大原麗子ヌ─ト画像 (6)
2019年6月20日(木)放送、フジテレビ系「直撃!シンソウ坂上」
21時00分~21時54分







2009年に孤独死した女優・大原麗子を特集。
かつて「タレント好感度ランキング」では複数回にわたって1位を獲得するなど、華やかで可憐な存在で誰もが目を奪われた大女優・大原麗子。



直接の死因は「不整脈による脳内出血」とされているが、中年期からギラン・バレー症候群、乳がん、自宅で転倒しただけで右手首の骨折、とかなりの病気怪我をしていたという。それで相当気分が滅入ったのか、50代後半からお母様の介護をしていて(もちろん周囲の助けもあったのだろうが)、さらに芸能界から遠ざかってしまった。




最後の出演は元夫だった渡瀬恒彦の人気番組『十津川警部シリーズ 』のゲスト出演。2004年のことだが、大原麗子の登場シーンだけ「紗」をかけ、ぼかしが入っていたことが印象的で、この時の大原麗子は精神的に追い込まれていたことがうかがえる。




今回は大原麗子がなぜ、孤独死を迎えなければならなかったのか?



大原麗子の第一発見者となった、たった1人の肉親の弟が生々しい孤独死の状況について語られるので、事件の概要をまとめてみた。





■目次

大原麗子プロフィール
大原麗子はヌ─ト女優
ギランバレー症候群とは
大原麗子の死因はギラン・バレー症候群?

大原麗子プロフィール




大原麗子ヌ─ト画像 (1)


大原麗子(おおはら れいこ)



本名・ 飯塚 麗子
生年月日 1946年11月13日 満62歳
出身地 東京都
血液型 AB型




老舗和菓子屋の経営者を父に持ち、裕福な家庭に育つ。

高校生の時に東京放映の社長である大野直にスカウトされ、卒業と同時に芸能界入り。
高倉健主演の「網走番外地」シリーズ、千葉真一、梅宮辰夫と銀幕スターと共演、数々の映画に出演し、女優としてその地位を確立。1971年に東映との契約切れを機に渡辺プロダクションに移籍以降は、テレビドラマを中心に活躍。



橋田壽賀子脚本のNHK大河ドラマ「春日局」では大河ドラマ歴代3位となる平均視聴率32.4%という日本を代表する女優になる。



しかし、1975年に神経疾患であるギラン・バレー症候群を発症。
1999年11月から翌年にかけてギラン・バレー症候群が再発したとして芸能活動を休止した。休止後も生前親交のあった橋田壽賀子や山下真司とは不定期ながらも連絡を取り合っていたという。2008年11月には足元がふらついて自宅で転倒、右手首の骨折と膝の打撲という重傷を負った。



これは同症候群の影響で身体のバランスを崩したものとされていたが、同じくギラン・バレー症候群を患った演出家の鴨下信一や専門医はこの病が再発することは滅多にないとして再発に懐疑的であり、大原の実弟も再発は姉の思い込みだったのではないかと否定的である。





2009年8月6日、連絡が取れず不審に思って警察に通報していた実弟らによって、自宅で死亡しているのが発見された。行政解剖の結果、死亡推定日時は同年8月3日。死因は不整脈による脳内出血であると診断された。 満62歳没(享年64)。




参照wiki





目次にもどる

大原麗子はヌ─ト女優



大原麗子ヌ─ト画像 (7)



外国と日本での女優への考え方の違いとして、ハリウッドの大物女優は必要であれば普通にヌー〇になり、それが普通だと考えられているが、日本ではヌー〇になるのが落ち目という考え方をする人が多い。また日本の作品にはヌー〇シーンが必要のあるものが少なくなったということもある。


しかし、昔は日本でも、女優が脱ぐことは演技であれば普通だと考えられていた。

昭和の美しき女優たちが脱ぐことは、加賀まりこ、大原麗子、岩下志麻、吉永小百合、浅丘ルリ子、若尾文子など有名になった女優は過去に女優として脱いでいる。



ほかにも宮沢りえ、菅野美穂、五月みどり、松坂慶子、ビビアン・スー、嘉門洋子(Vシネマ専用)、峰なゆか(漫画家に転身)、川島なお美など、売れた女優は脱いでいて、逆にやらなかった人が、女優として使い道が無くなったと認識され、消えていくことが多い。



菅野美穂、安達祐実、南野陽子などは子役やアイドルとして人気があり、それこそ今で言う芦田愛菜、橋本環奈、浜辺美波みたいなポジションだったのに、女優として脱いでいる。沢尻エリカもあの「別に」発言で干されていた時期があったものの、ヌー〇作品で実力を改めて見せつけて、現在は普通にドラマ出演をしている。沢尻エリカは、あの干されなければヌードがある作品になんか出なかったかもしれまない。



例外として宮沢りえは、「りえママ」こと光子氏が売り込んだことは有名だが、写真集第2弾も予定があったそうだが、拒食症でガリガリの身体となってしまったため、篠山紀信に断られている。



現在では考えられないかもしれないが、昔は女優の境界線は脱げるかどうかで、ぶっちゃけ「ただの若い美女の役しか出来ない」と、加齢で美人ぶりが有り難がられなくなった時点でフェードアウトしていくと考えられていた。



こういった女優魂を見せる流れを作ったのは大原麗子といえる。

本来の俳優女優は「演じるもの」で実演するのは邪道。脱いで丸出しにするのは素人、脱いでいないのに脱いでいるように見せることが本来のプロと言うもの。70年代の女優は、由美かおる、松尾嘉代などもテレビドラマで人気女優たちも脱いでいるように見せることで、女優として評価された。






目次にもどる

ギランバレー症候群とは




大原麗子ヌ─ト画像 (5)



ネット上に様々な医療の専門機関からギラン・バレー症候群についての文献が掲載されているが、その多くは専門的な言葉や難しい解釈での説明が多く、いったい何を言ってるのかよく判らないことが多い。




簡単に説明すると、ギラン・バレー症候群とは10万人に1~2人という難病指定の病気。



ギラン・バレー症候群は、本来は体の中に入ってきた異物を体の外へと除去する役目の抗体というものが、誤って末梢神経(運動神経など)を攻撃し、末梢神経が破壊される病気で、筋肉を動かす運動神経の障害が出て、急に手や足に力が入らなくなったり、手足のしびれ感が多い。ほかにも風邪をひいたり、下痢をしたりなどを起こし、感染して1~2週して症状がはじまる。





症状は2~4週以内にピークとなり、病状の差異が大きく、大半の人は完治する。




症候群とあるのは個人によって病状に大きな違いがあり、症状のピークは1週~2週目あたり。 ピーク時の症状の程度でその予後が判断できるので、大原麗子がどう診断されていたのか?不明だが、重度のギラン・バレー症候群亡くなるのは5%程、重い後遺症が残るのが15%、半数以上は何事もなかったように完治する。




ウィルスなどの病原体で血液が侵されたりとか内臓が侵されたりとかいう事で発症する病気ではないので、人から人への感染もまったくない。




では、なぜ悪いものを身体の外に追い出す『抗体』が誤って自分の身体の末梢神経を攻撃するのか?というと、現在の医学でもあまりよく判っていないのが実情らしい。10万人に1~2人くらいの割合で、職業や環境に関係なく発症している。






目次にもどる

大原麗子の死因はギラン・バレー症候群?




大原麗子ヌ─ト画像 (4)


ギラン・バレー症候群を簡単にイメージすると「自分を守るための免疫のシステム」が異常となり、自分の神経を攻撃する。




一番症状の強い時期に、約60%の患者の血液中に、神経に存在する「糖脂質」という物質に対する抗体がみとめられるようだ。これが自分の神経を攻撃する「自己抗体」としてはたらいている可能性があり、その他にリンパ球などの細胞成分やサイトカインなどの液性成分も関わっている。



安岡力也も患ったギラン・バレー症候群は、大原麗子も自宅で転倒しただけで右手首の骨折したりとかなりの病気や怪我をしていることを考えると、相当気分が滅入っている状態だったことがわかる。


大原麗子ヌ─ト画像 (2)





上記のようにギランバレー症候群は、特定の疾患ではない。

神経の病気と言う意味では近いかもしれないが、多くは感染が原因(他の原因もあるけど)であまり痛みはない。


大原麗子はギラン・バレー症候群を最初に発症したのは11歳、再発したのが36歳、47歳のときには乳がん手術を受けている。行政解剖の結果、死因は不整脈による脳内出血であると診断されているので、死因は、ギラン・バレー症候群で突然、心臓が止まった?とかネット上では憶測を呼んでいるが、ギラン・バレー症候群は関係はない。




では、大原麗子の不整脈による脳内出血はなぜおこったのか?




不整脈とは脈が速くなったり遅くなったりするようで、しかも頻繁に一日に何度も体感する。



管理人もストレスで狭心症ではないかと診察を受けたことがあり、心電計を体に取り付けてもらい24時間データーを記録したことがある。その時、医師に言われたのは「少なくとも24時間程度データをとらないと不整脈はわからないのが普通」らしい。(よく人間ドックで心電図をとるが、あれで異常があるようだと要注意)



アルコールを飲むと直後は血管運動神経が緩み、末梢血管抵抗が低下する。
抗利尿ホルモン抑制効果によって循環血液量が少なくなり、血圧を下げるので、軽度の高血圧の人であれば、血圧は正常化する。また、アルコールにより現実から逃避でき、気分的に開放的になり、その結果、自律神経のバランスが良くなり、軽度高血圧であれば血圧は正常化できる。




しかし、飲みすぎると逆の効果があらわれ、血圧が高めの人はアルコール摂取量が増加すると収縮期血圧(上の血圧)、拡張期血圧(下の血圧)、両方上昇してしまう。




これは、アルコールを長期間飲み続けることにより、血液中のカルシウムは組織へ移動。血管壁を形成している平滑筋細胞内へカルシウムが蓄積することにより血管を収縮させ、そのため血圧が上がる。



なので、大原麗子の脳出血の原因となった体への影響は具体的にあげるとすれば、ストレスからくるアルコールへの依存が高血圧となり、脳内出血を引き起こしたと考えられる。




最初は軽い脳内出血でほぼ後遺症がなかったとしても、二度、三度と脳内出血を起こしていた可能性は0ではない。






今夜の放送では、大原麗子の孤独死の半年前に、涙ながらに語った大原麗子本人の肉声をはじめ、第一発見者となった、たった1人の肉親の弟が生々しい孤独死の状況を語る。





スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「本田美奈子の死相画像」病気の白血病で倒れる前の写真をシンソウ坂上で公開【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

徳永有美「元夫・須田光樹」を捨て子供と内村光良がいるのに報道ステーション復帰【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

「ペッパーランチ事件の黒幕」犯人の北山大輔と三宅正信の現在とその後が判明【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

後藤真希ヌーディー画像で旦那の中谷滋博と離婚?「テレ東音楽祭2018タイムテーブルで告白か【画像】

山口達也「病院どこ?」 埼玉「北辰病院」に現在は入院中と週刊FLASHが特定【画像】

湊伸治の現在「コンクリート事件の犯人」が逮捕で顔写真を公開【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

吉澤ひとみ「旦那が飲酒仲間で飲んでいた相手」だったことが判明し逮捕か【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

「尾崎豊の死顔画像」フライデー死因写真と死の真相がヤバい【画像】

「ヨシダナギ写真」モザイク加工無しの画像処理をクレイジージャーニーSPで公開か

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】