祐真キキ顔面麻痺 原因 (5)
2020年5月26日(火) 放送、日本テレビ系「ザ!世界仰天ニュース」2時間SP
21時00分~22時54分







顔面麻痺を引き起こし、入院しているハリウッド女優・祐真キキの現在について特集。



女優にとって命ともいえる顔。
もちろん顔だけということはないが、まず顔があってこそ女優ができる。芸能人だからと言って中身が素晴らしいとは限らないし、普通の人とは違った生活なので仕方ないことだが、それでも女優は、肌のケアは、欠かさず行われているある意味かわいそうな職業でもある。




そんな命ともいえる顔が麻痺で変形してしまった祐真キキに何があったのか?





今回は、祐真キキの顔面麻痺の原因についてまとめてみた。



■目次

祐真キキとは
ハリウッド女優になるには
祐真キキの顔面麻痺
祐真キキの顔面麻痺は治らない?

祐真キキとは


祐真キキ顔面麻痺 原因 (1)



祐真 キキ(本名 祐真希依)
生年月日 1989年4月5日(31歳)
出身 京都府
身長 153 cm
血液型 O型
スカイコーポレーション所属


叔父(父の弟)にファッションエディターの祐真朋樹がいる。
小学生の頃から目立つことが好きで、子供の頃は『天才てれびくん』(NHK Eテレ)に出られたらいいな、という思いを持っていたことがあったという。その後も中学生の頃からドラマや音楽に憧れ、特にアメリカの映画やドラマに憧れていたこともあって英語が話せるようになりたいと思い続けていた。



高校はアメリカの高校に進学することを望んでいたが、京都府内の高校に進学。しかし、その後もアメリカ行きを強く望み、高校2年の夏から1年間アメリカ・サウスダコタ州の高校に留学、この時に英会話を習得。 高校卒業後は進学せず、アルバイトをしながら、東京へエキストラの仕事をしに行っていたこともあった。


マザー・テレサやアンジェリーナ・ジョリーに憧れて海外のドラマに出たいとの思いも持ち続けており、20歳頃から本気で目指すようになる。ただ、その時は女優か難民支援の仕事か、どちらに就くか迷っていた。そのような中でバックパッカーでタンザニアに渡り、そこで政府から雇われて国際機関に難民支援の仕事に来ていたアメリカ人に出会い相談したところ、アメリカではボランティア活動をしている女優も多いと聞いて、それなら両方の夢をかなえられることになるので難民支援ボランティアもする女優になろうと思うようになる。




21歳の時にアップスアカデミーに入って1年半ほどにわたりアルバイトを掛け持ちしつつ週3回演技の基礎を、また高良隆志のもとで殺陣を学び、その後「演技を学ぶのはニューヨーク、仕事を探すならLAがいい」ということで23歳の時にロサンゼルスに移住。日本国内での活動だと世界的に有名になる事は難しいと思い、アメリカに拠点を置いて活動することになった。


自分を売り込むための映像を集めるため小さなオーディションから積極的に参加して、学生映画やウェブCM、新聞広告などへの出演を重ねてプロフィールを作り、ロサンゼルスで通っていた殺陣のクラスでできた知人の紹介で受けたオーディションでアメリカ・NBCのテレビドラマ『HEROES REBORN/ヒーローズ・リボーン』の主要キャストの1人、“刀ガール”ことミコ・オオトモ役に抜擢されて、世界的人気作への出演により注目を集める。


2016年2月にはつかこうへいの七回忌を機に舞台制作されたつかの未発表戯曲『引退屋リリー』でヒロイン・リリー役に起用されて初の舞台に立ち、同年12月にはテレビ朝日系の『年の瀬恋愛ドラマ第1夜「緊Q不倫速報」』で日本のテレビドラマに初出演している。





参照wiki






目次にもどる

ハリウッド女優になるには



祐真キキ顔面麻痺 原因 (6)


祐真キキのようにハリウッド女優になるには、いったいどうすればいいのか?気になるところ。


まず、アメリカではエージェンシーと言って、プロダクション(製作会社)は存在しない。

タレント(役者だけではなく、監督や脚本家・撮影監督、歌手ももちろん含む)の代理人として仕事をとってくる。スケジュール管理もエージェントがするが、身の回りの世話などに関しては、パーソナル・マネージャーという仕事は関係のない世話人をタレントが雇う場合もある。(日本でいう付け人みたいな感じなもの)



そして、俳優組合に加入していないといわゆるメイジャーの映画には出演できないので、ほとんどの俳優が組合に加入している。



組合で労働時間が決められているので、日本と比べて沢山の映画に出演するのは物理的に難しく、映画が大作であれば、撮影は年単位でスケジュールを押さえられ、契約によっては撮影の掛け持ちも禁止される。



たくさんの映画に出演する俳優もいるが、出演や助演クラスの役者ではほぼ無理。

あの渡辺謙でさえ、この組合にやっと加入出来たのが数年前。真田広之がユニオン加入したのもごく最近。そう聞くと加入することがものすごく難しいように思えるが、俳優組合に加入するのはそれほど大変なものではない。



もちろん加入する権利を得る前に、業界内で数年の下積みとある程度の実績が必要なので、 それまでは、殆どボランティア価格で小さな仕事をコツコツこなしていかなければならない。この段階で、夢を諦める人や違う道に進む人が殆ど。 その理由は、外国人の場合ビザが問題になる為。なので、アメリカ人と結婚して、ピザを取得する人もいる。



要するに、加入するまでにどこまで努力できるのか?が重要で、祐真キキはその努力を惜しまなかったことで、ハリウッド女優になれた。








目次にもどる

祐真キキの顔面麻痺



祐真キキ顔面麻痺 原因 (1)

2019年、祐真キキが自身のブログにて、聴神経腫瘍の手術を受けたことを報告した。



聴神経腫瘍とは、良性の脳腫瘍で、聴神経の周りを鞘のように被っているシュワン細胞と呼ばれる細胞から発生する腫瘍のこと。 この腫瘍は良性の腫瘍で、非常にゆっくりとしたスピードで大きくなる。



参照wiki


聴神経は3つの神経に分けられており、音の刺激を伝達するものが蝸牛神経、体のバランスに関与するものが上前庭神経と下前庭神経。聴神経腫瘍はほとんどの場合、上または下前庭神経から発生している。聴神経のすぐ横に顔の筋肉の運動に関与する顔面神経があり、これらの神経は内耳道と脳幹の間を走行し、小脳橋角部という場所にある。




分かりやすくいうと、下前庭神経と顔面神経は近接して内耳道の間を走って小脳橋各部に達するから。その経路で腫瘍が顔面神経を巻き込んでしまう。



祐真キキは、この聴神経腫瘍を摘出手術を受けたことを報告し、腫瘍が顔面神経を巻き込んでいたので、顔面麻痺を引き起こす原因となってしまったようだ。





目次にもどる

祐真キキの顔面麻痺は治らない?



祐真キキ顔面麻痺 原因 (5)


結論から言うと、祐真キキの顔面麻痺は、摘出手術を終えているので、時間経過とともに顔面麻痺は収まってくる。




しかし、再び腫瘍ができてしまう再発の恐れはある。

他の方のブログなどをみると、20代で手術したけど、再発して一年でまた同じ大きさまで進行してしまった人もいた。なので、進行の度合いは年齢や体質で変わる。


腫瘍ができてしまう主な原因は、まだはっきりとは解明されていないが、祐真キキは遺伝による可能性が高いため、本人にはどうすることもできない。





おおむね何も解らず、麻痺だけ残る場合は、副腎皮質ステロイドの点滴や代謝を促進する薬、血管拡張剤などを点滴してもらうしかない。要するに、その顔面神経に栄養をあたえ、ふたたび元気にさせる治療。



これも障害部位も違うしまた麻痺程度も違い、顔が半分まったく動かないで始まる場合もあれば、わずかに顔の動きが引きつる様な感覚もあるので、症状によって対応が違う。治り方も色々で早い人で2、3週間で治る場合もあれば、長い人で半年以上治癒や回復にかかる人もいる。




あと、表情筋の筋力を単に増強するだけでなく、いかにして自然な顔面の表情をつくれるようにするかが重要。



麻痺が長期化すると表情筋の廃用性萎縮、神経再生における病的共同運動が起こるので、リハビリ目的に、顔面血行、リンパ流促進をはかり筋を回復、拘縮を予防させる温湿布や用手マッサージ。筋肉の廃用萎縮を予防する電気刺激療法や筋肉の増強と病的共同運動を予防するバイオフィードバック方法など取り入れて、早期回復をするしか方法がない。












スポンサーサイト