池田エライザのリベンジポルノ流出動画 (2)


池田エライザの流出動画騒動について。


大野ヨウという人物がリベンジポルノの犯人ではないか?と5chで話題になっている。

大野ヨウは、過去にバンドを解雇されており、数々のクズエピソードが発覚。バンドメンバーはそれぞれの思いや傾向があるので、 メンバー全員でよく話し合いをするのが普通。バンドというコミュニティを優先するか、自らの音楽を楽しむ事を優先するか、 人間なのでそれは自由なのだが、この大野ヨウという人物は身勝手な行動でメンバーから解雇されていることから、池田エライザのリベンジポルノぐらいするのではないか?と現在、5chで話題になっている。








今回は、池田エライザリベンジポルノ流出動画は大野ヨウが関係しているのか、現在の5ch情報をまとめてみた





■目次

池田エライザとは
池田エライザの流出動画
大野ヨウとは
池田エライザの流出動画はリベンジポルノは本物?

池田エライザとは



大野ヨウ (1)


池田 エライザ
本名:池田 依來沙(いけだ えらいざ)
生年月日1996年4月16日
出身フィリピン
エヴァーグリーン・エンタテイメント所属。



2009年、ファッション雑誌『ニコラ』の第13回ニコラモデルオーディションでグランプリを獲得。同年10月号から「池田依來沙」名義で専属モデルとして活動を開始。

2010年3月号で初表紙を飾る(伊藤夏帆と共同)。同年4月6日より「ニコログ」を担当する。2011年2月(3月号)、オーディション出身同期で同い年の春川芽生、松井愛莉、古畑星夏と4人でニコラ内のユニットを結成。ニコラ読者からユニット名を募集し、4月(5月号)にユニット名が決定。「♡4ever(ラブフォーエバー)」のユニット名で活動する。


2018年3月号をもって同誌専属モデルを卒業。
2019年10月からドラマ『左ききのエレン』ダブル主演でエレンを演じる。



参照wiki





目次にもどる

池田エライザの流出動画








9月12日、SNSで池田エライザの流出動画といったトレンドワードが急上昇した。

しかし、翌日の13日にはそのトレンドワードは消え、流出させたSNSアカウントと池田エライザの流出動画ともに削除された。ネットでは、池田エライザの顔を似せたコラやフェイク動画だったのでは?と結論がつけられようとしていたが、5chでは「大野ヨウ」という元バンドマンが注目された。




その流出動画の中で、池田エライザと思われる人物が「ようくん」と呼んでいること。
この「ヨウ」という人物は、2015年に池田エライザと付き合ってた男で、大野ヨウと動画の中の男の右耳付近にあるホクロが一致。さらに、撮影に使われてるアプリは2015年に人気だったアプリで、ちょうど大野ヨウと交際していた時期と一致する。


大野ヨウ (1)

そして、この流出したアカウントを公開したのと同時に、大野ヨウも急にSNSに鍵をかけ逃亡。


この一連の騒動からみて、池田イライザは元カレだった大野ヨウとの行為の動画だったのではないか?というのが現在の状況だ。





目次にもどる

大野ヨウとは



大野ヨウ (3)


大野ヨウは元バンドマンで、普段はサッカー指導者と飲食店店員、サロンモデルをしている。ほかにもホ〇ビデオにも出演しており、特殊な経歴をもつ。



2014年から大野ヨウは、池田エライザと同時期に谷口朝香というモデルとも交際していた(5ch情報)。ちなみに谷口朝香の事務所は、山P持ち帰りJK愛子と同じくアソビシステム。もしかしたら大野ヨウと池田エライザの破局原因は、浮気が原因かもしれない。そして、二人の交際を知っている谷口朝香なら、池田エライザらしき動画を流出させてもおかしくない。


大野ヨウと谷口朝香
大野ヨウ (2)


養成所のある事務所が危険とは言わないが、谷口朝香の事務所はやはり搾取が目当てなのか、大金払ってレッスンをうけている。もちろん見た目がそこそこなので、愛子のようなギャラ飲みするようなバイトをする人も多いという。


アソビシステムに関しては、オーディションやってる社員の悪評もネットでよく耳にするので、愛子同様に谷口朝香も素行はよくないだろう。




大野ヨウも問題ある人物で、過去にはバンドを解雇されているので、どちらが流出させたとしてもおかしくない。









目次にもどる

池田エライザの流出動画はリベンジポルノは本物?




現時点では、池田エライザの流出動画は本物かどうかは確定はしていない。


しかし、もし本物だった場合、リベンジポルノということになるので、流出させた人物がいることになる。大野ヨウが流出させたとなるといきなり鍵付きで逃亡するのはおかしいので、やはり同時期に交際していた谷口朝香が流出させた可能性が非常に高い。


ただ、一方で「本物ではない」という見方もあり、おそらく事務所は手を出さないだろう。 (検証では、流出動画の中で池田エライザの体の線の特徴が明白に違うという評価だった)


そう考えると、いたずらの線を出ない。
万が一本物であったとして、流出させたのが谷口朝香だとしても、拡散させているSNSは、名誉棄損で訴えられる可能性は非常に高い。谷口朝香をリベンジポルノ法で訴えると、この流出動画が本物となってしまうため、それは難しいが、SNSでは拡散は、本物であっても偽物であっても名誉棄損となる。



根拠のない嫌がらせで、他人の名誉を汚すことはすべて名誉棄損。 嘘、偽りの言動で、相手を不利な状況に陥れることは、真実でも名誉棄損で訴えられる場合があり、真実だったら何を言ってもいいというわけではない。




法的な解釈としてはSNS上に他人の名誉を傷つける投稿をした段階で名誉毀損になるので、フォロワー数が10人でも600人でも鍵垢でも、不特定多数の人間が閲覧できる場に書き込んだ段階でOUTになることを理解しないといけない。





いずれにしても、池田エライザは男を見る目がなかったことを反省し、現在交際中のカンタとはうまくいってほしいものだ。





スポンサーサイト