東京五輪中止予言 (2)



現在進行形で猛威を振るっている新型コロナウイルスについて。



日々進行形で中国の一部を除いて個人の中国人は日本に入国してる。旧正月に日本に入り込んだ中国人観光客が居座り、12月24日から今月13日まで中国・武漢市に帰省で滞在していた。という感染者が三重で発見。なので症状はともかく感染者は爆発的に増えているはず。


日本人の帰国者より今現在、検査を受けているというが、なぜその場所に行ったのかについて、そこに行った人達しか発見されていないかという理由を述べている。


それはなんと「高熱」「渡航歴」「濃厚接触」等の1つでなく、数個ないともれなく国立感染症センターで検査しないので発覚してないというのが現状。



肺炎になってるかどうかは、CTをとればどの病院でも簡単にわかるが、上記の症状がないと検査をしないので、新型肺炎かどうかわからないという。なので、新型肺炎でも普通の肺炎として処理されて亡くなってる人が居てもおかしくない。


今回は、現在のコロナウイルス日本人感染者がどこにいるのか、2chで東京五輪が中止の予言が話題になっているので、予言情報をまとめてみた。




■目次

コロナウイルスとは?
コロナウイルスの日本の対応
コロナウイルス日本人感染者
東京五輪の中止予言

コロナウイルスとは?


コロナウイルス 検査拒否 特定 (1)



これまでにヒトに感染するコロナウイルスは4種類知られており、かぜの原因の10〜15%を占める原因ウイルスとして知られていました。



またイヌやネコ、ブタなど動物に感染するコロナウイルスも存在します。 2002年中国広東省に端を発したSARS(重症急性呼吸器症候群)は、コウモリ(あるいはハクビシン)のコロナウイルスがヒトに感染し、ヒト-ヒト感染を起こすことで8000人を超える感染者を出しました。


また2012年には中東でMERS(中東呼吸器症候群)が報告され、ヒトコブラクダからヒトに感染する感染症であることが分かりました。 そして2019年12月末から中国の湖北省武漢市で発生した原因不明の肺炎は、新型のコロナウイルス(2019-nCoV)が原因であることが判明しました。



新型コロナウイルスの宿主動物(元々ウイルスを持っている動物)はまだ分かっていません。


しかし、この感染症の存在が明らかになる前から、武漢市にある海鮮市場に関係のある患者が多いことが分かっていました。このため、新型コロナウイルスの宿主動物はこの海鮮市場で売られていた何らかの動物ではないかと推測されています。 新型コロナウイルスは動物から人に感染し、さらに人から人に感染しうることが分かっています。



現時点ではWHO(世界保健機関)は1人の感染者から1.4〜2.5人にうつすのではないかと推計しています。 これはインフルエンザやSARSよりは低く、エボラ出血熱よりは高い数値です。






感染症専門医・忽那賢志


目次にもどる

コロナウイルスの日本の対応


コロナウイルス 検査拒否 特定 (1)



コロナウイルスについての日本の対情報は遅いという声が、インターネット上で溢れているが、普通に考えて政府としてはWHOや中国政府の意見を信じるしかない。





現在、国会質疑において野党の質問時間や人数は削られている。
そのため、国会対策を共有している野党間では同じ質問をしなくてすむように、あらかじめ質問内容を調整している。桜を見る会問題やIRを巡る汚職事件、所属議員の公職選挙法違反疑惑など、安倍政権には長期政権のおごりと呼ばれるような不祥事が相次いでいて、総理の公私混同疑惑や、桜を見る会では前夜の夕食会において公職選挙法違反の疑いまで生じている。



コロナウイルスへの対策同様、それらを追及することもない。
現在の状況は「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に基づき、厚生労働省が総括的な対応をし、同法に基づき都道府県知事が入院その他の対応について協力しながら対応しているはず。



緊急非難用の飛行機のチャーター、検疫・入院体制の実施や、新型コロナウイルス肺炎を「指定感染症」にする対応は、政府がおこなっている。






だからこそ、政府がチャーター機の個人費用相当額8万円を徴収するとの意向に対し、与党・野党から徴収すべきではないとの意見が出た。政府の動向に対する監視は、与野党ともにおこなわなければならず、権分立の理念を受けて与野党それぞれ適切に行動していると信じるしかない。




新型コロナウイルスへの対応は、現在進行中の案件。
与野党ともに個々の対応や現行法律の不足している部分について情報を収集して、必要な対応や法改正を政府に求めていくしかない。







目次にもどる

コロナウイルス日本人感染者




コロナウイルス 検査拒否 特定 (2)

新型コロナウイルス感染者は、日本国内ですでに20人程度確認されている。




勿論発病していないキャリアも相当数いるとされていて、報道によれば、よほど重篤な症状が出ている患者にしか、ウイルス検査をしないらしい。しかも病院に行く前に電話で予約が必要で、その時に、咳とかクシャミとか渡航歴とか質問されて、オペレータが「コロナの可能性が高い」と判断しない限り、検査の病院には回されないらしい。




症状は、他の肺炎やインフルと同じだから、症状だけではコロナウイルスかどうかなんて、医者でも判断できない。検査しないと分からない。だから、検査さえしなければ、普通の風邪や肺炎だと思ってしまう。




中国の感染者はすでに15万人以上、死亡者は2万人以上が確認されている。

中国の政府が把握している統計からなので、これさえも氷山の一角。感染者や死人が続々と出てるのは、率先的に検査を行っているからであって、実際の日本人の感染者は、実はかなりいると思われる。



もちろん日本のマスコミで、そのことを発表される事はない。

日本は過去の感染者からの経路だけを追って検査しているが、すでに伝播して知られていない感染者が何万人はいるはず。今年になって約3万人の武漢からの観光客が日本へ来たらしいが、感染率2%としても約600人は感染者だったことになる。



その3万人が武漢人だけで固まって移動したとしてもバスが最低500台は必要。
たまたま発覚した一つのバスだけの感染経路を追跡するなんて大した意味などはなく、実際何台のバスが汚染されていたのかなんて誰にも分からない。



今日本人の罹患者は最低1000人程度(1人の武漢人が2人の日本人に感染させた)、最大で数万人程度(数回の3次感染、4次感染のリピート)。テレビに出ている医療専門家のいう事なんて信用してはダメで、つい2週間ほど前までは人から人へは感染しないと言ってた人が大多数。そのせいで武漢からの観光客受け入れ拒否も遅れた。


今一番の問題は、この医者連中がそれでも大した事ないと抗弁している事。
今後、国内で更に二次感染、三次感染が出る怖れが高いことは間違いない。


目次にもどる

東京五輪の中止予言



東京五輪中止予言 (1)



これ以上のコロナウイルス感染者が増えると、国内感染者数2000人以上は超えるので、東京五輪の中止が心配されている。実際「東京五輪が中止される」ような噂がネット上で出回っている。



実は、「2020の東京五輪は中止になる」という予言をした人物がいる。


それは、2075年の未来から来たM,フィリップスという人物。


彼は、2019年3月に北朝鮮は核搭載弾道ミサイルをハワイに打ち込む。それに対抗し米軍は、艦船から2発の核搭載巡航ミサイルを北朝鮮のピョンヤンに向け発射し爆撃。この混乱の中で、中国・ロシア同盟勢力と米・英・支援国の間に戦闘が始まる。


2020年、第三次世界大戦に発展すると予言した人物。




この大戦は3年間続き、数百万人の犠牲者が出るらしい。
フィリップス氏は、「この戦争を回避、改善するための警告」したというので、結果としては予言が外れることとなった。

だが、新型コロナウィルスは「人造物」とか、「生物兵器」とか、人間の手によって造られたと言わんばかりの記事は2018年ごろからのネット上で予言されている。


東京五輪中止予言 (4)

その記事のなかで「2020年は生物兵器により人類滅亡説」とかあり、2chでは「予言当たってない?」「やばくないですかね?」という憶測が広まり、フィリップス氏の予言が当たっているのではないか?と結びづけられているようだ。もちろん、東京五輪も中止になるとか、3.11震災は人工地震だ!とかも書いてあり、眉唾物でもあるが、当時から武漢の研究所から流失したと言う情報もあるので、予言が当たっているところもある。




大体、今までも野生動物を食べてたのに何故今頃発症するのか?
なんで、皆、そこを疑問に思わないか?1番、説得力があるのは感染研究所から流失だけ。ネイチャーにからも「中国の検疫センターの管理の杜撰さは酷い」と酷評で、陰謀や謀略が出る始末。




だが、コロナウイルスで人類滅亡には死亡率低過ぎる。
陰謀なら病気の発生やウイルスが発見される前に世界にウイルスを世界中にばらまけるし、ほとんどの感染者が中国人と中国に居た人で、各国も中国からの旅行者や帰国者を隔離して病気の封じ込めしているから絶滅などありえない。


日本でも人工地震ぐらい発生させられる会社は有る。
人工地震は地質調査などで爆薬埋めて爆破すさせるていのものなので、妄想好きな人が勝手に東京五輪の中止が予言されていたと思い込んでいるだけだろうが、今の段階では東京五輪中止とかは言って無い。



個人的には、開催する上でのリスクを回避できる保障がないなら中止にするべき。
又、延期だと代替えでやらなければならない場所等が出てくるだろう。その経費が国民の税金等で賄い、国際発行となる可能性はあると管理人は考える。これはできるだけ避けてもらいたいで、コロナウイルスの長期化をしないことを願うしかない。





スポンサーサイト