竹内結子の他殺の可能性 (3)

三浦春馬、芦屋星に続き、竹内結子と本当に素晴らしいタレントの共感自〇が止まらない。


過去にもドミノ倒しのように坂井泉水から始まり、飯島愛、川田亜子、上原美優、松岡大臣、永田議員、三宅雪子などこんな素晴らしい方々が、なぜこんな追い詰められて悲惨な事になってしまったのか?




竹内結子は変〇にあたるのだが、警察は自〇と断定している。ただ、警察がどう判断するかは誰も関われないし、その過程もわからない事。




今回は、5chで噂になっている竹内結子の他殺の可能性についてまとめてみた。





■目次

竹内結子とは
竹内結子の自〇報道
竹内結子は自〇ではない?
竹内結子の他殺説

竹内結子とは






竹内結子の他殺の可能性 (2)




竹内 結子

生年月日1980年4月1日 (没年月日2020年9月27日)
出身 埼玉県浦和市
所属「スターダストプロモーション」



夫は俳優の中林大樹。
1996年(平成8年)、堂本光一主演のテレビドラマ 『新・木曜の怪談 Cyborg』(フジテレビ)での快活なヒロイン役女子高生としての全話出演で女優デビュー。 その後は数々のドラマや映画などに出演、1999年(平成11年)に放送されたNHK連続テレビ小説 『あすか』、2001年(平成13年)に放送されたテレビドラマ 『白い影』(TBS)ではそれぞれヒロイン役を務め、広く知られるようになった[1]。その翌年に放送されたテレビドラマ 『ランチの女王』では、フジテレビ月曜9時枠の連続ドラマ(月9)に初主演した。



2005年6月、映画『いま、会いにゆきます』で共演した中村獅童と結婚。妊娠していることも公表し、同年11月に第1子となる男児を出産(2008年2月に離婚。親権は竹内)。


2019年2月27日、所属事務所の後輩の中林大樹と再婚、連名で報告した。 2019年8月28日、第二子を妊娠していることがわかった。翌年1月末に男児を出産。


2020年(令和2年)9月27日午前2時ごろ、夫の中林大樹により東京都渋谷区にある自宅の寝室(クローゼットの中)で首をつった状態で発見され、搬送先で死亡が確認された。遺書は見つかっていない。



参照wiki



目次にもどる

竹内結子の自〇報道




竹内結子の他殺の可能性 (1)


女優の竹内結子さんが死〇したことが27日、分かった。40歳だった。  
同日未明、都内の自宅でぐったりしている竹内さんを夫で俳優の中林大樹(35)が発見し、119番通報。その後、搬送先の病院で死亡が確認された。


自〇の可能性もあることから、警視庁が慎重に調べている。 19年に竹内さんと結婚した俳優の中林大樹  所属事務所は「詳細は分からない。確認中です」としている。



日刊スポーツ




目次にもどる

竹内結子は自〇ではない?




竹内結子の他殺の可能性 (5)




自分の〇によって、周囲の人はどうなるか、ということを考えれば、遺書は必要になる。


失って悲しむ人、自分のせいでと責任を感じ自分を責める人、そういう人に対して配慮した結果、遺書を書く人もいる。 場合によっては、心の底で喜ぶ人もいるかもしれない。そういう人に、恨みつらみを書き残し、絶対後悔させてやる、命を持って報復してやる、という思いで遺書を書く人もいる。



いずれにしても、授けられた生を全うし、感謝を述べてあの世に行くのが一番。

自〇のご遺体が発見されたら必ず現場検証を行われる。 「遺書が完璧、怪しい点がなく誰がどう見ても単独自〇」 という場合でも、偽装ではないか?誰かもう一人の人物に 手伝わせてないか>という点は調べる。



パッと見て単独自〇だから即「断定」なんてありえない。



しかも、竹内結子の場合は、遺書もないし、報道ではすでに自〇と報じていることに違和感を感じる。








目次にもどる

竹内結子の他殺説





5chでは、竹内結子の他殺説が話題になっている。

竹内結子の他殺の可能性 (4)



三浦春馬、芦名星、竹内結子に共通していることは、もし自〇ならメンタル弱く無いとそういった結論に至らない。三浦春馬は対象外としても、仮に身内(知り合い)が亡くなって「私も限界、じゃあ・・・」となるだろうか? 尚更後追いなんて出来ない。


子供の頃から芸能界での仕事をして来た竹内結子なら、芸能界の闇なんてわかり過ぎるくらい承知してたハズ。 真面目で責任感の強い竹内結子が、子供も生まれ仕事もある中、自〇するなんて考えられられない。


竹内結子は事務所から独立を望んでいたそうなので、抹◯されてしまったのではないだろうか?




自〇とするために、いろんな伏線をずっと週刊誌も報じている。 これまでのインタビュー等を見ても、精神を患っているようなところは見受けられないし、誰だって、悩みや心配事はある。 その一つを拡大解釈して、鬱だったとか、こじつけにしか過ぎない。





いろいろ目撃談もあり、絶対ではないが竹内結子の自〇の可能性はとても低い。

1月に誕生した乳児も居るしまた中学生の長男も居る。 突然の心不全、多機能不全、脳溢血、他の突発性 疾病の可能性もあるが、本当に自〇するなら、おかしな事がいっぱいあって、素人からみても不可解で、とても自〇とは思えない。



では、犯人は誰なのか?




上野正彦の『自〇は他殺』にも書かれていたが、つまり自〇とは結果論。
そこに行き着く迄には多くの他人が関わっていると言う事。竹内結子自身は仕事も順調、スキャンダル無し。となると要因、原因は“竹内結子自身”にある。



つまり〇された。
よって他〇であり、電通社員の女性の自〇も同じ。 結果は自〇だけど辿れば他殺ということになる。











スポンサーサイト