bandicam 2020-01-13 16-03-39-666
2020年1月13日(月) 放送、テレビ朝日系「しくじり先生 俺みたいになるな!!」
24時15分~24時45分


人気ユーチューバーてんちむが、天才子役がグレまくって非行で転落してしまったしくじりを初公開。


てんちむは子役として芸能界デビューし、NHKの番組「天才てれびくんMAX」に3年間出演。清純&天真爛漫なキャラクターで大ブレークしたが、番組を卒業した翌日にギャルになって非行に走るようになったという。さらには自殺未遂、2年間の引きこもり生活など、若くして壮絶な人生を送ってきたてんちむにいったいなにがあったのか?





今回は、てんちむの壮絶人生についてまとめてみた。






■目次

てんちむとは
てんちむは炎上系YouTuber
てんちむバストアップ方法は嘘?
てんちむの「中学生失格」

てんちむとは





bandicam 2020-01-13 16-03-39-666


橋本 甜歌(はしもと てんか)
本名 (非公開)
愛称 てんちむ
生年月日 1993年11月19日(26歳)
出身 中華人民共和国北京市



YouTubeのチャンネル登録者数は2019年11月時点で約92万人。
小学校1年生のとき芸能活動を開始。2004年4月、小学校5年生のときNHK教育『天才てれびくんMAX』へのレギュラー主演が決まり、以後3年間「てんかりん」として出演し人気を集めた。ジュニアアイドル、ジュニアモデルとして写真集やイメージDVDをリリース、学研プラスのファッション雑誌『ピチレモン』の専属モデルも務めた。


2007年3月に『天才てれびくん』を卒業すると中学校2年生で同年夏放映の連続ドラマ『こどもの事情』の主演を務める。この頃から素行不良となり、自身の携帯用ブログのプライベート写真がネット上で炎上する騒ぎとなった。当該ブログは同年末に閉鎖。翌2008年には事務所を退所し一旦芸能界を引退した。



2009年から新たに始めた個人ブログが人気を集め、2010年にはセブン&アイ出版のファッション誌『Nicky』のメインモデルに抜擢され、ギャル系モデルとして再ブレイクを果たす。同年10月には、12歳から14歳までの日記を書籍化した自叙伝『中学生失格』を発表しヒット作。2014年には映画『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』で主役に抜擢され映画デビューを果たす。


2016年にYouTubeにチャンネルを開設。YouTuberとしてゲーム実況を行い、人気を博している。




参照wiki





目次にもどる

てんちむは炎上系YouTuber






てんちむは素行不良が問題とされるきっかけとなったのは、「地震記念日」として被害にあった店内で写真撮影をし、ブログに掲載したこと。


てんちむ闇告白バストアップ方法の嘘 (2)


ちなみに、この画像は現在でもネット上で広がっているが、地震が起きた直後、お土産屋さん?の棚にある商品が落ちてるところを背景に、彼氏?とピースして写って大炎上した。





その後、ブログに謝罪文を掲載しが、普段の文章力をみるとおそらく本人が書いたものではなく、当時の事務所がかいたものだったのだろう。謝罪文を掲載後もツィッターで反省している様子がないことで、炎上は収まることがなかった。



てんちむの素行不良はほかにもあった。
例えば、シブコレに出るとブログで言っていたのに何の報告もなしに出ず、てんちむに会いに遠くから行った方もいるのになぜ報告がなかったのか?ということを批判されて炎上したとき、当時のmixiで「もっとプロ意識を持って」とか「ちゃんと謝罪やら報告やらしてください」みたいなファンからのメッセージ内容に「うちはドタキャンもなにもイベント来てなんていわれてねーし、日記もシブコレが書いてんだよ」「しらねぇくせに偉そうな口叩くな真面目野郎の糞ガキが」などという暴言を返している(上の文章はてんちむが書いたそのままの文章)




てんちむ著書「中学生失格」を読んだことがある人ならわかるだろうが、当時のてんちむは中学生からたばこ・酒・S〇Xと本当にひどいものだった。こういった行動に業を煮やした事務所は、てんちむを解雇。その後、YouTuberとして活動をしているが、こういった炎上系の動画をよく上げて動画再生数を稼いでいる。





目次にもどる

てんちむバストアップ方法は嘘?




てんちむ闇告白バストアップ方法の嘘 (5)


てんちむのYouTube動画の中でバズったのが、独自のバストアップ方法の紹介。



てんちむは多くの女性が悩むバストアップ方法を公開し、「Aカップから→Dカップになった」という動画で一気に人気YouTuberになれた。



てんちむのバストアップの方法は、エクササイズや食事内容であって、とくに牛乳と煮干しを同時に食べるというバストアップ法。牛乳をコップに1日2~3杯、煮干しも片手にのるくらいを2~3回くらい同時に飲んで食べ、毎日エクササイズをする。


・姿勢をよくして、胸の前で手を合わせる(合掌:拝むポーズ)

・ひじは肩のラインまで上げて、直角に曲げる

・息を吐きながら、手のひらを押し合う(15秒くらい)
※手と手の間に雑誌や電話帳、本などの分厚いものを挟んで行うとよい。



これを5回×1日3セット毎日行う。
合掌のポーズのまま、手の高さはそのままで、左右に両手のひらだけを平行移動させたり、左右にねじったりすることをプラスすれば、そのあたりの筋肉もほぐれ、バストアップにつながるという。



このバストアップ方法で、てんちむ自身もAからDになったと動画で紹介していたのだが、視聴者からは「効果がなかった」という意見も多くあった。たしかにバストアップの方法には個人差があり、サプリやクリーム、睡眠時のケア(ナイトブラ)などいろいろある。それぞれの体質や生活習慣により、どれがベストかは人それぞれ。


てんちむが言う通り、バストアップのために、牛乳等の乳製品は、確かに肌のツヤをよくしてくれるし、乳製品を摂取し続ける事は体に良いが、それが直に、バストアップにつながるか否か等は、正直、断言できない。



例えば、毎日ビタミン剤を飲んでいる人がいたとして、そのビタミン剤を服用し忘れたとしたら、気分的に不安になったり、慌てて服用したりする事と同様で、管理人が思うに、乳製品を摂り続ける事は、最低でも今のバストを保つ方法にはなっているはず。




又、バストのマッサージに関しては、左右のバストをもみほ擬す事と、バストの下から上に持ち上げる事の繰り返しは、少なからずとも、バストの筋肉運動と同じだと考えている事もあり、タレンの中でもされている方もいるようなので、エクササイズこれも継続の価値はある。



あとはやる気。

「どーせ無理だと思うけど、やってみよう」こんな考え方ではまず成功するはずもなく、自分のモチベーションによっても、ホルモンバランスはものすごく作用される。「絶対にバストを大きくしてやるんだ」というやる気が一番大事なのだろう。





目次にもどる

てんちむの「中学生失格」


てんちむ闇告白バストアップ方法の嘘 (4)




てんちむの「中学生失格」の闇告白は、12~14歳の頃のリアルな日記が載っている。



現在のてんちむは明るいギャル系のYouTuberとして活動をしているが、そういった表向きとは違い、難しい家庭環境の中で育ち、子供のころから仕事での煩悶、学校での人間関係の蹉跌やネット上でのトラブル、その果ての性行為や自傷行為に及んでしまったことを赤裸々につづっている。


内容は日記のような日々の記録もの。
管理人も読んだことがあるが、中学生の性行動は芸能人としての苦悩の開陳という以前に、「人として、どうすればこうなってしまうのか?」というものばかりだった。感想としては、少なくとも読んでいて気持ちの良いものではないし、改めててんちむを応援しようという気になれるものでも全くない。



てんちむ本人の思惑はともかく、てんちむの認識する「優等生&清純なイメージ」という感覚そのものは相当ズレている。


ただ、子役としてデビューしたのも写真集などでロリコン読者の好奇の目に曝されるための水着グラビアをさんざんやらされたのも親だとすると、性的な嫌悪感に加え、親にも裏切られた気持ちが強かったのかもしれない。
てんちむ闇告白バストアップ方法の嘘 (3)



心に深い悲しみ、悩み、傷などを抱えていたメンヘラ。
メンヘラは大脳皮質の前頭前野機能が低いことや脳内ホルモンの異常により起こるので、セロトニン異常の場合、自殺のような衝動的行動を行う。



なので、メンヘラは脳の機能異常。
苦しいことは何も無いというのに、時間が経っても解決はしないこと、現状から逃げれないことで自傷行為に及んだ。きちんと心療内科やメンタルクリニックに行って治療することで回復することができるのだが、てんちむは2年間の引きこもり生活を送ってしまう。



メンヘラの一番の特徴は、依存体質でその正体は、承認欲求。
人は自分に自信が無いと何かに依存する、そうしないと自分の存在理由が無いと思うから。メンヘラを治せるとすれば、自分に自信を持てるように出来るかどうかに掛かっている。



管理人は精神科医じゃないので、無責任な事は言えないが、結局、自分に自信が無いのは、心が不安だから。しかも、ほぼメンヘラちゃんは拒食症でガリガリと相場が決まっていて、見るからに不健康。





人間は容姿よりも心が大事で、運動はそのどちらも手にできる素晴らしい手段。
運動すれば無駄な肉は無くなり、必要な筋肉が付くことで身体が引き締まり、男性はたくましく、女性はセクシーになり、それが心にゆとりをもたらす。



てんちむは、そういった心の承認欲求を満たしてくれるものを見つけられたので、2年の引きこもりから脱曲できたのだろう。



今夜の放送では、過去に炎上してしまったしくじりや、若くして壮絶な人生を送ってきたてんちむから、自分を見失わないための教訓を学ぶ。










スポンサーサイト