志村けん 濃厚接触者 (3)
2020年4月3日(金) 放送、TBS系「中居正広のキンスマスペシャル」
20時57分~22時54分






2020年3月29日、志村けんが新型コロナウイルスによる肺炎のため亡くなられた。

志村けんの死去により、必然的に『バカ殿シリーズ』も終了。例え用のない喪失感に、日本国民が包まれてしまった。



だが、皮肉なことに志村けんが亡くなったことで、世間ではようやく新型コロナウイルスを身近な危機として捉えるようになった。誰でも罹患してしまう病気であり、感染力が強く、重症化しやすいということで、多くの人が危機感を強めた。



存在感の大きな志村けんさん逝去の知らせに、芸能界にも衝撃が走ったとのこと。

今回の追悼番組に先駆け、志村けんと濃厚接触者と思われる芸能人などもまとめてみた。




■目次

志村けんコロナ感染報道
志村けんの追悼番組
志村けんとの濃厚接触者は誰か
志村けんと濃厚接触者との対応

志村けんコロナ感染報道




志村けん 濃厚接触者 (4)


新型コロナウイルスに感染し、入院して治療を受けていたコメディアンの志村けんさんが29日夜、新型コロナウイルスによる肺炎のため東京都内の病院で亡くなりました。70歳でした。




志村けんさんは3月17日にけん怠感などの症状が出たあと、東京都内の病院で重度の肺炎と診断されて入院し、25日に所属事務所が新型コロナウイルスへの感染を公表。 その後、治療が続けられていましたが、事務所によりますと、29日午後11時すぎ、新型コロナウイルスによる肺炎のため、東京都内の病院で亡くなったということです。




志村さんは30日から放送が始まったNHKの連続テレビ小説「エール」では日本を代表する作曲家の役で出演することになっていて、今月6日にも収録に臨んでいました。 また、ことし12月に公開予定の山田洋次監督の映画「キネマの神様」では初めて主演を務めることになっていて来月から撮影が始まる予定でした。




しかし新型コロナウイルスへの感染を公表した翌日となる今月26日、所属事務所から出演を辞退することが発表。 このほか新型コロナウイルスの影響で延期されたこの夏の東京オリンピック・パラリンピックでは聖火ランナーに選ばれ、ことし7月に都内を走る予定でした。



志村さんは新型コロナウイルスによる肺炎のため、29日午後11時すぎ、東京都内の病院で亡くなりました。70歳でした。 発症から2週間ほどで亡くなる 新型コロナウイルスに感染した志村けんさんは、肺炎の治療を続けていましたが、病状は回復せず、発症から2週間ほどで亡くなりました。




所属事務所によりますと、志村さんは今月17日、けん怠感を訴え、自宅で静養を続けていました。 その後、19日になって、発熱や呼吸困難の症状が現れたため、翌日、東京都内の病院に搬送され、重度の肺炎と診断されて入院しました。 入院の3日後の23日に、検査の結果、新型コロナウイルスへの感染が確認され、その後、人工心肺装置を使うなどして治療を続けていたということですが、29日夜遅く、都内の病院で亡くなりました。




JNN



目次にもどる

志村けんの追悼番組






4月1日に放送されたフジテレビ系「志村けんさん追悼特別番組 46年間笑いをありがとう」の平均世帯視聴率が関東地区で21・9%の高視聴率。




これだけの高視聴率を出した志村けん追悼番組なのに、なぜTBSでは「8時だョ!全員集合」ではなく、以前に志村けんが中居正広の番組に出演していた時の放送を再構成して放送するのか?不思議に思うだろう。





これは志村けんとTBSの関係が悪いのではなく、加藤茶とTBSに深い確執がある。

志村けんが亡くなったのに、TBSがかつて視聴率30~40%を毎週のように叩きだしていた「8時だョ!全員集合」のプレイバック番組が放送できない最大の理由は、加藤茶とTBSが絶縁状態が問題。




加藤茶はドリフ全盛期(20代後半)から大スターとなり、当時はまだ庶民には夢の国だったアメリカのラスベガスなどで多くのショーにプライベートジェットで招待されたり、海外の有名タレントとも交流。そこでヒントを得て、全員集合でやっていたコントに取り入れ、企画にも大きく貢献していた。




加藤茶は、人気絶頂だったドリフの中でも特に人気者で、TV局や製作プロダクションから手厚いもてなしを受けていたが、TBSの番組が終了し、後番組となった志村けんとのふらりでの番組も視聴率低下により終了したとたん、TBSで出番がなくなると手のひらを返したような扱いをうけ、冷酷になる扱われ、以前からTBSに不信感を持っていたそうだ。





アサヒ芸能の記事によると、加藤茶は以前から、”俺はTBSのゴールデンで15年近く汗水たらして毎週肉体を酷使して働いてきたんだよ。視聴率が30~40%、最高で50.5%(昭和48年4月7日放送)なんて快挙もやった。なのになんだ、番組が終了したとたんにTBSのスタッフ連中は俺のことを無視して、以前なら低姿勢で「加藤さ~ん」とか言っていたのが、今じゃ「おい! そこのおまえ」扱いだよ。アメリカのマネをしろとは言わないが、俺(ら)に対する労をねぎらうとかもうちょっとあってもいいんじゃないか?”と関係者へ怒り爆発。



さらに「TBSも本当にバカだね! 俺がこの時間、この番組に生出演するってあいつらもわかっているのに、裏のTBSでやっているのはとっくの昔に終わった「8時だよ!全員集合」の名場面集だってさ! ふざけるのもいい加減にしろよ!」と裏番組で発言し、TBSを本気で怒らせてしまったそうだ。



だから、TBSは志村けん追悼番組に 「8時だよ!全員集合」のプレイバック・シーンを映したいのに、志村けんと加藤茶はセットになっているため、カットすることができず、放送できない現状にある。



ちなみに、2004年にいかりや長介の追悼番組でも、出演したのは高木ブーと仲本工事の2人だけ。何故か加藤茶はスタジオに不在。VTRでビデオメッセージを寄せることもしていない。ドリフターズでいかりや長介ともっとも長い間つきあいがあったのは加藤茶なのに、当時この不自然さを感じた視聴者は多かった。




今後も、TBSと加藤茶の確執が解消されない限り「8時だョ!全員集合」を地上波で見ることはできないだろう。





目次にもどる

志村けんとの濃厚接触者は誰か



志村けん 濃厚接触者 (1)

今年2月に志村けん誕生パーティーしたとヨネスケが言っていたが、こういう集いが志村けんの感染につながったと否定できない。テレビは密室空間で感染者がいる事は間違いないが、志村けんと番組共演した芸能人濃厚接触者多数いることになる。



志村けんは3.17が発症日なので、3.15,16日は明確に感染力を持ったと言える。


NHKやNTVの収録に参加したのは3.5,6だったので大丈夫そうであるが、3.15,16日に志村けんと会話した人は感染した可能性は高い。報道によれば3.17以後は志村けんは動ける状態でなく、自宅で寝ていたそうだからその日以後は志村けんに関わった人は限られている。





志村けんは、感染前後の接触者は特定出来たが感染場所が不明のまま。感染後から数日は逆算で可能だか本人からの事情が詳しく聞けてないというこの事から、ある程度の関係者の濃厚接触者は絞り込めても、発表はされて無い。



なぜ、発表しないのかについては、スポンサ-関係の問題、芸能関係者(所属事務所含む) TV各社の関係者や放送権の問題など様々。発表すると番組打ち切り、芸能人の仕事の影響などの処置が取られるのでスポンサ-への影響が一番と思える。




志村けんと濃厚接触者で不安に思っているタレントを強いてあげるなら


「志村どうぶつ園の最後共演者」
タカアンドトシ
相葉雅紀
DAIGO
山瀬まみ
ベッキー
ハリセンボン


「志村でナイトの最後共演者」
足立梨花
磯山さやか
千鳥・大悟
アンタッチャブル・柴田
高嶋香帆
赤崎月香



濃厚接触者=感染者では無いが、番組や舞台の出演者とスタッフ、プライベートでの交遊関係も広い事から濃厚接触者はかなりの人数になるだろう。志村けんを責める訳ではないがが、ここから芸能界に広がる可能性は充分に考えられる。




目次にもどる

志村けんと濃厚接触者との対応


志村けん 濃厚接触者 (2)


志村けんと濃厚接触者が感染したとしても、感染後の時間が問題。

感染者の8割が無症状あるいは軽い発熱だけでで完治する。日本では感染確認後の日数が浅いから、まだ完治したと認められないだけ。ウイルスが一時的に数を減らし症状が治まった状態で検査を受けると陰性とでることがあるが、その後身体が再度何らかの理由で免疫を落とせば再燃することも考えられる。





要するに「感染はし、ウィルスが体内に入り込んだが、著しく増殖することができなかった。そのために発症はしない」。それは「病気になどなってない」ということ。体内で抗体産生が始まり、ウィルスはそのまま消滅。発症してもいずれ抗体産生が始まり、ウィルスは消滅する。




現在のところ、6-12日以内に抗体産生が始まるとウィルスはすぐに除去されるが、感染後消えるまでの中央値は20日、最長37日体内に残存した例が確認済みということ。




「治る」というより、いずれウィルスは体内で消滅するという解釈が正しい。



政府の自粛要請は賛否があるが、自粛はしたほうがいい。
今感染が判る人は要するに、「発症」した人だから、何かしら症状が現れた人が検査をして「感染者」として認定されているだけ。そして症状が現れるまでに「潜伏期間」があって感染していても無症状のままの時期がある。それがまぁざっくり言えば5日程度、長い人は二週間ぐらいある。




で、今感染が判るのは過去の感染状況。

おそらく、現在の感染者は3月のお彼岸の三連休辺りの皆の気持ちが緩んだ頃の感染状況なので、今自粛したことが結果として出るのは4月の10日辺り。このまま自粛をしなくて、流行が拡大すると膨大な経済損失になる。




早期の自粛で流行の拡大を小さくすると、経済損失も抑えられる。
自粛による損失は、自粛せずに経済活動が一切できなくなってしまう段階を迎える損失に比べ、3桁程度下だから、経済で測るリスクを少なくするためにも早めの自粛に協力していただきたい。



観光地やテーマパーク、イベント主催者の収入が減ることと、全土の生産活動、サービス業、その他すべてが約3週間全滅し、食糧生産すらできず、多くが餓死する損失とどちらが大きいかという議論でなくてはならないだろう。






スポンサーサイト