池田エライザのリベンジポルノ流出動画 (2)



池田エライザの流出動画騒動について、SNSで詐欺被害が報告されている。





内容が内容だけの流出動画と聞いただけで、すぐ飛びつく輩がいる。

最近じゃ名前や写真(顔)を伏せて警察官を挑発し、いいねを貰う為の努力をしている若者も多いという。 現在のネット民は本当に危機管理が薄いのか、こういった詐欺行為にすぐひっかかってしまう。







今回は、池田エライザリベンジポルノ流出動画フル動画詐欺について、現在の5ch情報をまとめてみた。





■目次

池田エライザとは
池田エライザの流出動画とは
大野ヨウとは
池田エライザの流出動画フルはない

池田エライザとは



大野ヨウ (4)


池田 エライザ
本名:池田 依來沙(いけだ えらいざ)
生年月日1996年4月16日
出身フィリピン
エヴァーグリーン・エンタテイメント所属。



2009年、ファッション雑誌『ニコラ』の第13回ニコラモデルオーディションでグランプリを獲得。同年10月号から「池田依來沙」名義で専属モデルとして活動を開始。

2010年3月号で初表紙を飾る(伊藤夏帆と共同)。同年4月6日より「ニコログ」を担当する。2011年2月(3月号)、オーディション出身同期で同い年の春川芽生、松井愛莉、古畑星夏と4人でニコラ内のユニットを結成。ニコラ読者からユニット名を募集し、4月(5月号)にユニット名が決定。「♡4ever(ラブフォーエバー)」のユニット名で活動する。


2018年3月号をもって同誌専属モデルを卒業。
2019年10月からドラマ『左ききのエレン』ダブル主演でエレンを演じる。



参照wiki




目次にもどる

池田エライザの流出動画とは





9月12日、SNSで池田エライザの流出動画といったトレンドワードが急上昇した。
しかし、翌日の13日にはそのトレンドワードは消え、流出させたSNSアカウントと池田エライザの流出動画ともに削除された。ネットでは、池田エライザの顔を似せたコラやフェイク動画だったのでは?と結論がつけられようとしていたが、5chでは「大野ヨウ」という元バンドマンが注目された。


その流出動画の中で、池田エライザと思われる人物が「ようくん」と呼んでいること。この「ヨウ」という人物は、2015年に池田エライザと付き合ってた男で、大野ヨウと動画の中の男の右耳付近にあるホクロが一致。さらに、撮影に使われてるアプリは2015年に人気だったアプリで、ちょうど大野ヨウと交際していた時期と一致する。


大野ヨウ (1)


そして、この流出したアカウントを公開したのと同時に、大野ヨウも急にSNSに鍵をかけ逃亡。この一連の騒動からみて、池田イライザは元カレだった大野ヨウとの行為中の動画だったのではないか?と騒がれている。




一方で、池田エライザにあるはずのほくろがない点なども見つかっており、池田エライザ側もなんの反応がないため、フェイク動画の可能性もあり、この流出動画の真偽は不明のままとなっている。







目次にもどる

大野ヨウとは


大野ヨウ (3)



大野ヨウ
本名:大野 クリスチャン 洋
生年月日1993年8月23日 27歳
出身 東京


日本とフィリピンのハーフ。
2012年、麗澤大学に入学し、読書モデルとして芸能界デビュー。 『レキシントン』という事務所に所属しており、『Give Nothing Back』(通称:ギブナス)というロックバンドのメンバーだった。(2016年12月に解雇されている)



現在はサッカー指導者と飲食店店員、ホットペッパービューティーなどのサロンモデルをしている。



私生活では2014年、池田エライザと同時期に谷口朝香というモデルとも交際(5ch情報)。ちなみに谷口朝香の事務所は、山P持ち帰りJK愛子と同じくアソビシステム。なので、大野ヨウと池田エライザの破局原因は、浮気が原因かもしれない。


大野ヨウと谷口朝香
大野ヨウ (2)





大野ヨウはかなり問題ある人物のようで、高校生時代にホ〇ビデオに出演しており、過去にバンド解雇された理由も一方的に大野ヨウに非があるものばかり。
なので、今回の流出騒動では、大野ヨウに批判が集中している。









目次にもどる

池田エライザの流出動画フルはない





現時点では、池田エライザの流出動画は本物かどうかは確定はしていない。
しかし、実際に流出している動画はあるが、それは2分弱のもの。SNSでは10分のフル動画が存在するというツイートがあり、販売を目的としてるアカウントがいくつか存在する。

bandicam 2020-09-16 15-12-58-673

5chでは販売しているというアカウントとコンタクトをとった人物が降臨し、コンビニでgoogle playカードを購入し、5000円分のコードを教えたところ、送られてきたものは2分弱の動画。その後、まったく連絡が取れなくなってしまったそうだ。



この場合、詐欺の立証は基本的に難しい。

相手の素性が分からなければそもそも捜査が困難だし、被害者の数や被害額によって捜査の優先順位が変わるので、捕まえたとしても額によっては使われてしまって取り返せない場合がある。(詐欺の被害額は加害者の資産で返金するため) よって警察も相手にしてくれないというケースが大半のようだ。




なので、この詐欺の場合は取り締まること自体、厳しい。

詐欺も進化しているし、業者も頭を使ってあの手この手で仕掛けてくるから、明確な基準もころころ変わっていく。 昔からこういった「エ〇動画あげるから電子マネー買ってきて」とかは、SNSでの詐欺の中でもいまだに多い。



5chをみれば大体の情報が出回っているので、金銭が絡んだりどこか別のサイトでやりとりしようといわれたら、その時点で近づかないことが賢明だろう。

スポンサーサイト