コロナウイルス 検査拒否 特定 (2)




新型ウイルスのコロナウイルス検査拒否をした二人がどこにいるのか?

現在、猛威をふるっている新型コロナウイルスについて、世界保健機関(WHO)が「国際緊急事態」を宣言した。恐るべきスピードで感染が世界的に広がっている状況を踏まえた措置だが、何も対策をしないよりはいい。


そんな世界的に危機感を持っている状態なのに、コロナウイルス検査拒否をしたという報道があり、ネット上で批判が相次ぎ、検査拒否した特定作業が行われている。SNSやネットは「生物兵器の実験をしていた動物が市場で売られてたんだ」「今発表されている患者数と死亡者数は1000倍ぐらいにしてみた方がいい」だの、何を根拠に書いているのかわからない曖昧な情報ばかりが出回っているが、武漢から帰国の会社員二人は、解熱剤を飲んで検疫通過しているし、そもそも日本政府は中国人の入国制限をしないのがいけなかった。現時点で致死率はそれほど高くないと言われているが、ワクチンが開発されるまでは入国制限すべきだった。




今回は、2ch情報のコロナウイルス 検査拒否した二人の特定情報をまとめてみた。



■目次

コロナウイルスとは?
なぜコロナウイルス検査拒否したのか
コロナウイルス 検査拒否した二人
コロナウイルス 検査拒否した二人を特定?

コロナウイルスとは?


コロナウイルス 検査拒否 特定 (2)

これまでにヒトに感染するコロナウイルスは4種類知られており、かぜの原因の10〜15%を占める原因ウイルスとして知られていました。



またイヌやネコ、ブタなど動物に感染するコロナウイルスも存在します。 2002年中国広東省に端を発したSARS(重症急性呼吸器症候群)は、コウモリ(あるいはハクビシン)のコロナウイルスがヒトに感染し、ヒト-ヒト感染を起こすことで8000人を超える感染者を出しました。


また2012年には中東でMERS(中東呼吸器症候群)が報告され、ヒトコブラクダからヒトに感染する感染症であることが分かりました。 そして2019年12月末から中国の湖北省武漢市で発生した原因不明の肺炎は、新型のコロナウイルス(2019-nCoV)が原因であることが判明しました。



新型コロナウイルスの宿主動物(元々ウイルスを持っている動物)はまだ分かっていません。


しかし、この感染症の存在が明らかになる前から、武漢市にある海鮮市場に関係のある患者が多いことが分かっていました。このため、新型コロナウイルスの宿主動物はこの海鮮市場で売られていた何らかの動物ではないかと推測されています。 新型コロナウイルスは動物から人に感染し、さらに人から人に感染しうることが分かっています。



現時点ではWHO(世界保健機関)は1人の感染者から1.4〜2.5人にうつすのではないかと推計しています。 これはインフルエンザやSARSよりは低く、エボラ出血熱よりは高い数値です。






感染症専門医・忽那賢志




目次にもどる

コロナウイルス検査拒否した二人



コロナウイルス 検査拒否 特定 (1)



コロナウイルスはあくまでも新型の感染症の一種であって、生物兵器とかではない。(その可能性もゼロではないが)




なので、これは中国の生きたままの動物を購入するという食文化が招いたもの。
感染者数だが、たしかに検査されていないだけで、正式な発表の感染者数よりも多くの人が感染していて「隠れコロナ」になっている。武漢も1000万人の人口を抱える大都市で、中国の交通の要衝であるので、中国全土に感染の危険性がある。



空港での水際対策はサーモグラフィー装置を用いた、発熱反応を参考にして解熱剤を飲んでいたり、症状が軽度なら、通ってしまう。なので、帰国した二人の会社員も搭乗できた。



判断の材料に乏しいし、感染力や独力が不明。ただ拡まり方は危機を感じるので、タイミングを図って規制に踏み切るかもしれない。テロのうわさについては、春節の直前だったり、タイミングなどもあって、噂が拡散しているが、市場でのウイルスが確認されたので、その心配は大丈夫。



帰国する日本人、中国人を入国拒否にすることは、残念ながら日本の現行法制度ではできない。検査に関しても強制力がないし、できないというか、その趣旨の法律がない。国際テロリストのような特定の個人を入国拒否することしかない。






目次にもどる

コロナウイルス 検査拒否した二人




コロナウイルス 検査拒否 特定 (1)

コロナウィルスの検査拒否した二人は、中国武漢からチャーター機で帰国させてもらったにもかかわらず、コロナウイルスの検査うけるように係員の長時間の説得にも耳を貸さず、「症状がないから」、「日本に来たのだから家に帰りたい」と自宅に帰ってしまった。




ネットで情報が拡散し、特定班まで動き出しそうな勢いでしたので、慌てて自己保身のために検査を受ける意思を表明はしたが、すでに検査を受けずに入国しているので、感染していた場合は手遅れ。




これは本当に、バイオテロだと言われても反論出来ないレベルの話。

この2人の名前を公表するべきであり、自分のことしか考えられない自己中心的な人物の暴走により、多数の日本人が危機に晒された危険性があるということを認識する必要がある。



ネットでは、この報道から、帰化人とかおかしい人とか色々と予想されて叩かれているが、政府の対応は甘過ぎるだけ。中国ではマスク着用を拒否した男性に警察が唐辛子スプレーを噴射していた。そういう日本の対応の誤りを受けて、中国政府は感染疑いのある人は日本人でも出国させないとの対応をとるようになった。





目次にもどる

コロナウイルス 検査拒否した二人を特定?






2chでは、コロナウイル 検査拒否した二人をすでに特定しているようだが、一便の二人は、帰宅後に検査に同意して検査を受けるようなので、ここでは二人の名前は記載しない。しかし、2便でも一人が検査を拒否して帰宅してる。


つまり、この2便に乗った一人を特定しないといけない。




管理人は、この便は国の税金を使用し、無料で帰国させてもらったと思っていたが、ミヤネ屋の報道では飛行機代8万円自腹を支払ったそうだ。



普通、格安運賃で14500位で片道行けるそうなので、そこまでしても帰国したい、帰国できる富裕層の人物だということはわかる。検査拒否するのは間違っているし、日本はこの騒動を東京五輪まで長引かせてはいけない責任があるのに、自宅に帰ったことの重大さが分かっていない。



日本でも、例えば1週間前なら普通に「仕方ない」で済んでいただろう。
ただ、ここ数日の動きを経て、今の状況だと厳しい状況になった。海外から戻ったばかりで、日本でどのような状況・世論の雰囲気になっているのかわからなかったという面は十分考えられる。


また、話をした外務省や厚労省の役人の言い方がどうだったのか?
情報番組でやっていたが、今回の帰国に関しては色々と不手際が実際あった様子。(昨日戻った人たち、ホテルの部屋が足りず、相部屋でカンヅメとなっている人も多いようだ)



それに加え、事務的、義務的な言い方をしていたとすれば、カチンときて「法的根拠は?」と言ったのかもしれない。

一度話がこじれると、同じ相手では修復困難。
個人的には、外務省または厚労省の大臣副大臣クラスが説得しても良かったのでは?とは思うが、もっとも、元々理屈っぽい人で、政府に反感を持つ人たちだったという可能性もある。

他の報道・事件などでも、「法的根拠はあるんですか?」などとすぐ言ってくる面倒な人たちも実際いる。


これで本人が感染しておらず、無事2週間以上経てばまあ良いが、仮に感染でもしていれば…より非難が強まる。




現状、検査拒否した一人は、一緒の飛行機に乗っていた人たちなら、誰が拒否したかわかっているので、もうしばらく特定には時間がかかるだろうが、この人の近所の人たちにも、「〇〇さん、武漢に言っていたはず…」という噂が漏れるかもしれないので、そう時間はかからないだろう。




マスコミやネットでさらされなくても、会社や近所では結構陰口を言われて苦しい立場になっていくるはず。



そして、おそらく本人も今頃は、「ここまでの状況になるなら、素直に応じれば良かった」と考えているので、検査に応じた二人のように検査を受けてくれると信じたい。「想像力が足りず、頑なな態度を取り続けた結果であり、自己責任」という結果にだけはなってほしくないものだ。













スポンサーサイト