山梨県帰省した20代女性 (5)
5月3日、新型コロナウイルスに感染し、自覚症状があるまま山梨県に帰省した20代女性が2chで炎上している。




この20代女性は、コロナの陽性と味覚障害などありながら、嘘を付いて山梨に帰省し、県の指導を無視。全国ニュースになっても20代女性は、報道後も隔離を拒否してまだ東京の自宅にいることが判明し、自宅待機なんて守らずに買い物なども普通に出掛けてさらにバラまくことが懸念されている。



この20代女性はいったい何が目的なのか?



今回は、山梨県帰省した20代女性の2ch情報をまとめてみた。



■目次

山梨県帰省した20代女性とは
コロナの検査
山梨県帰省した20代女性の顔写真
山梨県帰省した20代女性の責任問題

山梨県帰省した20代女性とは



山梨県帰省した20代女性 (1)




山梨県によりますと、東京都在住の20代会社員の女性は先月29日に高速バスで山梨県内の実家に帰省しました。



女性は帰省した翌日、東京の会社の同僚から陽性者が出たという連絡を受けて味覚や嗅覚の変化が26日からあったと山梨県の帰国者・接触者外来に相談したということです。女性は今月1日に医療機関を受診して検体を取り、高速バスを使用して東京都内に戻りました。



2日になって陽性が判明したということです。

女性は山梨県内で買い物や友人とバーベキューをするなどして山梨県富士吉田市、山梨県鳴沢村、山梨県富士河口湖町に滞在していました。山梨県は女性が使用したバスの時間などを公表するとともに再度、不要不急の帰省や旅行などの自粛を強く求めています。




ANNnews





目次にもどる

コロナの検査




山梨県帰省した20代女性 (2)


現状、コロナの検査は誰でも受けれるわけではない。

肺炎にもインフル、マイコプラズマ、肺炎球菌、細菌性などいろいろ種類があり、コロナ患者との濃厚接触あれば話は違うが、症状があるからと言って、いきなりコロナの検査になるわけではない。



通常の受診して、まず最初に診断されるのはインフル検査。
聴診器やパルスオキシメーターでの血中酸素濃度の検査をして、異常が無ければただの風邪と診断され、自宅での様子見となる。




肺炎の症状が最初から表れていた場合は、レントゲンやCT検査をし、同時に血液検査をする。



血液検査をして、上記のどれにも当てはまらない場合、初めてコロナの疑いが出てくる。その場合、医師の判断か医師が保健所と相談して、コロナ検査を実施する。




当初は検査のキャパシテイが少なく、すぐに検査とはならなかったが、現在は少し事情が違う。通常、自宅に戻り翌日に保健所か医師から陰陽の確定連絡が入り、自宅に戻る場合交通機関の利用を強く禁じられている。




つまり、この山梨県に帰省した20代女性は、コロナの自覚症状があることを知っていながら、自宅療養を進められていた状態で、山梨県内で買い物や友人とバーベキューをするなどして、コロナをまき散らしていたことになる。





目次にもどる

山梨県帰省した20代女性の顔写真



EXK1LRTUYAAzAVB





2chでは、コロナをまき散らしていた山梨県帰省した20代女性の特定作業が行われており、すでにSNSを特定。そこからの顔写真が出回っている。




その中で、山梨県帰省した20代女性がなぜ帰省したのか釈明し、「実家の犬が心配だった」という書き込みが投稿され、さらに炎上が拡大している。


山梨県帰省した20代女性 (3)




あくまで2ch情報なので、これ以上ここでは記載しないが、2chでは実家の画像まで出回っている。


コロナに感染したことで精神的につらいので、気晴らしをしたかったのは理解はできる。



しかし、世間で騒いでいるのにも関わらず、この感染症に目を向けてこなかった責任問題はある。SNSでの釈明で、なぜ帰省したのかについて、最後のコメント「犬が心配だった」はさすがに狂っている。




コロナ感染への確信犯的な所が有り、これだけ政府、都道府県の知事が不要不急の外出の自粛で、ステイホームと言っている時に、味覚障害とかあった時点で、いくら実家にとは言え、帰省して、地元で関わった方々にコロナの感染を広めてしまったのは、その方の自業自得で、批判されても仕方ない。




ましてや、未成年でなく、成人してるので、今とってよい行動かどうかは判断できるはず。
感染者が増えていけば、国民皆の生活に制限がかかったままで、ストレスはどんどん貯まるし、どこも行けない生活が長くなるだけ。



その方は法に罰せられなくても、普通の方だったら、もう今の会社に居る事は出来ない、自分の友人も減少、実家の家族もそこになかなか住めなくなるのが現状。



結局、その方も、家族もどこか遠くに行ってもコロナで感染を広めて、引っ越して来た方だと分かってしまうので今まで通りの生活は厳しいだろう。







目次にもどる

山梨県帰省した20代女性の責任問題


山梨県帰省した20代女性 (4)


今回、20代女性の行った行為を批判したり、常識のなさや刑事罰を問われかねない行為であることを厳しく問うて、同じことが起きないよう警告することは重要。



2chでは、賠償責任があると騒がれているが、外出の自粛ではなく、ある程度の強制力は持たせて欲しいとは思うが、罰則までは現実的に難しい。



だからといって、個人情報の特定は、非常に危険。

こういった炎上事件は、個人情報晒された後次に起こり得るのは、ネットで募ってこの女性を見付け出して暴行加えて実力行使しようとか、出歩いた所を無関係な人が、「コロナ感染したから許せない」という理由付けで事件にまで発展する最悪の場合が考えられる。



個人を特定し顔写真を晒して叩いたり、リアルに危害をくわえる行為は明らかに行き過ぎ。
怒りの感情は否定しないが、正義感の振るい方が間違っている。社会的にもマイナスの効果となるだろう。


実際、証拠も無いのに晒された同姓同名の方のSNSが誹謗中傷の被害にもあっているので、誹謗中傷した方達が訴えられるかもしれない。




すでに山梨コロナの20代女性は、メールや電話等の誹謗中傷が相次いでいるという。これ以上は、自宅への嫌がらせや家屋への破損等も考えられ、対策としては警察に相談するしかない(効果は希薄だが)




今回の件では、感染自覚があった時以降、さらに検査後感染確定した以降の本人の行動は、意図はないと主張しても犯罪的だと問われるだろう。しかし、コロナにかかったこと自体は本人の責任ではない。




ここが重要で、世間の人々はこのバッシングを見ると感染後の行動の問題と同時に「コロナにかかることが悪い事と思われる」と認識する。



80%の人が症状が軽症以下で治る、のであればコロナ感染者に特定されるのを避けて「ばれないように努めて、絶対に検査を受けない」人が増える。この事例は現在でもあるが拍車をかける。特に若い人は死なないし、軽症以下が圧倒的に多い、となれば「わざわざ感染を公開する」ことはしないだろう。




結果として陽性率はますます増えて、感染抑制はますます時間がかかることとなるので、山梨コロナの20代女性への誹謗中傷より、この自粛を生かし、どう乗り切るのかを考えるほうがいい。







スポンサーサイト