美容整形依存症 (1)

2020年8月16日(日)放送、フジテレビ系・日曜THEリアル!「ドン底人生脱出大作戦」
20時00分~21時54分




美容整形をやめられぬ女子高生について特集。

どんな顔だったとしても、親から受け継いだ遺伝子による顔なので、一度美容整形してしまうと、二度と元の顔には戻れない。しかも、キレイになるために美容整形をして、必ずしも成功するとは限らない。


美容整形は駄目というよりも、よく考えてから生計をすることが必要。
本当に悩んでいて、生まれ変わりたくて、万が一手術が失敗したとしてもそれを受け入れる覚悟の人が受けるべき。そういう覚悟なくして整形を受ける人が多すぎるから、整形に反感を抱く人も増えてしまう。



今回は、美容整形をやめられぬ女子高生について特集されるので、5chでのやらせ疑惑、概要についてまとめてみた。




■目次

美容整形をやめられぬ女子高生とは
美容整形を未成年でする場合
整形に依存する女子高生
美容整形をやめられぬ女子高生はやらせ?

美容整形をやめられぬ女子高生とは






母親からの些細な一言が引き金に…決意の最後の手術!
15歳で最初の整形を行ってから整形箇所は合わせて10カ所。手術費用は250万円以上!手術した後は満足だが…日が経つうちに自分の顔が妖怪に見えてくる、そしてまた整形したくてたまらなくなってしまう。彼女が整形依存に陥った理由とは?そんな彼女が最後と決めた手術に密着。彼女は本当に整形を辞めることができるのか



公式サイト




目次にもどる

美容整形を未成年でする場合




美容整形を未成年でする場合、親の同意が必要となる。

これは美容整形だけではなく、未成年が手術を受けるには、親が同意書にサインしなければならないことになっている。なぜ同意書とか同伴が必要かというと、親がそれを知ったら損害賠償を請求出来るから。




病院側は、個人的な理由に配慮してくれるわけがないので、未成年は成人まで待つしかないのだが、中には同意書を偽造してまで受ける未成年は存在する。




もし、偽造した場合は私文書偽造となり、刑法第159条3か月以上5年以下の懲役になる。


同時に民法第5条は同意を得ていない未成年の法律行為は、親が取り消すことができると規定されている。したがって、まず、親はその同意書が親の許可なしで作成されたものであることをクリニックに話して契約そのものを取り消すことができる。




どうしても民事的要素が強いので、警察に話しても立件はなかなかされないが、犯罪だということを理解しないといけない。







目次にもどる

整形に依存する女子高生




美容整形依存症 (2)

整形に限らず、依存してしまう人の傾向として、強い不安や孤独感を解消するために物質や行為に依存し、そこから依存症が始まる。この背景から依存症は「孤独の病気」と呼ばれている。




身近にアルコールやギャンブルに依存する人の環境も同じで、また酒のテレビCMや街中のパチンコ店といったなど、普段の生活環境からの影響も考えられている。こういった環境からの刷り込みが原因となり、依存症のきっかけとなる行動につながる。




整形依存症になる原因は、整形で自分に自信を持ち、堂々とふるまえるようになり、物事がうまくいくようになる。「もっと綺麗になれば変わる」と思い込み、整形を繰り返す。



その結果、「整形さえすれば何でもうまくいく」と思い込み、整形を繰り返す。

やってる本人だって、頭ではわかってるけど、生活環境や家庭環境が変わることで抜け出せる程度の軽いものなら自分だけで、あるいは友達と協力して抜け出せるが、重い場合は専門家の指導や同じような状態で悩む人たちが作る会への入会などが必要になる。



依存性を抜け出すには、それを上回る自分にマッチした趣味などを見つけるのが一番いいのだが、なかなか難しいのが現状だ。





目次にもどる

美容整形をやめられぬ女子高生はやらせ?




※現在、美容整形をやめられぬ女子高生の情報を5chで収集しております。

美容整形依存の女子高生ユイさん (1)
美容整形依存の女子高生ユイさん (4)
美容整形依存の女子高生ユイさん (5)
美容整形依存の女子高生ユイさん (6)


美容整形をやめられぬ女子高生について、5chでは放送前から「やらせではないか?」という意見が多かった。



まず、女子高生に高額な整形費用を捻出することが不可能。


病院にもよるが、美容整形にかかる手術費用は、10分20分程度で済むものでも、20~30万ぐらい平気でとる。広告宣伝費・最新医療器具・人件費等々を差し引いても高すぎる。


この整形依存症の女子高生は、未成年で250万もすでに使っている。

美容整形依存症 (3)


その費用はどこから捻出したのか?



病院は、風邪などの時は保険診療で単価が決まっているが、美容整形は自由診療なので病院側がいくらにでも設定できる。たとえば二重手術の費用を、一万でもいいし百万でもいい。高すぎるとお客は来ないし、安すぎると逆に怪しいという理由からお客が付かないので、ある程度の金額を統一しているそうだ。




最近では30代、40代の年代の方の整形が多くなっている。
やはり若いうちだと、金銭的に高額でなかなか踏み切れないそうで、年齢を重ねられて、費用的にもゆとりがもててから踏み切るそうだ。60代でも営業職なので、若く見えるようにと、治療する時代なので、個人的には整形に偏見はないのだが、その費用が高額なので、女子高生で本当に依存症になるのかが疑問である。



フジテレビは、木村花さんの件で番組終了したテラスハウスのやらせ内部告発というニュースが出ていた。ほかにも衝撃映像の番組をやっていたが、専門家の画像解析により「CGです」「合成です」「ニセモノです」と実証された映像がいくつも出ている。そして大賞を動画も、他所のテレビ局の番組でCGと合成だと大々的に暴かれたインチキ映像だった。




現実か虚構か超常現象かの検証なんかより、「映っちゃった!」というフレーズで終始し、最初からそれ以上でも以下でもないという番組姿勢があった。



CGと判明している動画もそこには触れず、「おそらく視聴者は既にCGと知っているだろうけど、映っちゃった!画像という意味ではウソじゃないだろ?」というコンセプト。製作側は「なんか文句ある?」とまさか開き直ってはいないと思うけど、「テレビの前で演出をつっこんで楽しんでね」くらいは思っていたはず。




あんなインチキ映像を改めて衝撃映像などと放送しているフジテレビなら、依存症の女子高生をやらせするぐらい何とも思わないだろう。


いずれにしても、フジテレビに関しては関連会社(フジグループ)がk-popの権利を持っていて、フジテレビが人気を捏造したのが問題視されてたぐらいなので、半信半疑で楽しむしかないのかもしれない。









スポンサーサイト