渡部建 片桐えりりか (1)

アンジャッシュ渡部健が、次週の文春にスキャンダルが掲載されることを受け、出演するテレビ各局に対し、番組出演の全面自粛を申し入れたことがネットで話題になっている。





一部のメディアでは、背景に渡部自身の女性問題があるとみられ、一部でトラブルになっているとの情報もあるという。




いったい渡部に何があったのか?



今回は、渡部建の自粛理由についてまとめてみた。

■目次

渡部建とは
渡部建の自粛報道
渡部建の自粛理由のAV女優は誰?
渡部の自粛は意味がある?

渡部建とは




渡部建 片桐えりりか (2)


渡部 建
生年月日 1972年9月23日(47歳)
出身地 東京都八王子市
血液型 O型
身長 175 cm




お笑いコンビ「アンジャッシュ」のツッコミ担当。相方は児嶋一哉。妻は女優の佐々木希で、1児の父。妻の佐々木からは「わっくん」と呼ばれている。



1993年、大学2年時に高校の同級生児嶋一哉から「一緒にお笑いをやらないか」「おまえしかいない」と誘われ、大学の遊びも落ち着いていた時期だったこともあり面白そうだと思い、快諾してお笑いコンビ「アンジャッシュ」を結成。しかし実際は、児嶋は4人に断られた末に5人目に渡部を誘った。
プロダクション人力舎のお笑い養成所スクールJCA2期生だが、半年遅れの入学で指導はほとんど受けていない。公式プロフィールでは1期生扱いになっている。


2007年からJ-WAVEの帯番組「PLATOn」のナビゲーターを単独で担当し、その後「CIRCUS CIRCUS」「GOLD RUSH」と番組をリニューアルしながら、現在に至るまで続いている。

2017年4月9日、女優・佐々木希との結婚を所属事務所を通して2人の連名によりFAXにて発表。また同日の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ)にて渡部自身の口から正式に報告を行い、佐々木も電話出演した。


2020年6月9日、自身のスキャンダルを理由にテレビ各局に対し、番組出演の全面自粛を申し入れた。



参照wiki




目次にもどる

渡部建の自粛報道




渡部建 片桐えりりか (1)


記事内容


お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(47)が9日、自身が出演するテレビ、ラジオ各局に対して番組出演自粛を申し入れていたことが明らかになった。  


中略

公私ともに順風満帆の渡部に何が起こったのか――。
マスコミ関係者がこう言う。 夫婦とも事務所は「ノーコメント」 「発端は週刊文春の取材です。渡部が現在進行形でAV女優など複数の女性と不倫関係にあることが明らかになり、先週の土曜日(6日)に記者の直撃取材を受けた渡部が慌てて事務所に相談。テレビ出演自粛が決まったようです」(マスコミ関係者)  


渡部の所属事務所は本紙の問い合わせにノーコメント。
家で幼児を抱える妻・佐々木の胸中たるやだが、佐々木の所属事務所はこちらもノーコメント。しかしながら、不倫が事実ならテレビ出演自粛で済まされるほど世の中は甘くない。そもそも自粛といっても、反省の意というよりは生放送が多いから出るに出られないというのが本音だろう。

美貌の妻がいながらの不倫三昧。“世界のワタベ”は芸能史に残る大炎上、必至だ。



ゲンダイ





目次にもどる

渡部建の自粛理由のAV女優は誰?







芸能人の不倫が発覚する理由は、まず雑誌記者の張り込み。SNSなどの偶然の目撃情報からの追跡、友人などに口をすべらせや情報屋のネタ売り込みの主にはこれらが考えられる。



今回の渡部の件は自身のコメントや、事務所からのコメントは無いため、自白とは考えにくい。



リークしたとすれば、その相手の女性から。
もしくは、情報屋からネタの売り込みと言うのが濃厚。勿論、情報提供料としてそれ相応の金額をもらっているはず。スキャンダルの大きさによりけりだが、相手が大物であったり人気者であったり、社会に与える影響力が大きければ大きいほど、情報料ははね上がる。



写真あり、裏取り済みならば、相場は10万円とのこと。

過去には500万円の情報提供料となったスキャンダルもあったそうだが、情報の得られやすい環境が整った現代では、相場がかなり値崩れしているそうだ。




アンジャッシュ渡部の複数相手のAV女優といえば、 以前にAV女優の片桐えりりかが、 "芸能人と〇する機会があり、「明石家さんまさんと一緒にいた芸能人」として名前をあげていた。その時の片桐えりりかは、炎上商法で売名をよくしていたので、相手にもされなかったが、嘘をついて得するような場面ではなかった。 ということからも、えりりかが渡部健と関係があった可能性が非常に高い。


渡部建 片桐えりりか (3)


また、現在では芸能人の不倫ぐらいで今さら驚くような人はほぼいない。
活動自粛するぐらいなので、おそらく文春では複数不倫の相手の一人が情報を売った可能性が高く、佐々木希と交際期間中も同時進行だった可能性があるだろう。

渡部建 片桐えりりか (3)





目次にもどる

渡部の自粛は意味がある?




渡部建 片桐えりりか (2)


芸能人の不倫報道はパターンがいくつかある。


例えば宮迫とかは不倫をしていたが、嫁が許したので、誰も傷つけてないし、倫理的にも問題なく、そのまま番組を継続して出演していた。もちろん、イメージが大事なCMなどは降板したが、それは不倫をしている事に対して視聴者の嫌悪感を広告主が意識して広告の降板となっただけ。


自社の商品やイメージを良くする為に広告をしている訳で、売れなくなる又は会社のイメージに影響ある人を広告には使わない。

お笑い芸人の千原せいじも不倫報道直後に、ノンストップにいつも通り生出演して、いつも通り過ごしていた。MCには不倫を軽くいじられている感じもあったが、その程度。それに比べて、ちょっと前のベッキーの時は謝罪会見からレギュラー番組の自粛、その後のダメージも凄いもの。



千原せいじは分かってて不倫して、ベッキーは当初不倫のつもりじゃなかったが、後戻りできなかったというわけなのに。なんでこんなに粛清違うのか。ベッキーの場合はCMをかかえてイメージに大きな影響があって、千原せいじの場合は視聴者がそんなに興味ないというのはあるが、CM出演もなく、バラエティ番組が主な渡部がなぜ自粛するのか?疑問に思う人がいるだろう。

ベッキーの場合は、子役から成り上がってあそこまでの地位を手に入れていたが、スタッフや同じ出演者に対しての横柄な態度などにほとほと関係者が迷惑していたらしく、あの不倫騒動の一件でベッキーにようやく落ち度が見つかり、ずっと手を切りたかった関係者が次々と手を切っていき、実質芸能界から干されたということがあった。



また、人の感情等は、時間の経過とともに収まるもの。
友人や家族と喧嘩した時も、その直後は怒りMAXだが、時間の経過とともに、もういいかとか歩み寄ろうかなとか冷静に判断できるようになる。


自粛とは一見意味がないように思えるが、スキャンダ直後の世論をそれなりに落ち着かせる効果がある。佐々木希という女優を妻に持つ渡部への批判はものすごいが、自粛後ならそれをやわらがせることができる。




普段から周りを大切にするということは非常に大切なことなので、渡部も自粛を選択したのだろう。





スポンサーサイト