黒沢敬樹 (4)



女子中学生にみだらな行為をした深谷市岡里県北部の県立特別支援学校臨時教諭・黒沢敬樹(29)が逮捕され、2chで批判が殺到している。



特別支援学校臨時教諭になって理性を失い、中学生に手を出す。黒沢敬樹の行動は卑劣、余りにも浅はかで、自身の愚かな行動が親族や家族に迷惑が及ぶなど考えていなかっただろう。



今回は、2chで黒沢敬樹の特定がされたので、事件の概要をまとめてみた。





■目次

黒沢敬樹の事件概要
県青少年健全育成条例違反とは
特別支援学校の生徒は増えている
黒沢敬樹を2chが特定

黒沢敬樹の事件概要




黒沢敬樹 (5)



女子中学生にみだらな行為をしたとして、埼玉県の熊谷署は6日、県青少年健全育成条例違反(淫行)の疑いで、深谷市岡里、県北部の県立特別支援学校臨時教諭の男(29)を逮捕した。



逮捕容疑は6日、熊谷市内のホテルで、県内に住む女子中学生に対し、18歳未満と知りながら、みだらな行為をした疑い。「若い子が好きだった」と容疑を認めているという。  


同署によると、男は5日深夜、熊谷市内の飲食店に友人、父親と3人で訪れていた女子中学生に父親の目を盗んで声を掛け、連絡先を交換。6日未明、別の店に移動した女子中学生に連絡して熊谷駅付近に呼び出し、近くのホテルに入ったという。 父親が「娘がいなくなった」と110番。署員が目撃情報などからホテルを突き止め、6日朝に事情を聴いていた。



埼玉新聞






目次にもどる

県青少年健全育成条例違反とは



黒沢敬樹 (3)


県青少年健全育成条例とは、日本の地方公共団体の条例の一つで、青少年保護育成とその環境整備を目的に地方自治体で公布した条例の統一名称。


参照wiki


多くは青少年=18歳未満とし(6歳~18歳未満としていたり、婚姻者を除く自治体もある)青少年の環境を整え、健全に育つように、青少年を取り巻く周囲に対して定められている。



この県青少年健全育成条例違反した者は、二年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。




ということで、2年以下の懲役又は100万円以下の罰金になる。この条例は、地方公共団体が「その地域の事務のため」に制定できる規範で、法律に反しない限り、その制定された地域内で法律と同様の効力がある。




例えば、葛飾区民の人が、港区内の路上で喫煙した場合は港区条例違反になる。
また港区民で、葛飾区内で路上喫煙をしても、港区条例違反にはならない。葛飾区に路上喫煙禁止条例があれば、葛飾区条例違反となる。同様に、ある県の育成条例はその県内で行われた行為に適用されるから、たとえその県の県民でも、他県で行った行為には適用されない。



ただし、青少年保護育成条例(別の名称もあり)はほぼ全国にあり、内容も類似しているから、他県に行けば必ず大丈夫ということにはならない。





目次にもどる

特別支援学校の生徒は増えている






「臨任教諭」は、専門的な部分は補助に回る事もあるが、基本的に教諭と対等に仕事を持つ。複数名体制なので学校にもよるが、未経験で会議のスタッフに入る場合は、資料の準備(印刷物をまとめる)やお茶くみが中心になる。但し、この辺の体制の組み方は学校により違う。




学校規模や生徒の障害の程度によってチーププレーの考え方も違い、知的障害でも軽度の生徒が多い学校では、複数の担任チームが組まれチームごとに対応するが、重症心身障害で、同じ授業時間帯に同席する教員が「全員で見る」スタンスの場合、単独プレーを求められる事はない。



会議についても、司会・議長が日番制の所もあれば週番制や月番制の所、あるいは年度初めにローテーションが決められる所もあって(特に職員会議)、学校によりけり。





普通校は統廃合で臨時教諭は縮小気味だが、特別支援学校はそのような事情から学校が生徒で飽和気味となり新設しているところも増えている。




さらに現在は「特別支援教員免許が無くても働ける」状態
ということもあって、今後は免許を持っている人を増やす意味で採用枠を広げるところがあるようで、そういう意味では中学高校に比べると門が広い。



普通学校の免許しかなくても、いきなり特別支援学校で臨時教員をする人もいるが、そういう場合は知人に特別支援学校とつながりのある職員がいるとか、縁というか運というか、そういう要素が大きい。




まとめると、黒沢敬樹は最初から教員を目指しておらず、特別支援学校の関係者からの紹介、つながりで採用された可能性が高い。





目次にもどる

黒沢敬樹を2chが特定






2chでは、黒沢敬樹の卑劣な行動から特定作業が行われており、名前を特定。
その中で被害者の中学生を連れ出すおかしな状況から、被害者の中学生が、障碍者だったのではないか?と憶測されている。




基本的に未成年者に対する性的行為は同意の有無にかかわらず、罪になる。

例外としては、婚姻を前提にしていること、または実際に法的な婚姻関係にあること、相手の未成年の女性に離婚歴がある場合などは除かれる。それは、女性の場合は16歳から結婚することができ、結婚したら成人とみなされるから。離婚したことがある場合は結婚したことで成人となり、離婚したからと言って未成年相当に戻るわけではない。



ネットでは「知的障害 性被害 相談窓口」など関連ワードが出現するほど、性犯罪の被害者には知的障害者が多いのが、「無防備だから」が認められるおぞましい現状がある。



特別支援学校で幅を利かせている古い連中は、施設の子を野良猫扱いして、自分の経歴を自慢して自尊心を満たしたがる連中ばかり。施設の子供の将来を心配している人は本当にいるのか?また特にそのような子は被害を説明する事がうまくできないので、黒沢敬樹のように淫行、虐待の被害者になるケースも多々ある。



黒沢敬樹の逮捕が氷山の一角。

障害者虐待についての明確な法律が今の時点では存在しないのも問題で、本人に被害者としての意識があれば犯罪として扱えるが、同意の上であれば、法的に罰することは難しいのが黒沢敬樹のような犯罪者が増えている原因だと気づかないといけないだろう。








スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「本田美奈子の死相画像」病気の白血病で倒れる前の写真をシンソウ坂上で公開【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

徳永有美「元夫・須田光樹」を捨て子供と内村光良がいるのに報道ステーション復帰【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

「ペッパーランチ事件の黒幕」犯人の北山大輔と三宅正信の現在とその後が判明【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

後藤真希ヌーディー画像で旦那の中谷滋博と離婚?「テレ東音楽祭2018タイムテーブルで告白か【画像】

山口達也「病院どこ?」 埼玉「北辰病院」に現在は入院中と週刊FLASHが特定【画像】

湊伸治の現在「コンクリート事件の犯人」が逮捕で顔写真を公開【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

吉澤ひとみ「旦那が飲酒仲間で飲んでいた相手」だったことが判明し逮捕か【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

「尾崎豊の死顔画像」フライデー死因写真と死の真相がヤバい【画像】

「ヨシダナギ写真」モザイク加工無しの画像処理をクレイジージャーニーSPで公開か

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】