はるな愛 声 変わった (5)

2020年7月21日(火)放送、日本テレビ「ザ!世界仰天ニュース!」
21時00分~21時54分





はるな愛が愛する人に1億円だまし取られた過去を特集。

高価な贈り物に海外旅行などお姫様気分でいたが、実はそれが巧妙に仕掛けられたワナだったという。現在のはるな愛はダイエットのCMでよく見るが、痩せたと思ったらいつもまにか激太りして戻ってまた他のサプリメントのCMにでたりを続けている。多忙時はストレスで一日に5、6食食べていた王で、楽屋でもマネージャーさんの分までカレーを食べていた。


食べては寝て、食べては寝ての繰り返しで太ってしまったようだ。


そんな痩せたり太ったりを繰り返しているはるな愛だが、最近は声も変わったと噂になっているので、現在のはるな愛についてまとめてみた。

■目次

はるな愛とは
はるな愛の現在が激太り
はるな愛の声が変わった?
はるな愛の現在

はるな愛とは


はるな愛 声 変わった (1)






はるな 愛(はるな あい)
本名:大西 賢示(おおにし けんじ)
生年月日 1972年7月21日(47歳)
出身 大阪府大阪市
血液型 O型
身長 164.5cm
サンズエンタテインメント所属




愛媛県宇和島市出身の父と西宇和郡伊方町出身の母の間に生まれ、両親はそれぞれ家族と極貧の生活を送った末に大阪市に転居し、たまたま同じ市営住宅に入居した事が縁となり結婚した(後に離婚)。家族は他に弟がいる。



物心ついた頃から自分が女性だと意識しており、小学生時代(大和川小学校)から女装してものまね番組などに出演。持ち歌は松田聖子の「Rock'n Rouge」など。1985年3月3日放送の『全日本ちびっこ歌まね大賞』(テレビ東京)では、森進一の「北の蛍」を歌って優勝している。


ある時、弟がはるなのタンスの中身が気になり開けてみたところ、女性物のカラフルな下着が数枚入っているのを見て、兄が女性になりたがっていることを知ったが、親には話さなかったという。13歳のときにはバラエティ番組に女装姿で出演したことがあるが、「当時は無理矢理女装させられたと嘘をついていた」と語っている。



その後、男子校の高校に進学するが、好きな男性に会いに行くためしばしば学校内の公衆電話から母親のふりをして職員室に電話し「賢示を早退させて欲しい」と告げて早退していたという。高校在学中には空手部に所属していた。高校を中退後、しばらくして、大阪・心斎橋にあるニューハーフショーパブ「冗談酒場」で働く。(現在も帰阪の際には冗談酒場のステージにゲスト出演している)。



1991年、ショーパブ「Tootsie」梅田店で働く。
性同一性障害であり、ニューハーフとして働いていることを父親に告白。
1995年、大阪市・わだ形成クリニックにて性別適合手術を受け、陰部の外観は女性のようになった。しかし、「男性と結婚するまで大西賢示でいることが親孝行」を理由に、戸籍上の名前は現在も「大西賢示」のままである。



声に関しては、元々は女性アイドルの曲を原曲キーのまま歌え、話し声も女性と同じ高さだったが、度重なる酷使の結果、現在のような低いしゃがれ声になってしまったという。また、一時期は声帯にポリープが出来て、声が出なくなったこともある。



1996年に上岡龍太郎『上岡龍太郎がズバリ!』のMr.レディー特集やヒロミの『ろみひー』などメディアに徐々に出演をし、「家なき子」のパロディ劇「玉なき子」で相沢すずの役を演じた。 1996年頃、春菜愛名義で、『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)にレギュラー出演。


以後はアイドル系美形ニューハーフとして、テレビ番組のニューハーフ特集やものまね番組に顔を出している。




参照wiki





目次にもどる

はるな愛の現在が激太り






はるな愛の現在が激太りしてしまった理由について、交際していた恋人にフラれてしまい、やけ食いをしてしまったことが激太りの原因のようだ。


はるな愛 声 変わった (3)


記事内容



タレントのはるな愛(45)が、29日に放送されるTBS系情報番組『ビビット』(毎週月~金8:00~9:55)に出演し、破局による失恋太りや母との確執など、壮絶な過去を告白。



今回は、同局の赤荻歩アナウンサーがはるなの自宅に潜入。
3LDK・170平米の高級マンションで、広々とした28畳のリビングには、1個10万円の高級ブランドクッションをはじめ、70万円の絵画や、100万円するルビーの砂時計などが。本人にマンションの家賃についても尋ねる。


2009年にタイで行われたニューハーフの美人コンテスト(ミスインターナショナルクイーン)で「世界一美しいニューハーフ」の栄冠に輝いたはるなだが、最近は20キロも激太り。「おととし付き合っていた男性と同じように食べてたら大きくなっちゃって・・・それで失恋した後もやけ食いして・・・」と、20歳年下男性との交際、破局の末の“失恋太り”を告白


また、テレビで見せる明るい笑顔の陰にあった、母との10年に及ぶ確執についても言及。「大好きだった母が家の中で無視をしたり、一緒に食卓を囲んでも背中を向けて食べたり・・・」。苦悩の連続だった壮絶な過去に迫る。


マイナビnews





ストレス溜まると食欲が倍増して食べて太るという女性は多い。
はるな愛は性別上男性だが、テレビでのキャラ作りの苦労などいろいろ辛いかったことが多かったのだろう。






目次にもどる

はるな愛の声が変わった?



はるな愛 声 変わった (4)


はるな愛はテレビに出始めた当初、椿姫彩菜のような容姿で、声も女のような声だった。
ニューハーフは珍しかったし、当時を知る人は男だったなんてなかなか信じられなくて、かなり衝撃的だった。
はるな愛 声 変わった (2)



女性ホルモン投与により、若干の影響はあるのだろうが、もともと持って生まれた時のまの声紋(発声器官)で、性転換をしても声は変わりはしない。ただし、整形手術で声帯の形を変えると声も変える事が出来る。





それに、はるな愛は常に可愛い声を出す努力していたそうで、元の大西賢治キャラの時は地声の男性に戻るのだが、男性の声帯は声変わりで物理的に長くなり声が恒久的に低くなる。なので、高い声を出すために、声帯に力をかけて発声していたという。




高い声を出すトレーニングとして、高い声を出す上で重要なのは呼吸法が基礎らしく、日常から深い深呼吸を行い声を発したり、話したりするそうだ。素人の人は声帯だけで高い声を出そうとするが、プロの人や歌が上手い人などは、こうした基礎練習を行った努力によって高い声を手に入れている。





ちなみにKABA.ちゃんは、声帯の長さを短くする手術で声を高くした。
なので、最近、はるな愛が声が変わった理由は、おそらく声帯の長さを短くする手術をしたのかもしれない。




目次にもどる

はるな愛の現在







はるな愛の現在、激太りもだが、健康状態も心配されている。



短距離走では足がもつれて転倒するし、「若年認知症テスト」では、青字で赤と書いてあったり、」黒字で黄と書いてあったりと、「色を言うのか文字を言うのかを」正しく読むテストで「60代の脳」と診断されている。テレビの演出とかではなく、事の性質上、八百長でもないだろう。



若年性認知症は主に、50代前に認知症を発症する場合。

脳の老化が極端に早く進んでしまうケースを言う。これは、血管性の認知症とは脳梗塞で脳の一部の機能が損なわれる、手足のマヒが分かりやすいが、認知機能、記憶が出来ない、という症状が出る場合があり、コレが血管性の認知症と呼ばれている。




認知症は覚えられないではなく、忘れてしまうこと。
今日が何月何日何曜日が覚えられない。確認しても10分すれば忘れる。なので、はるな愛は、今騒がれているスマホ認知症の症状と似ている。



スマホ認知症は、スマホから送られる膨大な情報量を脳が受け入れるばかりで、自分の脳からの出力をしないため(自分で考えない)、脳が新たな情報を受け入れられず、記憶力が徐々に低下していく状態。



改善するためには、スマホ(パソコンなどの他の電子機器も)を完全に使わない時間を増やすという事に加えて、脳からの出力も行う必要がある。何かしらの勉強をする、クロスワードなどの遊びでもOK、そして分からないからと言って電子機器を使って検索しない等。



また、イヤホンつけて音楽を聴くこと自体は何ともない事だが、何も考えずただ音楽を聴いている、と言うだけなら結局スマホと同様の状態になる。いずれの場合にしても、自分の頭で何か物事を考える癖をつける、という事が重要なので、はるな愛も健康には気を付けてもらいたいものだ。







スポンサーサイト