渋野日向子「目の下のブツブツ」 (5)


全英女子オープン優勝した渋野日向子が「時の人」として、ネット上で騒がれている。



渋野日向子はアマチュアでソフトボールをしていた無名の女の子で、ある日ゴルフに変え、プロテストに合格した途端、並み居る選手を追い越し、国内大会に2回優勝し、世界で一番権威のある大会でも、世界の強豪を抑え優勝してしまった。


ゴルフはラッキーな部分の自然が味方した部分もあるが、それが3日続いたとしてもすごい事。


サニブラウン、桐生選手がオリンピックで金メダルを取るのもすごい快挙だが、今まで高校卒業位の無名の選手がたまたま出場記録をクリアし、いきなりオリンピックに出場し、金メダルを取った位の奇跡的な出来事といって過言ではない。




そんな世間から注目を集めている渋野日向子プロの目の下にブツブツがあることで、2chでは「何かの病気ではないか?」と騒がれているので、今回は渋野日向子についてまとめてみた。



■目次

渋野日向子とは
渋野日向子の偉業
渋野日向子プロの目の下のブツブツは病気?
渋野日向子の今後

渋野日向子とは

渋野日向子「目の下のブツブツ」 (3)





澁野日向子(しぶの ひなこ)
生年月日 1998年11月15日(20歳)
身長 165 cm
出身 岡山県岡山市
血液型AB型



2019年「AIG全英女子オープン」で日本人女子選手として樋口久子以来、42年ぶりのメジャー優勝を果たした。



陸上競技の投擲選手だった両親(父:円盤投、母:やり投)の下、三人姉妹の二女として生まれる。 岡山市立平島小学校2年生の夏休みにゴルフと出逢い、その年の12月からは地元のスポーツ少年団に入団してソフトボールも始める。



ゴルフでは2010年「岡山県ジュニアゴルフ選手権競技」(小学生・女子の部・高学年)で3位等の成績。 2011年に岡山市立上道中学校に進学、学校で唯一の女子選手として軟式野球部に入るが、同年「岡山県ジュニアゴルフ選手権競技」(中学生・女子の部)で優勝すると、中学2年生からゴルフ一本に絞った。その裏には軟式野球部の監督から「ゴルフ一本の方が良い」という助言があったからだという。



その後「岡山県ジュニアゴルフ選手権競技」(中学生・女子の部)では、2012年、2013年も優勝し3連覇を果たす。


2014年に岡山県作陽高等学校へ進学、同年の「中国女子アマチュア選手権」で優勝。
2015年「全国高等学校ゴルフ選手権大会」女子団体戦では同高校のメンバーとして出場し、大里桃子がいた熊本国府高等学校を抑えて優勝した。


高校卒業後の2017年、JLPGA最終プロテストに進出、3日目までで14オーバーとなった為、最終日はプレー出来ずに終える。同年サードクォリファイングトーナメント(QT)B地区59位でファイナルに進めなかった。


プロテスト合格後にRSK山陽放送のゴルフ番組に出演したのが縁となり、2019年2月から同社と所属契約を結ぶ。同年5月のJLPGAツアー公式戦「ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ」において通算12アンダーで同ツアー初優勝、20歳178日での優勝は2015年チョン・インジ(大韓民国)の20歳273日を更新する大会史上最年少優勝となった。



JLPGAツアー初優勝が公式戦となったのは史上13人目、日本人に限ると2016年「日本女子オープンゴルフ選手権競技」の畑岡奈紗に次いで8人目となる。公式戦優勝により翌シーズンから3年間のシード権を得た。同年6月の「アース・モンダミンカップ」終了時点で年間獲得賞金ランキング3位に浮上し、8月の全米女子プロゴルフ協会(LPGA)ツアー「AIG全英女子オープン」への出場権を獲得。



海外初試合となった「AIG全英女子オープン」では、大会前の目標を「予選突破」としながらも、初日と2日目は2位、3日目は2位に2打差の14アンダーで単独首位。最終日は、3番ホールで4パットを叩いてダブルボギー、その後11番ホール終了時点で前日終了時と同じ14アンダー、2組先でプレーしていたリゼット・サラス(英語版)らに2打差の3位に後退するも、15番ホールで並び、最終18番ホールで約5mのバーディーパットを決め、通算18アンダーでLPGAツアー初出場初優勝をメジャー大会で飾った。



日本人女子のメジャー優勝は、1977年「全米女子プロゴルフ選手権」を制した樋口久子以来42年ぶり、2人目の快挙。またLPGAメジャー大会初出場初優勝は、2014年「エビアン選手権」で金孝周が達成して以来、史上2人目の快挙となった。


参照wiki





目次にもどる

渋野日向子の偉業




渋野日向子「目の下のブツブツ」 (4)


ゴルフがわからない人には、渋野日向子の何がすごいのか?まったく理解できないだろう。


まず、2018年プロデビューして、プロテスト合格からわずか1年でのメジャー制覇したのは日本人として二人目、42年ぶりの快挙。
その数少ないチャンスを確実に物にしてきた才能があり、勝負師としての資質が備わっている。昔はプロとアマの違いが最もないスポーツはゴルフと言われていた様だが、今はプロの質が上がって、飛距離や技術の差が大きくなっている。





そして、話題になったのが、渋野日向子選手の全英女子オープンの最終ホールのパットについて。





この下りのスライスラインをあの強さで打って入れたということは、初めからあの強さで打つつもりだったのだろう。あのパットは、ラインと強さが合わないと入らないラインなので、距離を合わせればもう少し膨らませないと入らないし、あのラインでもう少し弱ければ右に切れた。




なので、自分が読んだラインに思った強さで打った。
強め・薄めのラインで、カップ50㎝くらい手前からラインに乗ったことを確信した彼女はパットを上げつつ、自信を持ってカップインを見守った。当然、外せば2mオーバーしたかも知れないが、入れば勝てるチャンスを逃さず、安全に2パット(プレーオフで50%)を選択せず、勇気の1打を選択した。



タッチを合わせて寄せ半分のパットでも良かったのかも知れないが、その強さと膨らませ方が読めないラインだったのだろう。これは憶測だが、プレーオフになっていたら50%ではなく、もう少し負ける確率が高かったと感じて、あの1打で決めた。



漫画のような劇的なラウンドになり、彼女のゴルフ経験と内に秘めた強気な性格が「攻めさせた」結果。



勝負事は一度勝つ、優勝するとその後ガラリと変わるもの。
彼女はプロになりすぐに日本でも大きい大会で優勝して、そういった経験や度胸がゴルフには大きな要因となった。そして兎に角目が勝負師の目。「届かないパットは絶対にカップインしない。」とはゴルフの天才タイガーウッズの言葉があるが、全英女子オープンで優勝した渋野日向子も攻めの姿勢はすごかった。



冒険と無謀とは紙一重であるので、彼女が怖いもの知らずで初出場だったことも影響しているのか彼女の切り替えのうまさ、ポジティブ思考も大きい。いつも笑顔でいようという姿勢が彼女を前向きにし、リラックスさせていることも大きいので、コーチの指導も本当に大きかったはず。彼女の潜在能力を花開かせてくれたのはやはりコーチのおかげでもある。




ただ、絶対王者として長く君臨するだろうと思われたタイガーウッズでさえ、一気に転げ落ちた経緯もあるので、渋野日向子も一時期のマスコミに踊らされず、女子プロを引っ張っていってほしい。





目次にもどる

渋野日向子プロの目の下のブツブツは病気?








渋野日向子がマスコミに注目されたことで、メディアで取り上げられるたびに、イ目の下のブツブツが気になった人も多いようだ。

渋野日向子


過去の映像を見てみると、渋野日向子の目の下にブツブツがないようなので、おそらくこのぶつぶつは最近できたものだと思われる。


渋野日向子「目の下のブツブツ」 (2)




なので、渋野日向子の目の下のブツブツは、稗粒腫ではないだろうか?




稗粒腫は、主に目の周囲に生じる直径1~2mm以内の袋で、中には角質が入っていて、白色の小さな粒のように見える。ニキビでもなく、押しても痛くもないし痒くもない「小さな脂肪の塊」みたいなもので、目のまわりによく出来る。


目の粘膜に何か出来てるなら麦粒腫(ばくりゅうしゅ)、あるいは霰粒腫(さんりゅうしゅ)が考えられる。

麦粒腫は一般的に「ものもらい」と呼ばれ点眼薬で治る。霰粒腫は、点眼薬を使用しても治らない場合は内服薬も処方され、痛み等がなくなっても、腫れが残る場合は切開して膿と芯(霰粒腫の核)を取り出す。



麦粒腫、霰粒腫以外にも考えられる疾患はあり(マイボーム腺梗塞・マイボーム腺炎など)皮膚の浅い所にできた小さな角質の塊で、脂肪の塊という表現する場合もある。




あとは、アレルギーや虫刺され(蚊やダニ)痒いとかなら帯状疱疹の可能性も考えられるが、そういった症状(かゆみなど)なさそうなので、渋野日向子の目の下のブツブツは稗粒腫が一番可能性が高い。






目次にもどる

渋野日向子の今後








渋野日向子の全英女子オープン優勝で女子プロゴルファーの重鎮・岡本綾子女史が「これで女子ゴルフが変わる」と明言していた。




特に海外メジャー大会に於いてこれまでの様に他の選手とのレベルの違いからチャレンジャー精神論や参加することに云々といったネガティブな思考から、渋野日向子のようなチャレンジ精神は、本来の力を発揮して上位に食い込むことは多くなるはず。




渋野日向子は、試合中にもかかわらず、おにぎりをバクバク食べ、タラタラのおやつも食べていた。しかも堂々と。これは食事ではなく「血糖値を上げるために食べている」もので、一般的にはバナナが多いが、氷砂糖を頬張っている選手も多い。


ラウンド中にハイタッチや握手に笑顔で応じ、待ち時間には駄菓子を頬張り、その様子が大きく映るようカメラに近づけたり、真剣勝負をしているとは思えない図々しさ、神経の太さに感心させられた。ちなみに血糖値が下がると、思考能力が低下して状況判断を間違える可能性がある為。



日本人が海外で活躍できない最大の要因は「体格の差」。
大人と中学生が同じ土俵に乗せられて、それを見た時点でご愁傷さまになる。渋野日向子は飛距離には互角以上なので、心身ともにすぐれた素質の持主であることは間違いない。



ただ、過去のスター候補に良くある話だが、「ダメで元々」と開き直って強気のプレーが出来ている時は成績が良いが、TVや新聞やネットで持て囃されて、どんどん期待が責任に変わっていき、大きなプレッシャーがかかるようになると不調やイップスに悩み出して、気づけば平凡なプレーヤーに落ちていくケースがある。



周囲が騒がずに、本人も「ダメで元々」の精神でプレーを続けられたら凄いプレーヤーになるはずなので、今後の渋野日向子には注意が必要だ。




スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「本田美奈子の死相画像」病気の白血病で倒れる前の写真をシンソウ坂上で公開【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

徳永有美「元夫・須田光樹」を捨て子供と内村光良がいるのに報道ステーション復帰【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

「ペッパーランチ事件の黒幕」犯人の北山大輔と三宅正信の現在とその後が判明【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

後藤真希ヌーディー画像で旦那の中谷滋博と離婚?「テレ東音楽祭2018タイムテーブルで告白か【画像】

山口達也「病院どこ?」 埼玉「北辰病院」に現在は入院中と週刊FLASHが特定【画像】

湊伸治の現在「コンクリート事件の犯人」が逮捕で顔写真を公開【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

吉澤ひとみ「旦那が飲酒仲間で飲んでいた相手」だったことが判明し逮捕か【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

「尾崎豊の死顔画像」フライデー死因写真と死の真相がヤバい【画像】

「ヨシダナギ写真」モザイク加工無しの画像処理をクレイジージャーニーSPで公開か

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】