萩原流行「事故現場の真相」 (2)
2019年7月5日(金) 放送、TBS系列「爆報!THE フライデー」
19時00分~20時00分






萩原流行の事故死から4年たった現在、警察を相手取った裁判の一部始終を妻が初告白。




萩原流行といえば、バイクの交通事故で亡くなったが、当初ニュースでは「萩原流行さんがなんらかの原因で転倒し」「後続車両に轢かれた」「轢かれる直前に護送車と接触していた」と報道された。



この報道を受け、多くの人が感じた疑問としては、萩原流行がハーレーという大型バイクでまっすぐ走ってて、しかもスピードが出てる状況で、そんなに簡単に転ぶだろうか?ということ。あんな両足ベタつきのバイクですり抜けで転倒する人など見たことがない。




事故時の位置的に、護送車に突き飛ばされて 転んだ可能性が高いことを一部報道で 「萩原流行さんがすり抜けしようとして転倒した」ように印象操作
、報道が 「護送車がバイクと接触したのは萩原さんが転倒した後」だと強調してる点。



護送車の運転手の「あたったかもしれない」程度の記憶ということは、接触した時に既に萩原流行が転倒していたがどうかなんで知るわけがない。ということは、 「護送車の運転手は事故とは直接関係ない」と強調するのが目的だったのではないだろうか?



今回は、萩原流行の裁判結果が初公開されるので、事故の真相についてまとめてみた。



■目次

萩原流行プロフィール
萩原流行のバイク事故
萩原流行の事故現場に残る謎
萩原流行バイク事故の真相
萩原流行の事故現場に心霊写真

萩原流行プロフィール



萩原流行「事故現場の真相」 (6)



萩原 流行
本名・萩原 光男(はぎわら みつお)
生年月日 1953年4月8日 (没年月日 2015年4月22日62歳没)
出身 東京都
身長 173cm
血液型 O型 -



妻は舞台女優の萩原まゆ美。
世田谷学園中学校・高等学校卒業後、俳優を目指し、、劇団ザ・スーパーカムパニイへ入団。気さくでひょうきんな人柄であったことから、デビュー作で大抜擢され、当時トップアイドルであった岡崎友紀のリフトをし、ちょうど岡崎の臀部を支えるパートを毎日務めた。



2000年代以降は役者活動だけでなく、バラエティ番組などにも出演。
2008年12月、自身の俳優としてのDNAを継承すべき場として萩原流行アクターズスタジオを開設し、俳優育成する方面でも活躍していた。



参照wiki





目次にもどる

萩原流行のバイク事故



萩原流行「事故現場の真相」 (3)


2015年4月22日午後6時頃、東京都杉並区高円寺南の青梅街道において、転倒したハーレーダビッドソンのそばに倒れているところを発見され、病院に搬送された。約1時間半後に死亡が確認され、オートバイを運転中に転倒に巻き込まれたものと報道される。




警視庁杉並警察署と同庁交通捜査課によると、事故当時、3車線の中央車線を走行中、左側から車線変更をした警視庁高井戸警察署の護送車と接触し転倒。道路に投げ出されたところを後方からきた乗用車に胸部を轢かれたとみられる。




また、事故直前、萩原が前方を走行する車両に追い越しをかけていた際にバイクが不安定にふらついていたという目撃情報もある。萩原はうつ病を患っていたこともあり、事故当日の薬の服用なども含めて調べを進めている。なお、事故が起きた18時ごろ、東京西部は雨が降りだしていた。護送車を運転していた警部補は気がつかなかったと述べている。




5月22日には妻の萩原まゆ美が記者会見を開き、当初護送車ではなくワンボックス車と発表したことや、死因を心房破裂死と説明されていたが死体検案書には死因不詳とされたことなど、警察により遺族に情報が伝わらず警察に対して不信感があることを告白した。



またその会見中にフジテレビが生中継を行ったが、弁護士会のルールに反する行為であったため中断している。


7月2日、妻が2度目の記者会見を開き、警察側の説明について「ネット上にある事件直後の動画などと、食い違う部分が多い」と改めて不信感を示した。高井戸警察署による謝罪については、実況見分時の署員の言動を理由に拒絶している。




また事故当時に、うつ病による影響を強調するような警察発表・報道がなされたことに関して「事故をたびたび起こしていたと表現されたり、うつ病が原因しているという誤った報道により傷つけられた、萩原流行の名誉を回復することを一番に考える」とした。


8月14日、司法解剖の結果、左心房破裂および多発肋骨骨折を含む高度胸部外傷と報告された。


9月10日、護送車のドライバーだった高井戸署の男性警部補が自動車運転過失致死傷の疑いで書類送検された。(後日、不起訴処分となっている)



参照wiki





目次にもどる

萩原流行の事故現場に残る謎




萩原流行「事故現場の真相」 (4)


萩原流行の事故は、当初の報道から警察の発表がコロコロ変わり、最終的にどれが真実なのか?がわかっていない人が多い。





当初、護送車は前に駐車車両がいたために停車した後、右側の安全確認を行ってからゆっくりと車線変更を始めたと報道された。




警察車両はほぼすべてが制限速度以下(道交法としては当然のことだが、車の流れに乗ったスピードがあるため、制限速度ギリギリのスピードで走行する車もある)走っているので、その真後ろから走ってきたバイクがイラッとして護送車を追い抜いて先に右側の車線に入ろうとしたが、間に合わずに接触して転倒したという。(もしくは転倒しながら接触したか)




記事内容

発表によると、現場は片側3車線の直線道路。
左車線を走っていた護送車は、路上駐車していた車を避けるため、車線変更。中央車線を走っていた萩原さんが、それを避けようとバランスを崩した可能性があるという。萩原さんは転倒後、護送車に接触、さらに後続の乗用車にひかれて死亡した。


読売新聞



これを読むと萩原流行が勝手にコケて、警察車両に衝突した印象を与える。

だが、これは明らかに無理な理屈であって、急に車線変更した警察車両が萩原流行のバイクに接触して転倒、後続車に轢かれたというのが自然の流れ。尚、このような表現しているのは、記者クラブに加盟しているメディアのみだった。



記者クラブは、公的機関や業界団体などの各組織の継続取材を目的とするために大手メディアが中心となって構成されている任意組織。日本独特のシステムと言われ、フリーランスなどに対し排他的であるとして近年、批判を受けている。


ちなみに読売新聞グループを作ったのは警察官僚だった正力松太郎で、現在の社長である白石興二郎は正力の高校の後輩にあたる。なので、読売新聞と警察の癒着は有名な話。



少なくとも車載カメラが設置されて居るはずが、それが公表されて無い時点で疑問が多くの残り、警察は協力して現役警部補によるひき逃げ事件を隠蔽しようとしたのではないか?という憶測が、ネット上で流れた。




目次にもどる

萩原流行バイク事故の真相


萩原流行「事故現場の真相」 (5)


警官が書類送検されたと言う事は事故に係わる不適切な行動が有ったことは間違いない。



実際、SNSなどの目撃情報からは、「萩原流行と護送車と接触したのが原因らしい」というのが出回っている。




こういった多くの目撃情報が出てからの報道では「護送車と接触した」等と言う事は一切報道されておらず、原因については詳しく報道されず、度々事故を繰り返していた。しかも、萩原流行がうつ病を患っていたと言う様な、萩原流行の印象が悪くなる様な事しか報道されなくなった。




それとSNSで新たにわかってきた事実として、「警察の護送車が路上駐車の車をよけるため車線を変更したところ、中央車線を走っていた萩原流行のバイクが転倒し、護送車の前輪付近に接触し、追い越し車線を走っていた乗用車にひかれた」という多くの情報も出ている。





この目撃情報ほかに「(萩原流行が)まっすぐ走っていたら、いきなり警察車両がツッコんできたので倒れた」「護送車は一端は止まり、誰が降りてくるのかと思ったが、降りてこず、そのまま行ってしまったが、しばらくして戻ってきた」「流行さんをひいたクルマの前にも車がいて、その車は避けた」という情報も出てきた。






警察官には救助義務が有り、常識的に接触したかどうかに係わらず、車に轢かれた人を無視して立ち去る事や、二人一組で行動している警察官が接触したかどうかわからないみたいな事は通常では考え難い。




どちらにしろ、その時の防犯カメラの映像や事故現場の凹んだ箇所とバイクのハンドル位置が一致すれば接触したかどうかなんて直ぐにわかる事。各所の防犯カメラや目撃情報や優秀な科学捜査を駆使すれば接触したかわからないなんて事はありえない。




最初の萩原流行の印象の悪くなる報道に加え、マスコミにも最初、護送車と言わないで、”ワンボックス”と表現していた警察を信用できるわけがない。不幸な事に、巻き込まれた萩原流行が芸能人で無ければ、この事実は、出てこなかったと想像できる。根本的な事実について伏せられている事からこそ、ネット上では、「警察が接触事故を隠蔽しようとしているのではないか?と言われるのも当然のこと。



この事故の警察への不信感は多く、散々時間をかけて事故検分したくせに奥さんには「事実解明にはまだ時間がかかる」と言ったそうだ。連日のように起こる警察の不祥事。綺麗事だけ並べている組織に信頼を寄せる方がおかしい。




目次にもどる

萩原流行の事故現場に心霊写真





萩原流行「事故現場の真相」 (3)

萩原流行の事故現場の写真は、SNSで多くでまわっているが、なかでも萩原流行の事故現場で心霊のようなものが映ったと2chでも話題になった。




管理人もその画像を見たが、萩原流行が事故を起こした現場に顔のようなものが映っているというもの。


昔は「写真を撮られると魂が抜かれる」と信じられ、ブレの失敗写真を魂が抜けかけている「幽霊写真」と呼ばれていた。時代が下り、オカルトブームが来ると、それまでクローズアップされてなかった「先祖霊」や「地縛霊」を採り入れ心霊写真と呼ばれる様になった。




これは、ノストラダムスの予言同様、オカルトブームに乗っかったお金儲けシステムであり、プロカメラマンが心霊写真を撮らない=素人撮影・低スペックカメラでしか幽霊が写らない矛盾や、フィルム式とデジカメで内容が違う→カメラの進化で幽霊が形を変える矛盾は未だに説明無し。



管理人個人的には、心霊写真を信じてる人=ノストラダムスの予言をまだ信じてる人、または写真を撮られると魂が抜かれると信じてる人と同レベルだと思っているが、 萩原流行の心霊写真は「全ての真実を写してる訳では無い」というのが大前提で、「失敗写真が発生しない」と思う方が間違い。



心霊写真はどういう仕組みで撮れるのか?は、ネットで検索するといくらでも出てくる。

シミュラクラ現像・輪郭誘導・乱反射露出・多重露光・感光・ブレ・スローシンクロ・レンズに因る光のイタズラ・ピンぼけ・ソフト異常・本体の熱暴走・保存ミス・HDRミス・パノラマ失敗等多岐に渡る。


また、「そこにあるべきでないものが写る」ことは、多重露光・保存ミス・ソフトの合成ミス(手振れ防止機能)等々、失敗する可能性は意外と多い。



例えば、パソコンが止まるのはフリーズが殆どだが、詳しくないと「コンピューターウイルスだ」なんて言い出す人がいるのと同じ。扱いが悪い(腕が悪い)か、低スペックかで、パソコンは固まるが(ウイルスの可能性は0ではないが)普通はウイルスチェック(お祓い)はしない。再起動する位。





因みに、心霊写真はミスショットや偶然の産物、あるいは科学的に説明のつく現象を霊的なものと思い込んでいる、さらには合成などによってそれらしく加工した悪意のあるもの(霊的なものという訳ではなく、人をだまそうとする悪意)と大槻教授は明言している。



萩原流行の事故は、真相が現在まではっきりしていないことから、こういった心霊写真が出回るのだろうが、心霊写真は本来、お化け屋敷などを楽しむのと同じような楽しみ方をするものであって、むやみに恐れたり人を怖がらせたりするものではない。


今夜の放送では、 萩原流行の事故の真相がどこまで語られるのか、注目したい。





スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「本田美奈子の死相画像」病気の白血病で倒れる前の写真をシンソウ坂上で公開【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

徳永有美「元夫・須田光樹」を捨て子供と内村光良がいるのに報道ステーション復帰【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

「ペッパーランチ事件の黒幕」犯人の北山大輔と三宅正信の現在とその後が判明【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

後藤真希ヌーディー画像で旦那の中谷滋博と離婚?「テレ東音楽祭2018タイムテーブルで告白か【画像】

山口達也「病院どこ?」 埼玉「北辰病院」に現在は入院中と週刊FLASHが特定【画像】

湊伸治の現在「コンクリート事件の犯人」が逮捕で顔写真を公開【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

吉澤ひとみ「旦那が飲酒仲間で飲んでいた相手」だったことが判明し逮捕か【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

「尾崎豊の死顔画像」フライデー死因写真と死の真相がヤバい【画像】

「ヨシダナギ写真」モザイク加工無しの画像処理をクレイジージャーニーSPで公開か

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】