スリムクラブに稲川会幹部を紹介した他社所属芸人 (8)

吉本の問題と宮迫、亮の今後について。





闇営業に関する会見後に宮迫らを擁護する声が上がっているが、論点がすり替わっていることに2chではマスコミの報道の在り方に疑問視されている。




そもそもは反社会勢力のパーティに参加して金をもらっていた宮迫に関しては、金塊強盗犯との写真があり、根本はそこが問題なのに「吉本の体制が2人を追い込んだ」みたいな相関図になっている。




会見にしても、本来なら宮迫が最初に会見しようと言わなければいけないのに田村亮が「自分が引退するので会見させてください」と言わせておいて、途中から宮迫が「僕が全責任を負って引退するので」といって会見を頼んだというので、結局は宮迫主導での会見ではなかった。




吉本から脅迫まがいのパワハラがあったのも分かるが、そもそも「お金もらってない」と嘘つかせた宮迫が何かいうのは違うし、結局はオフホワイトのようにうやむやにしてまた戻ってくることが予想される。


今回は、宮迫が本当に金塊事件と関係ないのか?


フライデー第2弾で報じられた宮迫の金塊事件「平成の三億円事件」とばれている「野口兄弟」野口和樹についてまとめてみた。




■目次

吉本の闇営業問題とは
闇営業とは
宮迫博之のフライデー第2弾「金塊事件」とは
「野口兄弟」こと野口和樹とは
野口和樹と宮迫の写真の問題点

吉本の闇営業問題とは




内田恭子の旦那・木本公敏 (3)


今から約5年前、カラテカ入江が、宮迫らに「結婚パーティーに出席しませんか?」と直営業を持ち掛けたのがきっかけ。



ギャラが高い事から宮迫は、カラテカ入江に「大丈夫なんか?(まともな会社か?の意味)」と確認した所、カラテカ入江は、「吉本のスポンサーもしていたエステ会社」と説明されたので出席した。当時、芸人らの忘年会と被っており、宮迫が支払う事になっていたらしくカラテカ入江に「そのギャラから支払うように」伝え、お釣りを宮迫は受け取っていたという。




しかし、宮迫本人は受け取った記憶が無かった。

今年になって突然、フライデー記者に「闇営業問題」と聞かれた時、5年前の事であったし、反社とは知らなかったので、宮迫は、ピンと来なくて「貰っていない」と返事。話を合わせるために、カラテカ入江にも、「貰ってない事にしてくれ」と口止めし、亮ら後輩芸人も最初は「ギャラは、貰っていない」と口裏合わせした。



そこで吉本興業は、「ギャラは、貰っていない」と各社報道機関にFAXを送付。


しかし、カラテカ入江が吉本興業の契約解除になり、亮が良心の呵責に耐えかねて「本当の事を言いましょう」と宮迫に持ちかける。宮迫は「自分がお金を貰っていたか?」と亮に確認すると、亮は「お釣りを貰ってました」と答えたので、吉本興業に金額を含め事実を話す。



吉本興業、弁護士らは、「今更ひっくり返せないので静観しろ」と命令。


亮が「自分は、辞めてでも、会見したい」と言ったところ、吉本興業の岡本社長が「録音してないか?」と確認したのち、「お前(亮)が辞めて会見してもいい。したら後輩芸人達もクビにする。俺にはその力がある」というような内容でパワハラ発言し、「静観しろ」と圧力。



その後も何度も宮迫らは「会見させてほしい」と懇願するも岡本社長は、「会見さしたるけど、いつするかは、会社が決める」と言い、「吉本興業が株主である民間放送会社5社のみで生放送ではなく収録(編集可能)な録音を翌日12時にするから、会社が用意したQ&Aを覚えに来い」と言われたという。




宮迫らは、不信感を募り、自分達で会見を開き、自分達の甘さからこのような事態になったと謝罪会見を強行。その会見中に亮の契約解除が発表された。会見後、松本人志が、「後輩芸人達は、不安よな。松本動きます」と、ツィート。岡本社長と大崎会長と松本で話をして、明岡本社長も記者会見する流れとなった。

内田恭子の旦那・木本公敏 (4)


また、この件では、明石家さんまも動き、もし、後輩芸人達がクビにされるようであれば、さんまが引き取ると言っていた。







目次にもどる

闇営業とは








闇営業とは、所属事務所を仲介せず、直接仕事を依頼すること。



簡単に言えば、広告代理店と芸能事務所の間で、需要と供給が成り立っている世界で、その間を取り仕切る仲介業者がいる。これは、たいてい堅気の人間がやってはいるのだが、中には、大きなお金が動くような仕事に関しては、どちらかが大きな損失が発生するので、いざこざをうまくまとめるヤクザが存在する。




なので、芸能事務所は、会社として仕事を受けて大きなトラブルを回避するが通例となっている。



だからそういったリスクを回避するために、ギャランティも、事務所とタレント分で、折半している。しかし、今回の騒動の発端となった入江は、その事務所を通さず、直接、仕事を取り仕切る事をしてしまった。そしてその相手が運悪く、詐欺グループの集団だったことが問題となった。



吉本は、芸能界に大きな看板を掲げてるため、社会的に、また業界的に力があり、仕事を多くもらってる分、所属タレントはギャラを正当に貰ってたかどうかという問題は昔からあり、そういった不満からこういった直で仕事をすることはあったようだ。




現在の吉本興業は、芸能界に大きな影響を持っており、そんな事務所が反社会的組織と関係したら、テレビ局は、タレント発注できなくなる。暗黙で闇営業を、少額のものと認めていたとしても、責任は生じる。


なので、「宮迫らに会見をさせなかった」



ちなみに宮迫もスリムクラブも闇営業をしての謹慎ではなくて、反社会勢力と繋がったことでの謹慎。反社会勢力の人が主催したパーティならば、ギャラの支払いは反社会勢力から行われているはず。



飲食店やコンビニに客として飲食店や反社会勢力の人が来ても、大勢いる客のうちの一人でしかないので、問題ないし、個人的に行ったイベントの主催者が問題がなければ事務所から注意程度ですんだのだろうが、タレントとして、こういった反社会勢力とのつながりがコンプライアンス的に問題で宮迫ら数名の芸人は謹慎処分となった。




目次にもどる

宮迫博之のフライデー第2弾「金塊事件」とは



野口兄弟」野口和樹 (2)

記事内容




高級クラブのような店内で、持ちネタのポーズで両手の人差し指を突き出す人物は、言わずと知れた宮迫博之(49)。

振り込め詐欺の犯罪集団のパーティで「闇営業」していたことが発覚し、現在謹慎中の人気芸人である。 宮迫の右側で笑みを浮かべながらも、鋭い眼光が印象的な短髪の男性。反社会的勢力の住民が集う闇社会では誰もが知っている超有名人、野口和樹被告(43)である。



野口被告は現在、ある凶悪事件で逮捕され、福岡拘置所で身柄を拘束されながら、判決を待つ日々を送っている。 なぜ野口被告は逮捕されたのか、事件の詳細は追って説明するとして、まずはこの「記念写真」が撮影された当日の様子を伝えておこう。

野口兄弟」野口和樹 (1)


’16年7月27日の夜9時過ぎ、野口被告は友人たちと大阪の繁華街、北新地にあるキャバクラを訪れていた。 「彼(野口被告)らのグループは男性陣が4人ほどでした。彼らが座ったテーブル席の奥にある個室で宮迫さんが仲間と飲んでいたんです。男性4人の中の一人が宮迫さんと知り合いだったみたいですね。宮迫さんが彼に気づいて挨拶していた。そこで一緒に乾杯しようということになって、高級なシャンパンを注文していました」(目撃していた店の関係者)



お互いのシャンパングラスを重ねた後、宮迫は野口被告らとの記念撮影に応じた。野口被告は上半身に和彫りの入れ墨を入れており、このときは半袖を着ていたため、入れ墨が明らかに見えている状況だったという。 「この席には上半身にびっしり入れ墨が入っている半袖の男性が二人いたんです。宮迫さんも彼らが普通の仕事をしていないことには気づいたと思います。彼らは宮迫さんに挨拶していましたし、乾杯の後はしばらく談笑していましたから。あと印象に残っているのは、宮迫さんが帰る際に、同席者の一人が謝礼を渡していたことです」(前出・関係者)


野口被告のグループのメンバーから金銭を授受していたとなると、「たまたま同席しただけ」という言い訳は通用しなくなる。


前出の目撃者は、本誌にこう証言するのだった。
「同席していた男性が現ナマの札を数えて、宮迫さんに『ハイ』と渡していたんですよ。数えていたところを見ていた感じだと5万~10万円だと思います」 グラビアアイドルや芸人が一般人と酒食をともにして、その謝礼としていくばくかの金銭を受け取る行為を「ギャラ飲み」と言う。本誌が得た目撃証言が正しければ、宮迫は犯罪者グループの「ギャラ飲み」に参加して、10万円程度の小遣いをもらっていたことになる。



その真相を追究する前に、ここで、野口被告が逮捕・起訴された「福岡金塊強奪事件」に触れておこう。 ’16年7月8日、福岡県・JR博多駅近くにあるビルの1階で会社役員らが運搬していた約7億6000万円相当の金塊をアタッシェケースごと、6人組の男に強奪された。


この事件の実行犯であり、主犯格だったのが、野口被告なのである。

上の写真が撮影されたのは、事件発生から約3週間後のことだ。野口被告は’17年5月に逮捕される。 野口被告は、福岡金塊強奪事件の実行犯の一人である実兄・直樹被告(45)とともに、地元である愛知県・名古屋では「半グレ」として知られた存在だった。 「『野口兄弟』は指定暴力団・六代目山口組弘道会を後ろ盾にした自動車窃盗団のリーダー格で、和樹は前科3犯です」(全国紙地元支局記者) 野口被告は正真正銘の凶悪犯なのだ。 「金塊強奪事件の一審で野口は懲役9年の判決を受けて、控訴しています。野口は、今回の事件は盗まれたと見せかけるためのヤラセで、金塊のオーナー側とは合意があったと主張しているんです。背後には闇社会の複雑な構造が見え隠れしており、二審では野口側が申請している新たな証人の出廷が認められるかが、ポイントになります」(地元紙デスク)



フライデー




目次にもどる

「野口兄弟」こと野口和樹とは




野口兄弟」野口和樹 (3)


野口和樹は2017年に起きた金塊事件の主犯。



記事内容



福岡市のJR博多駅近くで2017年7月に約7億6千万円相当の金塊が盗まれた事件で、主犯格の野口和樹被告(42)が逮捕された。


23日に逮捕された愛知県名古屋市の自称会社員・内田拓海容疑者(24)は、野口和樹容疑者(42)らと4人で共謀し、去年7月、JR博多駅前の路上で、およそ7億6000万円相当の金塊を盗んだ疑いが持たれている。


野口容疑者らが逃走に使用した2台のレンタカーを、広島県内で返却していたことが新たに分かり、実行グループは他に2人いると見られ、警察は2人を含む数人を指名手配して行方を追っている。

この事件では、盗まれた金塊の換金に関わったとして東京都の自称・会社役員、小松崎太郎容疑者(40)ら2人も逮捕されていて、一連の事件の逮捕者はおよそ10人に上る見通し。



野口和樹被告は、無料通信アプリLINE(ライン)で愛知県警の警察官から情報を購入。漏らしていた疑いがある警察官は「(知人男性が)金で買っている警察官で、うそはつかないと聞いていた」などと供述。野口被告は愛知県警の事情聴取にも同趣旨の供述をしているという。

朝日新聞




実は、こういった金塊の盗難、現金化は昔から問題になっていた




福岡は密輸など不法に持ち込まれた金塊を売却するのに、買い取り業者がたくさんいて便利だった。だが、警察は金塊を売却する末端を逮捕するのでは事件解決に至らないとし、逆に泳がせて元締めグループを逮捕することを狙っていた。



一般の商品を輸入するときには、輸入消費税がかかる。
仮に本体価格1億の商品を正規で輸入すれば、正規の手続では800万の消費税を払うことになる。この輸入した商品を国内で本体価格1億で業者に売却した場合には、消費税を含めて1億800万を受け取ることになる。


従って正規の手続で仕入れ額面で売却しても利鞘は発生しないが、密輸をした場合には輸入消費税の支払いを免れているので消費税の800万が手元に残る事になる。




さらに商品を買い取った業者はその商品を海外に輸出した場合には、国から800万の消費税の還付を受けられるので、額面で輸出できるのであれは買い取った業者にも損は発生しない。

現行の消費税法の仕組みでは密輸した物を第三者を介して、正規に輸出する事で消費税分の金額を国から受け取っていることになる。



これが基本的な構図。

通常の商品で1億円もの密輸を行う事は困難だが、金であれは携帯するキャリーバックに十分収容可能だし、国内にも多くの金取引業者が存在する。加えて、金取引業者も金の取引にあたっては取扱手数が取れる事 さらには香港などで金取引が活発であり輸出も用意である。これに加えて金価格が上昇した上に消費税率が上がった事が、密輸のし易さと旨味を加速度的に増加させた。



そういった反社会勢力の資金源にもなっていたグループの主犯格だったのが、「野口兄弟」こと野口和樹という人物になる。



目次にもどる

野口和樹と宮迫の写真の問題点






反社会的勢力といわれている野口和樹だが、彼らだって日常では一般人。


一般人であるからには基本的人権があるわけなので、つまりお金を出してサービスを買う権利はある。食べ物は食べるし、服も着るし、電話だってするし、それにお笑いだって楽しむ。仕事としてサービスを提供する側としては、相手がだれであろうと、お金をいただいて仕事をすることはまっとうなこと。




今回の宮迫の問題なのは、所属事務所である吉本との「契約違反の不法行為」。

契約とは本来「民法」と「商習慣法」とに基づいて行われている。商習慣法とは難しく聞こえるかもしれないが、口約束を含む常識に基づくやり取りの契約なので、一つ一つ民法に基づくものではない。




宮迫は「契約違反の不法行為が認められる」ため、謝罪会見を開いた。


野口和樹との写真については、宮迫本人は報酬を否定しているので、不法行為はなかったとしている。だが、こういった一緒に写真を撮るサービスの提供が、更なる犯罪行為を助長させる恐れがある。




日本は、反社会的勢力の排除を徹底するために、国の方針で彼らに人権を認めないというレベルでやろうとしている。




なので本来であれば、反社に対して、食べ物を売ったり、服を売ったり、電話も使用させないようにすることが理想。そうすれば、おのずと反社になる者が減少する。言い換えれば、反社会的勢力になるなら死ね! 死にたくないないなら反社会的勢力になるな!が今の日本のスタンス。



反社がいなくなるのは「国民の為だし、排除に皆様も協力してね」という方針。


現実的には、上記のことまではできないので、金融機関などは、貸したお金が犯罪に使用される(利息という対価を受け取り、金銭の貸付というサービスを提供しただけ)で口座凍結させることもできる。芸能人であれば、その写真等が詐欺等の材料に使用される恐れがあること等から、関わっただけで厳しく非難されるのも当然のこと。



社会的影響が大きい以上、ちゃんと与信(相手方がどういう人間か)の確認が要請され、お金を頂いたとしても引き受けてはいけない仕事を選ぶのが事務所の役割。



なので、宮迫は闇営業問題でなく、反社にこういったサービスを提供したことも批判されている。サービスを提供する側は、相手が反社だと気づけなければ致しかたないというのがもちろんある。コンビニ等が反社に物を売ったりしても避難されないことの前提だが、彼らは事務所に所属しており、上記のように事務所を通していれば、事務所は与信調査をし引き受けなかったかもしれない。または、会社として責任は問われても、芸人個人の責任は問われなかった。



なので、宮迫のサービス提供が余計に問題を助長させる一因にもなっている、
昔は、社会に迷惑ばかりかけて一般社会ではどうしようも生きていけない子供を組に預けるようなこともあったのらしいが、現代はただお金持っている風だったりに憧れて反社になり下がる人間が多くなった。美化されている部分も多いが、今は弱い者からひたすらむしり取るようなことが多いので、宮迫の金塊事件がどこまで真実なのかわからないが、反社会的勢力とは、人を脅し、騙し、真っ当な事をしてはいないので、世間の風潮としては「関わらないようにすべき」。



極端に言えば、そもそも、彼らは吉本興業という会社に雇われている芸人。
会社を通して仕事をするということは、お客様がどの様な人か、会社が判断して仕事を受けることで、成り立っているので、そこの判断をする上で、しっかりと、事務所を通さなければならない。現場同士で行うと、今回のような事件に巻き込まれると考えたほうがいいだろう。




スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「本田美奈子の死相画像」病気の白血病で倒れる前の写真をシンソウ坂上で公開【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

徳永有美「元夫・須田光樹」を捨て子供と内村光良がいるのに報道ステーション復帰【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

「ペッパーランチ事件の黒幕」犯人の北山大輔と三宅正信の現在とその後が判明【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

後藤真希ヌーディー画像で旦那の中谷滋博と離婚?「テレ東音楽祭2018タイムテーブルで告白か【画像】

山口達也「病院どこ?」 埼玉「北辰病院」に現在は入院中と週刊FLASHが特定【画像】

湊伸治の現在「コンクリート事件の犯人」が逮捕で顔写真を公開【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

吉澤ひとみ「旦那が飲酒仲間で飲んでいた相手」だったことが判明し逮捕か【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

「尾崎豊の死顔画像」フライデー死因写真と死の真相がヤバい【画像】

「ヨシダナギ写真」モザイク加工無しの画像処理をクレイジージャーニーSPで公開か

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】