三浦春馬 遺書内容の女優 (4)

人気俳優の三浦春馬の遺書の内容が一部とはいえ公開され、ネットでは、方向性が違う方向に向かってしまっている。


俳優を辞めることを思いとどまらせた母親のせいにしたり、SNSの誹謗中傷、今やってるドラマの撮影がかなり、厳しい環境、コロナなど、何が原因かははっきりしない段階。ましてや三浦春馬が周りの環境や周りの人間のせいにされている現状を喜ぶはずがない。

三浦春馬の母親にいたっては、住んでいた場所まで特定されてしまっている。



また、その遺書の内容から薬疑惑も浮上している。
「疑惑」と言うより「普通の人には理解できないから、クスリをやっているに違いない」という、ただの「想像」に過ぎないのかもしれないが、議論を呼んでいるようだ。




今回は、三浦春馬の薬疑惑は本当なのか、5ch情報をまとめてみた。

■目次

三浦春馬とは
三浦春馬 遺書の内容
三浦春馬の薬疑惑
三浦春馬の母親

三浦春馬とは




s


三浦 春馬

生年月日1990年4月5日
出身 茨城県土浦市
アミューズ所属




4歳の頃から児童劇団のアクターズスタジオつくば校に所属し、1997年、NHKの連続テレビ小説『あぐり』で子役としてデビュー。 アクターズスタジオ時代には、松永一哉、鈴木和也とともにBrash Bratsを結成(2005年に活動休止)。

2006年、『キャッチ ア ウェーブ』で映画初主演。同年にドラマ『14才の母』でヒロインの恋人役を演じ、注目を集める。


2007年、映画『恋空』で第31回日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞。
2009年2月17日、堀越高等学校を卒業。同級生は俳優の鮎川太陽、俳優の戸谷公人、女優の福田沙紀、『君に届け』で共演した蓮佛美沙子、アイドルグループHey!Say!JUMPの八乙女光など。

2009年10月期の『サムライ・ハイスクール』、2010年1月期の『ブラッディ・マンデイ Season2』と、2クール続けて連続ドラマの主演を務める。これは当時の若手俳優にとって異例のことであった。



2010年2月、同じ事務所所属の俳優・佐藤健との共同企画作品、DVD「HT 〜N.Y.の中心で、鍋をつつく〜」を発売。発売初週で12,000枚を売り上げ、同年3月1日付のオリコンDVDランキングで総合5位を獲得、日本人男性俳優の「アイドル・イメージ作品部門」での歴代最高順位を記録。



2010年9月、映画『君に届け』公開。 2011年、『大切なことはすべて君が教えてくれた』で月9ドラマ初主演。平成生まれの俳優が月9主演を務めるのは初めてのことであった。




2019年8月7日、フジテレビ系列の主演ドラマ『TWO WEEKS』の主題歌で歌手デビュー。
2020年7月18日、仕事場に姿を見せなかったため関係者が自宅を訪ねたところ、クローゼットの中で首を吊った状態で発見された。30歳没。室内には遺書らしき物が残されていたことから、警察は自〇とみて詳しい状況を調べている。



三浦は7月17日までTBS系列で9月からスタートする予定のドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』の撮影に参加していたが、翌18日の朝から連絡が取れなくなったため、予定されていた撮影が中止となっていた。




参照wiki


目次にもどる

三浦春馬 遺書の内容



三浦春馬 遺書内容の女優 (1)




記事内容

三浦さんの所属事務所が20日、親族と関係者のみで密葬を営んだことを発表した。
新型コロナウイルスの感染予防に配慮しながら、お別れの会などを検討するという。 周囲からみると順調な仕事ぶりだった三浦さん。自ら死を選んだ動機はいまだ判然としない。



当初は遺書の存在が報じられ、メモ帳に「死にたい」とつづられていたとも伝えられた。
「事務所側は遺書の存在を否定しています。メモ帳の存在は認めていますが、あくまでも三浦さんの死と直接つながるような記述はなかったとしています」とスポーツ紙記者。  



関係者によると、メモ帳はかなり分厚いもので、ここ最近に書き始めたものではなく、日々の出来事や仕事への思い、その時々の心情などが散文的に書かれていたという。そういう中で死生観のような思いが詩のようにつづられていたとも。  

夕刊フジ



三浦春馬の遺書内容は、一部しかわかっていないが、そのほかにも不自然な点が多い。




ネットでは、三浦春馬の自宅マンションのクローゼットと浴室等の画像が出回っており、報道されているように、このクローゼットの中だと、下に棚がありなかなか狭苦しい印象があった。

dfdff


このクローゼットの取っ手だと更に低い位置にあり、長身の三浦春馬には難しい体勢になってしまう。浴室には2本のポールがあり、高さと広さならそちらの方が楽。そして一番不自然なのが、クローゼットの中で首吊り自〇したと、早い段階で報道された事。


通常、警察もまだ捜査して無い段階では、自〇とは報道しない。

sdsdds


各メディアが三浦春馬の近況を報道しているが、まず自〇するような人じゃないとの証言が多いこと。そして撮影中で、これからもスケジュールで埋まってるのに、三浦春馬の真面目さ、責任感、人格をテレビ等で観て投げ出すタイプでは無いと感じるのは当然のこと。


酔った勢いだったのか、シラフだったのか。悩みはあったにせよ仕事は、上手くいってたのに家族や元カノの悩みで大事な役者の人生を終わらせるだろうか?遺書だって筆跡鑑定したのか?


全然情報開示してないし、タイミングがおかしい。
ちなみに、遺書となっているものは手帳のメモなので、厳密には遺書ではない。その日記のような文章の中に、「死にたい」と書いてあった。それぐらいなら、書いてしまうこともあるような気がする。



まだ3話を撮ってる最中に責任感のある三浦春馬が選択するとは思えず、酩酊状態で正常な判断ができなかったか、理解できないので、疑問に感じる人は多いようだ。





目次にもどる

三浦春馬の薬疑惑





一部報道で、三浦春馬はお酒の飲む量が増えており、鬱状態だったといわれている。



ジャーナルリスト・柳原三佳の著書「死因究明」よると、警察の「解剖のあり方」について詳しく書かれている。管理人が覚えている一つに、2002年に起きた事件で、当初は自〇とほぼ断定され、司法解剖も行わずすでに遺体は遺灰になっていた。だが、家族のたっての要望で、医師による解剖が行われ内蔵の一部が保管されていて睡眠薬成分が検出されて一転殺人事件に切り替わっている。



もしこれがなければ、自〇として処理され事件にはならなかった。

警察は手数がかかることを避けて楽に回っていると言わざるを得ない。




自〇の中で、首吊りが圧倒的に多いので勘違いしている人が多いが、気道をふさいで、酸欠になるのではなく、頚動脈の血液を脳にいかないようにしている。故に、息が出来なくて苦しいというのはほとんどないため、一番楽ということ。



飛び降りが次に多いけど、それなりに高さがないといけないし、助かった場合の後遺症が残って余計に苦しくなってしまう可能性がある。こういった自〇願望をやらわげるために、精神安定剤を服用するのだが、その薬の中には、逆に自〇を誘発させるような逆作用のあるものもある。


躁鬱病での自〇願望は、鬱症状ではよくあること。精神薬はヒステリックなまでに安全にできていて、中毒や内臓障害になり、いうなれば心が減衰する。



不安感なども感じにくくなるも、例えば恥の上塗りをしたことがあったら、「人前に出れない→死にたい」というような感情に起因する思考をしなくなるので、薬が効いてる間は自〇しにくいが、切れると不安になる。



なので、感情コントロールとは正反対。

むしろ下手になって悪化すると思われる。従って薬を使った場合は、落ち着いたあとに、身近な人たちによるケアが必要。「なんでもないこと」だと思えるように普通に接するなど、どんな能力でも使わないと上手にならない訳で、だからこそ幼少期に色々な経験しておくことや特に親から愛されることが必要。


三浦春馬が予想される状況をシミュレーションして、自分にできる範囲の理想的な対応および「気の持ちよう」をシミュレートしておけば、実際に場面で思い出せれば、シミュレートのように徹底できるので、やり遂げれば確実に忍耐力や自制力が付く。


これは、お腹いっぱい精神薬を飲んでも、お酒を多量に摂取すれば効果はない。

精神薬はただでさえ精神不安定な人が飲む薬だから、当然と言えば当然なのだが、三浦春馬が鬱で精神安定剤の薬を服用していたとしても、お酒を多量に摂取していては効果がない。





目次にもどる

三浦春馬の母親




三浦春馬の母親が宗教に入っているとか、お金を無心していたという報道も出ている。

あくまで憶測でしかないが、もしそれが真実なら宗教にも三浦春馬からのお金を回し、また母親はお金を持っているわけだから、男性との交遊もあっただろう。母親というより女になっていた。


右が三浦春馬の母親
三浦春馬 薬疑惑



離婚して以降、母親にお金を回していただろうし、湯水のように使われては、お金がいくらあっても足りない。三浦春馬にお金を無心していたとしたら、精神的に辛くキツいのは当然のこと。あんなに仕事に一生懸命で身を削って頑張っていたのに、やはり原因の中に母親が関係しているはず。




4歳から芸能界に入れられて、19歳で「芸能界は合わない」と感じ農業大学を志願するが、母親に強く説得されて農大を諦め、それから11年間、時にお酒に逃げながら芸能界を何とか続けてきた。しかも彼女と別れたのも母親が反対したからだとしたら、死ぬほど辛いのもわかる。


というか何のために生きているのか分からなくなるのも無理はない。



母親に搾取され続けた人生だったではないだろうか?

「せっかく芸能界に入れてあげたのに」と恩を着せられ続け、母親に約束をされ守り続け、母親の再婚相手の事業資金まで三浦春馬が稼いでいて、母親と祖母を(おそらく三浦春馬が)養わなければならず、更に、自分は18万の賃貸マンションに暮らしてるのに、母親には高級マンションをプレゼント。





そのローンは当然三浦春馬が払っていて、4歳から搾取され続けた人生だった。やりたいこと何1つできず、恩を着せられ、笑顔で圧力をかけられ、大好きな彼女とも別れさせられたとしたら、いやになる気持ちも分かる。


そういう環境で育つと、どんなに頑張って成果が出ても、自己肯定感が低い大人へと成長してしまう。


報道によれば、母親には会わないが、実父には最近会っていたそうだ。「三浦」という芸名が別れた実父のものだったことから、父親は好きだったのだろう。
















スポンサーサイト