宮城大弥(みやぎひろや)父親や家族 (3)
2019年10月17日(木)放送、TBS系列「ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう」2019
19時00分~22時00分




沖縄・興南高校のエース・宮城大弥投手の野球人生を再現ドラマ化。




2017年の「ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう」では、九州共立大学の望月涼太選手のエピソードがあまりに重すぎると話題になった。



野球が原因で家族の気持ちがバラバラになってしまう現実。
指名されて丸く収まらなかったので、まさにバッドエンドな印象しか残らなかった。中学生の息子のために父親が会社が潰れても仕事もせず、野球の練習を続けて、母親に働かせるというのは、普通の感覚だと異常。



妹が兄に「こうなったのは野球のせいだから野球辞めたら?」と責めたり、本人も「死にたい」と泣いたりする再現ドラマは、ラストにドラフト指名というハッピーエンドが無ければ重すぎた。




今夜の放送でも、沖縄・興南高校のエース・宮城大弥くんの壮絶な生い立ちが再現ドラマ化されるので、放送に先駆け、宮城大弥くんについてまとめてみた。



■目次

「お母さんありがとう」とは
ドラフト制度とは
宮城大弥の生い立ち
宮城大弥とは
宮城大弥くんの父親や家族は貧乏

「お母さんありがとう」とは




宮城大弥(みやぎひろや)父親や家族 (3)



正式名称「ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう」は、TBS系列で2010年から放送されているプロ野球ドキュメンタリー番組。MCを中居正広が務め、その年の指名が予想される選手から数名に焦点を当てたうえで、その選手たちに関する知る人ぞ知るエピソードを、密着取材や再現ドラマを通じて紹介する番組。



選手や家族の待つ場所とスタジオを中継でつないだうえで、選手が家族(主に両親)やお世話になった人々に向けて直筆の手紙を読み上げることが特徴。中継先によっては、TBSまたは系列各局のアナウンサーが、リポーターとして登場する。



また、JNN系列ではドラフト会議の生中継枠を16:50 - 17:50に設定している関係で、実際には上位(大半は1位)指名の選手しか中継で紹介できない。会議自体は各球団の指名状況によって20時台にまで及ぶことが多いため、当番組では中位以下の指名状況をある程度フォロー。



番組で取り上げた選手が指名された場合には、指名された瞬間の当該選手や関係者の様子を映したVTRを流してから、司会者やゲストがスタジオから選手や関係者に祝福のメッセージを送る。


ただし、紹介した選手が全員指名されるとは限らない。


参照wiki




目次にもどる

ドラフト制度とは




プロスポーツリーグにおいて、選手を各チームに振り分けるために行う制度。
本項では新人選手獲得のための会議であり、新人獲得以外にもルール・ファイブ・ドラフトやエクスパンション・ドラフトなどとして採用されることもある。



1936年にNFLにおいて初めて取り入れられた後、以降競技や国の枠を超えて広がり、日本では1965年にプロ野球においてドラフトが行われた。



北米を中心としたプロスポーツリーグで行われているが、契約の自由に対する制限および近年の独占禁止法などに抵触するため法令で例外措置を受けなければ実施できない場合が多く、欧州では禁止されており、これらの国では自由競争の元で選手の獲得が行われている。



参照wiki



まず、会議が始まるのは、ドラフト会議当日の午後5時となっている。
1巡目のみ、重複したら抽選となり、クジ引きで交渉権獲得。選択希望選手が発表されるのは、逆ウェーバー順となっていて、2巡目以降については、偶数位が(ウェーバー順)奇数位が(逆ウェーバー順)で、選択=交渉権獲得となる。



同年の交流戦の勝敗をリーグ別に集計して、


勝ち越したリーグの最下位球団が最初に指名するのがウェーバー順。

負け越したリーグの優勝球団が最初に指名するのが逆ウェーバー順。




12球団全体で120人に達するまで指名を続け、12球団全てが”選択終了”を宣言した際に、総指名人数が120人に達しない場合は、そのまま育成ドラフトに移行し、引き続き、120人に達するまで指名を続行する。



尚、四国アイランドリーグplusなどの独立リーグの選手は、ドラフトの規定によりプロ野球選手扱いの為、120人の上限からは除外。更に、NPBの規定で、ドラフト会議を経て入団した外国籍の選手は、日本人選手扱いになるので、外国人枠を外れる。



育成枠は、背番号は3桁しか付けることが出来ない。
その他、連続契約は3年までと決められており、3年目の7月末までに支配下登録出来なければ、自由契約という選択をしなければならない。(支配下登録の他、トレード申請などは、8月1日からシーズン終了まで禁止されている。)




そして、ドラフト制度はドラフトにかかりそうな選手にマスコミが予測して、会見をセッテングするという一般企業だったらあり得ない状況ではあるが、実際にはとくに問題がない。




プロ野球選手は球団に就職するわけでは無く、あくまで個人事業主として請負契約を受ける。個人事業主は、一般企業の正社員と違い、労働基準法が一部しか適用されない。これは、プロ野球選手に限らず個人事業主は誰でも同じであり、法律上、何ら問題がない。




日本でも入りたい企業に入れない人は、いくらでもいる。
今年のドラフト会議でも、宮城大弥と同じように希望の球団に入れないと思う選手も無数にいるし、声すらかからなかったプロ希望者はたくさんいる。




過去に自由獲得という制度があったことで、それで問題を起こしているから今のドラフト制度が誕生したこのドラフト制度がなかったころは、プロ側がアマチュアの有力選手を一方的に引き抜くことが横行。それがドラフト制度が始められたきっかけの一つでもあるので、このドラフト制度は改正はされても、この精度はなくなることはないだろう。




さらにドラフトに逆指名制度があった時代では、有力選手本人だけでは無く、有力選手の周辺(選手の所属チームの監督やコーチ、選手の親族など)にNPB球団が金品を渡し、その選手に特定の球団への逆指名を迫るという事例もあった。



実際に巨人を逆指名した二岡智宏選手の場合、所属していた近畿大学野球部の本川貢監督が監督退任後に巨人から2000万円を受け取る覚書を交わしていたことを巨人の内部資料を文春がスクープしている。




本川貢本人はそれを認めた上で、「これは監督退任後に業務委託を受ける報酬だ」として二岡選手への口利きは否定。しかし、この件が明るみに出たことで問題視され、本川も「巨人から金を受け取る気は無い」と話し、2000万は支払われなかった。




選手の自由意志で球団を選べないのは「職業選択の自由」に反するように思えるが、プロ野球のような特殊の世界では、今のドラフト制度ほど選手が守れている。




目次にもどる

宮城大弥の生い立ち



宮城大弥(みやぎひろや)父親や家族 (1)


記事内容

「プロ野球ドラフト会議」が行われる17日、TBS系で『ドラフト緊急生特番! お母さんありがとう』(後7:00~)が3時間にわたって生放送される。MCは8年連続(2012年~)となる中居正広が担当。


沖縄・興南高校のエース・宮城大弥(みやぎ・ひろや)投手の野球人生は常に“貧しさ”と隣合わせだった。




 父が交通事故で負傷し、その後遺症が理由でなかなか定職につけず、その家計は常にギリギリの状態だったという宮城投手。小学校の時に買ってもらったグローブは700円のビニール製で、食費もままならず、時には具なしのカレーで1週間、しのぐこともあった。  番組では、宮城投手や両親の取材を基に、幼少期から現在に至るまでの壮絶な日々を再現ドラマで赤裸々に描く。




貧しさゆえの苦悩、学校に行きたくないときもあったが、宮城投手と両親は口をそろえて「我が家にはお金はなかったけど、ある物があったから苦しみを乗り越えることができた」と話す。  


そんな宮城投手は「プロになって両親に恩返しがしたい」とプロ入りへの決意を語る。

マイナビニュース



目次にもどる

宮城大弥とは




宮城大弥(みやぎひろや)父親や家族 (2)

宮城大弥


生年月日2001年生まれ
出身 沖縄
利き腕 左投左打
身長 173cm
体重 70kg
ポジション 投手(最高球速 149km)


中学2年、2015年ジャイアンツカップ(1回戦) 全国大会(高校) 高校1年 2017年全国高校野球選手権大会(1回戦) 高校2年 2018年全国高校野球選手権大会(2回戦)。


一塁方向にインステップで大きく踏み込んで投げる、変則気味の投球フォーム。
そこから右打者にクロスファイアーで内角に投げ込む強気のピッチングが持ちあじ。 速球の質は良く、ストレートで空振りやファールを奪えるタイプ。 変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップを持ち球としており、スライダーを軸として投球を組み立てる。 制球力もまずまずで、特に右打者の内角にしっかり投げ込め、変化球を低めに集める。 完成度の高い投手である。



参照wiki




目次にもどる

宮城大弥くんの父親や家族は貧乏





宮城大弥くんの家庭環境はまさに、2017年に話題になった望月涼太の悲惨な野球人生と似ている。


宮城大弥(みやぎひろや)父親や家族 (4)




ちなみに望月涼太くんの家庭環境は、父親が息子に夢を託し、自営する会社を休んでまで練習に付き合い、経営を部下に任せることも多くなってしまう。ある日、父が仕事を任せていた部下が会社の建設資材を転売し、その金を持ち逃げ。被害額は数千万円に達し、父の会社は廃業を余儀なくされた。


宮城大弥(みやぎひろや)父親や家族 (6)


会社を失ったことで、望月家の生活は貧乏生活を送ることになる。

日々の食費にも困るようになり、父と母が衝突することも多くなった。だがそれでも、父は「高校入学まで付きっ切りで練習を見たい」として、なかなか新たな仕事を始めなかった。






徐々に崩壊する家庭に強く責任を感じていた望月涼太くんだったが、番組の再現VTRでは、自分の部屋で一人号泣する望月選手に、妹が「やめなよ、野球。家族がここまでぐちゃぐちゃになってるのに。そこまでして続けるものなの、野球って?」との言葉をかけるシーンも放送された。



宮城大弥(みやぎひろや)父親や家族 (5)


こうした状況について、望月涼太くんは番組のインタビューの中で、「泣いてるときは死にたいって思っていました。お父さんを見てても、お母さんを見てても前までは普通だったのに。幸せな普通の家族。でも自分が野球をやってから、家族が無茶苦茶っていうかバラバラになった」





と悲壮な表情を浮かべて「自分が何とかしないといけない。プロ野球選手になって、親を生活できるようにさせてあげたい」と語ったが、結果はどこのドラフトにも声がかからず。




ネット上では、「この家族が原因でドラフトにかからなかったのでは?」と話題になった。



望月涼太の実力は素人目にはわからないが、プロ志望届を出すほどなので、ある程度の基準はクリアをしていたはず。それなのに指名を受けなかったというのは、プロのスカウトは色々と家族構成などまで調査するようなので、「あそこまで野球で家庭が崩壊寸前のドロドロだと、返って球団に持ち込まれたくない」と敬遠したのかもしれない。





宮城大弥くんもまさに壮絶な生い立ち。

金持ちか貧乏かという事ではなく、環境が大事で、どんな育て方の親で、どんな兄弟で、どんな友達で、どんなご近所で、どう育ってきたかが重要。



あまりにも劣悪な環境(虐待とかが日常化している家庭)を除いては、大体の人は努力と運次第で上へとはいあがれるチャンスがあるが、ただ貧乏が嫌で貧乏から抜け出せないというようなそういう連中は自己責任の範囲。




努力してできないのは自己責任、努力しないのは自己責任ではないので、宮城大弥くんも劣悪な家庭環境、生い立ちをはねのけて頑張ってもらいたいものだ。




スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「本田美奈子の死相画像」病気の白血病で倒れる前の写真をシンソウ坂上で公開【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

徳永有美「元夫・須田光樹」を捨て子供と内村光良がいるのに報道ステーション復帰【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

「ペッパーランチ事件の黒幕」犯人の北山大輔と三宅正信の現在とその後が判明【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

後藤真希ヌーディー画像で旦那の中谷滋博と離婚?「テレ東音楽祭2018タイムテーブルで告白か【画像】

山口達也「病院どこ?」 埼玉「北辰病院」に現在は入院中と週刊FLASHが特定【画像】

湊伸治の現在「コンクリート事件の犯人」が逮捕で顔写真を公開【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

吉澤ひとみ「旦那が飲酒仲間で飲んでいた相手」だったことが判明し逮捕か【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

「尾崎豊の死顔画像」フライデー死因写真と死の真相がヤバい【画像】

「ヨシダナギ写真」モザイク加工無しの画像処理をクレイジージャーニーSPで公開か

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】