広瀬香美 目が変なのは整形外科 (1)
2020年7月3日(金) 放送、フジテレビ系「ダウンタウンなう」
21時55分~22時52分




広瀬香美が壮絶すぎる人生をテレビ初告白。

広瀬香美は1999年、大沢たかおと結婚。結婚当時は、自身のブログに旦那の事を喜んで書いていたが、二年目ぐらいでパッタリ書かなくなり、そして2006年に7年に及ぶ結婚生活にピリオドを打ち協議離婚した。





離婚の原因は、すれ違いの生活が原因とブログに語っていたが、ジェットセッター生活が送りたい妻に比べ、それを望まない夫との関係の崩壊なのではないか?という憶測はできる。




今回は、広瀬香美の壮絶人生が語られるので、大沢たかおとの離婚理由や目が変になった原因についてまとめてみた。





■目次

広瀬香美とは
広瀬香美と大沢たかおの離婚理由
広瀬香美の目が変なのは整形?

広瀬香美とは







広瀬香美 目が変なのは整形外科 (4)






広瀬 香美
生年月日1966年4月12日(54歳)
出身 福岡県筑紫野市
血液型O型




父は建設関係の職業であった。 親の方針で3歳の頃からクラシック音楽の英才教育を受け、6歳の頃には作曲も始めていた。「手に職を付けてもらいたい」という母の意向で、4歳からピアノ、そして5歳から和声学などクラシック音楽の作曲法を習い始めた。練習をしなければ夕食抜きになるなど、学習は非常に過酷であった。


初めて買ったレコードはバッハの『マタイ受難曲』。「この作品には作曲法が詰まっていて、作曲のルールを身につけるための勉強になるから」という先生からの教えで、夕食中などにも聴き続けていた。


中学、高校生時代にはよく通学中に作曲していたという。「ロマンスの神様」のサビ以外の部分は西鉄井尻駅前バス停で、「愛があれば大丈夫」のサビは井尻六ツ角交差点の歩道橋の上で作られた。東京の音大を目指し、地元福岡での勉強に加えて2週間に1度は飛行機で東京にレッスンに通っていた。




福岡女学院中学校・高等学校(音楽科)卒業後、国立音楽大学音楽学部作曲学科に進学。幼少期から養った音楽理論と自身の夢を否定された広瀬は、気分転換を兼ねて高校時代の友人を訪ねるためロサンゼルス(LA)へと旅立った。そこで、マイケル・ジャクソンやマドンナのライブを観て感激し、ポップ・ミュージックに目覚める。


そして夢に少しでも近づくためポップ・ミュージックの勉強を開始、広瀬にとって大きな転機となった。 デビュー 渡米後、友人のつてで、目標としていたマイケル・ジャクソンのヴォイストレーナーであるセス・リッグスのオーディションを受ける。そこでマイケルに少しでも近づくため、作曲やプロデュースの勉強をさせてくれないかと直訴した。


結果、歌ものの曲を書きたいのならと、ボーカルトレーニングも受けておくことを勧められ、東洋人で初めての合格者となり約3年間師事する。トレーニング修了後、LA在住の日本人ギタリスト平野T.J.ヨーイチと出会う。平野は広瀬の才能を高く評価し、日本デビューに向けてデモテープを制作した。そして帰国後、多数のレコード会社にデモテープを送付、そのデモテープがビクター音楽産業(現・ビクターエンタテインメント)のプロデューサー田村充義の目に止まり、同社から作曲家に留まらず、シンガーソングライターとしてのデビューが決定した。


1992年7月、アルバム『Bingo!』でデビュー、同年12月には1枚目のシングル「愛があれば大丈夫」をリリースした。翌1993年にアルペンのCMソングになった3枚目のシングル「ロマンスの神様」は、オリコンチャートで170万枚を越える大ヒットとなりブレイク。


それ以降、「幸せをつかみたい」「ゲレンデがとけるほど恋したい」「promise」など、数々のヒット曲を生み出す。 冬にヒットする曲が多いことから「冬の女王」とも呼ばれるが、ヒットした曲が多いアルペンのCMソングやウインターソングなどは実は一年中温暖なロサンゼルスで書いているとのこと。



教育現場においては、1999年、独自のメソッドを提唱するヴォイス・トレーニングやヴォーカル・レッスンを行う「Do Dream」(現・広瀬香美音楽学校)を開校、自ら校長を務める。また母校と同系列校である福岡女学院大学で客員教授としても教鞭を執っている。




参照wiki





目次にもどる

広瀬香美と大沢たかおの離婚理由





広瀬香美 目が変なのは整形外科 (1)

広瀬香美は大沢たかお主演の映画「ゲレンデがとけるほど恋したい」の主題歌を歌ったことがきっかけで顔を合わせし、交際が始まり、1999年に結婚。しかし、2006年に大沢たかおと離婚した。



大沢たかおが結婚を発表した会見で、取材陣に「将来お子さんはほしいですか?」
というような質問に対し「子どもは作りません。」と断言していたことに、広瀬香美が子供ができない体質なのではないか?と噂になった。そこからネットでは「子供ができなかったので離婚した」という情報が出回っているが、真相は不明。



離婚の理由は2人にしかわからないが、アサヒ芸能では離婚理由について格差婚が原因と記事になっている。



記事内容

理由について互いに多くを語らなかったが、放浪癖のある大沢と、ロサンゼルスに仕事の拠点を移した広瀬は次第に疎遠になり離婚に至ったようだ。



「『愛があれば大丈夫』や『ロマンスの神様』などメガヒットを飛ばすトップアーティストの広瀬と、ブレイク前の大沢の結婚は、当時“格差婚”と言われました。家庭に安らぎを求めていた大沢ですが、結局、忙しい広瀬を家事を含めてサポートすることに。ところが、ドラマ『星の金貨』や映画『世界の中心で、愛をさけぶ』などのヒットで大沢自身が忙しくなる一方、広瀬は続くヒット曲に恵まれず、格差は逆転。それで疎遠になっていったんです」(芸能記者)



アサヒ芸能


格差婚で有名なのは、山口百恵と三浦友和。売れない俳優と、国民的歌手・女優の結婚は、当時「格差婚」と報じられた。しかし、結婚時点での夫婦の収入の差、全国的認知度の差ということを格差婚というが、プライベートでは、一人の男性と、一人の女性でもある。



かつて、山口百恵はほかの女優と比べ物にならないほどの「大物」。
それでも、芸能界での地位や収入は時間を経過することに違ってくる。表面的な「収入・忙しさ・人気」は格差があったとしても、人間的に尊敬できる部分、かなわないっていう部分がお互いにあれば、格差なんて関係なく、その気持ちを忘れなければ長く夫婦でいられる。



芸能人は人気商売だし、収入に差があると目立ってしまうので、そういったすれ違いで夫婦関係に溝が入りやすいのかもしれない。







目次にもどる

広瀬香美の目が変なのは整形?



広瀬香美 目が変なのは整形外科 (1)



近年、広瀬香美はYouTubeに公開している弾き語りが注目されている。



例えば、紅蓮華を歌った動画にて、ピアノにチョップで演奏をされるシーンがあり、視聴者からは「まるで打楽器のようだ」「こんな演奏は初めて見た」など話題になり、再生数は現時点で200万を超えている。しかも楽しそうに演奏し、ふざけてるようにみえて根音はしっかりあっている。





これはJ-POPのプロなのでクラッシックとはちがいどうすれば注目されるかを考えた結果、こういったパフォーマンスになったのだろう。



よくカヴァーとか言って本人の物真似のような動画を素人が動画を公開しているが、どんなに上手くてもそれでは没個性。逆に広瀬香美のように印象に残る演奏することプロ。


ただ個性を出しすぎるのでアンチもつくのも当然。
そういったアンチなのかどうか不明だが、「広瀬香美の目が変」昔と変わったことを指摘する人が増えったことで、検索サジェストに「広瀬香美 目が変」というワードが出現してしまったようだ。

広瀬香美 目が変なのは整形外科 (3)




事実、加齢により二重が変わる事はよくある事。


皮膚が下がってきて二重幅が狭くなったり、安定しない事もある。疲れ目が原因の場合もあり、しっかり睡眠を取ったり、ゆっくり湯船に浸かったり、顔のリンパマッサージをすることで顔のむくみやこりが取れて、まぶたもすっきりするが、加齢によるたるみの場合は、美容外科でまぶたのたるみ治療を受けるしか改善はしない。




少し瞼が重い程度であれば、プチ整形の埋没法という、切らない二重治療でたるんだまぶたを留めて、幅を今より広げることが出来る。他にもアイプチやテープで幅を広げる事も出来るが、ずっと使用しているとかえってまぶたがたるんでしまうので、美容整形をひとつの方法として考えるのも悪くないかもしれない。







スポンサーサイト