崎豊の死顔画像」フライデー死因写真と死の真相がヤバい【画像】

「ヨシダナギ写真」モザイク加工無しの画像処理をクレイジージャーニーSPで公開か

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】