野田あすか腕の傷や母親「 (5)
2019年9月20日(金) 放送、TBS系列「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」
20時57分~22時00分





広汎性発達障害の天才ピアニスト野田あすかについて特集。
そもそも「プロのピアニスト」として生計を立てられる人というのは、「プロのピアニスト」と呼ばれる人の中の極々一部。ほとんどの人は生計など立てられていない。


そんな一握りの「プロのピアニスト」の中でも天才といわれる野田あすかとは何者なのか?



今回は、野田あすかについてまとめてみた。





■目次

野田あすかとは
野田あすかのようにプロのピアニストになるには
広汎性発達障害とは
発達障害は天才?
野田あすかは「のだめカンタービレ」のような天才

野田あすかとは



野田あすか腕の傷や母親「 (1)

野田あすか

生年月日 1982年生まれ
最終学歴 宮崎大学中退
所属事務所「アスコム」

4歳の音楽教室に通い、ピアノを学ぶ。
生まれ持っての発達障害である「解離性障害」「自閉症スペクトラム障害」をもって生まれ、そのせいで、幼少の頃から壮絶ないじめを受けていたことで、小学校時代は多くの転校を繰り返す。



ピアノだけが野田あすかの心のよりどころだった事で、その腕前は小学生時代から一目置かれていた。高校に入ってもピアノに打ち込み、いじめを受けることも少なくなったが、進学した大学では、人間関係に悩み、ストレスによるパニック障害の発作が起きて、自宅二階から飛び降りて右足を粉砕骨折し、それがきっかけで中退。


野田あすかが22歳の時に、両親の勧めで病院で診察してもらうと、そこで初めて広汎性発達障害と診断される。




公式サイト




目次にもどる

野田あすかのようにプロのピアニストになるには




野田あすか腕の傷や母親「 (3)

野田あすかのようにプロのピアニストになるには、プロ野球の選手のように、能力を認められてプロとして契約したり弁護士や医者のように、必要な資格があるわけでもない。





コンクールに挑戦するのは、大きなコンクールだと、上位入賞者が出演するコンサートで演奏をするようなコンクールもあるし、出演料ももらえる場合もあるが、それはあくまで入賞のご褒美で、だからといってプロになれるライセンスが得られる訳ではない。





また、プロの仕事と言っても、世界を相手に活躍している人から、街のピアノ教室の先生や結婚式場やジャズバーで演奏しているような方まで活躍の幅が幅広い。




ピアノの技術を身に付けるための過程としては、子供の頃からレッスンに通うのはある程度共通しているし、クラシック系だと音楽大学に進むケースは多いが、そこから先のプロになる過程というのは、逆に、どういう仕事をするかという方法の違いで、コンクールを受け続ける人も入れば、伴奏の仕事や、指導の仕事をしながらプロ。



このように、世界的なピアニストと弾き語りのピアノにストは、プロ野球の一軍と独立リーグのような上下関係があるわけではなく、求められる能力が違う。



他の例えでいえば、中学を卒業して料亭で修行して独立した板前と味の延長で飲食店を出した人も、どちらも食堂経営のプロ。料理の腕を上げるための基本的な考え方は一緒でも、その過程は違うが、どちらも店が繁盛すれば、どちらも人に料理を食べさせるプロ。




○○をしたからプロになれる、とうよりも、そこまでやってきたことの積み重ねの結果、プロとして収入を得るようになった、という方が近い。



野田あすかの物語の真実味を追求したいのであれば、公式サイトを見るとよくわかる、








目次にもどる

広汎性発達障害とは



野田あすか腕の傷や母親「 (2)

広汎性発達障害は発達障害の一種。


以前はアスペルガー症候群・自閉症障害・小児期崩壊性障害・特定不能の広汎性発達障害などの複数のこれらを合わせて「広汎性発達障害」と分類していたが、現在ではそれらはすべて引っくるめて「自閉症スペクトラム」に統合された。



なので、発達障害と広範性発達障害は違いはなく、発達障害の中に広範性発達障害が含まれる。


発達障害には他にもADHD(注意欠陥多動症)やLD(学習障害)などがあり、ADHDも学習障害も広範性発達障害も、いずれも発達障害となる。



参照wiki



目次にもどる

発達障害は天才?





発達障害の原因は今のところはっきり解明されていない。

発達障害にはいくつか種類があるが、合併している人もおりこれといった診断名をつけられない特定不能の発達障害の方もある。子供の場合、6.5%の割合で発達障害と言われているが、グレーゾーンや未診断も含めると実際はもう少し多いそうだ。


そして、野田あすかのような広汎性発達障害については、どのサイトもあまりいいことが書かれていないが、天才型が多いのも事実。




それは、科学的メカニズムも、すでに解明されている。

なぜ障害者には「超天才」が多いのか?その脳科学メカニズムは、脳は何かが足りないと分かれば足りない部分を補おうと変化するそうだ。つまり、脳に欠陥があってもそれを他の部分で補おうと欠陥がない脳の部分を発達させる機能があり、その結果、障害者やサヴァン症候群の人々は、得意な分野に置いて超人的な能力を発揮することになるという。




発達障害は、現在は知的な障害と別の使われ方をしているので、つまり、自閉症、アスペルガー症候群などの広汎性発達障害の人たちを発達障害ということが多くなった。この人たちの中には知能検査を行うとIQが天才級レベルがでてくる。でも、試験の成績は良いけど、社会生活、対人関係が非常に苦手だったりするため、天才型もこれらにふくまれるようになった。






進学校には、大学生で発達障害の人は想像以上に結構多くいる。

有名人では、アインシュタインとか、ビルゲイツなど、成績が優秀でも不器用な生き方の人などには天才型もいると理解しないといけない。





目次にもどる

野田あすかは「のだめカンタービレ」のような天才



野田あすか腕の傷や母親「 (3)


のだめカンタービレ「のだめ」のように、一度聞いたらすぐに弾けるような天才は、今、この世の中に存在する。


それが天才ピアニスト・野田あすか。




コミックもアニメもドラマも映画も、のだめは天才という設定で、ピアノは1人オーケストラと言われるように、他の楽器に比べて演奏の複雑さは断トツ。聞く人が特殊な人でなくても、技量の差が判断できるため、その技術は高い。多くの楽器はあるレベル以上は自己陶酔の世界だが、ピアノは技術レベル差が現れ易いので、『のだめ』クラスの子が、日本に少なくとも1人あげるとすれば、野田あすかがあげられる。 




ただ、日本より欧州のほうがこのタイプの天才は多い。
世界的に見れば、野田あすか程度の変わった人は別に天才の中では珍しいわけではないのかもしれないが、野田あすかの生活はのだめ以上で、風呂など言わなかったら入らないし、変わっているところものだめそっくり。




問題は、あのタイプの天才を受け入れて(あの作品でいえば、コンセルヴァトワールのオルクレール氏のような)上手く導ける指導者が日本にどれほどいるか?という問題がある。野田あすかのような天才は一定の割合で必ず生まれてくるので、問題はそれをどう、見出していくかが、問題だろう。

野田あすか腕の傷や母親「 (6)


前回の放送では、野田あすかの腕の傷がネット上で話題になった。

本人いわく障害のせいでいじめを受け、野田あすかは自傷行為を行っていたそうだ。しかし、自傷行為をしてしまう理由には、下記の3つの理由があり、潜在心理なので、自分では気付く事は出来ない。


潜在心理とは「内に秘められた心理」のこと。
例えば、親に虐待的に育てられた、親から何もかも否定されていた、親が有害的な過干渉だった、親が毒親だった。親にかもってもらえなかった、甘えられなかった、誰かに心配して欲しい、好きな人に注目して欲しい、自分の存在を知って欲しい、見捨てられるという不安 自傷行為すれば心配してもらえる、注目してもらえると考える。

結果、人を動かすことに成功した、心配してもらえた、自分は存在しているんだ、自分の存在を知ってくれたんだ、満足した、自分の為に人が動いてくれた、安心した これを「対人操作」と呼んでいる。


全て母親の責任ではないがこの行為の原因は、野田あすかが「役立たずだ」と思っていたことも要因の一つ。今夜の放送では、そういった自傷行為を行った野田あすかの生い立ちについても語られる。





スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「本田美奈子の死相画像」病気の白血病で倒れる前の写真をシンソウ坂上で公開【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

徳永有美「元夫・須田光樹」を捨て子供と内村光良がいるのに報道ステーション復帰【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

「ペッパーランチ事件の黒幕」犯人の北山大輔と三宅正信の現在とその後が判明【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

後藤真希ヌーディー画像で旦那の中谷滋博と離婚?「テレ東音楽祭2018タイムテーブルで告白か【画像】

山口達也「病院どこ?」 埼玉「北辰病院」に現在は入院中と週刊FLASHが特定【画像】

湊伸治の現在「コンクリート事件の犯人」が逮捕で顔写真を公開【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

吉澤ひとみ「旦那が飲酒仲間で飲んでいた相手」だったことが判明し逮捕か【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

「尾崎豊の死顔画像」フライデー死因写真と死の真相がヤバい【画像】

「ヨシダナギ写真」モザイク加工無しの画像処理をクレイジージャーニーSPで公開か

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】