伊藤詩織 グラビア撮影 (3)

ジャーナリストの伊藤詩織さんが元TBS記者の山口敬之から性的暴力を受けたとして、1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で勝訴し、山口敬之に330万円の支払いを命じたことがネット上で話題にあっている。




伊藤詩織さんは「私がタクシーから抱えられるように下ろされ、ホテルに引きずられていく防犯カメラの映像を、静止画ではなく、動画で審査員の方々に見てほしい。しかし実際に証拠として動画が提出されたかも分かりません」と動画あればわかると言っているが、その動画はなかった。



この伊藤詩織さんは長身で、テレビで拝見したところ体系は小さそうではないし、山口氏は特別大きそうでもなく、酔っていたとは言え、大人をホテルまで連れ込めるのか?疑問である。未成年ならともかく、性的被害にあったのなら、すぐ通報して捜査して貰うべきであった。




どちらかが嘘を付いているわけで、真実は当人でしか分からないのである。




今回は、2chで出回っている 伊藤詩織さんのグラビア撮影の画像や事件の概要についてまとめてみた。



■目次

伊藤詩織さんと山口敬之の時系列
伊藤詩織さんの裁判の刑事と民事
伊藤詩織はハニートラップ?
伊藤詩織 グラビア撮影をしていた?

伊藤詩織さんと山口敬之の時系列




伊藤詩織 グラビア撮影 (4)


2015年4月3日、山口敬之と二人で食事へ。


午後8時ごろ、二人で串焼き店に入店。


午後9時40分ごろ、2件目のお店、すし屋に移動、このすし屋のトイレで意識を失う。



4月4日午前5時ごろ 痛みで目覚め、性的被害を受けていたと気づく。


謎の空白期間である5日後の4月9日、警視庁原宿署に相談。


4月15日、捜査員とシェラトン都ホテルで防犯カメラの映像を一緒にいるところを確認。(詩織さん談)


4月30日、高輪署で告訴状受理。


2015年6月、証拠がそろい、逮捕状が発行される。


2015年6月4日、山口敬之が日本に帰国するタイミングで「成田空港で逮捕する」という連絡が入り、ドイツからの帰国を要請される。


6月8日、捜査員から、「空港までは行ったが上からの指示で逮捕できなかった」と連絡が入る。


8月26日、山口敬之の自宅に捜査員が訪れ捜査、書類送検。


2015年10月、詩織さんが担当検事と面会。


2016年1月、山口敬之が担当検事と面会。


2016年6月、詩織さんが担当検事と2度目の面会。


2016年7月22日、山口敬之の不起訴処分が下される。


謎の空白が開き、2017年5月29日、詩織さんが記者会見を開き、東京検察審査会に不服申し立て。





目次にもどる

伊藤詩織さんの裁判の刑事と民事








刑法で「準強姦罪」が成立するのは「心神喪失または抗拒不能となった女性を姦淫した場合」となっており、相手(加害者)が事実性を否認した場合、違法性・有責性を立証できない場合は、構成要件に該当する。




要するに、「合意がある」と心神喪失または抗拒不能に「乗じて」言えないから、こうなって「しまう」のではなく「こうなってしまった」ということ。



仮に伊藤詩織さんの事件とは別に似たような事件が起こった場合、「同意がない」という証拠がないケースで有罪になるとした場合、女性が被害をでっち上げできてしまう。



男性は、やってなくても「抗拒不能ではないのに抗拒不能だった」と言われたら、「合意があったのになかった」と言われたら、例外なく有罪になってしまう。そうなると、男性は怖くて女性とホテルに行くことさえできない。


なので伊藤詩織さんの事件でも、山口敬之氏は合意の上である(彼女が自らベッドに入ってきた)と主張し、結局、検察は不起訴処分にした。



伊藤詩織さんも「記憶がない」としているので、その主張の事実性を争うこともできない。
密室に二人きりの状況下で、その場の状況をビデオ撮影しているわけではないから、相手が合意の上であると主張してしまったら、推定無罪の原則で刑事事件では無罪となった。




しかし、民事は争点が別。

刑事裁判というのは刑法の裁判、民事裁判は民法の裁判で、刑法というのは国と個人の法律、民法は個人と個人の法律。例えば、人に暴行した場合、まず刑法で裁かれて罰を受けるが、同時に被害者が慰謝料を請求した場合は、民法によっても裁かれる。



警察が捕まえた被疑者は、捜査の記録とともに検察に送られて(これを「書類送検」という)、今度は検察官が刑事裁判にかけるか検討する。この被疑者は刑罰相当だと検察官が考えた場合、検察官は、その被疑者を裁判所に起訴。


起訴されると、被疑者は「被告人」と呼び名が変わり、刑事裁判が始まる。
刑事裁判では、被告人に有罪を求める検察官と、被告人の無罪を求める弁護人の争いとなり、裁判所がそのどっちなのか審理をして判決が下されることになる。判決が出ても、不満があれば、さらに控訴、上告と争うことができ、争う手段がなくなった時点で、その判決は確定する。有罪判決が確定すると、被告人は「受刑者」として刑罰を受ける。また、その確定判決による刑罰が「前科」となる。




じゃあ、民事裁判は何かというと、今説明した刑事裁判以外の裁判がだいたい「民事裁判」は損害賠償請求・慰謝料請求事件が目的。


例えば、大企業などが訴えて損害賠償を求めているみたい」なのは、全部、民事裁判。
ポイントは、争うのが一般人同士だということで、検察官は出てこない。つまり、「伊藤詩織が主張する同意があったのか?意思や証拠は関係ない」慰謝料請求する裁判。




伊藤詩織さんが受けたゴウカン事件が真実だとしたら、330万でも低い金額。
だが、この件で怖いと思ったのは目撃者も物的証拠や状況証拠が無くても、ほぼ証言だけで女性が勝訴してしまった事にある。




目次にもどる

伊藤詩織はハニートラップ?


伊藤詩織 グラビア撮影 (1)




伊藤詩織さんの事件の真実は第三者にはわからないが、この判例は「魅力的な女性と飲みに行き、流れで関係を持っても、後から訴えられたら男が負ける」という実例ができてしまったのが問題。




そもそもレ〇プされた2日後に伊藤詩織さんは山口氏にメールを送っている。

その内容が『山口さん、お疲れ様です。VISAのことについてどの様な対応を検討していただいているのか案を教えていただけると幸いです。」という業務的な内容メールを送っている。もし本当にレ〇プしてきた相手だとしたら、こんなメール送る訳ない。



あと伊藤詩織が運ばれた防犯カメラの映像があるというが、その映像を確認したが「歩くこともできず抱えられて運ばれる私(詩織)の姿」はなんてものはなかったという結論になってる。




本当にレ〇プされたなら病院いって検査すればいいのに、そんなことすらしていない。


刑事裁判の結果は妥当なのに対し、民事の判決文では「伊藤さんには被害を虚偽申告する動機がない」とか「わざわざ訴え出たことに意味がある」なんていう趣旨が記載されていたようだが、判事は偽善者か、俗世に棲む人間に潜む煩悩や欲を知らないお花畑脳の持ち主なのだろう。




被害者の言い分を一方的に聞き入れ、被告が悪者とはなから決めつけての判決。

結果として、この判決が判例になってしまうことを大変危惧される。どの観点から見ても犯罪事実を証明する証拠が一切存在しないものを有罪にできないのは当然であり、それを有罪であるかのような判決文。



加えて、司法判断とは別に、凡ゆる状況証拠から見て伊藤詩織さんの主張を正当化できる材料がなく、彼女の証言は、その内容の実現が不可能であることは既にはっきりしている状態で、この判決は今後大きなハニートラップ事件が起こる事例を作ってしまった。





目次にもどる

伊藤詩織 グラビア撮影をしていた?





2chでは、伊藤詩織について様々な情報が飛び交っている。


当時、伊藤詩織はなんでレ〇プされた2か月後に、同じホテルでグラビア撮影をしていたという情報が出回った。






その理由は、伊藤詩織さんの書籍「black box」が原因。
書籍「black box」が原因で、SNSなどで伊藤詩織さんは政治的な対立から安倍総理の捜査介入説、陰謀論、ハニートラップ、被害者女性の在日韓国人説が出ている。


伊藤詩織 グラビア撮影 (2)

元々、山口氏は韓国政府によるベトナム戦争時の売春の存在の件で、反韓国、嫌韓国の人から支持が多かったジャーナリストだった。

そしてTBSからは非常に煙たがられる存在でもあり、この準強姦の事件後には韓国の売春の件は偽造報道やガセネタとして、無かったことにされようとしている。




重要な点として、本件は刑事事件として妥当な捜査、手順を取ったかどうかに、被害者の女性からの疑念が出した。そして記者会見となり、ここが最大の争点。




警察が逮捕状を請求したのは睡眠薬の混入を訴えられたから。
しかし、睡眠薬の証拠が無いので取り消しとなり、伊藤詩織の被害要件である、準強姦罪は親告罪なので、その被害だけでは警察は独自に逮捕、起訴が出来なかった。



これは2017年に法改正され、以上の政治的背景、法律的な難解さ(親告罪)のため、周りがヒートアップしてる。




おそらく、伊藤詩織さんが2か月後にグラビア撮影していたというのはデマ。



山口氏の言っていることは3つ。
性行為の事実を認めてること、刑事事件としては無実が確定してること、そして民事で控訴するってこと。



時系列で説明すると、2015年5月に被害にあい、悩んだ末2ケ月後に管轄の高輪警察署に被害届を出した。この種の準強姦事件は男女の(もつれ)と事件との区別が難しいので、当初警察は事件としての扱いは消極的だった。


その後、タクシー運転手の証言、タクシーからホテルへ引きずるように連れ込まれる動画映像、ホテル従業員の証言などあると会見したが、しかし伊藤詩織さんは被害を受けたという決定的な証拠となる検査を受けていない。



冷静に考えて見て、伊藤詩織さんは迷走している。

警察は動いてくれずジャーナズムに訴え社会を動かし検察を動かしたかったのかもしれないが、本を出したり、民進党に利用されたり正に迷走している。そもそも、深夜に酒場で「仕事の話をしに、誘った」と証言している以上、枕営業の可能性の方が高い。たとえ見返りを求めた性行為だったなら山口氏も自業自得なので擁護はできないが、伊藤詩織さんの証言がとても信じがたいことなのは間違いない。






スポンサーサイト