中居正広 薬で禁断症状 (4)
2020年3月17日(火) 放送、日本テレビ系「中居正広の4番勝負」東京オリンピックのスターとガチ対決SP
19時00分~21時54分





ジャニーズ事務所を退所した中居正広の4番勝負が今夜放送。



中居正広は、ジャニーズ事務所独立会見で、ジャニーさんの遺骨を出して、「ジャニさん、力くれって、ポッケに忍ばせてきたんだけど、今、振り返ってみると力をくれてない感じはしますね」と語り、「力をくれてない感じ」がするなら、あんなところで、遺骨を他人に見せびらかす行動がネット上で話題になった。



中居正広は本当に事務所独立は、自身の意思なのか?


今回は、東スポが報じた「大物司会者逮捕寸前」と中居正広の関係についてまとめてみた。





■目次

中居正広とは
ジャニーズとSMAP
ジャニー喜多川のいないジャニーズ事務所
中居のジャニーズ退所
中居正広は薬で禁断症状でるほどだった?

中居正広とは




中居正広 薬で禁断症状 (4)

中居 正広
生年月日 1972年8月18日(47歳)
出身 神奈川県藤沢市
身長 165 cm
血液型 A型




男性アイドルグループSMAP全活動期のメンバー(1988年 - 2016年)
1986年、14歳時にジャニーズ事務所に入所。1986年後楽園球場でのジャニーズ野球大会が初仕事のその後、『スケートボーイズ』のメンバーとなる。


1988年4月、男性アイドルグループ「SMAP」のメンバーとなった。
1989年、TBSドラマ『時間ですよ 平成元年』において俳優デビュー。 1991年9月9日、SMAPのメンバーとして「Can't Stop!! -LOVING-」でCDデビュー。



1997年『第48回NHK紅白歌合戦』において白組司会に抜擢される。25歳での白組司会は番組最年少記録となった。その後、通算6度司会を担当。2007年『第58回NHK紅白歌合戦』では紅組司会を担当し、NHKアナウンサー以外の男性による史上初・唯一の紅組司会および両組司会経験者となった。


参照wiki



目次にもどる

ジャニーズとSMAP




SMAPは表向きにはジャニーズ所属ということになっているが、その利権は子会社のジェイドリームが所有している。



これはSMAPだけではなく、他のグループもジャニーズのいくつかの関連会社(ジャニーズエンタテイメント等)が映像や曲の権利を管理している。ただ、SMAPの場合は特殊で、基本的にジェイドリームが一括管理という形をとっていた。






なので、同じジャニーズなのにSMAPがジャニーズのカウントダウンライブに出ていなかったり、「笑っていいとも」でマッチがテレフォンショッキングに出る際も情報が回ってこなくて、唯一お花を贈れなかった(マッチはその構造を知っていながら「SMAPから花来てないの?」という発言をしたのは有名な話)というエピソードがある。





ジェイドリームの株は、半分をジャニーズ(ジャニー喜多川が名義上は社長)が、もう半分を元マネージャー・飯島女史(当時取締役)が保有していたが、飯島女史が動く際に株をメンバーに均等に(10%ずつ)譲渡。この時点で、田辺氏の名義貸し(名前だけ取締役に)等の話もあったようで、あくまで円満独立の方向で話が進められていた。







もちろんキムタクも同意の上(むしろ、キムタクが言いだしっぺだという話もある)。
しかしキムタクがそれを転売することで、ジャニーズがジェイドリームの株の60%を保有し、筆頭株主になったことで、SMAPの利権はジャニーズとその幹部候補生であるキムタクが掌握する結果となった。






要するに、ジャニーズとキムタクは「始めからグルだった」ということになる。



よくネット上では「4人で独立すればいいのに」、と言われたが、SMAPの利権はジャニーズとキムタクに奪われてしまったため、4人は(少なくともSMAPとしては)身動きとれない状況に陥ってしまった。




事務所側としてはキムタクさえいれば『SMAP』というグループがない4人なんてたかがしれていると踏んでいたのだろう。しかし、分裂・解散報道が流れると日本どころか世界中にまで影響が及んだ。





それどころか解散されたら日本経済に多大な損失とまで弾き出され、ようやく4人を手放しSMAPを解体する事の重大さに気がついた。しかし、一度軽んじたグループを再び持ち上げるのはジャニー喜多川の後継者として新体制を築かなければならないメリー&ジュリーのメンツが立たない。




そこで中居が口を開く前に、残留させたキムタクに焦点をあて、策を講じ「事務所離反の意を表明したメンバーがSMAPを解体する要因となり、事務所側は苦渋を飲んでこれを弾圧。しかし残留したキムタクが路頭に迷うメンバーをまとめあげ、直談判をしてきたから、事務所側は温情を見せ彼らを再び傘下に入れる猶予を与えた」とマスコミを通じて世間に印象づけようと目論んだ。




その間に松本人志やさんま、ナイナイ岡村など中居と仲のいい芸能人達の「解散しないように」とのコメントをいいようにトリミングして強調し、中居を懐柔しようと画策。キムタクの暴挙に、特に崖っぷちの状態にある中居以外の3人が退所という強行手段に出るしかなかったのかもしれないが、そういった状況にあっても中居はジャニーズに残る決断をした。




まとめると、キムタクは最初からこのシナリオを把握していた可能性が高く、中居は「残りの3人を守るためにジャニーズに残留せざる得ない状況」にいた。






目次にもどる

ジャニー喜多川のいないジャニーズ事務所




中居正広 薬で禁断症状 (1)


ジャニーさんは日本の芸能界、歌謡界の歴史を変えた人。


それまでの芸能界は、「歌う時は直立不動。踊るなんてもってのほか」という固定概念があった。歌手と言えば、演歌、青春歌謡、ムード歌謡、ポップス、ロカビリーなどを唄っていた。GSなど、アイドル的存在の人達はそれまでにいたけど、アイドルと呼ばれる人達はいなかった。



そこにジャニーさんはフォーリーブスという初めてアイドルと呼ばれる人達を日本で生み出した。


ちなみに初代ジャニーズの時代はまだアイドルという言葉はなかったし、踊りながら歌うことはしてなかった。フォーリーブスは男性4人のグループで踊りながら歌う、という芸能界でご法度だった斬新なパフォーマンスで売り出し、絶大な人気を誇った。しかもステージでバク転、バク宙のアクロバットも取り入れた。


彼らはミュージカルはもちろん、バラエティ、司会、ドラマなどの分野にも進出。



これが現在のジャニーズの本当の意味での始まりである。


ジャニーさんがフォーリーブスを生み出さなかったら、今のアイドルグループは存在しない。EXILEだっていないし、韓国のKpopグループだっていない。AKB48や乃木坂46だってもちろんいない。



そのジャニー喜多川がいなくなった現在、次期社長だったジュリー副社長、ジャニー社長のプロデュース業の後継者である滝沢秀明では「芸能界の影響力」は保てない。芸能界ほど「イメージ」が支配している世界はないので、今後の肥大化した影響力はかなり「良い」意味で衰退していく。



ジャニーズ退所して行ったタレントのその後の活動が、狭い領域でしか活動できていない現状は、やはり尋常ではない。特に草薙、香取、稲垣らのCM活動やメディア以外がメインの状態だったのは、ジャニーさんに芸能界が「忖度していた」のだろう。







目次にもどる

中居のジャニーズ退所





絶大の影響力をもったジャニー喜多川の死去は、中居正広の退所から芋づる式に退所者が出ることが予想されている。



TOKIOの元メンバー山口が例の強制猥褻事件を起こして事務所から契約解除され、グループの音楽活動休止に追い込まれた事で、現状に不満を持つ長瀬は、事務所から退社を希望し新たな音楽活動を目指している。




また、リーダーの城島は、山口の不祥事の責任を取る形で芸能界引退と主夫業に専念、国分と松岡はそれぞれ司会と俳優として軌道に乗り始めたので、TOKIOはそのまま解散する方向へ進んでいる。




現に今、元SMAPの3人が思うようにテレビの仕事ができないのは、事務所の圧力、テレビ局等の対応、それらが不当不正義なものだとしても、それが現実。不当不正義はいつか正されなくてはいけないが、その算段もないのに、事務所を出るのはタレントにとってマイナスなだけ。




中居以外のメンバーは退所理由がわかるが、中居の会見での「約30年やって(SMAPの解散から)3年経ちましたが、燃え尽きたというか、1~2年前から20~30代のようなギラギラ感がなくなったと思い始めた」と新しいことへのチャレンジというのは違和感を感じる。






目次にもどる

中居正広は薬で禁断症状でるほどだった?




中居正広 薬で禁断症状 (1)


2016年、覚醒剤で逮捕された清原容疑者がある大物司会者が薬物中毒と暴露した。



東スポの新聞によると、「元巨人・清原和博容疑者が、大物男性タレントを名指しで「ヤク中」と暴露していた」という見出しで、そのじんぶてゃバラエティー番組司会でも知られる大物タレント。あの押尾学事件でも疑惑がささやかれており、疑惑が事実で立件されれば、芸能界にメガトン級の爆弾が落ちることになるという。



シルエットを見た松本人志は「これ浜田やん」と笑いにしていたが、ネット上では清原と交流があった中居正広ではないか?という憶測が飛び交った。





ネットで噂されるのは、おそらく中居が自分がMCをやっている番組に放送当時、覚醒剤疑惑のあった清原出演させ、その後逮捕。二人は親しいから「薬やってるんじゃない?」」と言われたのだろう。


中居正広 薬で禁断症状 (3)


それと退所会見の時に、ジャニーさんの遺骨を「かっぱらってきて」と、滝沢副社長(後輩)に頼み、持っているという異常行動。大切にしまっておくのが大多数の方の感性だし、たとえご遺族の承諾を得ていたとしても、お遺骨は人々の目に晒すべきものではない。



こういった行動が薬によるものではないか?と噂になっているようだ。


薬で捕まった人は、禁断症状が出てるときとか、薬に慣れすぎて、違法だという事を忘れた時、薬物を買いに行く際や薬が効いている時に、まったく変装をしないし、隠すという考えが無くなるので、多数の目撃者から通報されて発覚している。



あの清原も薬逮捕の以前にパンツ姿で徘徊していたのを週刊誌にスクープされているし、行動や発言が変、顔色が悪いなど多くが中居正広にも当てはまる。例えば、携帯で通話している最中に通話にしたまま数十分放置とか当り前など、人の話しは全く聞かないと言うより聞く気がないようで上の空、あからさまな嘘ばかり言う。ちょっとの間違えただけで逆切れなど。





管理人個人的には、覚醒剤疑惑のある人を自分の番組に出したのはまずかったとは思うし、そう噂されても仕方ないだろうが、さすがに薬疑惑があったから事務所を解雇というのは話が飛び過ぎている。事務所のゴタゴタは、解散騒動で懲りたので、年齢的にも、個人事務所でやっていくとがきらくだったのかもしれない。それだけのお金も、知名度もあるでしょうし、それぐらいは要領よくジャニーズも考えるだろう。





スポンサーサイト