石田純一ゴルフ場北関東 (6)


新型コロナウイルスに感染した石田純一が、北関東のゴルフ場で感染したことが公表され、ネット上で物議をよんでいる。



石田純一は、緊急事態宣言がでていたのにも関わらず、沖縄入り。
入国後2週間の隔離になるギリギリ三月末にハワイにも行って、小さなお子さんが3人もいるのに残念な行動をしている。かかるべきしてかかっているので、病人を叩くのは良くないけど、これは擁護しようがない。




今回は、石田純一が感染した北関東のゴルフ場はどこか、2ch情報をまとめてみた。





■目次

石田純一のコロナ感染は北関東ゴルフ場
石田純一の感染前の行動
石田純一のゴルフ場北関東はどこ?
ゴルフ場はコロナで危険?

石田純一のコロナ感染は北関東ゴルフ場


石田純一ゴルフ場北関東 (3)


記事内容




11日に沖縄県のゴルフ場で体調不良を発症し、15日に新型コロナウイルス感染が判明した俳優、石田純一(66)が北関東のゴルフ場で感染した疑いがあることが20日、スポニチ本紙の取材で分かった。



7都府県対象の緊急事態宣言が出される前の今月5日、石田を含め2組計8人がプレーした。感染の疑いが浮上しているのは、ゴルフ場内で行われたラウンド後の食事会。関係者によると、そこに新たに女性2人が参加した。


後に食事会の参加者から複数の感染者が出たことが判明。
女性2人が先に感染が分かったことから、時期的に感染経路になった可能性があるとみられている。石田が食事会の後、女性とどのような行動を取ったかは分かっていない。石田と一緒にプレーした男性1人が石田と同時期に発症し、同じ病院に入院している。




このゴルフ場は3月にスタッフから感染者が出ており、本紙の取材に「3月24日までに保健所の指導に従って処置は終えています」と説明。石田が来場したかについては「個人のプライバシーに関わる事項なので、お答えできない」とした。時期的に見ても、ゴルフ場のスタッフおよび環境面は、石田の感染と関連性はないとみられている。




これまで石田の感染経路は明らかになっていなかった。16日のラジオ番組に寄せた肉声コメントでも感染経路については説明していなかったが、本紙の取材では、保健所に自らの行動記録について説明している。



所属事務所は「5日に当該のゴルフ場に行っていたことは把握している」と認めたが、「本人が入院中で聞き取りができないこともあり、どういった人と一緒にいたかなど、詳しいことまでは分からない」とした。




参照スポニチ




目次にもどる

石田純一の感染前の行動



石田純一ゴルフ場北関東 (1)



石田純一はコロナウィルスに感染して関係者に申し訳ないと謝罪し「みなさんも気を付けて、一緒に乗り越えましょう」とか入院後にコメントしているが、石田純一の行動はあまりにも軽率だった。





4月7日(火)ラジオ収録とナレーション収録
4月8日(水)オフ日で終日自宅で過ごす
4月9日(木)文化放送にて生放送出演
4月10日(金)仕事のため沖縄へ(19:30〜22:00自身のお店にて打合せ)
4月11日(土)ホテル内のレストランで朝食



結果、沖縄で仕事関係者の方とゴルフへ行き、プレー中に身体がだるく感じる。
ということは、石田純一感染したのは、4月7日以前。ゴルフ場は不特定多数の方がプレー危険な場所がある。


・着替えロッカー
・お風呂脱衣所
・昼食レストラン
・トイレ(特に小便器)

と密や接触の危険が多く、特にコロナ発生率高い、首都圏近くは注意すべきだった。

家族も含め、同行者の女性二人とは濃厚接触をしたことになり、ほかにもかなりの人にも感染させた可能性が高い。仕事なら話は別だが、東京が「緊急事態宣言」を出している以上、北関東のゴルフ場はキャンセルすべきだった。



結果、自身の経営する冷麺店のコロナの影響を確認しに沖縄へ行ったのに、お店に自ら損害をもたらし、スタッフもコロナ濃厚接触者となった。







目次にもどる

石田純一のゴルフ場北関東はどこ?





2chでは、石田純一の行った北関東のゴルフ場はどこか、特定作業が行われている。


その中でもっとも有力な情報としては茨城でサマンサタバサを行ったイーグルポイントゴルフクラブではないか?と思われているようだ。


ここは、国内女子ツアー会場としても知られる大きなゴルフ場なので、石田純一の嫁でゴルファーの東尾理子をはじめ、多くの芸能人が訪れるという。なので、同行した女性は、東尾理子との知人・友人の可能性が極めて高い。






記事内容


20日(金)に茨城県のイーグルポイントGCで開幕する国内女子ツアー「サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント」。19日には多くのモデルやタレントら豪華ゲストを交えてのプロアマ戦が行われ、選手として参加した夫で俳優の石田純一の応援に、東尾理子がコースに駆けつけた。


現在、東尾は妊娠7ヶ月目。お腹が大きくなりかけている身重の体ながら、炎天下の中で6時間以上も帯同。「妊娠をしてからはゴルフ場を歩いていなかったけど、自然の中で気持ち良かったです」と、久々にゴルフコースの空気を堪能し、清々しい表情を浮かべていた。



歩いている時には気づかないというが、立ち止まった時などには「お腹の中で動いているのが分かる。スイングでもしているのかな?」と東尾。「早く3人で一緒にゴルフができれば幸せ。女の子だったらゴルファーでもいいですね」と幸せそうな笑顔は耐えない。石田も「いつか、サマンサタバサ(レディースに)に3人で来られればいいね」と微笑み返していた。



日刊スポーツ




目次にもどる

ゴルフ場はコロナで危険?



石田純一ゴルフ場北関東 (5)




ゴルフ場は、各自の車で移動、着替えなし、スループレー、お風呂シャワーなし、ならリスクはほぼなし。


日常、在宅勤務とかで外出は一切ないなら、休日にゴルフにわざわざ…と言われるのは、まだしも、「不要ではない」という理由で、リスクの高い通勤を強いられている人から、すれば納得できないだろう。



しかし、ゴルフを遊びではなく、仕事の付き合いとし、必要な屋外の運動と自分で決め、各自の車で移動、着替えはしない、スループレー、お風呂シャワーなし、なら問題ない。昼食はあっても仕方ないけど、お風呂シャワーは、感染リスク高いから、絶対止めた方がいい。





不要不急か否かの判断もそれぞれがすればいい。

自分が感染していない保証はどこにもないし、今ゴルフがどうしても必要が時か甚だ疑問。ただ、そうやって外に遊びに幾分には問題ないと軽く考えているようでは日本の感染者数が減ることはないだろう。




管理人個人としては、この時を利用して、自分の時間を大切にしたいので誰とも会うことは考えない。

食料品の買い出しのなど他の外出で感染リスクがあるかもしれないこの時に、呑気にゴルフなどするより、もっと自分の時間を大切に使いたい。外なら換気を気にする必要もないと考えても、キャンプ場などは人気が集中しかえって危険スポットになりつつある。




今ゴルフ場が空いているからとかいうと、同調してゴルフにたくさん出れば意味がない。



ゴルフをする以前に普段の生活から感染リスクのほうがよっぽど高い。



今ゴルフをすることが重要なのか?


スーパーに行けばレジで行列・感覚を詰める人もいるし、普段の生活のほうが恐怖を感じる。爆発的に広がりを見せようかって時に呑気にゴルフをしている時ではない。気分転換は散歩で十分なので、もう少し時間をおいてからでもゴルフはよかったのかもしれない。








スポンサーサイト