小幡友美ガスボンベ爆発動画 (3)
ニコ生主の小幡友美さんが500回放送を記念して、キャンプ配信していたところ、ガスボンベ爆発を引き起こしたことで、2chで話題になっている。




ニコニコ動画は、数年前までは本当にとてもいいサイトだった。
動画等もアニメ・ゲーム寄りで、いい意味で無法地帯という感じで、投稿者も発想がずば抜けててとても面白かった。



しかし現在は、再生数を稼ぐためにあらゆる手法をとるニコ生主が多く、あらゆる配信サイトの中でニコ生が一番民度低くて無法地帯なのは、間違いない。




今回は、小幡友美ガスボンベ爆発動画は故意なのか?2chの情報をまとめてみた。




■目次

小幡友美とは
小幡友美ガスボンベ爆発動画
小幡友美ガスボンベ爆発動画は炎上商法?
小幡友美の責任

小幡友美とは


小幡友美ガスボンベ爆発動画 (1)


小幡友美は関東で活動するイベントコンパニオン、グラビア、モデル。主にニコ生主で活動しており、公式アンバサダーでもある。




放送内容は主に雑談、外配信、プロのウクレレ演奏、 簡単で楽しいお絵描きゲーム、プラレールバトル、踊ってみたなど。


二コ生を初めたきっかけは 2017年東京ゲームショウで公式番組に イベントコンパニオンとして 映していただいたことがはじまり。その数ヵ月後にフォロワーのすすめで生主デビュー。 現在は応援してくれる方やファンの方との交流の場として放送している。



参照wiki





目次にもどる

小幡友美ガスボンベ爆発動画





6月6日に500回放送を記念して、小幡友美が若洲公園キャンプ場で初のソロキャンプにチャレンジしたことがきっかけ。 小幡友美は、若洲公園キャンプ場に撮影の許可を得て配信していたが、キャンプは初心者だった。



不慣れな手つきで、ガスボンベに火をつけたところ、ガスが漏れていたらしく、それに引火し炎上。数分後ガスボンベごと爆発を起こす。

小幡友美ガスボンベ爆発動画 (4)
小幡友美ガスボンベ爆発動画 (2)

小幡友美にけがはなかったものの、かなりの爆発音だったために視聴者は騒然。ネットでその一部始終が拡散され、2chでは「ネタでわざとやったのではないか?」と、さらなる炎上を起こしている。







目次にもどる

小幡友美ガスボンベ爆発動画は炎上商法?







カセットコンロのボンベの中身は「ブタン」というガスが入っている。
100円ライターの中身と同じで、夏場に自動車の車内で100円ライターが破裂して、自動車が火災になったということがしばしば起きている。



カセットコンロのボンベは金属製なので、カセットコンロのボンベが間接的に加熱されるようなことがあれば破裂するし、かなり危ない行為。もっとも多いのは、ボンベの上を塞いでしまうような使い方をした場合。



コンロの大きさを遥かに上回るような大きな鉄板を乗せたり、2台のカセットコンロを並べて、両方に渡すようにして大きな鉄板を乗せるという使い方。これをやってしまうと、鉄板の輻射熱でボンベ自体が加熱されて、爆発事故が起き起こす。去年も、高校の文化祭の模擬店(焼きそばを作っていた)で爆発事故があったが、それに、2台のカセットコンロを並べて大きな鉄板を渡したことが原因だった。





つまり、間違った使用方法で、爆発した事故が過去に何度も起きている。

おそらく小幡友美は鉄板が焼けるくらいに熱せられると、鉄板の直下にガスボンベがあり、放射熱で爆発することを知らなかったのだろう。



カセットコンロには、ガスボンベの上に鉄板などの過熱物を置かないように、取扱説明書にも本体にも赤い文字で警告しているが、小幡友美はそれを読んでいないか、読んでいても大丈夫だろうと、いずれも危険さを知らない無知による行為。



こうした無知ほど危険極まりなく、最悪はガス爆発で死亡していた可能性もある。




なので、小幡友美はわざとではなく、全くの予備知識がないためにガスボンベ爆発を起こしたといえる。





目次にもどる

小幡友美の責任





ガスや器具の特性を理解することなく、家庭用のカセットコンロと同じ使い方をした、小幡友美には責任がある。



カセットコンロの場合、本体(汁受け部分)が遮熱板の役割も担っているが、アウトドア用の場合は標準では遮熱板がついてない製品も多い。そうなると鍋底からの反射熱がテーブルを熱し続ける。耐熱性のあるテーブル使っていれば問題ないかもしれないが、そうでなければ焦げたり変色したりする可能性もあり、近くに燃えやすいものがあれば燃える。




室内用のカセットコンロは消防法が定める安全装置(圧力感知装置、立ち消え遮断装置など)が備わっている。室内で火災が起こることを防ぐため。


ただ、野外用には適用されていないので、野外用は比較的に自由に製品設計されているし、野外用を室内にも適用しようとすると、ゴテゴテといくつもの安全装置を付けなければならなくなる。



実際には別に取り締まりが行なわれているわけではないし、室内用でも野外用でも事故を起こすと当人が責任を取らされることには変わりはない。ニコ生のユーザー配信に関しては、規約的にも法的にもモラル的にも問題のある配信ばかりが人気だったから、過疎ってきてる現在、小幡友美がわざとやったと思われたのもしかたがない。




たとえ故意であっても、放送は自己責任であり、運営が止めていないのならば、誰にも放送を辞めさせる権利はない。



リスナーも放送の視聴は選べるし、内容が不快ならば見なければいいだけ。小幡友美を矯正させようとか、なんとかしようというのは、多分無理なので、今後の配信内容で、今回のガス爆発がわざとかどうかを判断するしかない。







スポンサーサイト