ケネディ暗殺 脳みそ なぜ拾った (1)
2020年4月29日(水) 放送、NHKスペシャル「未解決事件 File.08 JFK暗殺 前編」
19時30分~20時50分




未解決事件の真相に迫る人気シリーズ第8弾「ケネディ暗殺事件の真相を特集。

ケネディ暗殺事件の犯人はオズワルドということで一応決着しているが、この事件は不自然な点が多い。事件操作された形跡が濃厚で、銃撃音は複数箇所からあったことから、当時証人は無視されたか謎の失踪を遂げている。




この事件には国家関与していることは明白。




今回は、報道では一切されていない夫人がケネディ暗殺時に脳みそをなぜ拾ったのか?多くの謎についてまとめてみた。





■目次

ケネディ大統領暗殺事件とは
ケネディ暗殺の犯人
ケネディ暗殺時に夫人が脳みそをなぜ拾ったのか?
ケネディ暗殺の真犯人は誰?

ケネディ大統領暗殺事件とは





ケネディ暗殺 脳みそ なぜ拾った (4)



ケネディ大統領暗殺事件は、1963年11月22日金曜日、現地時間12時30分にテキサス州を遊説中の第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディがダラス市内をパレード中に銃撃された事件。





1時間後に逮捕され犯人とされたリー・ハーヴェイ・オズワルドは2日後にダラス警察署でジャック・ルビーに銃撃されて死亡し、法廷に立つことはなかった。また、翌年に出されたウォーレン委員会の公式調査報告は事件をオズワルドの単独犯行として大統領は後方から撃たれたと結論づけた。



しかしこの調査報告に対して数々の疑惑と反証になるライフル銃の軌道や周囲の状況証拠や証言が出るなど長年にわたって真相についての議論が続き、白昼に多くの人々が見ている前で起こった衝撃的な銃撃による現職大統領の死、犯人がすぐに殺害される意外な展開、その後に暗殺の動機も背後関係もわからず多くの謎を残したまま捜査が終了したことから数々の陰謀説が出て、事件から半世紀が過ぎてもなお論議の的となっている。




参照wiki





目次にもどる

ケネディ暗殺の犯人






ケネディを暗殺したのはオズワルドと言われているが、実は彼も犯人に仕立て上げられた被害者かもしれない。


ケネディ暗殺 脳みそ なぜ拾った (3)


その理由は、オズワルドは教科書ビル6階からライフル銃でケネディに向かって3発放ち、内二発が命中したと断定されている。その証拠に教科書ビル6階の窓の近くには薬莢3発分と、少し離れたところに暗殺に使われたライフル銃が隠されてたとのこと。





ここで疑問なのが、暗殺に使われたライフル銃はスコープ付きで、オズワルドはスコープ越しにケネディを狙ってたはず。



海兵隊の中でも下手糞な射手だったオズワルドが、あの緊張状態の中、一発撃つごとにボルトを引かなければ次弾が装填できない旧式なボルトアクションのカルカノライフルで6-9秒間にスコープで狙いを定めて、車で移動している標的に3発のうち2発まで致命傷となる命中弾を与える事など絶対に不可能。



仮にできたとして、3発目で頭に命中したのが見えてたのなら、何故3発目の薬莢をライフル銃から取り除いたのか? 致命傷を与えたのが見えたのなら、3発目の薬莢を排莢などせずにすぐに銃を隠してそこから離れられたはず。



使われたライフル銃は、イタリアのカルカノという銃で、この銃はボルトアクション式で手動で弾丸を装填するモデル。 撃ったあとに次の弾を装填する動作をしなければ、撃った弾の薬莢は銃の中に残ったままになる。



オズワルドは、暗殺直後に教科書ビル2階で踏み込んで、来た警官と鉢合わせしているが、3発目を撃ってから2階で警官と鉢合わせするまでわずかな時間しかなかったそうだ。




オズワルドが仮にケネディを撃ったあと、2階まで駆け下りて平静を装うとするつもりだったなら、3発目の薬莢をいちいち排莢などするだろうか?




決定的なのは、ケネディの乗ったオープンカーの背後からオズワルドが撃ったというのに、ザプルーダーフィルムでは、明らかに前方から撃たれて後ろにのけぞるケネディの姿が鮮明に写っている。



どう考えてもオズワルドの単独犯行でないのは明らか。

この事件の陰惨さは、犯人とされたオズワルドが逮捕から数日後には、ナイトクラブ経営者にしてマフィアの一員とも言われるジャックルビーによって消されたことに始まり、次々と起こった不可解な出来事。



事件の目撃者などの証人16名が、事件から3年以内に謎の事故など不審な死を遂げている。




英国の保険会社が、この16名の年齢や職業、精神病歴、犯罪歴など、あらゆる情報を基にして、3年以内に全員が死亡する確率を試算したところ、10兆分の1という数値になったそうだ。





つまり、この事件には個人レベルでどうなるものではなく、大きな組織が黒幕にいることがわかる。








目次にもどる

ケネディ暗殺時に夫人が脳みそをなぜ拾ったのか?


ケネディ暗殺 脳みそ なぜ拾った (2)



ケネディ暗殺時の映像は、現在でもYouTubeで当時の動画が見れるが、初めてテレビができたときに一番はじめに放送された映像は、いきなりケネディ大統領が銃で頭を撃たれ、とびちった脳みそを妻のジャクリーン夫人がかきあつめているという映像が使用された。ご存じの通り、ケネディはオープンカーに乗っていたので、視聴者はその様子が全て見えていた。



日本でテレビ放送がはじまったのは、1953年2月1日。
ケネディ大統領の暗殺のニュースは、初の衛星中継の実験放送として放送された。
アメリカから送信されたテレビ電波が中継され、大西洋を越えてフランスとイギリスの地球局がこれを受信し、テレビの大陸間中継に成功している。



放送内容は当時のアメリカ大統領ケネディの演説の予定だったが、試験放送開始直前に起きたケネディは暗殺。


2回あった試験放送の1回目は、砂漠の映像が流され、呆然とする日本側。
2回目は中止と思われたが、決行されることに。ここでアメリカ側はケネディ暗殺を伝えることにし、偶然居合わせた日本人の放送局駐在員にナレーションを依頼。そして、衝撃的な映像と共に、予期しなかった日本語が流れる。




衛星中継が初めて放送されたのが、ケネディ大統領が暗殺シーン。

頭を直撃した為に大統領専用車のトランク上部に飛び散った脳みそと脳漿をパニック状態のジャクリーン夫人がかき集めて大統領の頭に戻そうとしている。



そして、ケネディをかばおうとしていた。

ケネディに抱きつくかのようにかばっていた事は映像から見ても間違い無い。もしかしたらケネディの心臓をかばったのかもしれない。




当時でも「なぜ逃げずに脳みそを拾ったのか?」という意見も多かったようだ。
確かにあの状況で逃げようとしたのなら、車のスピードも極めて低速だったし、そのまま本当に逃げたのかもしれない。しかし、いきなりの出来事でパニック状態となって、トランクに飛び散った脳みその一部を集めたのだろう。


ちなみに飛び散ったのは脳みそだけではなく、頭蓋骨だったり脳みそだったり肉片だったりと色々説があるが、目の前で同じようなことが突然起きたと思えば不可解な行動をとってもおかしくないだろう。




目次にもどる

ケネディ暗殺の真犯人は誰?


ケネディ暗殺 脳みそ なぜ拾った (1)


アメリカ政府は、このケネディ暗殺事件に関する最終報告書を2039年に開示すると公約しているから、今は小休止。つまり、政府が最終的に出したケネディ暗殺の真犯人を明かす年が、暗殺から76年後の2039年だから、真相や真犯人が出てきたところで、当事者や関係者は皆亡くなっているから誰もダメージを受けない。



これは、日本でいうと坂本竜馬暗殺事件と同じで犯人が分かってるのに犯人捜してるようなもの。



オズワルドは「自分はやっていない、ワナにはめられた」と残し、消された。




では真の黒幕であり、犯人は誰なのであろうか。
これはほぼ間違いなく軍部・CIAといわれている。ケネディ大統領は軍部弱体化・CIAの組織・機密をゆるめ、政府関連の人物にたくさん敵がいたことが知られている。


ケネディ大統領は一人ではなく、仕事を失うことを恐れ、一部の軍部・CIAなどの政府関係者が共同で実行し、暗殺された可能性が高い。




以上のことから、一番有効的な真犯人説は米国の権力機関(FBI、CIA、国防総省など)。全ての犯罪組織(マフィア)が寄って鷹って計画し、実行したケネディ大統領暗殺事件だったので、真犯人に結び付く証拠は全て隠蔽され、捏造された証拠が広められたのだろう。










スポンサーサイト