ピーチ便でマスク着用を拒否 (4)

9月9日、マスク着用を拒否してピーチ航空を緊急着陸させた男性が5chで話題になっている。





自覚や良識のある人間ならば、乗務員に従う。
乗務員は乗客の安全を守る義務があり、それを疎外する人物は強制的に降ろされても仕方ない。




それなのに、この男性は機内で声を荒げたり威嚇したりしたそうなので、5chでは批判の対象となっている。



今回は、ピーチアビエーション航空機でマスク着用を拒否した男性について5ch情報をまとめてみた。





■目次

釧路空港のピーチ便でマスク着用を拒否
ピーチ便でマスク着用拒否は犯罪?
ピーチ便でマスク着用を拒否した男性を特定
ピーチ便でマスク着用を拒否した男性はYouTuber?

釧路空港のピーチ便でマスク着用を拒否




ピーチ便でマスク着用を拒否 (3)

マスクの着用を拒否し大声で騒いだ男性を降ろすため、飛行機が臨時着陸――。

新型コロナウイルスの感染防止でマスク着用が当たり前になっている中、衝撃のニュースが報じられた。

報道によると、9月7日に北海道の釧路空港から関西空港に向かうピーチ・アビエーションの便で、出発前に男性がマスクの着用を拒否。別の客が嫌だと言ったことに対し「侮辱罪だ」と声を荒げたり、警告書を渡すと告げた客室乗務員に「やれるものならやってみろ」と威嚇したりしたという。


飛行機は安全確保のため新潟空港に臨時着陸して男性を降ろし、関西空港には2時間15分遅れで到着したという。 ネットでは「この対応は当たり前」「ルールはルール。守らんやつが悪い」と男性に否定的なコメントが多数寄せられている。



マスク着用を拒否したことについて男性は「自粛要請と同じで罰則や強制を伴ったものではなくて、あくまでも任意の働きかけでうるというふうに把握しています」と主張。

「退出をさせられる際に拍手が起こるという事はこれは非常に残念、悲しいこと。同調圧力に沿わない人間の排除に喝采を送る匿名の乗客の姿に私はコロナ後の日本社会の縮図を見たような気がいたしました」などと語った。


JNN




目次にもどる

ピーチ便でマスク着用拒否は犯罪?



ピーチ便でマスク着用を拒否 (2)


記事内容

航空法で「安全阻害行為」が禁止されている。
航空法73条の3は、航空機内の規律に違反する行為等の安全阻害行為等を禁止しています。そして、機長は、航空機内の秩序・規律の維持のために必要な限度で、安全阻害行為等をする者に対し、その者を降機させることができるとされています(航空法73条の4第1項)。



今回のケースでは、男性がマスクの着用を拒否した、「侮辱罪だ」と声を荒げた、客室乗務員に威嚇したという一連の行為が、航空機内の規律に違反する行為に該当すると機長が判断したのでしょう。



それゆえ、飛行機が新潟空港に臨時着陸し、男性を降ろしたものと思われます。
報道からは分からない部分もありますが、仮に機長が、航空法73条の4第5項の命令をしていたにもかかわらず、男性がこの命令に違反していたとすれば、50万円以下の罰金に処せられる可能性があります(航空法150条5号の4)。


男性の一連の行為により、航空機の到着が遅延しています。

そこで、威力業務妨害罪(刑法234条)が成立するか検討してみます。 まず、男性の一連の行為は、「人の意思を抑圧するに足りる勢力」を示しているといえますので「威力」に該当し得ます。 また、到着が2時間15分遅れていますので、業務が妨害されて業務遂行に支障が生じ妨害したと言えるでしょう。 よって、男性の行為は、威力業務妨害罪に該当し得ます。立件されれば、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられる可能性があります。


弁護士ドットコム





目次にもどる

ピーチ便でマスク着用を拒否した男性を特定





なぜマスクを着用拒否したのか、この男性はSNSで反論しており、「釧路空港のピーチ便では、事前にマスク着用推奨や例外申請の案内のアナウンスはなされませんでした。チケット発券から搭乗口までマスク未着用でしたが、いずれの係員からも何の指摘も受けておりません。事が生じたのは機内で座席に座ってからです。」と、搭乗から指定の席まで何も言われていなかったことを主張している。




確かに、マスクしないと乗れないのなら、乗る前に拒否すべきだった。
飛行機は新幹線と違い出来るはず。乗せといて、マスクマスクと回りに聞こえるように言われたら気分悪いし、YouTubeの動画では、全然威嚇してるように見えない。




たしかに航空会社の対応にも問題はあったのかもしれないが、航空会社は搭乗時のマスク着用を要請しており告知も行っている。さらに、「着用したくない」と言う人には搭乗を断るとの事を明記している。

ピーチ便でマスク着用を拒否 (1)


搭乗時に拒否されただったら、ここまで大騒ぎしなかったのだろうが、機内で大声で騒ぎしたのが事実だとしたら、全面的にこの男性に非が有る。




目次にもどる

ピーチ便でマスク着用を拒否した男性はYouTuber?





ピーチ便でマスク着用を拒否した男性のYouTube「旅人レオ」は更新頻度は低いものの、旅の動画を公開しているので、一応YouTuberという形にはなる。





なので、5chでは再生数稼ぎと批判する人が多いのだが、この事件(トラブル)を良く考えれば、この男性だけを責めるのは違う。


そもそもマスク着用は正式な規則ではなく「お願い」の形で実施してるわけなので、お客が納得できないならお願いを拒否することは不当なことではない。これは規則違反でも、不当なことでもない。(動画を見る限り、威嚇も間違った主張もしていない)




しかし、会社側は、それを強制的に要求して。相手が拒否しているにかかわらず執拗に無理に要求している。



会社がどうしてもマスクの着用を強要するつまりであるなら、最初から着用しないお客は飛行機に搭乗させないという手法をとるべきであり、それを飛行機に乗せると言うのは航空会社の失敗である。


そして、乗せたなら機内で執拗に要求しないくても対応の仕方はあった。


もし、コロナの件でマスクを着用したことが周りのお客が不快に感じるなら、周りのお客を別の席に移動させるなどの対応で大きなトラブルにはならなかった。言ってみれば大きなトブルを作り出してこのお客を怒らせて大きな声を出させたのは「会社の対応が悪かった」と言うことに他ならない。



あたかも勝って騒ぎ出したように報道されているが、会社側が執拗に要求して話を拗らせたのが原因。お願いであり、違反でも規則をまもらないわけでもなかったお客に執拗に強要したことが問題を大きくしたというのが原因であり、途中で降ろすほどのことなら最初からマスク無しは搭乗させなければこのような騒ぎにはならなかった。

それと飛行の安全性・危険性と声の大きさは関係ない。
ハイジャックや人の生命や危害に関係ないことで、このお客に対する腹いせに懲らしめるために伝家の宝刀を抜いて「危険人物に仕立てた」ということのほうが問題。




まとめると、一方的にこの男性をたたくのは間違い。


下ろされた新潟から大阪までの旅費の会社負担の要求も、納得性はある。



スポンサーサイト