東ちづる夫の難病 (1)
2020年3月28日(土) 放送、テレビ東京「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」
18時30分~20時54分



田中&羽田の「バス旅Z」13弾に東ちづるが出演。




東ちづるは過去に不倫騒動があったのにも関わらず、現在でもサスペンスドラマに出演できたりと彼女はイメージを保つため、陰では相当、努力しているはず。聡明なイメージでいるが、学歴も大したことなく、育った家庭も何時かテレビでしていたが、かなり美化していた。本当は、父親がそうとなアルコール中毒で母親が勝気な性格で、フェリーのキップ売りをして、その会社の社長の愛人で生計を立てたというのは有名で、地元では公然の秘密らしい。



現在の夫、堀川恭資さんは「飲食店経営」をしていたが、東ちづるの夫は難病で働けず、家族の収入は東ちづる便りという噂も出回っている。



今回は、東ちづるの現在や夫の難病についてまとめてみた。





■目次

東ちづるとは
東ちづると加納典明
東ちづるはガン?
東ちづる夫は難病

東ちづるとは



東ちづる夫の難病 (1)


東 ちづる
生年月日 1960年6月5日(59歳)
出身 広島県尾道市
血液型 AB型
ホリプロ系列の「パオ」所属。



芸能活動のほかに一般社団法人「Get in touch」理事長を務める。
子供の頃は、日本舞踊、書道、そろばん、オルガン、英会話と習い事をたくさんやっていた。小学校時代の文集に「デザイナーかイラストレーターか漫画家になりたい」という作文を寄せていたことがあったが、後に教師を目指すようになっていたという。


広島県立因島高等学校卒業後、広島県から関西外国語大学短期大学部に入学。
卒業後、一時期はソニーグループのソニー企業株式会社(ソニービル運営、イベントプロモーション、ショールーム運営等)の社員として勤務したが辞め、アルバイトのつもりで芸能界へ。故・金子信夫の料理番組のアシスタントを務め、バラエティーや女優として活躍。代表作は土曜ワイドの「温泉若女将」シリーズで、朝の情報番組にもコメンテーターとして出ている。


私生活では、2003年に堀川恭資と結婚。
「お嫁さんにしたい女優No1」として、幅ひろい役をこなした。


参照wiki



目次にもどる

東ちづると加納典明



東ちづる夫の難病 (6)


東ちづると写真家の加納典明は、既婚者でありながら、二人がホテルに入る所を撮られている。



マスコミの取材を受けた時に加納が逆ギレして「俺が乗っかってるとこ見たのか!?」と激情。当時でもワイドショーを連日騒がせていた。



ちなみに、上岡龍太郎がMCをしていたEXテレビで「東ちづると肉体関係が無いのはオレとつるべちゃんだけや!」と発言し、東ちづるのことを「あの女はやりマンだ」と笑いにした。それを聞いた東ちづると不倫相手の加納典明が「上岡を呼びつけて土下座させた」、という噂がマスコミに流れている。

東ちづる夫の難病 (5)


もちろん真偽のほどはわからないが、上岡が引退した理由のひとつとも云われている。



凄いのは、長いこと加納典明の愛人みたいな報道があったのに、誰にも非難されないとこが東ちづるの人徳かもしれない。





目次にもどる

東ちづるはガン?





ネットでは、東ちづると検索すると「東ちづる ガン」というワードが出現する。


管理人が調べてみた結果、女優の東てる美と混同した人が多くが検索して、検索サジェストに出現してしまったようだ。




記事内容





肺腺がんの手術を受けた女優東てる美(62)が20日、都内で復活ライブを行い、現時点では、がんは取り切っているはずとしたものの、10月29日から抗がん剤治療のために約3カ月入院することを明かした。


東は5月にTBS系の医療番組に出演した際に受けた検査で肺に影が見つかり、その後の精密検査でステージ1bの肺腺がんと診断された。7月18日に5時間におよぶ手術を行い、左肺の3~4割ほど摘出。同月下旬に退院していた。


ファンを前にした東は「(左)肺の5分の2を取った。今は何ともない」と語ったものの「実はもっと楽かと思ったけど、開けてみたらリンパにも1つがんがいました。1bで切ったら2bに昇進していました。予防のためですが、10月の終わりから抗がん剤とも闘っていきます」と明かした。また「怖がっても仕方ない」と語ると「長生きすればいいかではなく、いかに内容の濃い人生を送れるかとつくづく思いました。限りある人生。1日1日を大事に生きましょう」と自分に言い聞かせるようにファンに語った。


リンパのがんは当初は分からず、手術で摘出したものを検査し、手術後約2週間後の8月半ばに発見されたという。「がんと闘う知恵をつけたい。転移ではないです。リンパは予想外でした」とした。最後は「今後は人のために何かしていきたい。元気で復帰しますから」と語った。



MSNニュース


Googleなど検索されているトレンドなキーワードやすべてのユーザーの過去の検索キーワードから、サジェスト(検索候補)が表示されている。また、検索候補は日々変化するので、そのあたりでびっくりするようなワードも出現してしまう。




さらに、削除依頼のみでは簡単に削除はできない。
例えば2chや個人情報を書かれても中々削除はされず、どうしても強制的に削除となるとプロバイダ側と検索エンジン提供側に対して裁判を起こさなければならない。



ネットの中傷や個人情報を消そうと一連の手続きをするだけでも、安くて40万円近くかかる。



Googleで削除依頼で削除されたケースは、どれも裁判を通して削除になる。強制力が働くのは、刑事事件で警察が動くか裁判所からの通達の2つになので、そう簡単に出現してしまったものは削除できない。



東ちづるのガンも誤情報なので、いずれは消えるだろうが、なかなか消えないのは現状はしょうがないのかもしれない。


目次にもどる

東ちづる夫は難病?



東ちづる夫の難病 (4)





東ちづる夫・堀川恭資さんが経営していた和食店経営は、2010年に「ジストニア痙性斜頸」に罹っていることが判明し、お店を閉店に追い込まれている。



「ジストニア痙性斜頸」てゃ、自分の意思とは関係なく筋肉が収縮する「ジストニア」が首や肩に生じたもので、首の筋肉が異常に収縮し、頭が傾いたり前後左右に動いたり、肩こりや頭痛が起きる難病。精神的な問題や神経の障害などから来るといわれている。



完治することはないといわれている難病で、酷い症状だと生活も一人では困難。
薬治療やボトックス注射、針治療などで大分改善されてる方達はいるが、経済的なことが原因で治療が受けにくい人もいる。



ジストニアで身体障害が認定されればまだいいほうで、特定疾患でも難病指定でもなく、適切な診断さえ下せる病院も医師もまだまだ限られた現段階では認定されずらいというのが現実。しかし、精神疾患を診断する医療機関は増えてることから、どちらかと言うと比較的精神障害の認定の方が通りやすくはなった。
東ちづる夫の難病 (2)



治療を続けるには、経済面もだが仕事を休むことも必要。

長年の治療のおかげもあり、現在では軽い散歩や運動、車の運転ができるまで回復。仕事も東ちづるの夫は東京・南青山にお好み焼き店「東AZUMA」で働いているそうだ。東ちづるが広島県因島市出身であることから、広島風お好み焼きのお店を2015年から経営をしている。しかし、お好み焼きなのに値段が高額ということで、2016年10月31日放送の「有吉ゼミ」で特集されていた。なので、今度は経営難でお店を閉店に追い込まれる可能性があるようだ。





スポンサーサイト