山梨県帰省した20代女性 (5)

5月3日、新型コロナウイルスに感染し、自覚症状があるまま山梨県に帰省した20代女性の行動がネット上で問題視されている。





新型コロナに対する危機感がない人は、人口が多い以上全くいないということはないということできないだろうが、症状が出ていて検査も受けたのだから全く知らなかったという言い訳は通用しない。




なぜ、帰省し、コロナ感染を知っていた帰省先の親は何をしていたのだろうか?





今回は、山梨県帰省した20代女性の2ch情報をまとめてみた。




■目次

山梨県帰省した20代女性とは
コロナの検査
山梨県帰省した20代女性は誰?
山梨県帰省した20代女性の今後

山梨県帰省した20代女性とは



山梨県帰省した20代女性 (1)


山梨県によりますと、東京都在住の20代会社員の女性は先月29日に高速バスで山梨県内の実家に帰省しました。



女性は帰省した翌日、東京の会社の同僚から陽性者が出たという連絡を受けて味覚や嗅覚の変化が26日からあったと山梨県の帰国者・接触者外来に相談したということです。女性は今月1日に医療機関を受診して検体を取り、高速バスを使用して東京都内に戻りました。



2日になって陽性が判明したということです。
女性は山梨県内で買い物や友人とバーベキューをするなどして山梨県富士吉田市、山梨県鳴沢村、山梨県富士河口湖町に滞在していました。山梨県は女性が使用したバスの時間などを公表するとともに再度、不要不急の帰省や旅行などの自粛を強く求めています。




ANNnews




目次にもどる

コロナの検査



山梨県帰省した20代女性 (2)

現状、コロナの検査は誰でも受けれるわけではない。
肺炎にもインフル、マイコプラズマ、肺炎球菌、細菌性などいろいろ種類があり、コロナ患者との濃厚接触あれば話は違うが、症状があるからと言って、いきなりコロナの検査になるわけではない。



通常の受診して、まず最初に診断されるのはインフル検査。
聴診器やパルスオキシメーターでの血中酸素濃度の検査をして、異常が無ければただの風邪と診断され、自宅での様子見となる。




肺炎の症状が最初から表れていた場合は、レントゲンやCT検査をし、同時に血液検査をする。



血液検査をして、上記のどれにも当てはまらない場合、初めてコロナの疑いが出てくる。その場合、医師の判断か医師が保健所と相談して、コロナ検査を実施する。




当初は検査のキャパシテイが少なく、すぐに検査とはならなかったが、現在は少し事情が違う。通常、自宅に戻り翌日に保健所か医師から陰陽の確定連絡が入り、自宅に戻る場合交通機関の利用を強く禁じられている。




つまり、この山梨県に帰省した20代女性は、コロナの自覚症状があることを知っていながら、自宅療養を進められていた状態で、山梨県内で買い物や友人とバーベキューをするなどして、コロナをまき散らしていたことになる。






目次にもどる

山梨県帰省した20代女性は誰?







2chでは、コロナをまき散らしていた山梨県帰省した20代女性の特定作業が行われている。




その中で、山梨県帰省した20代女性を知る人物による書き込みが投稿され、炎上が拡大している。


山梨県帰省した20代女性 (3)




あくまで2ch情報なので、これ以上ここでは記載しないが、2chでは実家の画像まで出回っている。




コロナに感染したことで精神的につらいので、気晴らしをしたかったのは理解はできる。



しかし、世間で騒いでいるのにも関わらず、この感染症に目を向けてこなかった責任問題はある。軽症者の中でも本当に軽い人は普通の風邪となんら変わりはないが、持病を持っている方や高齢者は感染時の重症化のリスク、死亡率が高い。




ましてや、山梨は田舎で高齢者が多い。
おかげで今頃地元の方々はビクビクしながら過ごしている事だろう。家族や友人も村八分に合い、まともに暮らせなくなる可能性すらありえる。それが無責任な行動によって起こるであろう責任問題。


今後1〜2週間後に富士吉田周辺で感染者が出始めたら、また叩かれる。
訴訟されても文句を言えない事案。コロナの疑いがあり行動をすることは恐怖の対象でしかない。






目次にもどる

山梨県帰省した20代女性の今後


山梨県帰省した20代女性 (4)


2chでは、賠償責任があると騒がれているが、外出の自粛ではなく、ある程度の強制力は持たせて欲しいとは思うが、罰則までは現実的に難しい。



本人にとっては大事な外出でも周りから見たら不要不急と言われたり、線引きが難しい。



ただ、東京が外出自粛要請で8割減をできたので、他の県もできるはず。



コロナ感染者数が、20〜50代が圧倒的に多いのは外出するからではなく、外出しても、消毒液で消毒することを徹底してないから。そして帰宅してもうがい手洗い消毒をめんどくさがってやらないため。



とにかく不要不急の外出をするときは、マスク着用、店舗先の消毒液で入店と出店時に必ず消毒すること、帰宅してから、うがい手洗い消毒を徹底すること。できれば携帯用の消毒液を常に肌身はなさずしてもらいたい。


家の外の空気中にコロナウイルスが待っている訳ではなく、空気中を待っている微小飛沫は秒殺で無力化する。外出自粛を要請するのは、外出する時の交通機関や、行った先で飛沫が張り付いた物を触って感染するから。



空気中を待っているウイルスは秒殺だが、物に付着したウイルスは数時間滞在する。



物に付着したウイルスで感染するのは、ノロウイルスと同じですが侵される場所が

ノロウイルス:胃と腸
菌型コロナウイルス:肺

なので、よく空気感染と誤解されるが、肺と気管支にある酵素とコロナウイルスの相性が良いから肺炎になるだけ。



これは、47都道府県が一丸となってやらないと、コロナ騒動は1年経っても終わらないだろう。








スポンサーサイト