高校野球総選挙2019順位結果 (4)
2019年8月10日(土) 放送、テレビ朝日系「ファン10万人がガチで投票!高校野球総選挙」~最強高校編~
18時56分~22時00分



夏の甲子園101回目を迎えた、特別番組を企画「高校野球総選挙」2019が今夜放送。




番組では「高校野球ファン10万人」にアンケートを実施、記憶、記録に残る歴代のスゴい高校をランキング形式で発表、貴重映像とともに最強高校ベスト20をランキング。連日、阪神甲子園球場で熱戦を展開しているが、その101回という長い歴史を彩ってきた出場高校の中から最強の高校をファン投票で決定する「高校野球総選挙・最強高校編」。7月から始まった投票も順調に票を重ね、いよいよ生放送でランキングを発表!夏の甲子園、歴代最強高校が今夜決定する。





今回の高校野球総選挙は、チームが完成した夏の選手権優勝チームがその年の最強と言っていい。


そして年代が違うチームを比べるのはなかなか難しいが、過去からの積み上げで今がある。過去のチームと現在のチームがそのまま対戦したら、だいたいが現在のチームが勝つ。例えばV9時の巨人と今のロッテが対戦したら、恐らくロッテが勝つ。でもプロ野球で一番強いチームってなると今のロッテが候補に挙がることはなくV9時の巨人は恐らく挙がる。なので同世代での突出度が強さとなる。



以上のことから2chで予想されている高校野球総選挙2019の順位を予想してみた。





■目次

高校野球総選挙とは
高校野球総選挙2018の順位結果
高校野球総選挙2019の予想
高校野球総選挙2019の順位結果

高校野球総選挙とは



高校野球総選挙2019順位結果 (6)

高校野球総選挙とは、番組アンケートのランキングを行う総選挙番組。


去年は、高校球児トップ30をランキング形式で発表し、石川・星稜高校で活躍した松井秀喜が1位に輝いた。今回は、7月10日から番組公式ホームページで初のインターネット投票を実施。歴代甲子園出場高校の中から、「一番強かったと思う高校ベスト3」を投票し、総合ポイントが高かった高校を、「最強高校」に選出する。



公式サイト





目次にもどる

高校野球総選挙2018の順位結果

高校野球総選挙2019順位結果 (2)


高校野球総選挙2019順位結果 (3)


高校野球総選挙2019順位結果 (1)




1位・松井秀喜(星稜高・石川)
1990年 夏 2回戦敗退、1991年 夏 ベスト4、1992年 春 ベスト8、1992年 夏 2回戦敗退



2位・松坂大輔(横浜高・神奈川)
1998年 春 優勝、1998年 夏 優勝



3位・江川卓(作新学院高・栃木)
1973年 春 ベスト4、1973年 夏 2回戦敗退



4位・清原和博(PL学園・大阪)
1983年 夏 優勝、1984年 春 準優勝、1984年 夏 準優勝、1985年 春 ベスト4、1985年 夏 優勝



5位・田中将大(駒大苫小牧高・北海道)
2005年 春 2回戦敗退、2005年 夏 優勝、2006年 夏 準優勝



6位・大谷翔平(花巻東高・岩手)
2011年 夏 初戦敗退、2012年 春 初戦敗退



7位・王貞治(早稲田実業・東京)
1956年 夏 2回戦敗退、1957年 春 優勝、1957年 夏 ベスト8、1958年 春 ベスト8



8位・桑田真澄(PL学園高・大阪)
1983年 夏 優勝、1984年 春 準優勝、1984年 夏 準優勝、1985年 春 ベスト4、1985年 夏 優勝


9位・清宮幸太郎(早稲田実業・東京)
2015年 夏 ベスト4、2017年 春 2回戦敗退


10位・ダルビッシュ有(東北高・宮城)
2003年 春 3回戦敗退、2003年 夏 準優勝、2004年 春 ベスト8、2004年 夏 3回戦敗退


11位・斎藤佑樹(早稲田実業・東京)
2006年 春 ベスト8、2006年 夏 優勝


12位・鈴木一朗(愛工大名電高・愛知)
1990年 夏 初戦敗退、1991年 春 初戦敗退


13位・太田幸司(三沢高・青森)
1968年 夏 2回戦敗退、1969年 春 2回戦敗退、1969年 夏 準優勝


14位・原辰徳(東海大相模高・神奈川)
1974年 夏 ベスト8、1975年 春 準優勝、1975年 夏 ベスト8、1976年 夏 2回戦敗退


15位・板東英二(徳島商高・徳島)
1956年 夏 初戦敗退、1958年 夏 準優勝


16位・荒木大輔(早稲田実・東京)
1980年 夏 準優勝、1981年 春 初戦敗退、1981年 夏 3回戦敗退、1982年 春 ベスト8、1982年 夏 ベスト8


17位・中村将成(広陵高・広島)
2017年 夏 準優勝


18位・オコエ瑠偉(関東一高・東京)
2015年 夏 ベスト4


19位・松井裕樹(桐光学園高・神奈川)
2012年 夏 ベスト8


20位・藤波晋太郎(大阪桐蔭高・大阪)
2012年 春 優勝、2012年 夏 優勝


21位・菊池雄星(花巻東高・岩手)
2007年 夏 初戦敗退、2009年 春 準優勝、2009年 夏 ベスト4


22位・工藤公康(名古屋電気高・愛知)
1981年 夏 ベスト4


23位・尾崎行雄(浪商高・大阪)
1960年 夏 2回戦敗退、1961年 春 ベスト8、1961年 夏 優勝


24位・中田翔(大阪桐蔭高・大阪)
2005年 夏 ベスト4、2006年 夏 2回戦敗退、2007年 春 ベスト8


25位・香川伸行(浪商高・大阪)
1978年 春 初戦敗退、1979年 春 準優勝、1979年 夏 ベスト4


26位・定岡正二(鹿児島実高・鹿児島)
1973年 夏 初戦敗退、1974年 夏 ベスト4


27位・愛甲猛(横浜高・神奈川)
1978年 夏 3回戦敗退、1980年 夏 優勝


28位・安樂智大(済美高・愛媛)
2013年春 準優勝、2013年 夏 3回戦敗退


29位・島袋洋奨(興南高・沖縄)
2009年 春 初戦敗退、2009年 夏 初戦敗退、2010年 春 優勝、2010年 夏 優勝


30位・水野雄仁(池田高・徳島)
1982年 夏 優勝、1983年 春 優勝、1983年 夏 ベスト4






目次にもどる

高校野球総選挙2019の予想




2chでは、よく高校野球史上最強チームとして1985年のPL学園と1998年の横浜高校が挙げられる。



五季連続出場、うち優勝2回準優勝2回残りの一つもベスト4、桑田の甲子園大会通算20勝なんて空前にして絶後なのだが、PLの打線は4番の清原が抜きんでていただけで、前後を固める松山、黒木は好打者ではあったものの、幾分迫力には欠けていた。当時は清原の威圧感のおかげで相手投手の腰が引けてしまい、他の打者も必要以上に警戒され、実力以上に打たせてもらっていたような印象がある。



松坂大輔の横浜高校にいたっては、横浜高校が松坂大輔投手として擁して1998年、春夏連覇した時は、前年の秋に新チームを結成してから44連勝無敗。明治神宮大会、甲子園の春夏連覇、国体と四冠を達成した唯一のチームである。打線でも後藤、松坂、小山のクリーンアップが注目されたが、これも松坂の打撃というよりも圧倒的な投球により、打線も必要以上に警戒されていたような印象を受けた。しかもクリーンアップ自体はあまり打てていなかった。
高校野球総選挙2019順位結果 (5)




野球含めてスポーツは技術も戦術も日進月歩。

選手の体格も昔と今じゃ違うし、昔の最強校が今の最強校に勝てるはずがない。ちなみに松坂の横浜は、PL史上最強からも程遠い98年のPLと完全に互角だった。



メディアが創り出した世の中全体の応援ムードと球場全体の後押しのおかげで、何度も負けそうになりながらもいわゆる甲子園の魔物を味方につけた状態で何とか優勝したが、実力でいえば最強からは程遠い。



このように高校野球の順位は、単純に比較するのは難しい。

なので最強の定義からすれば、「負けない、点を取られない、チャンスすら与えない」が大前提。


たとえば、10-5で勝ったとして、10点も取られるようなチームに、5失点もするようなチームが強いといえない。もし、投手が良くて完封されたら5-0で負けである。


時代のことを言えば、戦前は変化球を投げると打てなかった。失策も多く、故に大量失点が多い。昭和になると、本塁打を打たれると、崩れてしまう投手がかなり多かったし、精神的にもかなり未熟。食生活もラーメンの時代だから筋力も弱く体力も無かったので、140キロなどごく稀。



レベル、強さから見れば、ここ20年が最強となる。


そうなると失点5、一試合当たり失点1だった平成24年春夏連覇した大阪桐蔭があげられる。いずれ、もっと強いチームが出てくるだろうが、現在では間違いなく高校野球総選挙の1位といって過言ではい。

AS20181228000252_comm


目次にもどる

高校野球総選挙2019の順位結果




※放送後に順位を記載します

1位 大阪桐蔭(大阪)  
2位 PL学園(大阪)  
3位 智弁和歌山(和歌山)  
4位 横浜(神奈川)  
5位 早稲田実業(西東京)  
6位 中京大中京(愛知)  
7位 天理(奈良)  
8位 仙台育英(宮城)  
9位 明徳義塾(高知)
10位 広陵(広島)
11位 松山商(愛媛)
12位 東海大相模(神奈川)
13位 星稜(石川)
14位 池田(徳島)
15位 帝京(東東京)
16位 広島商(広島)
17位 常総学院(茨城)
18位 報徳学園(兵庫)
19位 東北(宮城)
20位 駒大苫小牧(南北海道)


スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「本田美奈子の死相画像」病気の白血病で倒れる前の写真をシンソウ坂上で公開【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

徳永有美「元夫・須田光樹」を捨て子供と内村光良がいるのに報道ステーション復帰【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

「ペッパーランチ事件の黒幕」犯人の北山大輔と三宅正信の現在とその後が判明【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

後藤真希ヌーディー画像で旦那の中谷滋博と離婚?「テレ東音楽祭2018タイムテーブルで告白か【画像】

山口達也「病院どこ?」 埼玉「北辰病院」に現在は入院中と週刊FLASHが特定【画像】

湊伸治の現在「コンクリート事件の犯人」が逮捕で顔写真を公開【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

吉澤ひとみ「旦那が飲酒仲間で飲んでいた相手」だったことが判明し逮捕か【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

「尾崎豊の死顔画像」フライデー死因写真と死の真相がヤバい【画像】

「ヨシダナギ写真」モザイク加工無しの画像処理をクレイジージャーニーSPで公開か

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】