鬼滅の刃映画ネタバレ最後ア (2)
2020年10月17日(土) 放送、フジテレビ系・土曜プレミアム「鬼滅の刃」第二夜[那田蜘蛛山編]
21時00分~23時50分





劇場版[無限列車編]公開記念アニメ「鬼滅の刃」二週連続放送。
映画は、平日の初日で12億超えたので、間違いなく大ヒットしたといえる「鬼滅の刃」。そもそもアニメ第2期があるかどうかはまだ未定なので、もし今後2期の発表があったとして、既に映画でやったお話をアニメでもう一度繰り返すということは原則無いのではないか、と思われるため足を運ぶ人が多いのだろう。


『既にみんな無限列車編の結末は知っている』という前提でいきなり遊郭編がはじまる可能性の方が高い。



今回は、鬼滅の刃の映画ネタバレとなる「あかざ」の存在について5chをまとめてみた。




■目次

鬼滅の刃とは
鬼滅の刃の映画ネタバレ最後
鬼滅の刃のネタバレ

鬼滅の刃とは


鬼滅の刃映画ネタバレ最後ア





『鬼滅の刃』(きめつのやいば)は、吾峠呼世晴による日本の漫画。
大正時代を舞台に主人公が鬼と化した妹を人間に戻す方法を探すために戦う姿を描く和風剣戟奇譚。作風としては身体破壊や人喰いなどのハードな描写が多い。 アニプレックスプロデューサーの高橋祐馬がアニメーション企画を立ち上げ、2019年にアニメスタジオ・ufotableの制作によりテレビアニメ化された。



あらすじ

時は大正。主人公・竈門炭治郎は亡き父親の跡を継ぎ、炭焼きをして家族の暮らしを支えていた。炭治郎が家を空けたある日、家族は鬼に惨殺され、唯一生き残った妹・竈門禰󠄀豆子も鬼と化してしまう。禰󠄀豆子に襲われかけた炭治郎を救ったのは冨岡義勇と名乗る剣士だった。


義勇は禰󠄀豆子を「退治」しようとするが、兄妹の絆が確かに残っていることに気付き剣を収める。 義勇の導きで「育手」鱗滝左近次の元を訪れた炭治郎は、禰󠄀豆子を人間に戻す方法を求め、鬼を追うため剣術の修行に身を費やす。2年後、炭治郎は命を賭けた最終関門である選別試験を経て、「鬼殺隊」に入隊する。




初仕事である沼鬼の討伐を完了し、次の仕事で浅草へ向かった炭治郎は、禰󠄀豆子が鬼になったときと同じ匂いを感じ取り、それをたどって鬼たちの祖である鬼舞辻無惨と接触する。無惨は人間に化けており、人ごみを盾にして逃れ、炭治郎は手出しできなかった。




その後、鬼でありながら鬼舞辻を殺そうと考える珠世と愈史郎に出会うが、無惨もまた刺客を差し向け、戦いとなる。炭治郎は、珠世と協力関係を結び、鬼舞辻に近しい鬼の血液を採取するという新たな目的を持つ。



参照wiki





目次にもどる

鬼滅の刃の映画ネタバレ最後





鬼滅の刃の映画の内容はアニメの続きとなっていて、単行本の七巻部分に相当する内容となっている。


なので、単行本を読んでいる人には映画のネタバレになっているが、映画のネタバレとしても原作と全く同じ展開の内容になっている。



あらすじ

炭治郎たちは、ヒノカミ神楽の手掛かりを求め、炎柱・煉獄杏寿郎を訪ねて無限列車に乗り込む。


杏寿郎とは会えたもののヒノカミ神楽の情報は得られず、しかも列車は鬼絡みの事件の渦中にあるという。


3人と杏寿郎は、「下弦の壱」眠り鬼・魘夢の術に嵌り、夢の中に閉じ込められる。何とか覚醒に成功し、乗客を守りつつ、魘夢を倒す。 だが直後に現れた「上弦の参」猗窩座との戦いで、杏寿郎は討死するが炭治郎と禰󠄀豆子は杏寿郎に確かに認められる。

また猗窩座は炭治郎を標的視するようになる。




参照wiki






鬼滅の刃の無限列車編の漫画の最後の終わり方は、炭治郎が鋼鐵塚に追われているシーンだが、映画だとオリジナルシーンとなっており、柱たちに煉獄が死んだことを伝えられて列車で終わっている。エンムを倒すとこで終わってれば映画としてはハッピーエンドだったのだが、やはりアカザとの戦闘の最後のシーンは外せなかったのだろう。


この戦いがあったからこそ、連載初期にしか登場していないにも関わらず完結まで絶大な人気を支持されていたのかもしれない。


ちなみに、原作にあった無惨や煉獄家に行くシーンが無かったのも驚きだが、無惨と猗窩座が対面する所はアニメ2期で描かれるのかもしれない。











目次にもどる

鬼滅の刃のネタバレ






週刊少年ジャンプで連載されていた原作漫画は、既に完結している。


現在、単行本が22巻まで出ており、12月に最終巻23巻が発売予定。 ちょうど22巻の終盤に、妹が人間に戻るという辺りが収録されている。 TVアニメは、原作7巻のはじめあたりまでのお話を放映して一旦終わった。 その続きとなるエピソードを映画化したものが公開され、映画になるのは単行本7~8巻くらいまでのお話。更にその続きがまたアニメでやるかどうかは、映画の中でも発表されていないため、まだ未定となっている。


鬼滅の刃のネタバレとしては以下の通り。




無限列車編(7〜8巻)
炭治郎、禰豆子、善逸、伊之助が炎柱の煉獄杏寿郎と下弦の壱を倒すべく、鬼のいる列車に乗る。下弦の壱は倒すも、その後襲撃してきた上弦の参・猗窩座との戦いで煉獄さんは死んでしまう。(ここが映画化された)



遊郭編(9〜11 巻)
かまぼこ組と音柱の宇髄天元が、遊郭に潜む上弦の陸・堕姫と妓夫太郎を倒す。
この戦いで宇髄さんは負傷、柱を引退。



刀鍛冶の里編(12〜15巻)
刀を破損した炭治郎は禰豆子と刀鍛冶の里に行き、そこで恋柱の甘露寺蜜璃、霞柱の時透無一郎、同期の不死川玄弥と出会う。そこに上弦の肆・半天狗、上弦の伍・玉壺が強襲。
玉壺は無一郎、半天狗は他4人で撃破。



柱稽古(15〜16巻)
鬼が出なくなったので、柱未満の階級の隊士は柱に稽古をつけてもらう。



・無限城決戦編
産屋敷襲撃(16巻)
無惨が産屋敷を襲撃。お館様は屋敷ごと爆死。無限城という鬼の根城に隊士が飛ばされ、決戦が開幕。同じ頃、禰豆子は珠世&しのぶさん作鬼を人間に戻す薬を投与される。


獪岳戦(17巻)
善逸と、元兄弟子の獪岳(桃投げてた人)が邂逅。獪岳は鬼となり、上弦の陸だった。
善逸は獪岳を撃破。



猗窩座戦(17〜18巻)
炭治郎、冨岡さんが煉獄さんの仇である猗窩座と邂逅、苦戦するが撃破。


童磨戦(16〜19巻)
しのぶさんは上弦の弍でカナエさんの仇・童磨と邂逅。吸収されてしまう(亡くなる)が、駆けつけたカナヲちゃん、伊之助の活躍としのぶさんの毒の効果で撃破。



黒死牟戦(19〜20巻 )
無一郎が上弦の壱・黒死牟と邂逅。玄弥、風柱の不死川実弥(玄弥兄)、岩柱の悲鳴嶼行冥が参戦、すごい苦戦するが撃破。
この戦いで無一郎、玄弥は亡くなってしまう。


無惨戦(単行本未収録)
簡潔にまとめると、珠世さんしのぶさんの薬、残った柱や同期組でなんとか無惨を追い詰め、日光で消滅させる。珠世さん、悲鳴嶼さん、蜜璃ちゃん、蛇柱の伊黒小芭内が死亡。
その後炭治郎が鬼になる。到着した禰豆子ちゃんの呼びかけ、しのぶさんの薬で戻る。



その後(単行本未収録)
なんやかんやで怪我も治り鬼殺隊は解散、炭治郎たちは家に帰る。
最終話では現代での炭治郎たちの子孫、亡くなった柱の生まれ変わりが描かれて原作は終わっている。







スポンサーサイト