福知山花火大会事故の犯人の加害者は渡辺良平 (2)
2019年10月8日(火)放送、日本テレビ系「ザ!世界仰天ニュース」
19時00分~22時54分





福知山花火大会露店爆発事故の遺族が、事件の真相を初告白。




当時の報道によると、事故の原因となった問題のガソリン携行缶は、日中15時頃から現場に置かれていたとの事だったが、炎天下でのそのような危険な状況を誰も気に留めなかったのか疑問視された。周囲に同じように準備をしている人だっていたのに、「こんなところに置いたら危ない」という指摘がされて当然のこと。



このような管理体制で、いままで、露天での爆発事故が起こらなかったのが奇跡だった。

猛暑で体が疲れていたりするとなおさら注意が散漫になるということもあるし、色んな悪条件が重なったとはいえ、危機管理が浮き彫りになった格好といえる。





今回は、福知山花火大会露店爆発事故の加害者が出所しているので、事件の概要についてまとめてみた。





■目次

福知山花火大会露店爆発事故とは
福知山花火大会事故の原因
福知山花火大会事故の被害が拡大した理由
福知山花火大会事故の犯人の加害者は渡辺良平
福知山花火大会事故の犯人の加害者・渡辺良平の現在

福知山花火大会露店爆発事故とは




福知山花火大会事故の犯人の加害者は渡辺良平 (4)



2013年福知山花火大会露店爆発事故は、2013年8月15日に京都府福知山市の由良川河川敷にて挙行されたドッコイセ福知山花火大会の開催中に発生した爆発事故。



2013年8月15日19時30分頃、花火大会会場で臨時営業中のベビーカステラを販売する屋台の近傍で、2回爆発して露店3棟が延焼し、花火大会見物に参集していた59人が重軽傷を負った。このうち全身を9割以上火傷・III度熱傷などを負うなど重体に至った3名がなくなっている。



花火打ち上げ開始約1分前、火元とみられる屋台の店主が携行缶で発電機にガソリンを給油しようとしたところ、気化したガソリンに引火し爆発したとみられている。



事故原因に関しては発生現場近くにいた女性が「ガソリン携行缶が自家発電機から排ガスの熱風を浴びていたのを見た」と京都府警察本部に証言したことから、携行缶が当時高温の炎天下に5時間以上置かれたことにより缶の内部が異常な高温状態だった可能性があり、店主が携行缶の内圧を下げる操作をしないで蓋を開けたことによって大爆発を起こした可能性があるとみられる。



事故現場では、爆発事故発生後に直ちに放送や避難誘導などが行われたが、「FNNスーパーニュース」で事故の翌日・8月16日に電話出演(聞き手・安藤優子)し、当時について「とにかく『早く助けて!!』という悲鳴が聞こえてきたし、それと同時に消防や救急が『道を空けてください』という声も交じって聞こえてきたので、消防車・救急車の通行が速やかに行き来できるように避難誘導のアナウンスを行った」と話している。




参照wiki




目次にもどる

福知山花火大会事故の原因


福知山花火大会事故の犯人の加害者は渡辺良平 (3)



福知山花火大会事故の原因は、露店で使用するガソリン携行缶。

ガソリン携行缶の圧力逃がしネジは、缶体の圧力をゆっくり逃がし、給油口にかかる力を小さくして、蓋を開けやすくするためのもの。また注ぐときに缶体に空気を取り入れて、脈動を少なくする。



報道では「圧力逃がしネジを先に緩めなかったことが事故の原因」のように言っていたが、おそらくたいして調べもせずに報道しているほどデタラメ。




携行缶にめいっぱいガソリンを入れて、ガソリンの温度が上昇すれば、圧力逃がしネジを緩めてもそこからガソリンは噴出する。



但し、給油口より圧力逃がしネジの方がはるかに小さいので、ガソリンが噴出しても簡単にまたねじ込む事が出来る可能性が高い。ガソリンは熱の上昇による膨張率が大きく、膨張率は摂氏1度あたりの0.00135。(ちなみに水は0.00021)



例えば20リットルのガソリンを1気圧で保管し、温度が50度上昇すると以下のような計算で体積が増える。

そうなると

0.00135*20000CC*50度=1350CC

朝の涼しいときにガソリン携行缶に給油口までほぼいっぱいに入れて、その後夏の日当たりの良いコンクリート舗装の上で保管し、給油口や圧力逃がしネジを開けると、1リットル以上のガソリンが噴出する計算になる。



これがもし霧状に噴出させるとかなり危ない状態。

でも周りに火気がなければどうって事はないが、福知山花火大会事故はカステラとかを焼いていたわけなので、その火がガソリンに引火したと考えられる。

福知山花火大会事故の犯人の加害者は渡辺良平 (6)



ちなみにガソリン携行缶の公称容量は、入れ物の全容量の7~8分目になっている。
その余裕体積分を空間容量といい、発電機のエンジンを止めなかったから(もちろん止めるのが原則だが)とか、そんなことはおそらく原因ではない。




よって、圧力がかかっても蓋を開けることが出来て、圧力を徐々に逃がせるような構造ならば、別に給油口をあけても問題はない。




但しガソリン容量が7~8分目でも、携行缶の中ではガソリンが気化して、内圧は高まっているので、ゆっくり開けた方が良い。給油口の蓋の構造によっては、開ける瞬間に蓋が飛ぶ可能性があり(特に蓋が半周くらいまわして開けられる構造のもの)出来れば圧力逃がしネジを先に緩めた方が良い。


このように空間容量を確保しておくことが大事。

ちなみに管理人が持っている携行缶は、昔のタイプで圧力逃がしネジは付いていない。その代わり蓋はネジで何周か回さないと外れない構造になっている。外国製のガソリン携行缶は、今でも圧力逃がしネジが付いていないものも多いで、細心の注意が必要といえる。



目次にもどる

福知山花火大会事故の被害が拡大した理由




福知山花火大会事故の犯人の加害者は渡辺良平 (2)


確かに現場は混乱して救急車も到着が遅れたり数も足りなかったが、先に現場に駆け付けた警察官がどの人が重症など、冷静な対応していたら、死者は出なかった可能性はあった。




警察官をかばうわけではないが、まず、現場の警察官の対応としては、福知山花火大会事故の場合はやむを得ない状況であった。




福知山消防や関係者が積極的に情報提供していることもあり、現場での活動などが数多く報道されていた。その中で、福知山消防は「現場では混乱を極めていたため、本来現場で行うべきトリアージを断念し、一気に病院へ搬送した」と言っている。


明らかに重傷が見込まれる人は、早期に高度医療が行える病院(救命救急センター)へ搬送。


通常、会話ができる状態であれば「意識に問題なし」として、「軽傷(軽症)」と判断される。消防官であれば、着衣の焼け方、髪の毛等(特に前髪や眉毛、まつ毛、鼻毛)の焼け具合、声のかすれ具合などを観察し、全身の着衣が焼けていたり、鼻毛が焼けていれば、(地域事情にもよるが)救命救急センターへの搬送を選択する。


しかし、これだけの判断を、駆け付けた警察官ができるかどうかといえば、はっきりいって無理。それだけの訓練を受けていない。



「警察もけが人の処置ぐらい訓練しとけよ」という人がいるが、そうなれば「消防も警察に協力するために、逮捕術ぐらい身につけとけよ」という意見も出てくる。つまり、お互いのテリトリーの中で仕事をしただけのこと。



それと、周囲の人も応急処置ができる人も少なかった。
まず火傷は「流水で冷やすこと」が第一。この流水は、可能な限り水道水で行い、水道水は塩素消毒されているので、水自体に汚染物が入っていることは,まずありえない。また、水道水は冷えすぎていないので、身体にかけても体温を下げる率が小さくなる。




どうしても水道水がなければ、ほかの水(ペットボトル入りの水など)だが、なるべく不純物の入ったもの(ジュース類,お茶類)は避け、継続的な冷却が必要であれば,川の水などを使う。しかし、川の水は雑菌が含まれているので、医師や救急隊に引き継ぐ際には「川の水で冷やした」ことを確実に伝えなければならない。




してはいけないことは、氷で冷やしたり、着衣を外すこと。

やけどの処置は、軽いものであれば、その場で冷却するだけで後の処置が必要ないこともある。日常の生活の中で負ったやけどであれば、比較的短時間に初期的な処置(流水で冷却)→病院での処置を受けることができるし、短時間で病院に行けるのであれば,水で冷却して,そのまま病院へ行くことが大事。


やけどの範囲が広い(背中全体とか,太もも全体など)場合で、負傷者が自力で歩行できない場合は救急車を呼び、小さい子供も、自分自身で詳しい状態を言えないなら、早めに病院へ連れていくほうがいい。


福知山花火大会事故のように、やけどというのは「今は元気でも明日はわからない」という怖いケガ。また、処置が悪いと、一生残るような傷ができてしまいので、「これぐらい大したことない」と思わない状況であれば、早めに医者へ行くことが被害を拡大させないためでもある。







目次にもどる

福知山花火大会事故の犯人の加害者は渡辺良平




福知山花火大会事故の犯人の加害者は渡辺良平 (1)





当初、福知山花火大会事故の犯人の加害者・渡辺良平の名前は報道されなかった。



別に、刑法犯だからという理由で、マスコミがその氏名を全国ネットで報道する(義務)はないし、逆に単なる容疑者の段階で、確定的に全国ネットでその氏名から生活の状況まで克明に晒す方が、ある意味悪質ではある(その後に無実だったということは往々にしてある)のでその点から慎重だったのだろう。




また、今回は加害者となってしまった渡辺良平も重症で、場合によっては被疑者死亡のまま書類送検になる可能性もあった。少なくとも、すぐに聞き取り調査もできない状態だったで、起訴不起訴の判断もできなかった。




だからといって、渡辺良平が許すわけではない。
渡辺良平は全治2か月の火傷から回復後、起訴され、求刑通り禁錮5年の実刑を言い渡されている。




判決後、渡辺良平は記者会見し、「本当に申し訳なく思っている。刑務所にいくことだけが償いとは思っていない。できることをやりたい」と頭を下げ謝罪。さらに「犠牲者には小学生もおられる。また、やけどを負った後の日常生活が大変なことは、自分もやけどをしたので知っている。自分の家族が亡くなったり、やけどを負えば、被害者の家族の方と同じ気持ちになると思う。結審するまでに現場に行って手を合わせたい」と語った。


福知山花火大会事故の犯人の加害者は渡辺良平 (5)



目次にもどる

福知山花火大会事故の犯人の加害者・渡辺良平の現在



福知山花火大会事故の犯人の加害者・渡辺良平は、2013年に5年の禁固刑になっているので、現在は出所している。




ちなみに禁固刑と懲役刑の違いは、懲役受刑者には刑務作業を科すが、禁固刑の受刑者には基本的に刑務作業が科されない(単に単独室で過ごすのみ)



禁固刑は、刑法犯でも故意犯と違い過失犯に科されることが多い刑罰規定なので「懲役刑より軽い刑」とされている。例えば、窃盗犯の法定刑は罰金又は懲役だが、禁固刑の規定は存在しない。これが、例えば過失致死傷なら同じ刑法犯としても法定刑は、5年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金となるので、禁固刑も射程範囲となる。


言われる「同じ刑務所」という意味で言えば、確かに同じ刑務所での服役となるが、上記のように懲役より軽い罪なので、「禁固刑」の受刑者は基本的に単独室(独居)に収容されている。



懲役受刑者の場合、作業工場に出て体を動かせるし、会話もできるから、幾らか気がまぎれるそうだが、禁固受刑者は独居で受刑になるので、作業もしなくていいが、狭い空間で何もしないでいると息が詰まるから、殆どの禁固受刑者は室内での軽作業を願い出るそうだ。




例えば、禁固刑の受刑者は刑務作業を申請すれば作業を割り当てられることにあるが、その内容については刑務所側が判断して言い渡すのでどんな作業になるかもわからない。一般的には(管理人が知る限りでは)単独室内で封筒の作成や軽作業を科している。




ただし、作業を申請した場合は勝手にやめることは出来ない。

つまり、「禁固刑の受刑者が暇なので軽作業を申請したが、飽きてやめる」などというのは認めない。極端に言えば、規律違反とされる可能性もないとは言えない。要するに、禁固刑でありながら作業を申請する場合は自身が申請したことを認める誓約書などを書くことになる。



このように福知山花火大会事故で被害者がいるのに渡辺良平の禁固刑5年は、罪が軽いと感じる人がいるだろう。



しかし、禁固刑は必ずしも軽い罪ではない。
例えば懲役3年とか5年とか短いのは模範囚であれば仮釈放で満期にならずとも出れるが禁固刑と言うのは、禁固5年と確定したら丸々5年服役しなければならない。




一方、懲役5年だったら、模範囚なら5年より早く(3年など)仮釈放ができる可能性はある。(ただ、懲役刑は長期間の15年とか懲役20年とか30年とか長いのは仮出所の前例がない)



よく誤解してる人が多いのが、例えば「懲役20年だったら実質20年も入らない」と言う人がいるが、15年を超える懲役刑は丸々服役させられる。だから検察側が「懲役20年が相応しいと思われます」と裁判で求刑した場合、その事件が連続強姦致傷だったとして、被害者の中で3人は暴行を加えた上で強カンし、1名だけ未遂に終わった場合、検察側と弁護側が争う事になり検察側は強姦未遂とし弁護側は「未遂であり、わいせつ行為に留まるとして仮出所が出来る事を想定とした懲役14年が相応しい」と主張し、刑が軽減される。



一方、禁固刑と言うのは、その年数そのままを「仮出所無しで服役する」処分なので、禁固刑5年はけして軽い罪ではない。



ただ、福知山花火大会事には故被害者がいることは事実。
今夜の放送では、遺族が語る真実、事故には、かならず「死の前兆」というものがあるはずなので、そこを感じ取って臨機応変に行動するために、注目の放送といえる。








スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「本田美奈子の死相画像」病気の白血病で倒れる前の写真をシンソウ坂上で公開【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

徳永有美「元夫・須田光樹」を捨て子供と内村光良がいるのに報道ステーション復帰【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

「ペッパーランチ事件の黒幕」犯人の北山大輔と三宅正信の現在とその後が判明【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

後藤真希ヌーディー画像で旦那の中谷滋博と離婚?「テレ東音楽祭2018タイムテーブルで告白か【画像】

山口達也「病院どこ?」 埼玉「北辰病院」に現在は入院中と週刊FLASHが特定【画像】

湊伸治の現在「コンクリート事件の犯人」が逮捕で顔写真を公開【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

吉澤ひとみ「旦那が飲酒仲間で飲んでいた相手」だったことが判明し逮捕か【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

「尾崎豊の死顔画像」フライデー死因写真と死の真相がヤバい【画像】

「ヨシダナギ写真」モザイク加工無しの画像処理をクレイジージャーニーSPで公開か

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】