天地真理の今現在 老人ホーム川崎 (4)
2020年3月21日(土) 放送、日本テレビ系「有吉大反省会」昭和・平成・令和 3世代アイドル事件簿TOP30
21時00分~22時54分




歴代アイドル大集合し、秘蔵映像を今夜解禁。



伝説のアイドルといえば、山口百恵を挙げる人がいるが、オリコンチャートでの週間1位獲得曲数では、天地真理がシングル5曲アルバム5作品、山口百恵がシングル4曲、アルバム0作品。短期的な時代の存在感では、山口百恵は天地真理に遠く及ばない。




今回、現在の現役アイドルたちが、昔のアイドルの滅多に見れないお宝映像公開されるというので、伝説のアイドル天地真理についてまとめてみた。



■目次

天地真理とは
アイドルの歴史
天地真理は伝説のアイドル
天地真理の今現在は老人ホームに入居

天地真理とは




天地真理の今現在 老人ホーム川崎 (5)


天地真理
本名・青木 眞理
生年月日1951年11月5日(68歳)
出身地 埼玉県大宮市
血液型O型




2歳の頃、両親が離婚し、母親に連れられて大宮から東京・中野へ転居。
さらに、世田谷区上北沢に移り、1958年、上北沢小学校に入学。小学5年のころ母親に買ってもらった88鍵のアップライト・ピアノ(Kreutzer社製)に親しみ、演奏の腕を上げる。

1970年3月、国立音楽大学附属高等学校声楽科卒業後、「中里音楽事務所」に所属し、女優・天路圭子(映画監督斎藤耕一の妻)と偶然出会い、芸能界接触の糸口をつかむ。TBS系視聴者参加番組『ヤング720』に出演し、1971年4月、CBS・ソニーレコード(現:ソニー・ミュージックエンタテインメント(SMEJ))との正式契約を結ぶ。



1970年代前半に天真爛漫な笑顔で国民的アイドルとなる。後に続くアイドル歌手の基本スタイルを確立した。キャッチフレーズは「(あなたの心の隣にいるソニーの)白雪姫」。なお、デビュー当初には「可愛いアヒルちゃん」という愛称も用いられた。



参照wiki





目次にもどる

アイドルの歴史





女性アイドルの道を切り開いたのが天地真理。
その道を広げて道路にしたのが山口百恵。
舗装して車も通れるようにしたのが松田聖子。




それぞれ果たした役割が違うが、現代的な(当時の感覚で)アイドルの土壌は天地真理が作り上げた。80年以降のアイドルの楽曲はニューミュージック勢力の手による洗練された楽曲に変わる。


髪型だけ揃えて聖子になったつもりの類似アイドルでも大手事務所で平気でデビューし、結局アイドルの質自体は80年代後期になるほど下がっていく。アイドルというジャンルそのものが陳腐に見られるようになり、若いリスナーはバンド等に流れてゆく。





1980年代後期からアイドル歌手冬の時代が始まる。


バンドブームやJ-POPが音楽業界の主軸になり90年代になるとドリカムやZARD、大黒摩季などがヒットチャートに並ぶようになる。そして、95年に小室哲哉の時代、通称小室ブームが到来。



モー娘。が誕生する97年は安室奈美恵が20歳で結婚した年で、翌年の98年になると小室ブームに陰りが見え始め、小室ブームの衰退と共にやってきたのが、オーディションの落選者たちを寄せ集めて始まったモーニング娘。


SPEEDにしても90年代半ばは、アーティストの売り方をしていて「アイドル」のような売り方はしていなかった。つんく♂が、失われたアイドル史を平成に蘇らせたのがモー娘。であり松浦亜弥。特に松浦亜弥がソロのアイドル歌手を世に見せつけた姿は偉業だった。




このモー娘。を子供の頃に観てハロプロに応募したり観ていた世代が、のちのAKBなどのグループアイドル時代を担っていく。そういう意味では、アイドルグループの種まきをしたのがモー娘。と言っても過言ではない。



AKBが登場した2005年には、モー娘。もスキャンダルなどで勢い人気が落ち、またアイドル暗黒時代に突入していた。そこへ80年代におニャン子クラブをプロデュースした秋元康が、劇場に行けば会えるアイドルを仕掛けた。それがAKB48。



それまではテレビで見るかコンサートなどの限られた機会でそれも遠くからしか観れなかった存在を身近な位置まで降ろして「会いに行けるアイドル」として関東ローカル。つまり大々的な地元アイドルとしてニッチな活動を始める。



スマホや携帯が普及したから人気の出たアイドルではなく、「物を買えば握手できる」「投票したら知名度が上がる」というキャバクラの営業的な所が、ただお金を使うだけではない対価交換の満足感が得られファンの心を掴んだ。


AKBより前のアイドルは「物販を集めること」にファンの満足感があったが、AKB以降は物販の売上が直接そのアイドルのグループ内での人気に直結しており、それをファン同士が競い合う様相になる。



未だにAKBの総選挙をテレビ中継しているのがいい例で、情報社会の中であえて会えるところにポイントを置いたのがAKBのビジネスモデル。またももクロは、どちらかと言えばつんく系の流れにあるアイドル。



現在のアイドルは、極端に言うとつんく♂系アイドルと秋元康系アイドルの2通りに収まる。









目次にもどる

天地真理は伝説のアイドル


天地真理の今現在 老人ホーム川崎 (2)




天地真理の全盛期は当時、中高生男子にとって、ファンであることを口外するのがはばかられるほど、それはすさまじいものだった。



「水色の恋」では恋愛以前のフワッとした乙女心を、「ちいさな恋」(72年1月、初のオリコン1位)では「ちょっと こわいの 恋かしら」の名フレーズで大人への一歩を踏み出したドキマギ感を笑顔で歌いあげ、たちまちトップアイドルへ。



大げさでなく日本中を照らし出すかのような輝きが、ブラウン管(当時のテレビ画面)から放たれたような印象で、日本中の男子中高生が虜になった。



しかし、この直後、天地真理に衝撃のスキャンダル報道がされる。

それはデビュー前の空白期間に風俗嬢として働いていたというもの。記者会見でトルコ嬢疑惑を否定し「週刊誌に書いてあることは、全部ウソです。私は、人に後ろ指を指されるようなことはしていません」と涙ながらに語った。それを乗り越えてリリースされた「ひとりじゃないの」は、彼女の高らかな勝利宣言となった。





そしてそれは、昭和のアイドル歌謡の頂点にたった瞬間でもある。


その後、天地真理は「恋する夏の日」まで6曲連続オリコン1位(当時の新記録)の大ヒットを連発したが、「出せば売れる」的安易な曲作りが目立ち、やがて人気は急降下。果てはポルノ映画に出演したり、自己破産したりと、「後ろ指を指される」ような残念な人生を辿ることになる。



それでも天地真理は、間違いなくアイドルを芸能界に確立させた「伝説のアイドル」である。






目次にもどる

天地真理の今現在は老人ホームに入居





現在、68歳になった天地真理の今現在はどこにいるのかというと、川崎の老人ホームにファンの方が資金を出してくれていたそうなので、そこに入居していたようだ。月額14万+食費は4万かかるそうだが、65歳から年金が月15万くらい出るそうなので、すべて老人ホームの費用にあてているという。

天地真理の今現在 老人ホーム川崎 (1)


ちなみにこの老人ホームは、3人の入居者が次々と転落死していたことがわかった有料老人ホームと、運営会社が同じ。



天地真理は、お金があると全部使ってしまう性格が治らなくて、何回も自己破産しかけていた。これは、若い頃に芸能界で桁違いのお金を事務所から貰う様になって、全部使っても翌月になるとまた大金が口座に振り込まれるため、完全に金銭感覚が無くなってしまったことによるもの。



蓄えもなく、自己破産をしているので、娘さんも困り果てて、最後の手段として老人ホームへ入居させた。娘さんが立ち上げた天地真理ファンクラブの会費から週に6千円だけ小遣いとして渡し、その範囲内で自分の欲しいものを買っているという。



この情報は2018年の新潮によるもの。

今現在の天地真理は、「川崎の老人ホームも支払いができず退去させられた」また「死去したので退去した」というネット情報が出回っている。


死去したのであれば、報道されるだろうから、なくなってはいないだろうが、それでも日本の頂点にいたアイドルとしては悲惨な現在。


おなじ日本のトップアイドルと言われた山口百恵の場合、傍からご家族から漏れ聞く、メディアが伝える近況で一般的にみんな幸せそうと思えるからきっと幸せそうと安易に察することができるが、そういうことを庶民が推測する材料と機会がほかのアイドルより情報量、取り上げられる回数も、現役時代の人気・背反すると天地真理の現在は突出している。




アイドルの道を切り開いた最「伝説」のアイドルには、幸せな最期をおくってほしいものだ。



スポンサーサイト