9月14日、池田エライザとよく似た人物の流出動画が5chで話題になっている。


池田エライザのリベンジポルノ流出動画 (2)


その流出動画は、池田エライザのよく似ている人物であり、5chの検証では、ホクロの場所もへそも一致していることから、本人ではないか?と噂になり、この行為をしている相手が流出させたリベンジポルノではないか?と物議を呼んでいる。




今回は、池田エライザリベンジポルノ流出動画は本物なのか?現在の5ch情報をまとめてみた






■目次

池田エライザとは
池田エライザの流出動画
池田エライザの流出動画はリベンジポルノ?
池田エライザの流出動画が本物でも相手を逮捕できない?

池田エライザとは


ikeda_eraiza



池田 エライザ
本名:池田 依來沙(いけだ えらいざ)
生年月日1996年4月16日
出身フィリピン
エヴァーグリーン・エンタテイメント所属。



2009年、ファッション雑誌『ニコラ』の第13回ニコラモデルオーディションでグランプリを獲得。同年10月号から「池田依來沙」名義で専属モデルとして活動を開始。

2010年3月号で初表紙を飾る(伊藤夏帆と共同)。同年4月6日より「ニコログ」を担当する。2011年2月(3月号)、オーディション出身同期で同い年の春川芽生、松井愛莉、古畑星夏と4人でニコラ内のユニットを結成。ニコラ読者からユニット名を募集し、4月(5月号)にユニット名が決定。「♡4ever(ラブフォーエバー)」のユニット名で活動する。


2018年3月号をもって同誌専属モデルを卒業。
2019年10月からドラマ『左ききのエレン』ダブル主演でエレンを演じる。



参照wiki





目次にもどる

池田エライザの流出動画







9月12日、SNSで池田エライザの流出動画といったトレンドワードが急上昇した。

しかし、翌日の13日にはそのトレンドワードは消え、流出させたSNSアカウントと池田エライザの流出動画ともに削除された。ネットでは、池田エライザの顔を似せたコラやフェイク動画だったのでは?と結論がつけられようとしていたが、5chではその流出動画が出回り、多くの人が検証。




その流出動画の中で、池田エライザと顔ともみあげが一致している。
髪の長さが左右で違うという池田エライザの珍しい髪型も一致している。そして、動画の相手とされている〇上〇郎さんだが、ネットで詳しく調べてみると過去2016年に付き合ってたと言う形跡がある。



SNSのトレンドが突然消えるということは不自然であることから、事務所がツイッターのトレンドから削除させてるのでは?と噂が広まり、この流出動画は本物だったのではないか?というのが現在の状況である。





目次にもどる

池田エライザの流出動画はリベンジポルノ?



池田エライザのリベンジポルノ流出動画 (1)



現時点では、池田エライザの流出動画は本物かどうかは確定はしていない。

しかし、もし本物だった場合、リベンジポルノということになるので、流出させた人物がいることになる。池田エライザ本人が流出させたとは考えにくいので、やはり動画の相手とされている〇上〇郎さんが流出させた可能性が非常に高い。




リベンジポルノの問題点は文字通りポルノがリベンジに使われること。
リベンジ自体もいけないうえに、そこにポルノを使うことはもっといけないということ。 相手がどう思うとか、そういう小さな話ではなくて、 ネットに流れれば、そこからとめどなく拡散していく可能性がある。 特定の相手に送った写真が不特定多数の人の目に触れるというのは本人の意思とは違うわけなので、その写真を悪用して卑劣な脅迫や犯罪につながる可能性もあるから犯罪。


個人的には男性も女性どちらも同じだが、法曹界ではリベンジポルノは女性の方がダメージが大きいと考えられてる。 顔が認識出来る場合は当然だが、認識できなくても、外見と痣や手術痕などにより本人と特定予測が可能な場合は、顔にモザイクがかかっていても対象となる。顔の認識が無ければ本人と絶対特定が不可能な場合は、それほどダメージは少ないと判断される場合があるが、本人と認識可能な場合は、本人と認識できる場合に準ずる判断がされた。



なぜリベンジポルノをするのかは、たいてい別れたことへの腹いせ。

特に男性側が犯行に及ぶケースが多いのは、交際時にそういった動画を持っていることが多いので、腹いせに流出させている。







目次にもどる

池田エライザの流出動画が本物でも相手を逮捕できない?





池田エライザのリベンジポルノ流出動画 (2)



もし、池田エライザのリベンジポルノ流出動画が本物だった場合、流出させた相手を逮捕できるのか?という問題になるが、現実問題としてそれは難しい。



「私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律 (リベンジポルノ防止法)」では、 「第三者が被写体を特定できる方法で、 プライベートとして撮影された性的画像記録を不特定又は多数の者に提供した場合」は この法律に違反するとされている。



しかし、5ch上で確定したようになっているが、 あくまで5chでの検証でのこと。
流出させたアカウントはすでに消されているので、コラかフェイク動画かの確認もできない。それにそもそもこの法律は、被害者が被害届けを出さなければ警察の捜査もできないし、刑事裁判にかけることもできない。



ここで仮に池田エライザが被害届けを出してしまうと、 被写体の女性が自分であると自ら認めてしまうことになる。


おそらくそれはできないであろうし、 それを見越して相手も流出させたのだろう。
現実問題として有名人の場合、 今回のようにネットに流出されてしまうと、 ネットで被写体が誰か特定されてもスルーするしかなく、 泣き寝入りするしかないだろう。



スポンサーサイト