木村花さん死去 (2)


5月23日、フジテレビ「テラスハウス」に出演している女子プロレスラー・木村花さんが23日に死去したと公式ホームページで発表したことで、ネット上で話題になっている。





木村花さんは、父親がインドネシア人だから(ISAOは義父)、典型的なハーフの可愛い顔立ちで、ルックスでは今の女子プロレスにマッチしている所謂「ビジュアル系」として、若い世代に人気だった。



HPによると、木村花さんの死因は明かしておらず「詳細につきましては、いまだ把握できていない部分もあり、引き続き関係者の調査に協力してまいります」としていることで、コロナ感染したのではないか?と騒がれているようだ。




今回は、 木村花さんについてまとめてみた。





■目次

木村花とは
木村花はコロナ感染していた?
木村花さんの死因はコロナ?
緊急事態が解除になってもコロナ対策は必要

木村花とは




木村花さん死去 (3)


木村 花
生年月日1997年9月3日( 2020年5月23日22歳没)
出身 神奈川県横浜市
身長 164cm
体重 58kg
所属 スターダム(芸能活動においてはWALK所属)


母は女子プロレスラーの木村響子。実父はインドネシア人。
2015年 10月1日、WRESTLE-1が設立したプロレス専門学校「プロレス総合学院」に1期生として入学。 2016年度のパンクラスラウンドガール「Super Teriffic Cuties」として、ラウンドガール時の名義は「HANA」として活動。



デビュー以降はJWP女子プロレス、スターダム、センダイガールズプロレスリングを中心に参戦。 11月12日、プロレス総合学院の卒業生中心の新団体「プロレスリングA.C.E.」の所属選手になる。


2017年より芸能活動を開始。
2019年、フジテレビ「テラスハウス」に出演し、若い世代を中心に人気を集めた。




参照wiki







目次にもどる

木村花はコロナ感染していた?



木村花さん死去 (2)


木村花の死因は公表されていないが、SNSなどの更新状況からみても、おそらくコロナに感染していた可能性が高い。






コロナは、突然悪化するので恐ろしい病気。

例えば、体調が悪く、自宅待機中の3日間で人工呼吸器を装着しなければならないほどの重症になってしまう。医師も陽性患者の誰が、そのまま軽症で終わるか、いきなり悪化するか、わからないから自宅待機させているが、せめて持病ある人、抗がん剤治療などで免疫が落ちている人は、早めに入院させておかないといけない。


木村花さんのように、手遅れになってしまった人は本当に多い。





目次にもどる

木村花さんの死因はコロナ?




木村花さん死去 (1)


今回のコロナの肺炎の悪化の原因は炎症に細菌などが付くような普通の肺炎じゃなく、アレルギーと同じ理屈で起こるものだから、悪化したら早く処置しないといけない。



だから症状のある人以外が病院にかかるのは現実として、手遅れの人を出す確率が高くなる。




これは、インフルエンザでも悪化すれば死亡するのと同じこと。

その確率はインフルエンザの方が上だし、どうもその辺を誇張して伝わってる観があるが、隔離してるのは薬が現状認可薬として市販されてるものがないという部分だけ。



事務所としては、木村花さんがただ亡くなった事実だけを伝えるのでは無く、参考までにどういう行動をしていたのかということを伝えるべき。それが第二第三の被害者を防ぐ意味でも大事な事。




例えば、検査をすぐしてもらえなかったことや、救急搬送するも、受け入れる病院が見つからなかったこと、さらにいつ容態急変ししたことなどの情報が必要。レスラーなので、日常生活は一般の生活と異なるところもあったにせよ、23歳という若さは残念で仕方がない。緊急事態宣言は一部解除する方向ではあるが、ウイルスの危険性が無くなってないことの現れである。









目次にもどる

緊急事態が解除になってもコロナ対策は必要



木村花さん死去 (1)



緊急事態宣言は「ヤバい状態になってるよ」という意味。
なので、緊急事態宣言解除は「ヤバい状態からは何とか脱したよ」ということ。終息宣言は「コロナは完全に抑え込んだから、もう心配いらないよ」ということなので、解除したからと言って、コロナの危険性がなくなったわけではない。




ただ、米国のユーチューバーの動画で、コロナ感染者であふれていると報道された病院へ行ってみると、閑散としていて、患者らしき人は誰もいなかったという動画もあった。



つまり、どれ程の状況なのか、実際はよく分からない面がある。


日本でPCR検査の陽性判定者が減り始めたのは、主に、季節の影響かもしれない。季節が暖かくなり、風邪症状の人の数自体が減り始めた。風邪症状の人の中に、コロナの疑いがある人もいる訳なので、風邪症状の人が減れば、コロナも減る。




PCR検査数が増えないのも、風邪症状の人が増えないので、検査を受けたい人も減っただけ。たしかに症状が無いのに、わざわざ検査を受けたりすれば、運が悪いと、偽陽性になり、感染者扱いされる怖れがある。




非感染者1000人を検査すれば、そのうち1人は、偽陽性になってしまう。



季節の影響で、陽性判定者が減っていくのだろうが、また寒くなれば(今年の11月頃)、再び、風邪症状の人たちが増え始め、コロナも増え始めるかもしれない。11月になってまた緊急事態宣言とか出せば、それこそ日本経済がダウンし、今度こそ日本は終わることだろう。








スポンサーサイト