sdsdds

人気俳優の三浦春馬の遺書の内容が一部とはいえ公開され、5chでは、他殺説が出回っている。



5chでは、数年前に起きた窪塚洋介マンション飛び降り事件も、誰か突き落したという都市伝説が残っているし、他にも尾崎豊やhideなども似たような噂もある。



第一発見者であるマネージャーは、意識を失った三浦春馬に組成処置をしなかったのか?



もし、駐車場で待ち合わせしていたのなら、すぐに見つけられて助かっていたはず。


助けられる可能性があるタイミングがなかったのか?
また、見つかる前に異臭がしたと一部で報道されているが、体が傷だらけではない限り1日で匂いは出ない。明らかにおかしい状況である。


つまり、マネージャーが言ってることが矛盾すぎる。



今回は、5chでは三浦春馬の他殺の可能性についてまとめてみた。


■目次

三浦春馬とは
三浦春馬 遺書の内容
三浦春馬が他殺の可能性
三浦春馬のマネージャー

三浦春馬とは



s


三浦 春馬

生年月日1990年4月5日
出身 茨城県土浦市
アミューズ所属




4歳の頃から児童劇団のアクターズスタジオつくば校に所属し、1997年、NHKの連続テレビ小説『あぐり』で子役としてデビュー。 アクターズスタジオ時代には、松永一哉、鈴木和也とともにBrash Bratsを結成(2005年に活動休止)。

2006年、『キャッチ ア ウェーブ』で映画初主演。同年にドラマ『14才の母』でヒロインの恋人役を演じ、注目を集める。


2007年、映画『恋空』で第31回日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞。
2009年2月17日、堀越高等学校を卒業。同級生は俳優の鮎川太陽、俳優の戸谷公人、女優の福田沙紀、『君に届け』で共演した蓮佛美沙子、アイドルグループHey!Say!JUMPの八乙女光など。

2009年10月期の『サムライ・ハイスクール』、2010年1月期の『ブラッディ・マンデイ Season2』と、2クール続けて連続ドラマの主演を務める。これは当時の若手俳優にとって異例のことであった。



2010年2月、同じ事務所所属の俳優・佐藤健との共同企画作品、DVD「HT 〜N.Y.の中心で、鍋をつつく〜」を発売。発売初週で12,000枚を売り上げ、同年3月1日付のオリコンDVDランキングで総合5位を獲得、日本人男性俳優の「アイドル・イメージ作品部門」での歴代最高順位を記録。



2010年9月、映画『君に届け』公開。 2011年、『大切なことはすべて君が教えてくれた』で月9ドラマ初主演。平成生まれの俳優が月9主演を務めるのは初めてのことであった。




2019年8月7日、フジテレビ系列の主演ドラマ『TWO WEEKS』の主題歌で歌手デビュー。
2020年7月18日、仕事場に姿を見せなかったため関係者が自宅を訪ねたところ、クローゼットの中で首を吊った状態で発見された。30歳没。室内には遺書らしき物が残されていたことから、警察は自〇とみて詳しい状況を調べている。



三浦は7月17日までTBS系列で9月からスタートする予定のドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』の撮影に参加していたが、翌18日の朝から連絡が取れなくなったため、予定されていた撮影が中止となっていた。




参照wiki


目次にもどる

三浦春馬 遺書の内容



三浦春馬 遺書内容の女優 (1)





記事内容

三浦さんの所属事務所が20日、親族と関係者のみで密葬を営んだことを発表した。
新型コロナウイルスの感染予防に配慮しながら、お別れの会などを検討するという。 周囲からみると順調な仕事ぶりだった三浦さん。自ら死を選んだ動機はいまだ判然としない。



当初は遺書の存在が報じられ、メモ帳に「死にたい」とつづられていたとも伝えられた。
「事務所側は遺書の存在を否定しています。メモ帳の存在は認めていますが、あくまでも三浦さんの死と直接つながるような記述はなかったとしています」とスポーツ紙記者。  



関係者によると、メモ帳はかなり分厚いもので、ここ最近に書き始めたものではなく、日々の出来事や仕事への思い、その時々の心情などが散文的に書かれていたという。そういう中で死生観のような思いが詩のようにつづられていたとも。  



夕刊フジ



三浦春馬の遺書内容は、一部しかわかっていないが、不自然な点が多い。
ネットでは、三浦春馬の自宅マンションのクローゼットと浴室等の画像が出回っており、報道されているように、このクローゼットの中だと、下に棚がありなかなか狭苦しい印象があった。

dfdff



このクローゼットの取っ手だと更に低い位置にあり、長身の三浦春馬には難しい体勢になってしまう。浴室には2本のポールがあり、高さと広さならそちらの方が楽。そして一番不自然なのが、クローゼットの中で首吊り自〇したと、早い段階で報道された事。


通常、警察もまだ捜査して無い段階では、自〇とは報道しない。


各メディアが三浦春馬の近況を報道しているが、まず自〇するような人じゃないとの証言が多いこと。そして撮影中で、これからもスケジュールで埋まってるのに、三浦春馬の真面目さ、責任感、人格をテレビ等で観て投げ出すタイプでは無いと感じるのは当然のこと。



酔った勢いだったのか、シラフだったのか。悩みはあったにせよ仕事は、上手くいってたのに家族や元カノの悩みで大事な役者の人生を終わらせるだろうか?遺書だって筆跡鑑定したのか?


全然情報開示してないし、タイミングがおかしい。

ちなみに、遺書となっているものは手帳のメモなので、厳密には遺書ではない。その日記のような文章の中に、「死にたい」と書いてあった。それぐらいなら、書いてしまうこともあるような気がする。



まだ3話を撮ってる最中に責任感のある三浦春馬が選択するとは思えず、酩酊状態で正常な判断ができなかったか、理解できないので、疑問に感じる人は多いようだ。





目次にもどる

三浦春馬が他殺の可能性


dsdsdsd



三浦春馬が他殺の可能性が出回っている理由に、まず第一線で活躍してきた俳優が、ドラマの撮影が始まっているか決まっているのに、自分の都合でしかも自ら穴をあけるとは不可解な点。


これは、たとえ三浦春馬に「〇にたい強い意志」があったとしても、少なくとも自分の出番の撮影が終わってからでもよかったはず。次に、三浦春馬には近々の仕事が詰まっているのに突発的に行動が不可解。



俳優業なら長めの休暇があるので、その期間ならまだ理解できるし、仕事に伴う悩みなら休業廃業の相談などがないことないだろう。


そして、突発的だった場合、なぜクローゼットをえらんだのか?


マンションの間取りをみても、広めの部屋でわざわざクローゼットの中を選んでいる。

外なら山奥まで出向くなど、家なら鴨居、ドアノブのほうが納得できる。仮に何かとんでもないトラブルがあったとしても、本人にはこの一択しかなかったとしても、仕事をかなり真面目にしてきた人だったそうなので、この時期を選ぶとは思えない。身近な人に迷惑をかけるようなその手のスキャンダルは作らない行動の人なのだろう。




そして、一番の疑問点は、心を病んでた様子がないということ。

少々病んで繊細な人物だったとしたら、もっと前にこれに至る機会があってもおかしくない。誹謗中傷などうけてはいるが、それを上回る期待や信望や羨望も名誉もある立場。



しかも責任感も強い三浦春馬が賃貸マンションで、お金のことや色んな後始末のこと考えていないのもおかしい。日記のようなものに遺書といっても、なぜペラ一枚の遺書ではなく日記のようなものなのか?



スマホには遺書めいたものや仲の良い友人知人、世話になった人へのメッセージは特になく、手書きのみって、同世代の人には不可解。



これだけ矛盾点があるので、三浦春馬が他殺の可能性が出回っているのも仕方がないのかもしれない。





目次にもどる

三浦春馬のマネージャー




三浦春馬が他殺だった場合、ネットではマネージャーが犯人ではないか?という噂が出回っている。



あんなに人気俳優なのに、マネージャーが「現場に来ないから見に行った」という報道が当初されていた。


しかし、所属事務所アミューズは「弊社マネジャーは当日朝、三浦の自宅に直接向かいました。報道されている事実の中には誤りもあります」と否定している。なので、「マネージャーがいつもと同じく自宅マンションに車でいったが、電話しても出ないので合鍵で自宅入り、そこで発見した」というのが正しい。


事件当時、18日の午前から撮影始まるのに、マネージャーが自宅に行ったのは12時30~13時くらいなのも不自然。救急搬送される時には、僅かに心臓が動いていたそうだ。完全に停止と確認できた時間が14時10分なので、もう少し早く部屋に行って確認できたら、生きてたか、助かったのかもしれない。




ちなみに、このマネージャーは男性。
三浦春馬のインスタグラムのライブにチラッと映り込んだので、顔は消してあったが、スーツ姿だったので間違いない。このインスタライブで、ドラマも「楽しみにしてて」コメントしたり、またInstagramライブするといっていたのに、この事件が起きた。




すでに密葬されたそうだが、一応マネージャーは、葬式が終わり金銭的な事が解決すれば所属している事務所の仕事をしつつ、次に出てくる人のマネージャー職になる。




東スポでは、実際はクローゼットの中ではないとも書かれていたので、現時点ではこのマネージャーには不自然な事が沢山有りすぎて、ファンの間では他殺説が多くなってしまっているようだ。









スポンサーサイト