工藤一良 (1)
2019年9月11日(水)放送、TBS系列「マラソン・グランド・チャンピオンシップ」
20時00分~22時00分



順位なのか、タイムなのか、はたまた実績なのか。
マラソンの選考について、昔は12月にある福岡国際マラソンの1発勝負で決めていた。
しかし、ソウルオリンピックの選考の時、瀬古利彦選手を指導していた中村監督がその最中に事故死。その衝撃から瀬古利彦選手の調子が上がらず、福岡国際マラソンの出場を辞退してしまい、瀬古利彦選手を救済するたために、急遽、日本陸連は「福岡国際」「別府大分」「びわこ国際」の3試合の結果を考慮して選考すると発表した。




瀬古利彦選手は競争率が一番低く、気温もわりと高めのびわこ国際マラソンを選び出場し、2時間13分という凡タイムで優勝、陸連の思惑どおり瀬古利彦選手はオリンピック代表に選ばれた。



その頃は日本のトップランナーは福岡国際に焦点を合わせ、オリンピックを狙っていないトップランナーは別府大分マラソンに焦点を合わせ、調整していたので、負けられない瀬古利彦選手はわざと別府大分マラソンを回避した。



その理由は、これで負けたらオリンピックへの道は完全に絶たれるから。
それを批判した中山竹通(当時の日本一、ソウルオリンピック代表)は陸連から干され、この時から複数試合の結果で、選考することになった歴史がある。





この選考方法はアメリカなら暴動起きる選考方法。



その陰で工藤一良は、代表の座を逃した。この騒動は、日本マラソン界最大の事件として、これまで誰も触れることができなかった。あれから32年、悲劇のランナーが、封印してきた工藤一良が禁断の選考問題を初告白。そして今回、瀬古が長年心にしまっていた思いを初めて工藤一良に伝える。




今夜の放送差に先駆け、工藤一良とマラソンの選考についてまとめてみた。





■目次

マラソン・グランド・チャンピオンシップとは
工藤一良とは
マラソン代表の選考
工藤一良の不運

マラソン・グランド・チャンピオンシップとは






マラソングランドチャンピオンシップは、2019年9月15日に開催される予定のマラソン大会。メインスポンサーは東京マラソン同様東京メトロ。本大会は第103回日本陸上競技選手権大会の男女マラソンを兼ねている。




2017年8月23日、日本陸上競技連盟より2020年東京オリンピック・男女マラソン日本代表選考会として2019年9月以降の開催が発表された。 マラソンコースは2020年東京オリンピックで使用するものと同じだが、スタート・フィニッシュ地点は新国立競技場が開催時点では未完成のため、明治神宮外苑周辺に設定。また五輪のテストイベントとしても実施される予定。


但し、ほぼ同時期の2019年9月下旬にカタール・ドーハで開催される、世界陸上競技選手権大会の男女各マラソン代表選出・出場選手は本大会に出走できない。


2017年から2019年にかけて行われる指定された大会を「マラソングランドチャンピオンシップシリーズ(MGCシリーズ)」と名付けて、タイムと順位をクリアするとMGC本大会出場権を得られる。MGCシリーズ以外の国際陸上競技連盟が世界記録を公認する競技会においても条件を満たせばワイルドカードとして出場権が得られる。




MGCで男女各2名が東京オリンピック日本代表に内定し、残り各1枠は「マラソングランドチャンピオンシップファイナルチャレンジ(MGCファイナルチャレンジ)」と名付けて指定された大会で争う。 MGCシリーズ対象レース 各シーズンことに2017-2018シリーズ、2018-2019シリーズとして当該シリーズにおける以下のレースを対象とする。大会ごとに設定された記録をクリアした者に出場権の楯が贈られる。



参照wiki




目次にもどる

工藤一良とは



工藤一良 (5)

工藤 一良
生年月日 1961年2月27日(58歳)
出身 青森県


青森県立名久井農業高等学校卒業。1980年代から1990年代にかけて選手として活動した。名久井農業高校時代は、全国高等学校駅伝競走大会に出場。1区を担当し、高校2年時の第28回大会(1977年)は区間13位、そして高校3年時の第29回大会(1978年)で区間賞を獲得した。



高校卒業後は白水昭興監督に見初められ、名門だったリッカー陸上部に入部。
駅伝の他にトラック競技でも活躍。特に十和田八幡平駅伝競走全国大会に相性が良く、第32回大会(1979年)では1区3位[8]、第36回大会(1983年)では3区区間賞の好記録を残し、リッカーの優勝に貢献した。



リッカー陸上部休部後は白水の誘いで、日産自動車陸上競技部に移籍し、第37回十和田八幡平駅伝競走全国大会(1984年)でも5区〈最終区〉区間賞の快走を見せ、日産の優勝に貢献。また、東日本実業団陸上競技選手権大会5000m走では1981年に14分15秒1のタイムを記録し、今なお大会記録となっている。


全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)にも出場歴があり、リッカー時代は第24回大会(1979年)~第26回大会(1981年)と3年連続3位、日産時代は第29回大会(1984年)よりずっと3位以内に入り、第33回大会(1989年)にはチームを悲願の優勝に導くなど長年に渡って活躍した。 マラソンは、21歳の時の第37回毎日マラソン(1982年)が初めてだった。



1987年12月6日の福岡国際マラソンにも出場。
日本陸上競技連盟は、この大会を「ソウルオリンピックマラソンへの一発選考大会」と位置付けていた。この大会でも安定した走りを見せて、中山竹通、新宅雅也に次ぐ日本人3位の総合4位、2時間11分36秒のタイムでフィニッシュした。だが、日本陸連は中山、新宅をソウルオリンピック代表に内定させたものの、工藤については経験不足を理由に保留とした(他の選考レースである東京国際マラソン、びわ湖毎日マラソンの結果を見て内定者を決めるとした)。


結局、1988年3月13日に開催された、第43回びわ湖毎日マラソンで優勝した瀬古利彦(福岡国際を負傷のため欠場した)を最後の3人目の代表に選出し、工藤は補欠に回ることになり、オリンピック出場を逃した。



一連の経緯については国内で日本陸連に対する批判もなされた。

瀬古はオリンピック本番で9位と入賞を逃した。日本陸連は次のバルセロナオリンピックの代表選考以降、事実上一発選考とみなされる代表決定を一切していない。


引退後は指導者の道を進み、日産自動車やしまむらのコーチ(教え子に大島めぐみがいる)を歴任。2008年には日清食品グループ陸上競技部コーチとなり、かつての恩師・白水監督と再会を果たした。2010年、2012年のニューイヤー駅伝優勝に貢献し、2013年6月より愛知製鋼陸上競技部のコーチを務めている。


参照wiki





目次にもどる

マラソン代表の選考



工藤一良 (2)


現在のマラソン基準は明確で、MGC本大会において、以下の条件をクリアすると東京オリンピック代表の内定が得られる。

・優勝

・2位、3位のうち「MGC派遣設定記録」をクリア



これらのクリアした者がいない場合は2位が自動的に内定。
MGC派遣標準記録は「男子2時間5分30秒」「女子2時間21分0秒」クリアした者がいない場合はMGC2枠に入らなかった次点が内定。


・男子
福岡国際マラソン
東京マラソン
びわ湖毎日マラソン

・女子
さいたま国際マラソン
大阪国際女子マラソン
名古屋ウィメンズマラソン



参照wiki




しかし、この選考も問題があり、マラソン選考会レースを開催すると間違いなくレースがスローペースになりラストスパートの早い選手が有利になってしまう。ご存知のとおり、トラックレースと違い、国際レースが必ずスローペースになるとは限らない。ラストスパートに自信のない選手があえてハイペースにすることもある。




一発勝負のマラソン選考会をすれば、そのようなハイペースに弱い選手が選ばれてしまう。たいていスパートの強い選手はハイペースに弱いので、偏った選手ばかりが選ばれてしまう。



求められるのは本当の強い選手より、その大会で十分に力を発揮できる選手。

マラソンは自己ベストが速い人が強いんじゃない。何度走っても安定感がある、ここぞというときに勝負を仕掛ける度胸があり、またライバルが先に仕掛けても粘り最後は振り切るスピードがあるなど総合的な能力を要求される。



本当の実力者はいわば候補者全員。
選ばれる基準はその大会に自分の調子をピークにもってこれる人ということ。個人的な意見だが、今の日本の選手は一発に掛けるところがあり、なかなか真の実力が分からない。それで潰れるようならいくらオリンピックで快勝したとしても真の実力者とはいえないだろう。





目次にもどる

工藤一良の不運



工藤一良 (3)



よく言われるアメリカ式一発選考だが、確かに我々外部の人間から見ると「わかりやすい」というメリットはあるが、それが「最も戦える選手団」を選出できるかと言うと疑問もある。五輪で戦う、というのは経験や夏場の調整能力等も必要。




ヨーロッパでは選考会そのものがない国もある。

全てを管轄するナショナルコーチが、自分の裁量で代表選手も決める。コーチにかかるプレッシャーはものすごいが、持ちタイムの割にヨーロッパ勢が上位に入ったりするのは国内選考で消耗せずに本番へのピーキングに集中できるのかも知れない。




別の競技だが、競歩は世界選手権で内定者は最大1名、選考会は2つ、選考会では五輪標準記録より厳しく設定した派遣標準記録をクリアして優勝した選手だけが内定、という仕組みになっている。これだとわかりやすいと、ネットでも表立った不満は聞かれない。



世界選手権には欧州勢はトップ3を必ずしも派遣しない。4番手以下の選手が経験を積み、五輪で実にうまくピーキングしていく。世界選手権については、こういう使い方も有りなので、工藤一良も同じ時代に瀬古選手がいたことを不運に思うしかないのかもしれない。







スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「本田美奈子の死相画像」病気の白血病で倒れる前の写真をシンソウ坂上で公開【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

徳永有美「元夫・須田光樹」を捨て子供と内村光良がいるのに報道ステーション復帰【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

「ペッパーランチ事件の黒幕」犯人の北山大輔と三宅正信の現在とその後が判明【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

後藤真希ヌーディー画像で旦那の中谷滋博と離婚?「テレ東音楽祭2018タイムテーブルで告白か【画像】

山口達也「病院どこ?」 埼玉「北辰病院」に現在は入院中と週刊FLASHが特定【画像】

湊伸治の現在「コンクリート事件の犯人」が逮捕で顔写真を公開【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

吉澤ひとみ「旦那が飲酒仲間で飲んでいた相手」だったことが判明し逮捕か【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

「尾崎豊の死顔画像」フライデー死因写真と死の真相がヤバい【画像】

「ヨシダナギ写真」モザイク加工無しの画像処理をクレイジージャーニーSPで公開か

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】