岡村隆史の休業理由 (1)
2019年11月15日(金)放送、TBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」
20時57分~22時00分




岡村隆史が芸能界で初めての親友・中居に休業理由の真相を語る



ナイナイの岡村隆史の休業について、本人が病名を明かしていないために詳しい事情はまだ解っていない。病名が発表されてないので色んな憶測が流れており、ネット上では「鬱だったのでは?」というのが1番噂されている。


休養する前までの岡村隆史は映画&PR、通常のレギュラー番組など今まで以上に忙がしかったようで、忙がしさに追われる中で溜まっていくストレスを上手に発散出来なくて体調を崩してしまったのではないか。


そんな辛い状況の時、親友である中居と「5年の絶交期間」状態にあったという。



今回は、岡村隆史の休業理由や中居との絶好についてまとめてみた。




■目次

岡村隆史とは
岡村隆史と中居が絶縁の5年間とは?
岡村隆史の休業理由
中居と岡村とキムタク

岡村隆史とは


岡村隆史の休業理由 (3)


岡村 隆史
生年月日 1970年7月3日(49歳)
出身地 大阪府大阪市東淀川区
血液型 B型
身長 156cm

吉本総合芸能学院(NSC)の第9期生で、お笑いコンビ・ナインティナインのボケ、ネタ製作担当、相方は矢部浩之。


一浪の末、立命館大学、関西外国語大学、大阪芸術大学に合格。
本人は大阪芸術大学に進みたかったが、父の勧めで立命館大学経営学部二部へ進学。しかし、相方の矢部に誘われて吉本興業のタレント養成所・NSCに入所し、大学は1年次で中退した。 NSC入学時の願書の自己PR欄には「必ずトップに立ち、ダウンタウンのようになって見せます」と書いていた。


顔芸や運動神経を活かしたビジュアル的な笑いを得意で、『とぶくすり』の「はばたけ!舞浜商科大学」のコーナーで二階からジャンプしたりダンスを披露するなどアクション芸人No. 1と称された。

岡村は「(小さい体に産まれたことに)感謝ですよね。他人と同じ踊りを踊っても、体が小さいから滑稽に見える」と自己分析している。また、『めちゃ2イケてるッ!』(フジテレビ系列)で多々見せるお笑いや企画に真面目に取り組む様も特徴的で、番組スタッフ片岡飛鳥は「お笑い番組なのに真面目に取り組むところがもはや芸風」と評している。


俳優活動も行っており、主演作「無問題」など映画には15本以上出演している。いっぽうテレビドラマ出演に関しては消極的である。 憧れている人物は、長嶋茂雄・志村けん・とんねるず・ダウンタウン。

参照wiki



目次にもどる

岡村隆史と中居が絶縁の5年間とは?


岡村隆史の休業理由 (6)



岡村隆史と中居が仲良くなったのは、東京進出して初の1995年10月レギュラー番組「 笑っていいとも!」から共演したのがきっかけ。



この共演がきっかけでプライベートでもよく飲みに行くようになり、この二人がプライベートで飲みに行ったところに遭遇した有名人は多くいるほど。



芸能界で心許せる相手がいなかった岡村にとって唯一の親友となった中居だが、ある日、ナイナイとロンブーが共演した番組で「芸人でもないくせにお笑いについてアレコレ言うピ~(効果音)が嫌い」と岡村が発言した。会場はどよめき、その嫌いな人は、なんとなくスマップの中居のことではないか?とネット上で話題になった。





なぜこのような発言になったのかは、番組で岡村が「嫌いな芸能人」を暴露する流れになり、ピー音はあったが「スマップ中居」と思えるような印象を与えてしまった。(理由は「お笑い芸人でもないくせに」のくだり、当時はお笑い芸人以外がバラエティー番組でレギュラーを持つことは珍しかった)



ただ、一部では「シャレ」の解釈というか、カドの立たない無難な名前として「スマップ中居」を挙げたのではないか?とも思えた。




岡村と中居の仲のいいエピソードから察すると、そのような「悪口」も許されるような仲なのではないかと思えたが、一般人が「真相」を知るのも難しいため、この放送がきっかけで一時期不仲説も流れている。




目次にもどる

岡村隆史の休業理由



岡村隆史の休業理由 (7)


岡村隆史はその後、有名芸能人として順調にメディアの仕事をこなしていたが、2010年体調不良により約5か月の長期休養をとっている。


発症に至るまでと、加療当時の詳細はテレビ・ラジオ番組で岡村自身が語っており、抑うつ傾向など、精神的な病であったことをほのめかしているものの、2019年現在、病名は公表されていない。岡村本人は、病気について「(頭が)パッカーンってなった」と表現している。


岡村隆史の休業理由 (5)

この岡村隆史の休業理由は、知ってる人は知ってるのだろうが、厳密に言うと病気ではない。



簡単に言うと、誰でも「この仕事辞めたいな」と思う時があるように、そんな時は実際に仕事辞めて、しばらく仕事しないでまた新しい仕事始めればいいんだけど、芸能界はそうはいかず、需要にあわせるしかない。



ましてや岡村は芸人なので、笑顔と顔芸と体芸で今まで芸能界をつっ走ってきたけど、いつか消えるというプレッシャーは他の芸人以上にずっと持ち続けていた。芸人として、トークでは「生き残る実力がない」と誰よりも岡村本人は自覚してるいるから、体を張った芸風をいつまで続けられるかというプレッシャーは半端なかった。





ダウンタウンの松本のトークに憧れて、松本のような返しで笑いにするネタを話したいが為に、オールナイトニッポンを現在でも一人で続けているし、人気が少しでも落ちるの恐れて一切彼女を作らなかったり、とにかく真面目で一生懸命頑張りすぎたが故、精神的疲労は半端なかった。





そんなストイックでいても、ナイナイの番組が終了していく現実。




「このままナイナイは消えていく」という噂はネットのニュースにもなる位広まった。



相方の矢部のように芸能界を楽しみながら生きてる人間なら、仕事が減っても芸能界に残ろうとするけど、岡村みたいに芸能界を一切楽しまず、ひたすら上を目指して一生懸命頑張ってきた人間にとっては「もういいよ」って思えてしまったのかもしれない。



ましてや、20代前半で大ブレイクしてしまったが故の葛藤もあっただろう。
20年間走り続けてきた岡村なので、ちょっと長いお休み期間はあっても当たり前。ちなみに、ネット上ではうつ病となっているが、岡村隆史の休業したときの症状から、鬱というより自律神経失調症(ストレスなどからくる身体的体調不良)のほうがしっくりくる。




自律神経失調症の発症にはその人の体質や性格、ものの考え方、とらえ方などが影響するので、「近親者に同じ症状の人がいる」「ストレスを感じやすい」とうつ病な症状が出てしまう。



自律神経失調症は、さまざまなストレスや不規則・不健康な生活習慣が積み重なって起こるし、同じような環境やストレスにさらされ、似たような生活習慣で暮らしていても、自律神経失調症になる人とならない人がいる。 これは、一人ひとりのもって生まれた体質、性格、ものの考え方などが発症に影響しているため。



自律神経失調症になりやすい人の性格や考え方の特徴として、「クヨクヨ考えすぎる≒人の目や評価が気になる≒気持ちの切り替え方がへた」などがあげられ、 性格や考え方は、本人が自分で思っているものと、その奥にひそむ本質的なものが違うことが多々あるのでやっかい。



岡村もストレスを受けているという自覚のないまま、自分の気づかないところで継続的に無理をしてストレスをため込んでいた可能性が高く、まじめな性格にも敏感に反応し、バランスをくずしたと考えられる。



このように体質的に自律神経の調整力が弱いと、多くの人にとっては何でもないようなことが原因で自律神経のバランスが乱れ、症状が出てしまうので、岡村隆史の休業理由はうつ病より、自律神経失調症だった可能性が高い。





目次にもどる

中居と岡村とキムタク



岡村隆史の休業理由 (4)



中居は岡村が退院した時、お店を貸し切ってお祝いしたそうなので、この時にはすでに絶縁関係は解けていたのだろう。また、ナイナイ司会の27時間テレビの発表会見で、中居と岡村が大げんかしたというエピソードも語っていたので、そういった昔の話をできるだけの関係修復ができていると考えられる。





そんな休業していた時に岡村は、キムタクからも手紙をもらっていたという。


現在の中居とキムタクは、ジャニーズに残り、3人は新しい地図で活動しているが、特にネットニュースではジャニー喜多川の家族葬に中居正広が出席しなかった理由はキムタクが出席してたからといわれるほど険悪な状態。




YouTubeに乗っている解散報道ではキムタクが仕切っていることに違和感を持たれた人が多くて、そこでキムタクがきっと黒幕だ!と思ってる人が多いだろう。中居が、何故新しい地図に移動しないのかというのは不可解だが、お世話になったジャニーさんがこの世を去ったので、今後の展開は注目が必要だろう。





スポンサーサイト