うるしやま家 事故の後遺症 (3)
2020年1月8日(水)放送、フジテレビ系「うるしやま家6男6女14人大家族」
21時00分~22時48分



大好評、フジテレビが密着する大家族・うるしやま家の第4弾が今夜放送。




大家族にありがちな、生活スタイルも結構経済的に余裕のある家庭なためか、悲壮感がないうるしやま家は放送されるたびにネットで非常に好感度が高かった。





出産し続ける母親の体の心配、子供の勉強する姿勢、思春期の子供がいる中の子作り、等々の問題点の指摘に共感する部分もあるが、うるしやま家のご両親、子供達が幸せそうなのでそれが一番。今回は、長男・葵(アッくん)の成人式や、長女、次男、五女の卒業・卒園・入学とめまぐるしい日々が続き、アッくんは念願だったパパと同じ美容師となった姿が放送される。



そんな幸せそうな大家族・漆山家ではあるが、過去にはりお君は事故に遭遇し、後遺症が残るような重傷を負っている。





いったい漆山家に何があったのか?



今回は、漆山家に起きた事故についてまとめてみた。



■目次

漆山家(うるしやま家)とは
漆山家の大家族構成
大家族のお金の事情
うるしやま家りお君が事故
うるしやま家の事故の後遺症

漆山家(うるしやま家)とは


うるしやま家 事故の後遺症 (5)


埼玉県にお住まいの「漆山家(うるしやま家)。
5男6女を育てながら、夫婦で美容室を経営する。1歳~18歳、11人の子どもの世話と美容室の経営で、休む暇がないのにも関わらず、常に笑顔を絶やさない母はまさに「スーパー母ちゃん」。明るく前向きなうるしやま家にママが40歳にして12人目の赤ちゃんを出産し約2年がたった。


長男・葵(アッくん)の成人式や、5人の卒業・卒園・入学・入園とめまぐるしい日々が続き、アッくんは念願だった両親と同じ“美容師”となった。みんなが喜んでいた矢先に、突然聞かされる家族の暗黙のルール。


それはなんと「社会人になったら家を出る」こと!
大家族の生活から、一人暮らしへ。実は、面倒見がよく一家の精神的な支柱である長男の巣立ちに、両親だけでなく、11人の妹弟それぞれの気持ちが動く。



笑顔のスーパーママを中心に、それぞれの記念日やイベントを大切にする家族の絆と、悩み考えながら前向きに成長する姿を追う!



公式サイト




目次にもどる

漆山家の大家族構成



うるしやま家 事故の後遺症 (4)






家族構成


父親・漆山亨さん
美容院経営 

母親・漆山佳月さん
元・美容師

長男・漆山葵くん
美容専門学校に通い、念願だった美容師に。

長女・漆山海音さん

次女・漆山柚杏さん

次男・漆山凛くん

三男・漆山璃くん

四男・漆山瑠くん

三女・漆山美心ちゃん

四女・漆山菜夢ちゃん

五女・漆山蘭(そらん)くん

六女・漆山月姫(まりん)ちゃん

五男・漆山碧(あみる)くん




目次にもどる

大家族のお金の事情



AB00423DD5FEw1128h654



うるしやま家は番組を見たことある人ならわかるだろうが、ビッグダディなどと比べてほかの大家族より、悲壮感がなく、ほのぼのとした一家だった。




こういった大家族は、どうしてもお金の事情で苦労していることが多い。
例えば、島根の渡津家という大家族は、旦那がスーパーの社員をしていて15万円からスタート。それから正社員になったがリストラされ、その後土木作業員になって家族を養っていたが、番組終了。(その後、どうなったか不明だが、かなり貧乏な生活を送っていた)




ビックダディ一家は、柔道の整体師として各地を転々、終盤では奄美の島に行ったが、いつの間にか奄美の島を出ていって、その後も収入が安定性ないのに、子供が生まれての共同生活。一つ部屋の中に4から6人が雑魚寝状態、子供たちはゲームもマンガも読めない、テレビもチャンネル争い、食べ物大鍋につつきあう。ネットでは無計画な子作り、自分の部屋も持てない、上の子供たちはアルバイトをしていて、家にお金を入れられる状態に批判が集まった。



一方、うるしやま家は、ほかの大家族と八が、子供たちは留学、ゲーム、美容師、いろいろと子供たちの将来のために出資している。(子供が多いので、児童手当があるとと思うが)

うるしやま家 事故の後遺症 (2)


子供に必要な学校用品もランドセル、制服、体操着、上履き、修学旅行費、学校の遠足に必要なもの、その他そのお金も必要で、月収だと家賃+食事(大家族だから相当量な食事)+水道光熱費+日用品+その他でお金なくなる。


うるしやま家はどこからそのお金が出ているのだろうか?


確かに美容室を経営しているので、収入はある程度あるのだろうが、こういったうるしやま家のような大家族だと、ほぼ確実に就学援助が受けられるのが大きい。



また地域によっては、一人産むとお祝い金10万、2人目だと20万、3人以上産むとそのたびに100万の祝い金が出るし、」子供が居る世帯に」と公営住宅が1万ほどで住めて、紹介されていたママ達は「子供を育てるには天国」と言っていた。



就学援助は、入学前に準備金として5万前後もらえたり、給食費はタダ、毎月の教材費(1000円ぐらい)や修学旅行費も貰える。これで小中学校は何とかなるはず(習い事しなければ)



児童手当は1人1万~1.5万ぐらい貰えるから、それを生活費に充てているのだろう。

なので、無駄な住居費を節約すれば、うるしやま家のような生活は可能。

少子化で移住を推奨する為に、子供の医療費タダと言う所も増えてきているので、けして大家族がお金がかかるというのは、昔のイメージなのだろう。








目次にもどる

うるしやま家りお君が事故




2017年に漆山家の大家族が放送されてから、母親・かづきさんのインスタのフォロワー数が急増。漆山家の大家族をみた視聴者から応援するコメントが相次いだ。




そんな、かづきさんのインスタの過去に投稿した内容で、2017年4月に4男のりおくんが意識不明の重体になっていたことが明らかとなり、話題となった。

うるしやま家 事故の後遺症 (1)


当時のニュース記事

26日午後1時40分ごろ、埼玉県越谷市平方の市道丁字路で、自転車に乗っていた市立小4年の男児(9)がトラックにはねられ、意識不明の重体となった。

県警越谷署は、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、トラックの東京都葛飾区奥戸、会社員、長谷川光志容疑者(42)を現行犯逮捕した。

署によると、丁字路に横断歩道や信号はない。男児は横断中、右から直進してきたトラックにはねられたとみられる。


産経ニュース




この事故にあった被害者がうるしやま家りおくん。
意識不明の事故を聞いたうるしやま家の家族は医師から「このまま意識が戻らない」可能性を伝えられていたようだが、うるしやま家みんなで、奇跡が起こることを信じた結果、事故から2日目でりおくんは目を開け、3日目でなんとか意識を取り戻したという。




入院して1週間で退院し、その後は自宅療養をしていたそうだが、放送を見ている視聴者ならご存知の通り、事故の後遺症も見られることもなく、元気に学校へ登校する様子がみることが出来た。




目次にもどる

うるしやま家の事故の後遺症


うるしやま家 事故の後遺症 (6)



交通事故の後遺症は、すぐに表れるものと数年経ってから再発するものなど様々。
漆山家りおくんの事故のように意識不明で命に別条はないというパターンはあり得るのだが、高次脳機能障害の後遺症が心配される。



高次脳機能障害とは、脳の基本的な機能、すなわち見る・聞く・話す・身体を動かすといったことには異常が無いが、より高次な機能、すなわち何かに集中する・学習する・自分の感情を抑える・計画を立てて行動するといった機能に障害が出た状態を意味する。



この原因のほとんどが、怪我や病気による脳の物理的損傷。

ちなみに高次脳機能障害の場合、記憶・感情・遂行機能障害などの症状は、精神障害者保険福祉手帳交付の対象となる。




交通事故などのケガや脳血管疾患、 脳炎等により脳が損傷されたために起こり、外見では判断できず、本人(家族)も認識しにくく、知的能力は正常に近いため発見が遅れる。



うるしやま家りおくんは意識不明になって、脳が強いダメージを受けているので、高次脳機能障害は脳損傷の後遺症が残る可能性はある。



症状をあげると
・遂行機能障害(段取りを組めない。)
・注意障害(複数の事に注意を配れない。集中力が切れやすい。)
・記憶障害(新しい事を覚えられない。)
・失語症(話す聞く書く計算する言語に関する事が上手くいかない。)
・感情コントロール低下(怒る、泣くなどその場に合った態度が取れない。)
・半側空間無視(片側が見えてなくて体をぶつける。)
・地誌的障害(よく迷う。場所や方向など位置関係が分からない。)
・病識欠如(障害があることを理解出来ない。何でも出来ると思ってる)



など、これを一つにまとめると高次脳機能障害で、人間が人間の様に生きる為に使う高次な脳機能に対する障害で、脳の何処を損傷したかで症状は皆違うし、全員が全部の症状を持ってる訳ではない。



もちろんリハビリで回復もするが、受傷する前の状態に戻るのは無い。
受傷してから1年ぐらいたって症状が現れることもあるし、ずっと症状が出ないこともあるので、うるしやま家りおくんも事故の後遺症はないとは言い切れない。


今夜の放送では、漆山家の激動の1年に密着。
事故にあったりおくんに後遺症が見られるのかどうかも注目の放送になるだろう。




スポンサーサイト