1537429286
2020年4月2日(木) 放送、フジテレビ系「奇跡体験!アンビリバボー」現代日本で本当にあった恐怖SP
19時57分~21時54分






今回は“誰ひとり信じてくれない!現代日本で本当にあった恐怖"2時間SP。
冤罪事件で濡れ衣を着せられた被害者は、失った時間に見合うだけの保証は日本ではない。
また、濡れ衣で凶悪事件の加害者にされてしまった人なんかは、その家族も世間からの嫌がらせが集中する。


有名な冤罪事件といえば地下鉄サリン事件で、あたかも犯人であるかのように報道されてしまった人は、嫌がらせの電話、手紙など誹謗中傷が多かったという。しかも、冤罪を出してしまった警察や検察、裁判官は、非を認めない組織なので謝罪すらない。


それに、冤罪立証には時間がかかるので、立証された時には退職・退官しているので、誰も責任を負わない。


今回は、アンビリバボーで紹介された冤罪事件についてまとめてみた。




■目次

アンビリバボーの冤罪事件特集
日本における冤罪事件
冤罪だった場合
冤罪の実名報道
アンビリバボーの冤罪事件は婦女暴行?

アンビリバボーの冤罪事件特集






小さな街で平穏に過ごしていた男性は、この日も変わらず勤務先に出社した。しかし突然、車で現れた刑事たちに取り囲まれ、何の事件かも知らされず容疑者として署に連行されてしまった。



取り調べを担当した刑事は詳細を明かさず「お前がやったんだろ!」と繰り返すだけで、なぜ自分がこんな仕打ちに合っているのかすらわからなかった。罪になるようなことをした覚えのない男性は無実を訴えたが“犯人に似ている”というだけでまったく取り合ってもらえず。2回目の取り調べでようやく暴行事件の容疑者となっていることを知らされた。



もちろん男性はやっていないのだが、過酷な取り調べは朝から晩まで何度も続き、肉体的にも精神的にも疲れ果て、耐えかねた男性は、ついに犯していない罪を自白してしまった。



事件現場の場所も、証拠となるものの所在も何も知らない。
しかし、あれよあれよと言う間に男性は逮捕・起訴されてしまった。警察・検察はもちろん、実名報道され起訴されてしまったことで、担当の弁護士、家族まで、誰ひとり自分の無実を信じてくれない…!絶望のあまり「自分は罪を犯したんだ」と思い込まなければ、生きることもできないほどの過酷な日々…!


明日あなたの身にも起きるかもしれない!現代の日本で本当にあった恐怖とは!?




公式サイト






目次にもどる

日本における冤罪事件




冤罪の疑いがあったのに死刑執行された事件といえば、飯塚事件の久間三千年元死刑囚。
ダウンロード


この事件は、複数の目撃証言があって、車に多量の尿痕血痕、犯人と同じ病気を持っていた久間には、アリバイが無く、複数DNA鑑定をしてすべて犯人のものと一致したという状況証拠だけで犯人とされた。


久間は逮捕前から刑死する直前まで一貫して無罪を主張し、逮捕前にはマスメディアの取材に応じ「アリバイ以上のものを持ってる。100%関係ない。やってないものをやったと思われたことだけは、白黒必ずつける」などと語っていたのに、裁判官や検察は聞く耳を持たず、死刑判決が下された。




この事件は、冤罪の可能性はあると疑わざるを得ない。
連続幼女誘拐事件(足利事件)で逮捕された容疑者は最初はDNAが一致したと言う事でしたが、再鑑定の結果DNAが一致しないと言うことで10数年後、無罪になった。この事件のDNA鑑定と飯塚事件のDNA鑑定した人物は同一人物で、当時のDNA鑑定の精度には疑問があった。



飯塚事件の久間は既に死刑執行されていたので、検察側としてはDNAの再鑑定すれば冤罪の可能性があるので実施することはしなかった。



足利事件の場合は、「信憑性のないDNA鑑定しか証拠がない」のに有罪になったのに対し、飯塚事件は最初からDNA鑑定があてにならないことを前提で審議。そして、飯塚事件でマスコミが「冤罪の可能性がある」と報道してるのは、主に「DNA鑑定があてにならないから」が理由。最初から裁判所もDNA鑑定があてにならないことは知ってたので、いまさらマスコミが「DNA鑑定があてにならないから飯塚事件は冤罪かもしれない」なんて言う必要もない。




尚、足利事件で良くテレビ放映された、パチンコ店をうろついていた、小柄な人物を最新のDNA鑑定をやった結果、完全に一致したそうだ。
(当時は29歳でパチプロ)犯人と分かっていながら、逮捕出来ないのは、飯塚事件で無罪であった人間を死刑にしたと、大騒ぎになるのを恐れているからだと思われる。





詳細はwikiにも載っているので、ここでは割愛するが、この事件を知って以降、自分が冤罪で死刑になるリスクを怖いと感じたことはないが、無実の人を罪人にするかもしれないことについては、恐ろしいとしか言えない。


死刑制度に限らず、冤罪は取り返しのつかない結果をもたらす。選挙権を通じて刑罰を含む司法制度を設定・維持している我々は、その責任を負う立場にある。その我々が冤罪に際して負担すべき非難性の大きさは、非常に大きい。




目次にもどる

冤罪だった場合



仮に冤罪で逮捕、拘留された場合、国はどんな保証をしてくれるのか?


その冤罪となった事件によって身柄が拘束されていた日数(逮捕+拘留+服役)に応じ、「刑事補償法」の規定に基づき、国から補償金が出る。その金額は、1日あたり一日1,000円~12,000円の範囲内で、逸した利益・精神的肉体的苦痛・捜査機関や裁判所の判断の誤りなどを考慮して裁判所が決定する。



また、それと並行して国家賠償請求を起こすこともできる。

冤罪が判明した際に、捜査機関や裁判所が自分たちの行動を反省して謝罪するかどうかだが、そのようなことを規定する法律はないので、冤罪を作ったことに謝罪をする必要もない。各機関の考え方ひとつだが、警察・検察が「今後も適切に捜査を推進する」くらいのコメントは出すが、直接出向き「謝罪した」という事例はない。



しかも、冤罪を出してしまった関係者のメンツや出世レースへの影響も、明らかな事実認定の間違いがなければ、全く影響はない。






目次にもどる

冤罪の実名報道






実名報道と冤罪、その後の対応について。

大きな事件が起きた時は実名報道されるが、もしそれが間違いだった場合、報道機関はどういう対応をされているのか?気になるところ。


未成年でなければ容疑者段階から実名報道されているので、その後裁判で犯人確定され、更に冤罪だったとしても、マスコミの謝罪は筋違い。つまり、犯人だから実名を晒したのではなく、容疑者として逮捕されたから晒したわけで、それは正当な行為。



冤罪かどうかまで待ってしまうと、裁判確定まで、実名報道ができなくなることになる。


犯人扱いをしたロス疑惑を巡る報道で、容疑者の三浦氏は全国各地の新聞紙を訴え、損害賠償請求をしている。更に、三浦氏勝訴の案件が多かった。冤罪における実名報道で、不法行為に基づく損害賠償請求は可能だし、請求が認容される可能性もある。また、謝罪広告など名誉を回復するために必要な措置を求めることも可能と考える。




少し前に盗難冤罪で逮捕された女子大生は、監視カメラに撮られた映像が自分に似ており、警察に冤罪で捕まり、就職に大切な時期なのに世間に実名報道され、就職も人生もめちゃくちゃにされたと弁護士と共にマスコミにコメントを発表し話題になった。



冤罪でつかまり、警察に取り調べ室で脅しまがいの自白を強要され、証拠を提出しても取り合ってもらえず、就職がパァになっても、警察は何の保証もしてくれない。かわいそうではあるが、それよりも、逮捕の段階から犯罪者扱いするマスコミの報道の仕方も問題。報道する側も、我々市民も、逮捕の段階では犯罪者扱いしないことが大事だろう。




目次にもどる

アンビリバボーの冤罪事件は婦女暴行?


氷見事件の真犯人 (1)
氷見事件の真犯人 (2)
氷見事件の真犯人 (3)



アンビリバボーの事件は、発生した県の名前から氷見事件とも呼ばれる、2002年1月と3月にそれぞれ起こった強姦事件で、タクシー運転手であった柳原浩が警察の杜撰な捜査や強制自白が原因で懲役3年を言い渡され、出所後に冤罪だと判明したことから問題となった事件。



2002年4月15日、同年3月13日に当時16歳の少女を強姦しようとしたと、タクシー運転手である柳原 浩(やなぎはら ひろし、当時34歳)が強姦未遂容疑で富山県警察氷見警察署に逮捕、5月には別の少女への強姦容疑により再逮捕された。



逮捕のきっかけは柳原が少女らの証言する犯人と似ていたこととされる。

任意で行われた取調べにも関わらず、4月8日以降断続的に3日間、朝から晩まで長時間にわたって行われ、ついに4月15日の3回目の取り調べで、既に何が何だか分からなくなり疲れ切っていた柳原に対し、「お前の家族も『お前がやったに違いない。どうにでもしてくれ』と言ってるぞ」などという、取調官の噓による誤導により、絶望させ容疑を認め、自白したとして逮捕された。柳原への逮捕状は既に準備されていた。


逮捕を受け、自白の裏付け捜査を行い、捜査員が氷見警察署に提出した事件報告書には逮捕前の段階で、被害者の目撃証言の星のマークの運動靴が柳原の自動車の後部座席付近に有ったと記されている。


柳原は、取調官に「はい」か「うん」しか言うなと言われ、おかしいとか怖くて何も言えなかったという。自宅の捜索では星のマークの運動靴は発見されず、取調官が「捨てたんだろ」と言うので柳原は「はい」と答え、警察は柳原が捨てたと供述した場所を捜索したが、やはり運動靴は発見されなかった。取調官が「燃やしたんだろ」と言うので柳原は「はい」と答え、運動靴は自宅で燃やしたことにされた。被害者目撃証言ではサバイバルナイフを突きつけられ、チェーンで手を縛られたとされたが、取調官は被害者の記憶違いとして柳原の自宅の捜索で出た果物ナイフとビニールひもを証拠とした。被害者自宅の見取り図も取調官が柳原の後ろから手をとり書かせた。




現場に残っていた体液についても、柳原の血液型と一致しない可能性を認めながら、科学捜査研究所の担当者は氷見警察署署長から依頼がなかったので再鑑定しなかった。



この逮捕には、柳原の自白に「秘密の暴露が全くない」こと、柳原には犯行当時の明白なアリバイ(犯行時刻とされた時間帯に自宅から知人に電話をかけたというNTTの通話記録など)が存在したこと、現場証拠である足跡が28センチという巨大な足跡なのに対し、柳原の足が小さい24.5センチであることなどから、柳原に対する立件は無理ではないかとの声が氷見警察署内にさえもあった。




それにも関わらず捜査は強行され、富山地方検察庁が立件した(真犯人判明後の国家賠償訴訟における2014年2月17日の富山地裁での第24回口頭弁論の取調官の証人尋問で、被害者の自宅の見取り図については柳原に確認しながら取調官が見本を書き柳原に清書させたと取調官は証言した。




凶器、被害者の縛り方など柳原が知り得ない事柄には取調官が選択肢を示し供述を得ていたことも認めた。


同年4月21日の富山地裁での第25回口頭弁論で事件当時の検察官は、通話記録について見たが精査しなかったと弁明した。足跡のサイズの差についても、バスケットシューズは大きめを履くこともあり矛盾するとは思わなかったと弁明した)。 裁判では弁護士も「裁判官から何を言われても認める方向で」「控訴しても無駄」と犯人扱いされ、孤立無援だった。




富山地裁における裁判の席でも、柳原は容疑を認め、結局自白と少女らの証言が重要視され有罪判決が下り同年11月に懲役3年が確定。柳原は刑に服し2005年1月に出所した。 柳原逮捕後も、強姦事件が起き、被害者の証言で共通していたのは、強姦後「100を数えるまで動くな」と逃げる時間稼ぎがされていたことであった。 似たような事件が発生しながらも、富山県警は捜査を行わなかった。真犯人の男は後の服役中に、富山県警は柳原が犯人ではないと分かっていたが、それを隠蔽した、と報道機関への手紙で記している[2]。 真犯人判明後 出所した後の2006年11月、別の婦女暴行事件で鳥取県警察に逮捕された男が自分が真犯人である旨を自供(真犯人は柳原が起訴・有罪とされた2件を含めた14件の婦女暴行事件で起訴され、懲役25年の判決が下された)。




2007年1月17日に柳原の親族へ経緯を説明し富山県警察が謝罪、1月19日に記者会見で事実が判明した。これを受けて柳原は、無罪判決を求める再審請求を富山地裁に行った。また、1月29日に富山地検の検事正が柳原に直接謝罪した。



参照wiki



冤罪なのに女性暴行の罪をかけられる事件は、冤罪を生みやすい現状がある。

というのは、警察と検察が証拠品を裁判用に捜査段階で押収するが、この証拠品に関しては被告側にはほとんど提出権がなく申請しても却下されるそうだ。なので、結果的に検察と検察の思い通りになる証拠品しか裁判に提出できない。



これに警察と検察の捏造した調書が加われば裁判官も提出品のみで裁判するしかなく、公正で的確な判断ができなくなるという図式が出来上がってしまうという。九州の買収冤罪事件や他の冤罪事件を見ても全てに共通している。




裁判所も警察と検察の組織の一部と考えられてしまう時代が来ている。
今回は世間に批判されても罷免されなくとも、警察や検察・裁判所の権威を著しく失墜させたのは間違いない。





スポンサーサイト