間瀬翔太 顔面崩壊した病気 (4)
2019年12月13日(金)放送、TBS「爆報!THE フライデー」
19時00分~20時00分




10万人に1人の難病「脳動静脈奇形」を発症した俳優の間瀬翔太を特集。



間瀬翔太は元アイドルグループ「BLIZZARD(ブリザド)」のメインボーカルで、解散後はイケメン俳優として活躍。しかし、現在は、難病「脳動静脈奇形」を発症し、イケメンだった顔面が崩壊してしまった。



いったい間瀬翔太に何があったのか?



今回は、間瀬翔太の難病「脳動静脈奇形」についてまとめてみた。




■目次

間瀬翔太とは
難病とは
「脳動静脈奇形」とは
間瀬翔太の病気は治らない?

間瀬翔太とは




間瀬翔太 顔面崩壊した病気 (3)


間瀬 翔太(ませ しょうた)
生年月日 1986年4月27日(33歳)
出身 北海道夕張市
身長 168cm
血液型 A型は



17歳の頃に代々木公園でスカウトされアイドルグループ「BLIZZARD(ブリザド)」のメインボーカルとしてデビュー。解散後は俳優として「龍が如く6」「愛なき森で叫べ」「妖ばなし」等に出演。また2018年には新曲「Butterfly Effect」がテレビドラマ「家政婦は見た!」のエンディングテーマに起用された。


2019年、10万人に1人の難病「脳動静脈奇形」を発症したことを公表した。芸能人としては初の罹病。その脳動静脈奇形を難病指定してもらうべく署名活動を行い1ヶ月で署名人数が2万人を超えインフルエンサーとして一躍有名人となる。



参照wiki



目次にもどる

難病とは



間瀬翔太 顔面崩壊した病気 (2)


難病情報センターのサイトでの難病の定義は、医学的に明確に定義された病気の名称ではなく、いわゆる「不治の病」に対して社会通念として用いられてきた言葉としている。そのため、難病であるか否かは、その時代の医療水準や社会事情によって変化している。




例えば、かつて日本人の生活が貧しかった時代には、赤痢、コレラ、結核などの感染症は「不治の病」だったが、その当時は有効な治療法もなく、多くの人 命が奪われたという点で、これらの疾病はまぎれもなく難病になっていた。




しかし、その後日本人の生活が豊かになり、公衆衛生の向上、医学の進歩および保健・医療 の充実と共に、これらの感染症は、治療法が確立され不治の病ではなくなった。しかし、その治療がむずかしく、慢性の経過をたどる疾病もいまだ存在し、このような疾病を難病と呼んでいる。


参照wiki




目次にもどる

「脳動静脈奇形」とは






脳動静脈奇形(AVM)は脳の中にできた「血管のかたまり」のようなもの。

脳内の動脈と静脈が「血管のかたまり」で直接つながっており、大量の血液が流れているが、胎児期(出生前)から小児期にかけて発生することがほとんどで、成人以降に新たに発生することはほとんどない。


AVMができただけではほとんど症状がないが、 「血管のかたまり」であるナイダスが破れると脳出血やくも膜下出血を起こす(出血発症型)。また、手足がひきつる発作の原因となっていることもあり、頭の片方が定期的に痛むという偏頭痛の原因になっていることもある。



参照wiki




「脳の動静脈奇形」というのは、突然なるような病気ではない。

すべて先天性のもので、脳動静脈奇形は、一般的に脳出血か痙攣し頭をMRIで検査して初めて発覚する疾患。事前には「脳動静脈奇形」と、どんな医師も推察できないものと言われているため、発見が遅れてしまう。




「脳血管奇形」と呼ばれる病気には、幾つか種類があり(脳動静脈奇形、海綿状血管奇形、静脈奇形など)これらはいずれも、通常のCT検査のみで診断することは困難。診断確定には、造影剤を使用したCT検査や、MRI検査が必要で、場合によってはカテーテル検査(血管撮影)を行なうこともある。





なので、間瀬翔太は脳動静脈奇形が発見されることが遅れ、発見された時点で手術するしかなく、脳外科の医師からは、「植物人間以下」の状態になるとも言われていたという。





目次にもどる

間瀬翔太の病気は治らない?


間瀬翔太 顔面崩壊した病気 (1)




間瀬翔太の病気「脳動静脈奇形」は、特に症状はなく、脳貧血で倒れた事が原因で病気が見つかっているが、その後の治療が大変だった。


脳動静脈奇形(AVM),手術でも難しい部類に入り、その治療法、手術法もいろいろある。
間瀬翔太の重症度は報道されていないので判断が難しいが、手術後にも顔面崩壊が始まっているので、おそらく開頭血腫除去術を行ったのだろう。



開頭血腫除去術をすると、モノが2重に見え「複視」という症状をおこす。
これは改善することもあるが、残念ながら長く残存するケースもある。ただ、間瀬翔太の年齢はまだ若いため、回復の余地は十分にある。眼球そのものの問題ではないので、眼科ではなく脳外科あるいは神経内科での継続的な加療が必要だろう。



また回転性のめまいや眼振(目玉が小刻みに動く症状)にともなって、吐き気を催す患者様はとても多い。正直これをリハビリによって改善させる事は困難。しかし投薬などにより徐々に治まってくる事もある。



脳卒中発症後にはしばしば精神症状が出現し、感情的になったり、鬱や躁になったり、もともとのパーソナリティが極端になったりと.精神障害、運動機能障害・感覚障害・高次脳機能障害とならんで、脳卒中による4大後遺症のひとつになっている。



管理人は医学の知識があるわけではないが、患者のブログをみると、何年もかけて何度も手術を繰り返し行うようだ。病院とはそういうもので、最悪のことばかり想定して手術を行う。万が一の事があったら責任問題になるので当然だし、後遺症が出た場合のリハビリの成果も人によりけり。


安易なことを言って安心はさせることはせず、最悪の脅かす言葉を告げられる。
正直な医師は「難しいである事を正直に言うでしょう」なにも考えない医師は「当たり障りのない事を言い、完全に治るか治らないかは、後遺症の種類や程度により、間瀬翔太の努力も大切だろう。






スポンサーサイト