sdsdds

人気俳優の三浦春馬の事件について、5chでは他殺説の意見が日に日に大きくなっている。





三浦春馬の今まで知らなかったプライベートの素顔、人柄の良さ、責任感の強さ、人への思いやりや配慮などが報じられるたびに、この事件に違和感を持つ人が増えている。これからやりたい事も持っていた三浦春馬は、免許を取っていたり殺陣を極めようとしたり、数日後に控えていた音楽番組や連続ドラマも既に撮り始めていた。




人に言えない感情を日記に綴る人は少なくとも、誰にでもある行動。
それを遺書として捉えられてしまって、自〇と思われるような形で発見されてしまったら、自〇とみなされてしまう。



今回は、5chの三浦春馬の他殺の可能性についてまとめてみた。



■目次

三浦春馬とは
三浦春馬の日記内容
5chによる三浦春馬が他殺の可能性
三浦春馬の他殺の可能性はゼロではない

三浦春馬とは




s



三浦 春馬

生年月日1990年4月5日
出身 茨城県土浦市
アミューズ所属




4歳の頃から児童劇団のアクターズスタジオつくば校に所属し、1997年、NHKの連続テレビ小説『あぐり』で子役としてデビュー。 アクターズスタジオ時代には、松永一哉、鈴木和也とともにBrash Bratsを結成(2005年に活動休止)。

2006年、『キャッチ ア ウェーブ』で映画初主演。同年にドラマ『14才の母』でヒロインの恋人役を演じ、注目を集める。


2007年、映画『恋空』で第31回日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞。
2009年2月17日、堀越高等学校を卒業。同級生は俳優の鮎川太陽、俳優の戸谷公人、女優の福田沙紀、『君に届け』で共演した蓮佛美沙子、アイドルグループHey!Say!JUMPの八乙女光など。

2009年10月期の『サムライ・ハイスクール』、2010年1月期の『ブラッディ・マンデイ Season2』と、2クール続けて連続ドラマの主演を務める。これは当時の若手俳優にとって異例のことであった。



2010年2月、同じ事務所所属の俳優・佐藤健との共同企画作品、DVD「HT 〜N.Y.の中心で、鍋をつつく〜」を発売。発売初週で12,000枚を売り上げ、同年3月1日付のオリコンDVDランキングで総合5位を獲得、日本人男性俳優の「アイドル・イメージ作品部門」での歴代最高順位を記録。



2010年9月、映画『君に届け』公開。 2011年、『大切なことはすべて君が教えてくれた』で月9ドラマ初主演。平成生まれの俳優が月9主演を務めるのは初めてのことであった。




2019年8月7日、フジテレビ系列の主演ドラマ『TWO WEEKS』の主題歌で歌手デビュー。
2020年7月18日、仕事場に姿を見せなかったため関係者が自宅を訪ねたところ、クローゼットの中で首を吊った状態で発見された。30歳没。室内には遺書らしき物が残されていたことから、警察は自〇とみて詳しい状況を調べている。



三浦は7月17日までTBS系列で9月からスタートする予定のドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』の撮影に参加していたが、翌18日の朝から連絡が取れなくなったため、予定されていた撮影が中止となっていた。




参照wiki

目次にもどる

三浦春馬の日記内容


三浦春馬 遺書内容の女優 (1)



文春の報道では、三浦春馬の日記内容に「死にたい」という自〇をほのめかす内容があったとしているが、事務所は否定している。


記事内容


18日に急死した俳優、三浦春馬さん(享年30)の密葬が20日、親族や関係者のみで執り行われた。三浦さんは自〇とみられるが、動機はいまだ明らかになってはいない。


当初いわれた遺書の存在も事務所側は否定。

メモ帳はあったというが、そこにはいったい何がつづられていたのか。
三浦さんの所属事務所が20日、親族と関係者のみで密葬を営んだことを発表した。新型コロナウイルスの感染予防に配慮しながら、お別れの会などを検討するという。  


周囲からみると順調な仕事ぶりだった三浦さん。自ら死を選んだ動機はいまだ判然としない。当初は遺書の存在が報じられ、メモ帳に「死にたい」とつづられていたとも伝えられた。


「事務所側は遺書の存在を否定しています。メモ帳の存在は認めていますが、あくまでも三浦さんの死と直接つながるような記述はなかったとしています」とスポーツ紙記者。


関係者によると、メモ帳はかなり分厚いもので、ここ最近に書き始めたものではなく、日々の出来事や仕事への思い、その時々の心情などが散文的に書かれていたという。そういう中で死生観のような思いが詩のようにつづられていたとも。  


一方、コロナ禍の中での突然の死とあって、“コロナ鬱”の危険性を指摘する声も少なくない。  新潟青陵大学の碓井真史教授(社会心理学)は「コロナ禍では喪失の連続だった。喪失を経験してイライラしたり落ち込んだりすることが複合すると、結果として鬱っぽい状態に陥ることはある」と指摘する一方、環境が大きく変化する自粛明けにも鬱のリスクはあるとし、警鐘を鳴らす。


 「環境の変化がストレスにつながることを当然だと受け入れてしまうことも重要だ。無理して頑張ろうとせず積極的に休んだり、悲しければ泣いてしまうといいだろう。周囲にストレスを抱え込んでいる人がいればまず話しかけてみて、悩みの核心に迫れないまでも孤独ではないと感じてもらうだけでも支えになるだろう」





スポニチ



目次にもどる

5chによる三浦春馬が他殺の可能性



三浦春馬 遺書内容の女優 (2)




三浦春馬が他殺の可能性が5chで出回っている理由は、第一線で活躍してきた俳優が、ドラマの撮影が始まるのが決まっているのに、自分の都合でしかも自ら穴をあけるとは不可解な点。



これは、たとえ三浦春馬に「〇にたい強い意志」があったとしても、少なくとも自分の出番の撮影が終わってからでもよかったはず。俳優業なら長めの休暇があるので、その期間ならまだ理解できるし、仕事に伴う悩みなら休業廃業の相談などはないだろう。




そして、突発的だった場合、なぜクローゼットをえらんだのか?


マンションの間取りをみても、広めの部屋でわざわざクローゼットの中を選んでいる。

外なら山奥まで出向くなど、家なら鴨居、ドアノブのほうが納得できる。仮に何かとんでもないトラブルがあったとしても、本人にはこの一択しかなかったとしても、仕事をかなり真面目にしてきた人だったそうなので、この時期を選ぶとは思えない。身近な人に迷惑をかけるようなその手のスキャンダルは作らない行動の人なのだろう。




そして、一番の疑問点は、心を病んでた様子がないということ。

少々病んで繊細な人物だったとしたら、もっと前にこれに至る機会があってもおかしくない。誹謗中傷などうけてはいるが、それを上回る期待や信望や羨望も名誉もある立場。



しかも責任感も強い三浦春馬が賃貸マンションで、お金のことや色んな後始末のこと考えていないのもおかしい。日記のようなものに遺書といっても、なぜペラ一枚の遺書ではなく日記のようなものなのか?



スマホには遺書めいたものや仲の良い友人知人、世話になった人へのメッセージは特になく、手書きのみって、同世代の人には不可解。


そして、一番疑われているのが、マネージャーの行動。

当初、マネージャーが「現場に来ないから自宅に見に行った」という報道がされていた。



しかし、所属事務所アミューズは「弊社マネジャーは当日朝、三浦の自宅に直接向かいました。報道されている事実の中には誤りもあります」と否定している。なので、「マネージャーがいつもと同じく自宅マンションに車でいったが、電話しても出ないので合鍵で自宅入り、そこで発見した」という。



これが事実だとしても、事件当時、18日の午前から撮影始まるのに、マネージャーが自宅に行ったのは12時30~13時くらいなのも不自然。救急搬送される時には、僅かに心臓が動いていたそうだ。完全に停止と確認できた時間が14時10分なので、もう少し早く部屋に行って確認できたら、生きてたか、助かったのかもしれない。




ちなみに、このマネージャーは男性。
三浦春馬のインスタグラムのライブにチラッと映り込んだので、顔は消してあったが、スーツ姿だったので間違いない。このインスタライブで、ドラマも「楽しみにしてて」コメントしたり、またInstagramライブするといっていたのに、この事件が起きた。



東スポの記事では、実際はクローゼットの中ではないとも書かれているが、現時点ではこのマネージャーには不自然な事が沢山有りすぎて、ファンの間では他殺説が多くなってしまっているようだ。




目次にもどる

三浦春馬の他殺の可能性はゼロではない


fgfggfgfg




管理人個人も三浦春馬の他殺の可能性はなきにしもあらずだと考える。


不審点というよりあまりにも突発的だった出来事だし、自〇に及ぶ人のほとんどは鬱になっているのに、三浦春馬にはその前兆がない。多忙による鬱はありえると思ったが、コロナ自粛で鬱だと流石に無理があるし、交友関係も広いので誰かが気がつくだろう。


それに遺書が全文が公開されていないこと、また遺書のようなものがあったと言ったのに遺書はなかったと事務所が否定したことなど曖昧な部分や意見が変わる事が多かった。



なにより、178cmの長身の男性がクローゼットで首吊りできるのか?
dfdff

三浦春馬は筋肉質でしたので、見た目以上に体重がある。築27年のマンションのクローゼットの竿は三浦春馬の身長より低い位置にあり、三浦春馬の体重に耐えられるとは思えない。それに、首を吊るのは狭すぎる。いくら強い意志があったとしても、本能的に足が届いてしまう。壁にぶつかったり、障害物にあたったりするはずで、「外傷がない」というのはおかしい。



次に、最初の報道では、マネージャーは110番に通報したとなっている。
それがいつしか、119番に書き換えられており、事件性があるから、110番に通報したのじゃないだろうか?また、初めは心臓が微かに動いていたので、心停止でも、助かることがあるのだから、出血がないなら助かることもあったのではないか?



遺書とされた日記も思いのままに書いているノートなら、「死にたい」くらい書くこともなんら不思議ではないし、それに日付もないので、いつかいたのかも不明。三浦春馬は作詞に挑戦していたようなので、思うことを色々書いていた可能性もある。実際、手帳には詩のようなものもあったそうだ。


これを鬱というなら、撮影でも自〇するほど心が病んでたとしたら隠せるものなのか?

来客用スリッパがあったとかも謎だし、本当に死にたかったらマネージャーが来るであろう時間にわざわざ自〇しない。




では、犯人は誰なのか?

ネットニュース読む限り母親は息子に経済的に頼っていたので、〇すとは考えられない。
むしろ生きていないと困るのだから、俳優を引退してほしくなかったはず。管理人は、上野正彦の『自〇は他〇』を呼んだことがあるが、要約すると自〇とは結果論。


そこに行き着く迄には、多くの他人が関わっていると言う事。


三浦春馬もハードワークとか母親の事とか言われているが、三浦春馬自身は仕事も順調、スキャンダル無し。となると要因、原因は「三浦春馬自身」にある。



つまり、第三者に〇された。
電通社員の高橋まつりさんと同じで、結果は自〇だけど辿れば他殺になる可能性があるのを忘れてはいけない。