山野こづえ 行方不明 (3)
2019年10月29日(火)放送、日本テレビ系「ザ!世界仰天ニュース」
21時00分~21時54分



13歳の時に北海道・旭川の自宅を出たきり行方不明になっている佐藤智広くんを公開捜査。




佐藤智広くんの失踪は、当初警察は家出であると発表したが、ネット上でいくつか目撃情報が上がっていることで家出説が有力とされている。当時はまだ13歳で何もわからず、若者を労働力に使うような大人に騙されるように囲われたにしろ、今は100%近く本人の意思で家出を続けている。



中学生がろくにお金を持たずに、なぜ生活できていたのか。



今回は、佐藤智広くんの公開捜査が仰天ニュースで放送されるので、ネット上で話題になった新宿歌舞伎町での目撃場や事件概要についてまとめてみた。





■目次

佐藤智広くん行方不明概要
佐藤智広は誘拐?
佐藤智広くんを発見できない理由
佐藤智広くんは新宿歌舞伎町で発見されていた?

佐藤智広くん行方不明概要




佐藤智広 発見 新宿 (3)


佐藤智広がいなくなったのは、2012年1月15日の夜。
佐藤智広くんはテレビのチャンネル争いで2歳上の姉と喧嘩になったで、仲裁した母親と親子喧嘩に発展し、氷点下15度の中、家を飛び出した。しかし、服装はグレーのズボンに薄手の黒いジャンパー、白いスニーカー(27cm、靴紐の色が左右で違うもの)という軽装だったことから、母親はすぐに反省し、戻ってくると思っていたそうだ。




しかし、1時間経っても帰ってこないことから、母親は市内を車で探し回ったが発見できず、翌16日の朝、警察に捜索願を出した。警察では事件と事故の両面から捜索をしたが、電車やバス、タクシーでの目撃情報もなかった。ヘリも使い自宅の近くの川なども捜索したが、手掛かりは掴めなかった。





持って出た財布には千円札と小銭と、300円券分のバス券が3、4枚で携帯電話はもっていない。ただ、バスに乗った形跡はなく、タクシー運転手や駅の待合室の防犯カメラからの情報も得られず、当時の警察による捜索でも、発見につながる情報は全くないという。  




当時の佐藤智広くんは国立大学付属中に合格し、将来は医師を目指していたといい、運動神経も良くサッカー部ではゴールキーパーを務め、クラスではいつも中心にいたという。




2013年、姉はメディアの取材に対し「言い争いになって喧嘩して、弟が腹立てて壁に穴を空けて、自分の大好きだったゲーム機(ニンテンドー)DSを割って」と当時の状況を説明。母親の舞さんも、すぐに連れ戻さなかった自分を責め「はやく戻ってきてほしい」と訴えかけていた。







目次にもどる

佐藤智広は誘拐?





佐藤智広(さとうともひろ)さん当時13歳の中学1年生。
この行方不明事件は、地元警察や消防含め100名体制で捜索されたが、その努力もむなしく未解決事件として現在に至る。

佐藤智広 発見 新宿 (1)



佐藤智広くんの当時の行動には不可解な点が多く、家出にしては所持金は約1000円ほどしか持っていないのに、服装は軽装(1月の北海道平均気温は-4.2、最低気温は-7.5℃になるので、1時間で生命の危機になる)。家出に必要そうなものは何一つ持ち出されていないことから、家出は難しく、なんらかの事件に巻き込まれた可能性が高い。





なので警察も「事件に巻き込まれてた可能性が高い」と自宅近く周辺を捜索、川なども探したが、何一つ手がかりが見つからなかった。



一時の感情で家を飛び出してしまった佐藤智広くんが移動するとしたら、考えられるのは、「300円のバス券を数枚所有している」ことから、バスを使用し、移動した可能性があるあると考えられた。




だが、当日のバスの防犯カメラには佐藤智広くんを確認できなかった。


次に可能性があるのがタクシー。しかし、佐藤智広くんが住む自宅周辺を空車のタクシーが走ることはまずないという。最後に電車だが、駅周辺の防犯カメラにも佐藤智広くんは映っておらず、全く手掛かりがない状態。



結論として、佐藤智広くんの移動は徒歩しかない。

しかし、当日の北海道は雪こそ降っていなかったとはいえ氷点下-15度と極寒で、積もった雪が残ってたため、徒歩では遠くに行くことは大人でも不可能だった。寒さを凌げる徒歩圏内では、ファーストフード店などもあったのだが、ここも佐藤智広くんが立ち寄った形跡も、目撃情報も全くなかったという。




まとめると、佐藤智広くんは自らの意思で移動することは難しく、誘拐された線が高い。可能性があるのは「見知らぬ車に連れ込まれ、誘拐された」しか状況説明がつかない。





目次にもどる

佐藤智広くんを発見できない理由


佐藤智広 発見 新宿 (2)



警察の批判ばかりするわけではないが、上記の通り、佐藤智広の行方不明には疑問点が多い。

この近辺では住宅も少なく、人通りも少ないとはいえ、ベテランの捜索チームが数百人態勢で複数日にわたって捜索をしても、不審者の痕跡すら発見できないというのは明らかにおかしい。




数キロ離れた川に落ちた場合、滑落事故は真っ先に可能性にあがるから、捜索チームが検証を行っているはず。それならば痕跡がどこかに残るのに、それすらない(匂いが残っていれば警察犬が反応する)



誘拐の場合(もしくは保護された場合)、両親と突発的に喧嘩をしたという特別な事情に、「偶然そこを通りがかった不審の車が偶然誘拐をした」というのもちょっと考えづらい。保護の場合は、さすがにすぐに名乗り出てるだろうし、そういった情報も一切ない。



となると確率的に一番ありえるのは、佐藤智広くんの家族が嘘をついている可能性。
なにかを隠すために誘拐を装うというのは少し前にもニュースで報道があった。動機などはわからないが、一番無理のない説はこれになってしまう。




普通に考えて、母親や姉も喧嘩をしたとはいえ、13歳の子供を極寒の外に出て行って、すぐ追いかけないで放置するのはおかしい。




佐藤智広くんだって、「もしかしたら追いかけてくるかもしれない」と考えることはできるし、最低でもじっとしていれば迎えに来てくれるかもしれないと考える。



だから、「子供が極寒の中、家を飛び出したのに放置した」ということは状況的におかしい。


どう考えても、子供の足ならそう遠くには行けない。これだけの人数で探してもいないってことはおそらく「別の場所で何かあった」と考えるのが妥当。




「なにかを隠蔽する」ために家族は「なにか隠してる」。

この佐藤智広くんの事件がすべて本当なら、行動範囲が非常に限られている13歳の子供を見つけることすらできない警察の捜査能力の低さが露見された結果だけが残ったといえるだろう。




目次にもどる

佐藤智広くんは新宿歌舞伎町で発見されていた?






2018年、2chで「佐藤智広くんを新宿歌舞伎町で発見した」というスレッドが立った。



そのスレの画像は、佐藤智広くんの面影ある青年の画像。

その青年は歌舞伎町のホストクラブ「ウリセン」で働く、年齢21歳で北海道出身のホストらしい。年齢は違うが、ホストのような水商売は年齢をサバ読みすることは多いし、佐藤智広くんに面影があることから、2chでは本人じゃないか?と話題になった。


佐藤智広 発見 新宿 (5)



スレッドを立てた人も「釣り」宣言もせず、スレッドが落ちてしまったため、本人の確証がない状態。





管理人も佐藤智広くんの事件が気になって、ネットで新宿歌舞伎町の発見情報を見てみたが、「佐藤智広くんが新宿で発見の情報」はこのスレの画像以外、いまだに見つからない。




2chでホストクラブに確認の問い合わせをしている人もいたようなので、佐藤智広くん本人なら発見のニュースになっているはず。それに、「佐藤智広くんが新宿で発見の情報」の同じような目撃情報が2ch以外でも複数あれば信憑性は高くなるが、2ch以外では全くない。



なので、「佐藤智広くんが新宿で発見の情報」はデマの可能性はある。


しかし、佐藤智広くんが生存している可能性は非常に高い。


その理由は、2015年に佐藤智広くんの情報を番組で母親が呼び掛けた際、番組で何回か母親に直接電話があった。内容は非通知で無言だったが、非通知でかけてきたところや、母親が出たらすぐに切ってしまうところなどを見ると、なんとなく佐藤智広君本人のような気がする。(あくまでも管理人の意見だが)




佐藤智広くん自身も、どうしていいのか分からないのではないか?




もし佐藤智広くん本人なら、今回の放送で自ら連絡してくる可能性もあるし、生きていてくれると嬉しいニュースとなることは間違いない。




スポンサーサイト