assas

東名高速で、前を走る車にエアガンを撃った男・佐藤竜彦が逮捕されたことで、2chでは住所が特定され、大炎上している。




煽り運転には「運転上のトラブル」と「暴力行為」あるが、マスコミはすべてひっくるめて「煽り運転」と扱っているので、すべてが逮捕されるわけではない。



日本人にはレッテル貼り文化があり、何でも象徴的な言葉(「煽り運転」)にまとめてしまう。だから、問題の本質が見えにくくなってしまうが、本来は「運転上のトラブル」と「暴力行為」を分けて考える必要がある。




今回は、ネット上で炎上している佐藤竜彦のエアガンで撃つ行為や2chでの実家の住所特定についてまとめてみた。




■目次

佐藤竜彦のあおり運転とは
あおり運転とは
佐藤竜彦のエアガンを打つ行為
佐藤竜彦のあおり運転は「軽犯罪法」?
佐藤竜彦の同乗者の女性や実家の住所を2chが特定

佐藤竜彦のあおり運転とは






記事内容


兵庫県尼崎市の無職・佐藤竜彦容疑者(40)は、今月8日に愛知県の東名高速でワゴン車を運転して、前を走る車にエアガンを撃ち車体に傷を付けた疑いで逮捕されました。あおり運転もしていたとみられます。



調べに対し、佐藤容疑者は「前の車にブレーキを踏まれぶつかりそうになり腹が立った」などと容疑を認めています。警察によると、佐藤容疑者が運転していたのは盗難車で、車内からはガスタイプのエアガン1丁と約2000発の弾が見つかったということです。


「昔からエアガンが好きやったりとか、車上荒らししたりとか、覚醒剤やったりとか」

神戸市や京都市でも同様の事件があり、警察は関連を調べています。


JNN

ddvvdv



目次にもどる

あおり運転とは







あおり運転について。

・前の車に必要以上に近づく
・パッシングやクラクションで威嚇する
・無理な追い越しをする



等があるが、いろいろ問題になている「あおり運転」では、相手車の前に割り込んで蛇行・急減速などの進路妨害がマスコミで報道されている。




しかし、上記のあおり運転では、道交法違反で取り締まることが非常に難しい。

ルールを守らないと罰せられるべきではあるものの、ある程度のルール違反は黙認されているのが現状だ。その理由は、ルール通り完璧に運転できる人なんてまずいないから。違反者全員を捕まえられるはずかない。なので、違反の中でも特に悪質な違反者を優先して捕まえている。





煽り運転が問題で、近年は頻繁に話題になっているのが、「煽る方が悪い」「煽られる方が悪い」という議論の中で、「煽られる方が悪い」派の意見で、道交法27条を挙げられている。



道交法27条を一言で言えば
1項は「加速するな」
2項は「左端に寄せて進路を譲れ」


ただ、のんきにまっすぐ走る車の義務を課す珍しいルールでもある。

条件が複数あり、議論に発展する条文ではあるものの、読んで解釈する限りでは、「第二十二条第一項の規定に基づく政令で定める最高速度」とあり、どこにも違反速度で追いついた事を前提とした「追いつかれたら譲れ」という解釈でもある。




ただ、違反行為をした車両(速度超過等)でも追いつかれたら「譲らないといけない義務がある」というのもおかしい話で、つまり、それぞれの制限速度内で走行している場合、同じ最高速度を持つ車両なら、追いつくという事があり得ない。あくまで「制限速度内で走行している」事が前提である。




ちなみに、管理人が調べた限り、道交法27条に関する判例が見当たらない。

仮にそう言う件が問題になったとしたら、「違反行為をした車両(速度超過等)」が捕まって終わりだ。警察に「なぜ速度違反車両に進路を譲らなかったのか?」という発想はあり得えない。




また、仮に進路を譲らない車両を無理に追い越して事故になったとしたら、次の判例が生きてくるでしょう。追い越される側に妨害行為があったのでない限り、安全を確保する責務は追い越す側にある。




道交法第二十七条に違反した人と、煽り運転をする人、どっちがより危険なのか。


もし煽り運転をなくすために、道交法第二十七条に違反した者を捕まえろというのであれば、他のルール違反者も捕まえろ!となってしまう。煽る人がイライラする理由など腐るほどあるので(理由は全てこじつけだが)これらの違反は危険度が比較的低いのと、違反者が沢山いるのである程度黙認せざるを得ない。



だから、煽り運転以外に犯罪をする人を捕まえとけばよい。そうせざるを得ない。





目次にもどる

佐藤竜彦のエアガンを打つ行為



sdsds


佐藤竜彦のエアガンを打つ行為は、「軽犯罪法」違反とみなされる。



エアガンは子供のおもちゃなので、エアガンを打つ程度だったら大目に見てくれる、なんて甘く考えてはいけない。




軽犯罪法は相手を怪我させる事が出来れば何でも違反として捕まる。エアガンで、目を撃てば失明させられるし、ガスガンは凶器の所持として逮捕する理由には充分。正当な理由なく刃物や他者を害するような道具を携帯しているのと同じ。




第三者が居る場所で取り出したりしたら、他者からみて武器やその様に見える物を持ち歩いて不安にさせる、などの理由で「迷惑防止条例」にひっかかる。


なので、


・友達の家の庭で的当て

・同士で参加できるフィールドに行く



みたいなきちんとした理由が必要。
また上記のような理由があったとしても、銃にBB弾入りのマガジンがセットされ電池も入れっぱなしで保護キャップすら未装着、みたいな「即座に射撃できる状態」だと警察に信用してもらえないこともあり、あとは警察官の気分次第。




保護キャップ付けて、マガジン抜いて、電池もはずして、適当な100均のクッションケースにでも入れて、ゴーグル用意して、正当な理由の元で運べば、職質されてもすぐに開放されるだろうが、佐藤竜彦のようにエアガンをあおり運転でしようするだけで、「軽犯罪法」になる。






目次にもどる

佐藤竜彦のあおり運転は「軽犯罪法」?







ちなみに、「検察統計」2013年によると、検察庁での「軽犯罪法」違反での受理件数9,177のうち起訴件数1,364件(公判請求12件、略式命令1,352件)不起訴件数7,171(起訴猶予6,992件、嫌疑不十分134件など)


で、圧倒的に不起訴になり、起訴される場合も略式命令が多く、公判請求されるのは総数の1%も満たない。



これは、「軽犯罪法」に「国民の権利を不当に侵害しないように留意する」と規定されているように、検察段階で、被疑者が犯行を認めれば、起訴猶予にするケースが大半で、それでも悪質な場合は略式命令している。



被疑者も、法律の知識に乏しく、本裁判に持ち込む煩わしさを被るより、略式命令で1万円以下の科料なら、たとえやっていなくても犯行を認めているのかもしれない。



少しでも片手を離すと安全運転義務違反で逮捕できるのかというのと同じような議論で、軽犯罪法では4条で保護法益を逸脱した濫用を禁止する規定が設けられている。逮捕できるかどうかということであれば現行犯の容疑があれば可能だが、違法かどうかは最終的に裁判で判断される。(防犯目的での催涙スプレー携帯が正当な理由にあたると認められた判例もある。)




このように、同じものでも持っている人や状況によっては違法になる。





目次にもどる

佐藤竜彦の同乗者の女性や実家の住所を2chが特定







2chでは、佐藤竜彦の逮捕報道を受け、佐藤竜彦の特定作業が開始。

佐藤竜彦容疑者のTwitterやFacebook、Instagramなどから、同乗者の女性と思われる人物を特定し、そこから実家の住所まで判明した。



※同乗者の女性
ddfdfdfdfdf




2ch情報では、その同乗者の女性のSNSから、佐藤竜彦が今回のワゴン車に向けてエアガンを撃っただけでなく、他の車にも同様の行為をしていたという。



2chで出回っている同乗者の女性の高校生時代の顔画像を管理人も見たが、ものすごく美人だった。


男性が見たら好きなタイプの人が多いだろうし、学校だけじゃなくて、出身地でもトップレベルの生い立ち。しかし、同乗者の女性と佐藤竜彦本人のsnsツイッターやフェイスブックやインスタグラムに動画を投稿していたというのは、管理人が調べた結果、その証拠が見つからなかった。



問題の写真を見る限り、同乗者の女性はマスクにサングラスで眼鏡のような物を掛けていたので、普通の女性はマスクなしの姿すっぴんでは行動できない。


画像の同乗者の女性を残して逃走し、出頭したので、佐藤竜彦容疑者の関係性は特定されていないが、同乗者を置き去りにして逃げたなんて彼氏と彼女や友達や結婚相手だったらそんな事をするだろうか?



管理人の憶測だが、名前や職業や年齢すら知らない関係ではないだろうか?



たしかに佐藤竜彦は、instagramやfacebookやtwitterアカウントを使用しエアガンを撃っているところを撮影していたりといったい何がやりたいのかも不明ではあるが、この2chでの同乗者の女性は別人の可能性が高い。



まとめると、現時点では、2chでの佐藤竜彦の同乗者の女性は別人(そうなると、実家の住所も怪しくなる)なので、ここでは写真は公開しない。



信憑性は、0とはいわないが限りなく0にちかいので、ネット情報は原則として、信頼性のあるソースが提示されてないものは嘘と思うのが無難といえる。




スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「本田美奈子の死相画像」病気の白血病で倒れる前の写真をシンソウ坂上で公開【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

徳永有美「元夫・須田光樹」を捨て子供と内村光良がいるのに報道ステーション復帰【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

「ペッパーランチ事件の黒幕」犯人の北山大輔と三宅正信の現在とその後が判明【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

後藤真希ヌーディー画像で旦那の中谷滋博と離婚?「テレ東音楽祭2018タイムテーブルで告白か【画像】

山口達也「病院どこ?」 埼玉「北辰病院」に現在は入院中と週刊FLASHが特定【画像】

湊伸治の現在「コンクリート事件の犯人」が逮捕で顔写真を公開【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

吉澤ひとみ「旦那が飲酒仲間で飲んでいた相手」だったことが判明し逮捕か【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

「尾崎豊の死顔画像」フライデー死因写真と死の真相がヤバい【画像】

「ヨシダナギ写真」モザイク加工無しの画像処理をクレイジージャーニーSPで公開か

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】